« 2022/5/7 GW東北新緑山歩き・八方山 | トップページ | 2022/5/21 東北お花見山行・物見山(種山) »

2022年5月23日 (月)

【速報】2022/5/21 東北お花見山行に行ってきました~

花いっぱいの岩手の山歩き。

202205200
ニリンソウとクリンソウのコラボ!

【5/21:物見山(種山)】 ←クリックで詳細レポ表示
気仙沼近くの徳仙丈山がツツジ満開とのことで、そちらに行こうかと思っていたのだけど、最近人気とのことでかなり混みそう。
ならば、と人も少なそうな岩手・奥州市の物見山(種山)へ。

202205201
道沿いには、一面のニリンソウ花畑。
蕎麦の花か?!なくらい、びっしり咲いていて、まるでじゅうたんみたい。

202205202
歩いていくと、クリンソウの大群落も登場。
淡いピンクや濃いピンクの花がみっしり、すごい!!

202205203
山頂からは、焼石岳や栗駒山、早池峰、六角牛山、五葉山、氷上山などなど岩手の山並みが一望。
宮沢賢治の作品にも出てくる種山ヶ原の雄大な景色を眺めて、イーハトーヴの空気を満喫です。

下山後は、近くの滝観洞(ろうかんどう)に寄り道。
鍾乳洞の中にある滝を見られる、ということで行ったのだけど、入口でヘルメットを渡されてなにやら不穏な雰囲気。。。

202205204
入口からして、身をかがめないと入れない感じ。
このまま引き返そうかと思っちゃいました(笑)

202205205
狭い洞内で、頭を岩に何度もぶつけつつ。
確かにこれはヘルメット必須だなぁ、と入口から600mほど歩いていくと

202205206
高さ29mの滝に到着!
この滝の奥には、さらにまだ滝やプールがあるそうで。
いやはや、なかなかワイルドな洞窟でした。

滝観洞から引き上げたら、東和温泉の日帰り入浴へ(600円→割引券使用で400円)。
熱めの温泉にのんびり浸かったら、この日は盛岡泊。

202205207 202205208
三陸の海の幸や山の幸、岩手の地酒に舌鼓♪

【5/22】
朝から雨のこの日は、のんびり観光、ってことで岩手県立博物館へ。

202205209
お目当ては、重要文化財の土偶。
遮光器土偶っていろんなところから出土してるんだなぁ。。
細かな細工に目を奪われます。

2022052010
人の頭部とほぼ同じ大きさな土偶も。
何を思って何を祈って、こういう土偶を作っていたんだろうか。。。

岩手県立博物館は、50億年前から現代までの岩手の歴史、自然、地質、風土に関する様々な資料が展示されていて、見どころたっぷり。
じっくり見学できて楽しかった!

そしてこの日の腹ごしらえは、盛岡の"人力俥"。

2022052011 2022052012
2022052013
いただいたのは、貝汁旨味そば、こく煮干しそばとチーズガーリックご飯。
貝汁そばは、貝出汁がほんのり効いてなかなか美味、こく煮干しは煮干しの良い所を集めて凝縮した感じで、苦味やえぐみ、酸味は全くなし。
いやぁ、美味しかったなぁ。

お腹も満足してから帰宅、でありました。
山歩きの詳細は追って。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2022/5/7 GW東北新緑山歩き・八方山 | トップページ | 2022/5/21 東北お花見山行・物見山(種山) »

□観光」カテゴリの記事

◇山行速報」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

もうニリンソウの季節ですかー
かわいい花ですよね(^_^)
リハビリも順調のようで。

僕は所用で青森に行ったので、土曜日に前から行きたかった残雪期の八甲田大岳へ。
山頂付近は雪なかったですが、さすがに花はちょっと(^^;
晴天の山頂からは何とか八幡平まで見ることができました\(^_^)/
ゴールドライン久しぶりに走りましたが、ずーっと新緑のブナブナでまさに癒しの道でした。

PS
日曜日に高長まるしげさんで朝ラーしてきました。
あっさりで朝ラーにはぴったりですね(^_^)
情報ありがとうございました\(^_^)/
店を出るときには駐車待ちの車が列つくってましたが(^^;

投稿: katsu | 2022年5月23日 (月) 19時37分

katsuさん>
ニリンソウはもう終盤でした!
それでも、みっしり咲いた可愛らしい花を見ることができて良かったです(^^
花が咲き始めると、季節の移り変わりが無茶苦茶早いですね。

週末は青森でしたか!
残雪の八甲田、よいですね(^^
新緑のブナと残雪、最高じゃないですか~
高長まるしげもお楽しみいただけてよかったです!

投稿: まきchin | 2022年5月23日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022/5/7 GW東北新緑山歩き・八方山 | トップページ | 2022/5/21 東北お花見山行・物見山(種山) »