« 【速報】2021/8/27-29 北ア・前穂高岳と美ヶ原に行ってきました~ | トップページ | 2021/8/27-28 北アルプス・前穂高岳(2日目) »

2021年9月 1日 (水)

2021/8/27-28 北アルプス・前穂高岳(1日目)

北アルプス・穂高連峰の前穂高岳へ。

202108270
山頂からは、奥穂高岳から槍ヶ岳の稜線や北アルプスの山並みが一望♪
早くも秋の気配が漂う、スッキリ晴れた大展望。

===上高地~岳沢~前穂高岳===
2021/8/27(金):上高地(5:15)~岳沢登山口(5:35)~岳沢小屋(7:50-8:10)~紀美子平(10:40-10:50)~▲前穂高岳(11:30-12:30)~紀美子平(13:05)~岳沢小屋(15:10)
歩行距離:9.1km
累積登高:1,600m
累積下降:930m
======

8月に入ってからの週末は、ずっと不安定な天気続き。
コロナ禍ということで昨年に引き続き小屋もテン場も予約必須のところが多いし、そうでないところは人が多くてなかなか気軽には行きづらい。
今年は北アルプスは行けず終いか?と思っていたら、なんとこの週末は高気圧に覆われて好天予報。
これは是非とも行かねば、というわけで、金曜日に急遽お休み取って北アルプスへ。

目指すは、未踏の3000m峰・前穂高岳。
天気が一番安定している金曜日に、上高地から岳沢を経由して前穂高岳往復、岳沢小屋(予約必須)に泊まって翌日のんびり下山する予定です。

上高地へは、沢渡の駐車場に車を停めてバスorタクシーでアクセス。
数日前から、平日のバス始発が6時になったとのことで、それだとこの日のうちに前穂高岳往復するのは難しい。
ちょっとでも時間を確保したいまきchin隊は、4時半発のタクシーで向かいます。
#釜トンネルのゲートが5時に開くので、それに合わせてタクシーは出発。
#沢渡バスターミナルのタクシー配車センターが4時open、係の人に声をかけてタクシー確保です。

202108271
そうして到着した上高地バスターミナル。
まきchin隊と同じようにタクシーで到着した人や、早朝着の登山バスの人たちで意外と賑わってます。
そんな中準備して、出発。

202108272
バスターミナルから5分程歩いて到着した河童橋。
朝靄の中に浮かぶ穂高の山並みが、まるでそそり立つ壁のようで。
これからあれを登るのか~。。

202108273
河童橋を渡り、白樺荘の横から伸びる林道に入ると、こちらは全く人がいなくて静かな道。
みんな涸沢方面目指してるんだな。
岳沢方面を示す標識がなかったので、ちょっと不安になりつつ10分ほど歩いていくと、岳沢登山口に到着です。

さて、ここからいよいよ山道へ。

202108274
歩き始めは、苔むした原生林の中の緩やかな道。
足元は石畳で整備されていて、さすがは上高地の道ですな。

202108275
沢沿いの道は所々ぬかるんでいて、木道や木橋もあり。
しっとりした原生林の中を緩やかに登っていくと

202108276
天然クーラー、風穴に到着。
岩が積み重なっていて、その岩の隙間から涼しい風が吹き上げてくる!
辺り一帯がなんだかひんやりして気持ちよい(^^

酷暑の下界にこの涼しさを持って帰りたい~、なんて思いつつ、先へと進みます。

202108277
風穴を過ぎると、足元がちょっとガレ気味な道に。
緩やかな道は木立に日差しが遮られて涼しく、気持ちよく歩いて

202108278
岳沢に出てきました。
視界が一気に開けて、目の前にそそり立つ穂高の山並みが大迫力!
奥に見えているのはジャンダルムに奥穂高岳。

202108279
西穂も目の前に。
ちょうど一年前に登ったんだなぁ、と思いながら稜線を目で辿るのも楽し。

2021082710
沢の先を振り返ると、雲がたなびく上高地と、それを囲む六百山や霞沢岳が一望。
その向こうには乗鞍岳も見えてます。

いやー、やっぱり展望開けると気持ちよいですね。
一息つきがてら山並みを見上げて、アルプス来たなぁ、とじんわり実感したりして。

2021082711
展望地を過ぎると、岳沢沿いの灌木の中の道を登ります。
やや斜度は増したけど、それでもまだまだ歩きやすい道。
足元には岩が敷き詰められていたり岩の階段が作られているところもあり、岳沢の岩で整備されているのかな、なんて思いながら登り上げて

2021082712
岳沢小屋に到着。
前身の岳沢ヒュッテが2006年に雪崩で全壊した後、2010年に再建された岳沢小屋。
今日はここにお世話になります!

