« 2021/9/19-20 飯豊連峰・北股岳 初秋の稜線歩き(1日目) | トップページ | 【速報】2021/10/2-3 南アルプス・白峰南嶺に行ってきました~ »

2021年9月27日 (月)

2021/9/19-20 飯豊連峰・北股岳 初秋の稜線歩き(2日目)

2日目も快晴の空の下、紅葉の稜線歩き。

202109200_20210925120801
紅葉に彩られた、北股岳、梅花皮岳、飯豊本山と続く稜線。

===北股岳~丸森尾根===
2021/9/20(月):梅花皮小屋(5:25)~▲北股岳(5:55-6:20)~▲門内岳(7:15-7:30)~▲地神山(8:35)~丸森峰(9:25)~夫婦清水(10:20-10:30)~飯豊山荘(11:50)
歩行距離:9.5km
累積登高:390m
累積下降:1,830m
======

> 9/19-20 飯豊連峰・北股岳(1日目)へ

風もそれほどなく、穏やかな夜明け。
日の出を北股岳山頂から見ようかどうかと迷ったものの、まぁ急がず明るくなってから出発しよう、てことでのんびり準備して。

202109201_20210925120801
日の出の直前、東の空が色づき始めてから出発。

202109202_20210925120901
梅花皮小屋から北股岳へと登り始めたところで、梅花皮岳から日が昇ります。

202109203_20210925120901
茜色に染まる北股岳の斜面!
前日の日の入りの時も鮮やかな茜色だったけど、日の出もそれに負けないくらい鮮やかで、斜面を歩くまきchin隊もすっかり染まってます(^^

202109204
右手には、雲海に浮かぶ朝日連峰。
月山も鳥海山も、クッキリ♪

202109205_20210925120901
日の出の景色を眺めながら登るってのもいいもんですな。
朝日に照らされながら、ガレ&ザレの急坂をぐい~っと登って北股岳山頂に到着。

さて、では山頂でゆっくり景色を眺めます。

202109206_20210925120901
山頂の西側、二王子岳にはクッキリと影北股岳♪
その奥に見えてる街並みは新発田や新潟かな。
日本海に浮かぶ佐渡島も見えてましたが、かなり大きくてビックリ。

202109207_20210925120901
梅花皮岳、烏帽子岳、御西岳、飯豊本山。
もう1泊あれば、あっちに歩いていったのに!
次に来るときは、2泊3日で縦走だな。

202109209_20210925120901
御西岳から稜線続きの大日岳もどっしり聳えてます。
シルエットがカッコいいですな。

202109208_20210925120901
東側にはずら~り連なる朝日連峰。
前日よりもクッキリ見えているような。
あちらの稜線も、色づき始めているんだろうな。

2021092010_20210925120901
そして、これから歩く門内岳~地神岳の飯豊北部の稜線。
奥にはえぶり差岳も見えてます。

2021092011_20210925120901
スッキリ晴れて大展望、風もそれほど強くなく、寒さもあまり感じず。
いい朝です!
今日も素晴らしい稜線歩きを楽しめそう。

2021092012_20210925120901
山頂で30分ほど過ごしたら、門内岳へ向けて出発です。
今日はどんな景色に出会えるかな。

2021092013_20210925120901
昨日は新潟方面の雲が多めであまり山並みが見えなかったけど、今朝はスッキリ晴れてよく見えてます。
浅草岳や守門岳といった奥只見の山々はもちろん、越後三山、平ヶ岳、更には会津や日光の山々まで。
大展望ですな。

2021092014_20210925120901
周囲の展望を楽しみつつも、名残惜しくて何度も北股岳を振り返ります。
昨日は、わくわくしながらこの辺歩いてたんだよなぁ。
今日は後ろ髪ひかれまくりながら歩きます。

2021092015_20210925120901
それでも、前方に広がる穏やかな稜線には心躍る♪
飯豊の稜線歩き、最高。

2021092016_20210925120901
北股岳から120mほど下った小さな鞍部には、ギルダ原なる草原が広がります。
窪地には細長いギルダの池、前日はスルーしてたな。

2021092017_20210925120901
ギルダ原からは、門内岳へ向けて緩やかに登り返し。
草紅葉が鮮やか(^^

2021092018_20210925120901
そしてまたまた振り返る。
こんな感じでのんびり心穏やかに歩けて、ほんと楽しい稜線です。

2021092019_20210925120901
ゆるゆると歩いて門内岳に到着。
ここでぐるりと景色を眺めます。

2021092020_20210925120901
胎内山、地神山、頼母木山と続く稜線。
飯豊北部の稜線は、ほんと穏やか。

2021092021_20210925120901
西側に広がるのは、新潟や会津の山並み。
朝よりもずいぶんクッキリ見えてきた!

