« 2021年の山歩き | トップページ | 2022/1/1 八甲田・前嶽BC »

2022年1月 4日 (火)

【速報】2021/12/25-2022/1/2 北東北スキーに行ってきました~

あけましておめでとうございます。

2022010000
大荒れの北東北での年越し、ゲレンデと山を滑ってきました。

年末年始は北東北へ。
これまで同様、体調・衛生管理に十分留意、NO密、まきchin&ごろ太君の2人行動、大声出して騒がず、で動いてきました。

【12/25:夏油高原スキー場】
25日の午後からかなりの降雪予報につき、福島や宮城に寄り道していたら北上できなくなる可能性が高かったので、一気に岩手まで北上。

202201000
というわけで、初日は夏油高原スキー場で初滑り。

202201001 202201002
新雪はそれほど多くはないけど降雪量はタップリ、そんなときは夏油の圧雪斜面も練習には最適。
圧雪斜面でしっかり滑り込んで、滑りを思い出すところからスタート。
初滑りにはちょうどいい感じでした。

スキー場併設の温泉(700円→割引券使用で500円)にのんびり浸かったら、道の駅花巻西南へ。
2021年8月にできたばかりの新しい道の駅。

202201003 202201004
道の駅に併設されている、地元で人気の焼肉店"味楽宛"でホルモンに舌鼓。
ハラミやネギ塩タン、ユッケジャンラーメンも美味しかった♪

【12/26:夏油高原スキー場】
前日午後からすごい勢いで降り始めた雪は、朝になっても全く止む気配なし。

202201005
一晩で50cmくらい積もったようで、圧雪車がフル出動するも、豪雪慣れした夏油をもってしてもゴンドラ運行開始が遅れるくらいのすごい雪。

202201006
そこまで積もると、もうまっすぐ滑り降りるしかない感じ(笑)
ボーダーもあちこちに埋もれてるし。

202201007
久々の顔面ショットの激パウがすごかった!

【12/27:夏油高原スキー場】
この日も雪は降り続き、前日にプラス40cmの雪。
いやはや、降りすぎでしょう。

202201008
一応平日だから人少な目かな?と思ったけど、やっぱり朝イチのゴンドラには行列が。

202201009
平日なので第二ゴンドラは運休、おかげで第二ゴンドラ方面のゲレンデはほぼ手つかず状態♪
底つきなしのパウダーを食べ放題(^^

2022010010
この日もひたすら深いパウダーを滑りまくって、いやはや大満喫です。
久しぶりに本気の夏油でした。
パウダー練習にもなって、よかったです。

昼過ぎに上がって、東根のラフランス温泉館へ(700円→割引券使用で600円)。
美人の湯とも言われるとろっとした温泉にのんびり浸かったら、この日は盛岡泊。

2022010011 2022010012
前沢牛のすき焼きや氷下魚の一夜干しなど、岩手の美味しいものを頂きました(^^
店主手作り七味や柚子胡椒、手打ちのうどんも絶品♪

【12/28:雫石スキー場】
ようやく降雪も落ち着いたこの日は、雫石スキー場へ。
コースがまだ部分開放なせいか、リフト券が安くてラッキー(^^

2022010013
ゲレンデトップからの斜面は一面脛パウ、これがまためちゃくちゃ気持ちよい!
しかもほとんど人いないし。

2022010014
夏油とは違ったかなり軽い雪がふんわり積もっていて、これもまた楽しい。
ゲレンデトップからのコースなので結構距離もあり、何本か滑って満足満足。
その後はしっかり整地を滑って、これまた満足。