2021082713
小屋の前のテラスはまだ人も疎ら、一息ついたら、いざ、前穂高岳へ出発。

当初の予定では、前穂高岳へ登るのは2日目にしようかと思っていたのだけど、天気予報的には金曜日は絶好の登山日和、てことで初日のアタックにしたのでした。
上高地から前穂高岳への標高差は1,600m、そして岳沢小屋から前穂高岳へは950m弱の登り。
久々のガッツリ登りに気合入れなおして、前穂高岳へと続く重太郎新道に取りつきます。

2021082714
小屋の先で岳沢のガレ場を渡り、テン場の中を登っていくと、お花畑の中のつづら折りの道へ。
いろんな花が咲き乱れていて華やかな花畑。
まだ日が射し込む前なので、花畑は帰りに楽しむことにして黙々と登ります。

2021082715
頭上に仰ぎ見るのは、穂高の稜線。
このそそり立ちっぷりと言ったら(^^;
急坂続きの雰囲気がぷんぷん漂ってくる。

2021082716
花畑を過ぎると、ダケカンバの中の岩がちな急坂へ。
どんどん増してくる斜度、そしてどんどん岩っぽくなってくる道!
重太郎新道、いよいよ本領発揮です。

2021082717
ハシゴも登場。
頑丈なハシゴなので心強い、が、振り返るとナカナカの高度感。

2021082718
割とがっつり岩場な道だけど、ダケカンバの林の中なので見た目は優し気な雰囲気。
しかも木立の中なので涼しいのが幸い、小屋から450mほど気持ちよく登り上げて

2021082719
岩のテラスのように開けたカモシカ立場に到着。
ジャンダルムや奥穂高岳、吊尾根が青空にクッキリ聳えているのを間近に仰ぎ見ます。
この景色、圧倒されますね(^^

2021082720
カモシカ立場を過ぎると涼しいダケカンバ林の中の道は終了、灌木の中の岩場の登りが続きます。
日射しが照り付けて暑い!
・・・でも日射し照り付けるってことは、視界が開けて展望も素晴らしいってことで。

2021082721
左手に、西穂から奥穂へと続く稜線を仰ぎ見つつ。

2021082722
所々に鎖やハシゴがある岩場の道をぐい~っと。
足場や手掛かりは結構しっかりしているので、急坂ながら登りやすい。

2021082723
カモシカ立場から150mほど登ったところで、標高2,670mの岳沢パノラマに到着。
すかーんと開けて、その名の通り岳沢が一望!
赤い屋根の岳沢小屋はもちろん、西穂、焼岳、乗鞍岳、霞沢岳の大パノラマが素晴らしい♪

2021082724
頭上を見上げると、ジャンダルムから奥穂高岳へと続く稜線と吊尾根!
間近に眺める穂高の稜線や岩壁がほんと大迫力で。
さすがは岩の殿堂、穂高連峰です。

そんな景色に圧倒されつつ岳沢パノラマで一息ついたら、先へと進みます。
ここから先はハイマツの中の岩稜の道、高度感も展望も抜群の道!

2021082725
頭上の岩壁に、先行する方たちが小さく見えているのを見上げつつ。
稜線、全然近づかないな。。。
しかも頭上に見えてるのは前穂高岳じゃなくて、その手前の紀美子平なんだよな。。。

2021082726
左手には、西穂から間ノ岳、天狗岩と続く岩峰。
だいぶ目線の高さになってきた。

2021082727
ガレ・ザレ気味の岩場が続く道には、木枠の階段が設置されているところもあり。
これ、すごく歩きやすくて助かる!