2021092022_20210925121001
北股岳と、その先に続く稜線を振り返ります。
どっしりと連なる大きな山並みにため息。

2021092023
東側には、吾妻連峰、蔵王連峰、朝日連峰。
名だたる山々がずら~り。

いやはや、何度見ても素晴らしい展望。
2日連続でこの景色を拝めるとは。

2021092024_20210925121001
素晴らしい景色に胸が熱くなりつつ、門内岳を後にします。
まだまだ稜線歩きは続きますよ~(^^

2021092025_20210925121001
門内岳より先は、紅葉した灌木が多く華やかな道。
色づき始めたナナカマド越しに眺める北股岳と飯豊本山。
紅葉と一緒に眺めると、山並みまで華やかに見えてくるから不思議(^^

2021092027_20210925121001
行きに登ってきた梶川尾根の向こうには、朝日連峰と蔵王連峰。
梶川尾根、かなりの急坂だったけどいい道だったなぁ。
特に梶川峰より上の穏やかな尾根道、最高。

2021092028_20210925121001
梶川尾根の分岐の手前から、北股岳と飯豊本山を振り返ります。
ずら~り連なるこの景色はここで見納め、しっかり目に焼き付けて。

2021092029_20210925121001
梶川尾根分岐を過ぎ、地神山目指して稜線上の道を進みます。
笹と灌木の中の道は、初秋の紅葉の道♪

2021092030_20210925121001
西斜面の色付きっぷりが、なかなかいい感じ。
所々に鮮やかな紅葉が広がります。

2021092032_20210925121001
太陽の光を透かして、キラキラ輝く紅葉♪
今年はあまり夏山歩けていないうちに、もう秋山になっちゃった、て感じですが。
でも紅葉の山はいいなぁ、しかも飯豊の紅葉!

2021092033_20210925121001
緩やかに下る道を、地神山に向けてのんびりと。
ナナカマドが鮮やか。

2021092034_20210925121001
こちらはミネカエデかな?
まだ緑の木もあれば、こんなに鮮やかに色づいている木もあり。
こうやってだんだん秋が深まっていくんだな。

2021092035_20210925121001
だいぶ近づいてきた二王子岳。
前日は雲が纏わりついていたけど、今日はスッキリ晴れてます!
きっと山頂からは、飯豊連峰大展望だろうな。

2021092036_20210925121001
梶川尾根分岐を過ぎて緩やかに下っていた道は、地神山手前で少し登り返し。
所々岩場っぽかったりザレてたりする道ですが、西側斜面にはこんな紅葉が広がっているので、楽しく歩けちゃう。
何度も立ち止まって紅葉を眺めつつ登り上げて、地神山に到着です。

2021092037_20210925121001
地神山山頂から、歩いてきた稜線を眺めます。
ここから見ると、門内岳が結構大きく見えるんだな。
北股岳は、その後ろにちょこんと顔を出しているだけになっちゃってました。。。

稜線歩きはやっぱり楽しい。
歩いてきた稜線、これから歩く稜線を眺めているといろいろ期待や想像も膨らむし、歩きながらだんだん変わっていく景色も面白いし。
今回は、両日とも素晴らしい天気の中、飯豊の主稜線を歩くことができてほんと良かった。

2021092038_20210925121001
じっくり景色を眺めたら、地神山を後にして下山開始。
頼母木山~えぶり差岳と続く稜線を眺めつつ、丸森尾根分岐へ向けて下ります。

2021092039_20210925121001
ここもまた錦秋の道♪

2021092040_20210925121001
ずいぶん前にここは歩いているはずだけど、あまり登山道の記憶は残ってなくて(地神山からの景色は記憶にあったのだけど)。
ちょっと新鮮な気持ちで景色を眺めます。

2021092041_20210925121001
稜線を辿って、丸森尾根分岐のある地神北峰に到着。
ここで稜線歩きは終了、丸森尾根を下ります。

2021092042_20210925121001
下り始めは、黄金色の草原の中の道。
丸森尾根もかなりの急坂っていうけどキレイで穏やかな道だなぁ、なんてのんきに思っていたら

2021092043_20210925121001
登山口まで一気に1,500m下る激急坂に突入。
こちら丸森尾根も、梶川尾根に負けず劣らずの急坂の道。
ちょっと違うのは、こっちは足元がザレ&ガレで歩きづらいことか。。。

2021092044_20210925121001
お隣の梶川尾根を眺めつつ。
あっちも大変だったけど、こっちも大変。
丸森尾根は稜線までずーっと急坂だし、ザレ&ガレで足元滑りやすいので、登りは消耗しそうだな。

