« 2022/9/10-11 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2022/9/17-19 鳥海山+αに行ってきました~ »

2022年9月15日 (木)

2022/9/10-11 朝日連峰・寒江山(2日目)

2日目もスッキリ晴れていい天気。

202209110
大朝日岳を眺めつつ、朝日連峰ど真ん中の稜線歩き♪

===狐穴小屋~寒江山~日暮沢===
2022/9/11(日):狐穴小屋(6:20)~三方境(6:35)~▲寒江山(7:30-7:40)~竜門小屋(8:45-9:05)~▲竜門山(9:20)~▲ユーフン山(10:00-10:05)~▲清太岩山(10:30-10:40)~日暮沢(12:45)
歩行距離:12.7km
累積登高:550m
累積下降:1,510m
======

> 9/10 1日目へ

土曜日は中秋の名月だったようで、一晩中煌々と満月が輝いていて、小屋の中までクッキリと月光が射し込んでました。
満月ってほんと明るいんだな。

そして日曜日の朝は、小屋に泊まった6組中、4組が以東岳や大朝日岳へと向けて日の出前に出立。
うちらはのんびりと朝食を摂ってから、前日に日の入りを眺めた天狗に続く尾根上に上がって日の出を眺めます。

202209111
小屋の上には、西に沈もうとしている満月。
まだ煌々と輝いてます。

202209112
東側は一面の雲海、その上に浮かぶのは蔵王連峰。

202209113
こちらは船形連峰かな。

202209114
障子ヶ岳、天狗角力取山の向こうには、鳥海山、月山、村山葉山。
今日もスッキリ晴れてます♪

202209115
風はほとんどなく、上空にも雲はなし。
穏やかな空の下、日の出を待っていると、船形連峰の脇から朝日がキラリと昇ってきました。

202209116
朝日に照らされる寒江山の東斜面。
稜線の奥にぽっちり見えている大朝日岳にも日が射してますね~(^^

202209117
北寒江山、寒江山も茜色♪

202209118
以東岳もこのとおり!
夕日に染まる以東岳もよかったけど、朝日に染まる以東岳もステキ♪

202209119
ゆっくりと昇る朝日に照らされて、刻一刻と変わる景色を眺めていると、時を忘れちゃいますね~
雄大な景色を眺めつつ、静かで贅沢な日の出タイムを満喫です。

2022091110
日の出から30分もすると、以東岳は青々と明るく輝いて、そして狐穴小屋にも日が射してすっかり朝の景色に。
のんびり小屋に戻って、小屋内を簡単に掃除してから出発です。

2022091111
狐穴小屋、今回もロケーション最高だったな。
前日小屋に到着してから今朝の日の出まで、素晴らしい景色を堪能です。
ありがとう、また来るよ!

2022091112
三方境へと白ザレの道を登り、振り返って以東岳と狐穴小屋を眺めます。
やっぱ三方境から眺めるこの景色が一番好きだなぁ。。。
どっしり聳える以東岳と、赤い屋根の狐穴小屋。
こんな景色、他にはないでしょう。
いくらでもこの景色を眺めていられるな(^^

2022091113
とは言いつつも、後ろ髪ひかれつつ、三方境を後にして先へと進みます。
また来る気満々ですが、それでもやっぱり名残惜しい。。。

2022091114
というわけで、ちょっと進んでは振り返って景色を眺めつつ。

2022091115
北寒江山へと登る道からは、飛行機雲の影が空に映っているのが見えました。
雲の影が空に映ってるのって、なんか不思議。
スッキリ晴れてるように見えるけど、水蒸気量が多いのかな?

2022091116
ハイマツや笹、灌木の中の道を登り上げていくと、北寒江山に到着。

2022091117
南西に伸びる三面へと続く尾根上には、青く輝く三方池。
その奥のギザギザの山は相模山ですな。

2022091118
北東側には、障子ヶ岳や天狗角力取山へと伸びる尾根。
その先には鳥海山と月山、村山葉山。
重なる山並みがステキ。

2022091119
振り返れば、どっしり聳える以東岳。
最高の景色!

2022091120
ぐるりと景色を眺めたら、お隣の寒江山へ向けて稜線を進みます。
寒江山の先に竜門山、西朝日岳、大朝日岳と連なる稜線が何とも伸びやかで雄大で。

2022091121
北寒江山から寒江山、南寒江山の間は、穏やかな草原が広がる稜線歩き。
稜線の両側に広がる景色もステキだし、爽やかに吹き抜ける風も快適で、ほんと気持ちの良い稜線です。

2022091122
道沿いにはオヤマリンドウの群落もいっぱい。
秋色の草原に、鮮やかな色合いが映えますな(^^

2022091123
背後の以東岳を眺めつつ、穏やかな稜線をのんびり歩いて

2022091124
寒江山に到着。
ここから眺める朝日主稜線の景色が圧巻なんだな。

2022091125
竜門山、西朝日岳の先にはとんがった大朝日岳。
大朝日岳のとんがりっぷりが、なんだか刺さりそうですごい(笑)

2022091126
稜線の右側には、飯豊連峰もずら~り。
あれがえぶり差かな、そうするとこっちが北股岳で飯豊本山で、と目で辿りつつ。
飯豊のお隣には、磐梯山や栂峰も見えてました。