2021082728
そんなガレた尾根上をひたすら登ります。
そういえば西穂から重太郎新道を眺めた時は、ほぼ垂直じゃん!て思っていたっけか。
確かにほぼコンスタントに急坂続き、でも西穂に登った時のような岩稜よじ登り続きではなく、結構足場のしっかりした岩場の急坂登りなので、意外と登りやすい気もしたりして(キツイけど)。

2021082729
右手には、鋭くとがった明神岳の岩稜が連なります。
このぎざぎざっぷりがすごい。
クライミングしてる人もいるかな。

2021082730 2021082731
2021082732 2021082733
トウヤクリンドウ、イワツメクサ、イワギキョウ、クロトウヒレン
穂高の岩稜の山並みに目を奪われつつも、足元には岩場に咲く花々が咲いていて癒されます。
トウヤクリンドウが咲く季節になったか~、なんてしみじみ思いつつ。

2021082735
岩だらけの道を登っていくと、スラブ状の大岩の鎖場が登場。
表面がつるっとしていて、雨の日や下りは足を滑らせそう。
(行きはそれほどでもなかったけど、帰りは滑りそうでちょっと怖かった)
鎖が付いてるのはありがたく、えいやぁ、と一登りで

2021082736
標高2,920mの紀美子平に到着。
岳沢小屋から750m登ってきました。

この紀美子平で、前穂高岳に登る道と、奥穂高岳へ続く吊尾根が分岐。
ザックをデポして前穂高往復している人が多いみたいだけど、まきchin隊は軽荷にて、そのまま担いで前穂を目指します。

2021082737
紀美子平から前穂までは標高差170m、されどこの170mが遠い!
岩場の斜面をつづら折りに山頂へ向けて高度を上げていきますが、ここにきてぐっと足が重くなってきた。。。

2021082738
それでも登るほどに、奥穂から槍へと続く稜線が見えてきて励まされます。
早く山頂からあの稜線を眺めたい、と逸る心を抑えつつ、一歩一歩ゆっくりと。

2021082739
なかなか高度感のある道で浮石浮き岩も多く、足元やつかむ岩に注意しながら登ります。
久々の標高3,000m越え、なんとなく空気が薄い気がして、何度も足を止めて息を整えつつ。

2021082741
永遠に続きそうにも思える、天空へと続く道!
一歩一歩高度を上げていって

2021082742
標高3,090m、前穂高岳に到着!
久々の北アルプス、久々の3,000m峰♪
百高山98座目でもあります。ようやく来ることができました(^^

そしてもう昼近いのに、まだスッキリ晴れていて、山頂からは360°の素晴らしい展望。
風もほとんどなく、広くて穏やかな山頂からぐるりと景色を眺めます。

2021082743
雲海に浮かぶ、蝶ヶ岳から常念岳、大天井岳、燕岳と続く表銀座の山並み。
八ヶ岳や南アルプス、中央アルプスは雲海の上にちょこんと顔を出してました。

2021082744
その奥に連なるのは鹿島槍や白馬三山といった後立山の山並みと、蓮華岳、針ノ木岳、立山。
手前に見える、鋭くとがった槍ヶ岳がカッコいい♪

2021082745
そして、奥穂高岳から涸沢岳、北穂、槍ヶ岳と続く槍穂の岩峰!
名だたる山々が連なる穂高連峰は、さすが圧倒的な景色。
これが見たかったんでした♪

2021082746
奥穂高岳から南西側には、ジャンダルム、天狗岩、西穂高岳と岩峰が続きます。
奥穂に通じる吊尾根と、そこを歩く人たちも見えてますね~。
それにしても、紀美子平からさらにこの吊尾根を登って奥穂へ行く人たちって、凄すぎるな。
前穂に登ったところで、これ以上もう登れない~、と燃え尽きた感じなんですけど(^^;

2021082747
登ってきた岳沢の先には、明神岳、霞沢岳、焼岳や乗鞍岳。
上高地も眼下に見えてます♪

表銀座や、槍穂の後ろに続く黒部の山並みが雲をせき止めてくれているのか、ここ穂高連峰は雲もかからず素晴らしい天気。
最高の山日和!