2021092045_20210925121001
朝日連峰の山並みを間近に眺められるのが、ひと時の癒し。
月山や鳥海山も目で探しちゃう(^^

2021092046_20210925121001
所々に大きな段差もあり。
崩れやすい岩の道なんだなぁ、こりゃ保全作業も大変だ。

2021092047_20210925121001
急坂の道を一気に下るので、稜線がどんどん遠くなる。
さらば、飯豊の主稜線。

2021092048_20210925121101
丸森峰を過ぎると、道は灌木の中へ。
相変わらずの急坂下り、そして足元は削れて深い溝になっている箇所も多数。
大きな段差も多くて、こりゃ消耗しますわ。

2021092049_20210925121101
砂地の急坂も。
しかし丸森尾根って、平坦なところはほとんどなくほぼずーっと急坂なんだな。

2021092050_20210925121101
道は夫婦清水付近でいったん緩やかに。
道沿いにはブナ大木も増えて、涼しい木陰で一息つきつつ。

丸森尾根はスズメバチ注意、てことだったので、下りつつもハチの気配には気を配りつつ。
一度、偵察のスズメバチが来たけど何事もなく飛び去っていってヤレヤレ。

2021092051_20210925121101
木立の隙間から眺めるのは、お隣の梶川尾根。
梶川尾根を登っているときは、丸森尾根は全く意識してなかったけどな。
こっちからはよく見えるんだなぁ。

2021092052_20210925121101
夫婦清水から300m下り、若干の登り返しで小ピークをいくつか越えると、あとは一気に登山口まで350mの急坂を下ります。
ここがまた足元岩場だし、ザレてて滑りそうなところもあるし、木立があまりなくて照り付ける日差しが暑いし。
最後の最後にこの道か~、とヨレヨレになりつつ下って

2021092053
飯豊山荘前の登山口に下って、終了!
いや~、丸森尾根、しんどかった。
私的には梶川尾根のほうが好きだなぁ。。。

登りの梶川尾根も丸森尾根もさすがは飯豊の道、一気に1,500m登り上げるひたすらの激急坂でキツかったけど、それを過ぎれば天国の稜線歩き!
紅葉もちょうど始まっていて、色づき始めた稜線が鮮やかで素晴らしい。
ぐるり360°の展望も素晴らしかった。
やはり飯豊はいいですな♪ 最高の2日間でした。

テン泊装備でこの急坂を登れるのか、と若干不安でしたが、割といいペースで登れたので一安心。
次は2泊3日で、大日岳や飯豊本山まで足を延ばしたい。

下山後は、米沢に移動して"そばの店ひらま"へ(詳細は速報)。
米沢麺最高峰の麺と、滋味深いスープに舌鼓を打ったら、近くの鷹山の湯へ(550円)。
すっきりサッパリしてから帰宅、でありました。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2021/9/19-20 飯豊連峰・北股岳 初秋の稜線歩き(1日目) | トップページ | 【速報】2021/10/2-3 南アルプス・白峰南嶺に行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

2日連続の快晴☀️☀️&稜線漫歩の紅葉狩り🍁🍁最高でしたね〜‼️
特に地神山周辺がスバラシイ🍁🍁
本当に後ろ髪ひかれまくりですね〜😆

投稿: 青空 | 2021年9月30日 (木) 09時41分

青空さん>
久しぶりの飯豊の稜線歩き、快晴で紅葉も始まっていて最高でした♪
ほんと、地神山周辺の紅葉がちょうどいい感じになっていて、何度も足が止まっちゃいました。
1泊で帰っちゃうのがもったいなかったです(^^

投稿: まきchin | 2021年9月30日 (木) 22時23分

2日目も晴天、見事な紅葉です。6年前のシルバーウイークに縦走したときを思い出しました。
梶川尾根と丸森尾根、どっちも登ったことも下りたこともありますが、良い勝負では?(笑) 本音を言えば、どちらも歩きたくないですが、他に道がないので仕方なし(苦笑)

数日前、八幡平や栗駒山など岩手の山歩きしました。
栗駒山は紅葉きれいでしたが、水曜(29日)なのに、凄い人出で驚きました。
三ツ石山の登山口・松川温泉も先週末は路駐の長い列(・□・;)

投稿: ねも | 2021年10月 2日 (土) 15時25分

ねもさん>
2日間とも好天の飯豊紅葉稜線歩き、最高でした!
ちょうど紅葉が始まったところだったので、まだまだ楽しめそうです。

ねもさんは人気のお山に行かれてたんですね。
栗駒山は、週末は前日のうちに駐車場が満車になるようで(笑)
もうそんな人の多い山は歩けませんwww

投稿: まきchin | 2021年10月 3日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021/9/19-20 飯豊連峰・北股岳 初秋の稜線歩き(1日目) | トップページ | 【速報】2021/10/2-3 南アルプス・白峰南嶺に行ってきました~ »