スキーの後は、鶯宿温泉ホテル偕楽宛の日帰り入浴へ(700円→割引券使用で500円)。
ちょうど誰もいなくて貸切状態、つるっとしたお湯に浸かりつつのんびり。

2022010015 2022010016
夜は、岩手の海の幸を種々美味しくいただきました。

【12/29:たざわ湖スキー場】
気温高めのこの日は、たざわ湖スキー場へ。

2022010017
硬めバーンに最初はビビりつつ。
眼下に広がる田沢湖を眺めながら滑ります。

2022010018
ごろ太君、たざわ湖で滑るとうまくなった気がする!と。
交互にビデオ撮って、滑りチェックしつつ。

2022010019
そしてたざわ湖スキー場と言えば、ランチの横手焼きそば♪
久々の味に舌鼓。

スキーの後は、休暇村乳頭温泉峡の日帰り入浴へ(600円)。
ちょうど雪が降りだして雰囲気満点、乳頭温泉と田沢湖温泉の2つのお湯をのんびり満喫。

2022010020 2022010021
夜は馴染みのイタリアンへ。
岩手の海の幸・山の幸いっぱいのお料理と、料理に合わせてセレクトいただいたグラスワインを楽しみました。
いつもありがとうございます♪

【12/30:岩手高原スキー場】
この日も整地練習、てことで岩手高原スキー場へ。

2022010022
気温高めにつき、ゲレンデの雪も緩んで柔らかめ。

2022010023
シーズンインからいきなり6日間連続で滑っているので、もう足へろへろ。
ビデオチェックしても、2人ともなんだかお疲れ気味の滑りで笑える(^^

ケガしたら大変なので、昼過ぎに早々に引き上げて温泉へ。
足を延ばして八幡平ハイツの日帰り入浴(630円→割引券使用で530円)、のんびりあったまりました(^^

2022010024 2022010025
そしてこの日は最後の盛岡ナイト。
和も洋も美味しいお店でまったり。

【12/31:青森観光】
昼前から大荒れ予報のこの日は、高速が通行止めになる前に、と早起きしてさっさと青森に移動。
スキー場も大荒れだし、なにより6日間連続で滑って足がお疲れ気味だし、ということで青森観光です。

2022010026
向かったのは浅虫水族館。

2022010027
陸奥湾の魚たち。
美味しそう♪

2022010028
カメラの赤いストラップに反応して、ひたすら追っかけてくるアザラシが可愛い。
エサか何かと思ってるのか、遊んでるのか?

2022010029
大迫力のイルカショーにも感動です。
イルカショーなんて見るの、いつぶりだろう。。。

ゆ~さ浅虫の日帰り入浴(360円)でのんびりあったまったら、お次は腹ごしらえ。
平子屋系列の"麺屋らいぞう"へ。

2022010030 2022010031
いただいたのは、こってり豚鶏魚介ソバ大盛りと、あっさり豚鶏魚介ソバ。
平子屋といえば煮干しソバですが、こちらはわりと鶏と豚の風味が強めかな。
でも香ばしい煮干しも感じられて、もちろん苦味も酸味もえぐみもなく、美味しい!
もっちり太麺もいい感じ。

テーブルには、自由にトッピングできる刻み玉ねぎや煮干し粉が置いてあって、これがまた良かった。
あっさりしゃきしゃきな玉ねぎと、とっても香ばしい煮干し粉。
さすが平子屋系列。

【1/1:八甲田・前嶽BC】 ←クリックで詳細レポ表示
新年あけましてのこの日も、朝から大荒れ。
八甲田に向かう道路も前日に引き続き、青森からの道以外はすべて閉鎖されてるし、東八甲田方面の道も閉鎖。
ならば、と銅像茶屋から前嶽目指してちょいハイクアップです。

2022010032
前日も天気大荒れで通行止めだったということで人は全く入っていないようで、トレースはなし。
膝丈新雪のラッセルが楽しい♪

そしてかなりの強風&降雪だけど、意外とブナ林の中は穏やか。
・・・でも気温は-12℃、めちゃくちゃ寒い!

