« 2022/7/17 東北お花見山行 鳥海山・笙ヶ岳 | トップページ | 2022/7/23 長野高原お花見山行・八島ヶ原湿原 »

2022年7月25日 (月)

【速報】2022/7/23-24 長野高原山行に行ってきました~

久しぶりの長野で、高原の山歩き。

202207220
土曜日は、高層湿原の八島ヶ原。
高山植物てんこ盛り、青空も広がって気持ちの良い湿原歩き。

【7/23:八島ヶ原】 ←クリックで詳細レポ表示
高い山はガスガス、そして山沿いは不安定な天気、ということで、この日は霧ヶ峰の八島ヶ原湿原をのんびり周回ハイク。

202207221
この時期は混雑必至なので、早朝スタート。
イブキトラノオやハクサンフウロ、ハナチダケサシが咲き乱れる木道をのんびり気持ちよく歩きます。

202207222
ちょうど咲き始めたヤナギラン。
鮮やかな濃いピンク色が、湿原を華やかに彩ってました♪

202207223
木道沿いに広がるヤナギランの群落。
色鮮やかさに足が止まっちゃいます(^^

202207224
夏の花々が咲き乱れる湿原歩きをのんびり満喫です。
混雑する前に歩けたので、静かな湿原歩きを楽しむことができました。

202207225
湿原歩きの後は、茅野の"ベーカリーレストラン エピ"へ。
テラス席があってイートインもできるパン屋さん。

202207226 202207227
いただいたのは、高原野菜サラダとクラムチャウダー、自家製ベーコンのピッツァ。
ピッツァはナポリ風のもっちり生地が美味、もちろん自家製ベーコンも絶品。
サラダやクラムチャウダーもとっても美味しかった。
高原の風に吹かれながらの早めランチ、すごく気持ちよかったです。
(テイクアウトで買ったパン達も、どれも絶品でした)

お腹も満足したら、茅野の尖石縄文考古館へ。
ここは、国宝の土偶が二点ある、とのことで、ぜひ行ってみたかったのでした。

202207228
仮面の女神。
平成12年に出土して、平成26年に国宝指定された土偶。
高さ34cmの中空の土偶、4000年前にこれが作られたというのがすごい。

202207229
縄文のビーナス。
こちらは、昭和61年に出土して平成7年に国宝指定だそう。
5000年前に、どういう思いでこれを作ったんだろう、と古に想いを馳せてみたりして。
こんなの出土したら手が震えちゃうだろうなぁ、なんて思っちゃいました。

2022072210
それ以外にも、縄文の土器が多数展示されていて見どころタップリ。

2022072211
これ縄文?というモダンな土器もあったりして。
土器の装飾の推移もわかるような展示になっていて、こじんまりした博物館だけどかなり楽しめました。

2022072212
博物館の隣には、尖石遺跡の名の由来ともなった、尖石がありました。
石器を磨いた跡も残っているそうで、縄文の昔からここにある石にちょっと厳粛な気持ちになっちゃいました。

のんびり茅野観光の後は、北信に移動して"まだらおの湯"の日帰り入浴へ(物味湯産手形使用)。

2022072213 2022072214
2022072215 2022072216
その後は、お久しぶりの小布施のイタリアンで旬のお味に舌鼓。
いつもありがとうございます♪

【7/24:志賀高原・赤石山~寺子屋峰周回】 ←クリックで詳細レポ表示
冬にはスキーでお世話になってる志賀高原で、のんびり山歩き。

2022072217
コバルト色に輝く大沼池。
吸い込まれそうな色合いに目を奪われます。

2022072218
大沼池のほとりに聳える赤石山山頂からは、青く輝く大沼池や北アルプスの山並みが一望!
群馬県側から雲が流れてきていたので、ガスってて池は見えないかな、と思ったらこの大展望(^^

2022072219
そこから寺子屋峰へ、アップダウンの続く稜線を辿って歩いていくと

2022072220
到着した寺子屋のゲレンデは、一面満開のニッコウキスゲに覆われてました!
ゲレンデ一面があざやかなオレンジ色で、これはもう言葉を失うくらいの素晴らしさ。

2022072221
冬の寺子屋って、めちゃくちゃ寒くて雪も硬くて、ハードなイメージしかないんですが。
この日の寺子屋は、ニッコウキスゲ天国。

2022072222
寺子屋ベースのブエモン平は、さらにもっとすごかった。
こんなに一面密集して広がるニッコウキスゲは見たことないかも。

2022072223
ちょっとこれはすごすぎました。
車山行くならこっち来た方がいいな、絶対。
花の密集度といい花畑の広がり度合といい、今まで見た中で一番でした。
しかも空いてる!

夢見心地で下山した後は、信州中野の"そうげんラーメン"へ。

2022072224 2022072225
いただいたのは、鶏白湯とあごそば。
あごそばは、飛魚出汁の効いた鶏白湯てことだけど、なかなか飛魚出汁が香ばしくてスッキリ美味しい。
そして鶏白湯は、濃厚なのに重くなく軽すぎず、さすがのダシ感。
久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しいな。

スキーの後だと時間に間に合わなくてなかなか行けなかったので、今回行けてよかったです。
お腹いっぱいになったら、松代荘の日帰り入浴(物味湯産手形使用)にのんびり浸かってから帰宅、であります。

山歩きの詳細は追って。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2022/7/17 東北お花見山行 鳥海山・笙ヶ岳 | トップページ | 2022/7/23 長野高原お花見山行・八島ヶ原湿原 »

□観光」カテゴリの記事

◇山行速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022/7/17 東北お花見山行 鳥海山・笙ヶ岳 | トップページ | 2022/7/23 長野高原お花見山行・八島ヶ原湿原 »