2022091127
朝から何度も眺めている鳥海山や月山も、何度も眺めちゃう。
奥には栗駒山や神室連峰もうっすら見えているような。

2022091128
船形連峰や蔵王連峰も、靄の上にぽっかりと浮かんでます。

2022091129
360°、どこを見ても素晴らしい景色。
そんな景色をウットリ眺めつつ、至福の稜線歩きを楽しみます♪
いやはや、最高だな。

2022091130 2022091131
2022091132 2022091133
トリカブト、ハクサンイチゲ、マツムシソウ、イワインチン
足元に咲く花々にも癒されます。

2022091134
開けた草原の道をのんびり歩いて、南寒江山に到着。
奥に連なる飯豊連峰も近くなってきたかな。

2022091135
さぁ、ここまで来れば、この日の稜線歩きも終盤。
南寒江山からはいったん大きく下り、竜門山へ向けてアップダウン繰り返しつつ登り返しです。

2022091137
稜線のあちこちに咲くマツムシソウも、早や終盤。
ひたひたと近づく秋の足音がすぐそこに。

2022091138
前方には、日暮沢へと下る尾根が近づいてきて。
こんないい天気なのに、帰りたくないな~。
まだもっとずっと、稜線を歩いていたい。

2022091140
が、願いむなしく(笑)竜門小屋に到着。
ちょうど小屋番さんが下山するところで、少しお話することができました。
前日は竜門小屋に泊まる人は少なかったみたい。
狐穴小屋のほうが人多かったのね(それでも10人程度しかいなかったけど)。

2022091141
小屋の前から、歩いてきた稜線を眺めます。
今回も最高の稜線歩きをありがとう!

2022091142
小屋の前で一息ついたら、竜門山へ向けて出発。
さらば、主稜線。

2022091143
竜門山まで100mほど登ったら、日暮沢へ向けて下る尾根へと分岐。
トリカブトやセリ科系の白い花々が咲く花畑越しに以東岳を眺めつつ、竜門山から急坂を下ります。

2022091144
ユーフン山、清太岩山と続く尾根の先には、月山と村山葉山。
目の前が開けた尾根下りは、なかなか気分爽快。

2022091145
尾根の右手には、西朝日岳、中岳、大朝日岳。
主稜線から沢筋へと広がる山肌のひだひだもかっこいいな。

2022091146
左手には、歩いてきた寒江山の稜線、その奥には以東岳。
そろそろこの稜線も見納めかな、と目に焼き付けつつ。

2022091147
笹やハイマツ、灌木の中の尾根道を辿って、ユーフン山に到着。

2022091149
振り返って竜門山と竜門小屋を眺めます。
前日はこの景色を眺めて、これから稜線歩きだ!とワクワクしてたけど、今日は、もう下山かぁ、とちょっと寂しい気分。

2022091150
ユーフン山を後にして緩やかな尾根を進んでいくと、急坂の下り&登りを経て清太岩山へ。

2022091151
結構ガッツリな急坂。
標高差的には大したことないのだけど、ここにきてこの急坂は堪える。。。

2022091152
岩ごろの急坂をひいこら登り上げて、清太岩山に到着。
振り返ってユーフン山と竜門山を眺めます。
だいぶ遠くなった。。

2022091153
大朝日岳も、だいぶ形が変わってきたな。
ここで、主稜線の景色とはお別れです。

2022091154
清太岩山を過ぎると、背丈が高くなってきた灌木の中を下ります。
所々、灌木のトンネルみたいな箇所もあり。

2022091155
色づき始めのナナカマド。
カエデやミネザクラに先駆けて、ナナカマドやオオカメノキが色づき始めてます。

2022091156
そんな尾根上には、いろんな蝶がひらひら舞ってます。
風に乗ってやってきたアサギマダラも羽を休めてました(^^

2022091157
そしていつしか道はブナ林の中へ。
林の中の道は風が通らなくて暑いかな、と思っていたけど、木陰がひんやりと涼しくて気持ちよく、快調に下ります。

2022091158
ブナの大木を見上げつつ。
淡い新緑から濃い緑、そして鮮やかな黄葉へと移ろっていくブナ林。
森が鮮やかに染まるのもまもなくですな。

2022091159
所々に小さな登り返しがありつつも、登山口まではひたすらの下り坂。
さすがに最後の方は足も膝も痛くなってきたけど、どうにかペースは落ちずに登山口まで下ることができました。

今シーズン初の泊り装備での朝日連峰、無事歩ききれるかやや心配だったけど、ペースが落ちることもなく足も傷めずに歩けて一安心。
そして久々の土日好天とあって、稜線からの素晴らしい景色も存分に堪能することができました。
大のお気に入りの寒江山や狐穴小屋からの景色、やっぱり素晴らしかったなぁ。秋色に染まりつつある感じもかなり良かった。
両日ともにすれ違う人もほとんどなく、アブやブヨに悩まされることもなく、紅葉前の静かな朝日連峰を大満喫です。

下山後は、大井沢温泉湯ったり館の日帰り入浴へ(300円)。
ちょうど空いてるタイミングで、トロっとしたお湯にのんびり浸かったら、山形市内に移動して栄屋本店で山形名物・冷やしラーメンに舌鼓(詳細は速報)。
山形満喫の週末を締めくくりました。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2022/9/10-11 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2022/9/17-19 鳥海山+αに行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022/9/10-11 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2022/9/17-19 鳥海山+αに行ってきました~ »