雛岳よりもだいぶ緩やかな斜面ですが、そんなブナ林の中をのんびり歩くのもまた楽し。
風がかなり強いので、樹林帯の切れる手前くらいまで登ってから滑りましたが。。。

2022010033
全然進まない。。
斜度が緩めなところに雪降りすぎときたもんで、下りラッセル状態。

2022010034
登りのトレースを使いつつ、まったり滑り降りて終了、です。

吹雪のときは、こんなのんびりハイクアップもいいかな。
シーズン初めの歩き方チェックもできたし、誰もいなくて静かだったし、ラッセルもできたのでヨシ、です。
ブナ林もキレイでした。

下山後は、ホテル城ヶ倉の日帰り入浴へ(1000円)。
誰もいない温泉にのんびり浸かったら、この日も青森で煮干しラーメンです。

2022010037 2022010036
麺やゼットンの、焙煎深煎り煮干しそばとバラそば。
バラそばは、ブランド鶏の白湯と平子煮干しスープを合わせたWスープがまろやかで美味しい。
焙煎煮干しは、見た目に反して苦味も全くなく、香ばしい風味がなんともいい感じ。
さすがゼットン、この日も大満足です。

【1/2:八甲田:雛岳BC】 ←クリックで詳細レポ表示
2日間降り続いた雪もこの日はひと段落。
午前中は晴れ間も覗くいい天気、ということで、東八甲田の雛岳へ。

2022010038
日射しの差し込むブナ林の中を、新雪ふみふみハイクアップ。
なんて穏やか♪

いつもなら、強風&吹雪にめげて樹林帯の中でハイクアップ中止するのだけど、この日は視界もよく風もあまりなく穏やかな天気なので、樹林帯の上の開けた斜面の上までハイクアップ。
ボウル状の斜面に滑りこむと

2022010039
極上パウダーがたっぷり!
これはやばい。

2022010040
もちろんブナ林の中も、極軽パウダーがたっぷり!!

一気に下まで滑り降りちゃいましたが、楽しすぎたのでもう一本。
1回目のドロップポイントまで再び登り返して、オカワリたっぷり満喫です。

何度か雛岳には来てますが、この日はもうダントツで最高。
というか、これまでの厳冬期山スキーの中でも最上位にランクインするんじゃないか?な素晴らしい雪と斜面でした。

下山後は、この日もホテル城ヶ倉の日帰り入浴へ(1000円)。
のんびりあったまったら、昼過ぎから再び大荒れ予報につき、さっくり青森を後にして南下開始。
(弘前~盛岡で予想より早く吹雪につかまりましたが、高速通行止めになる前に南下できてセーフ)
この翌日には、2年ぶりのまきchin実家に寄り道、でありました。

ゲレンデも山スキーも存分に楽しませていただいた年末年始。
山スキーの詳細は追って。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2021年の山歩き | トップページ | 2022/1/1 八甲田・前嶽BC »

◆ゲレンデスキー」カテゴリの記事

◇山行速報」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

またガッツリな年末年始でしたね(^_^)
今年もまた東北シリーズ楽しみにしています。
僕も3年ぶりに実家での年越しになりました。
奈良でも雪が降る位だったのでさすがに山には(^^;

今年も楽しい山行でありますように\(^_^)/

投稿: katsu | 2022年1月 5日 (水) 20時33分

katsuさん>
あけましておめでとうございます。
いろいろ留意しつつ、天候チェックしつつの年末年始でした。

本当に久しぶりのご実家での年越し、さぞやご両親もお喜びかと(^^
私も、2年ぶりくらいに実家に帰りましたが、両親とも元気そうでほんと安心しました。

withコロナとかいろいろ言われてますが、それぞれ個人が十分留意しながら過ごすしかないんだろうなぁ、とか思ったりしてます。
katsuさんもお気をつけて、今年も楽しい山行をお過ごしください!
西日本の山行、楽しみにしております。

投稿: まきchin | 2022年1月 5日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年の山歩き | トップページ | 2022/1/1 八甲田・前嶽BC »