2021082748
足場に注意しつつ涸沢方面の岩場に少し行ってみると、眼下には涸沢の景色が広がってました。
こうやって間近に涸沢を眺めるのは14年ぶりくらいかも?

山頂は意外と広く、こんな感じであっちこっちへ移動しつつ景色を眺めてのーんびり。
さすが3,000m峰、吹き渡る風も爽やかで、しかもこの日は昼寝できちゃうくらいの穏やかな天気。
平日なので人も少なく静かな山頂で、時間が過ぎるのを忘れてゆっくり過ごしちゃいました。
贅沢なひと時♪

2021082749
晴天の前穂高岳。
最高です!

ほんとに何時間でも過ごせちゃうくらいの素晴らしい山頂でしたが、そろそろ下山しないと小屋に到着するのが遅くなってしまう。
後ろ髪をひかれつつ、1時間ほど山頂で過ごしてから下山開始。

2021082750
下山時もまだまだ素晴らしい天気と素晴らしい展望が続きます。
足元注意しつつも、やっぱり何度も立ち止まって景色を眺めちゃう。

2021082751
浮石を踏まないように、石を落とさないように注意注意。
慎重に下ります。

2021082752
目の前には、岳沢と霞沢岳、焼岳、乗鞍岳の大展望。
昼過ぎてもまだこの展望とは、この日はほんと秋のような天気。

2021082753
左手にそそり立つ明神岳。
眼下に眺めていたのが、だんだんと見上げるようになってきて。

2021082754
岳沢パノラマ付近から稜線を振り返って見上げます。
前穂高岳、ありがとう!
またこんな素晴らしい天気の日に来たいな。

2021082755
カモシカ立場を過ぎると、ダケカンバの林の中へ。
高度が下がってだんだん暑くなってきた道ですが、木立の中はやっぱり涼しい。
ホッと一息つきつつ、でも足元はまだまだ岩場やハシゴの道が続くので気は抜かずに下ります。

2021082756
そしてテン場の上の花畑まで下ってきて、やっと一安心。
お日様の光をたっぷり浴びた明るい花畑の中を、つづら折りにのんびり下ります。

2021082757 2021082758
2021082759 2021082760
アキノキリンソウ、オヤマリンドウ、ゴマナ、アザミ

2021082761
岩だらけの道が続いていたので、最後にこんなお花畑の中を歩けるのは嬉しい♪
色とりどりの花に癒されますね~。

2021082762 2021082763
2021082764 2021082765
ヤマハハコ、サラシナショウマ、トリカブト、キオン

2021082766
天狗沢にも花畑が広がっているそうですが、岳沢の花畑もなかなかの規模で素晴らしかった。
なんといっても、穂高の山並みと花畑の取り合わせがステキ(^^

2021082767
そして岳沢小屋に戻って、この日は終了。
いやはや、よく歩きました!
足も無事で一安心。

2021082768
歩いてきた道、というか壁を見上げます。
急坂続きの重太郎新道でありました。いやー、しびれた。

早速小屋で受付して、部屋に荷物を置いたら、あとは夕飯まで小屋の前で景色を眺めながらのんびり。
#コロナ禍ということで、定員の半分くらいで営業中

2021082769
夕飯は2巡目。アジフライがすごく美味しかった!
お味噌汁も美味しくて沁み渡りました。。。

2021082770
夕飯をいただいたら、早くも日没。
谷合いの小屋なので日没は早い、夕日に照らされる山並みを眺めつつ。

2021082771
ごろ太君、夜中に起きだして満点の星空をパチリ。
天の川がキレイに輝いてました。

> 2021/8/27-28 北アルプス・前穂高岳(2日目)へ

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 【速報】2021/8/27-29 北ア・前穂高岳と美ヶ原に行ってきました~ | トップページ | 2021/8/27-28 北アルプス・前穂高岳(2日目) »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

重太郎新道は下ったことしかないヘタレですw
下りでさえ、へばっていつも岳沢でカレー食いながら大休止してますwww
あのコースを登る人はスゴいと思います\(^_^)/

ホントに素晴らしい景色ですね。
槍穂高の山々はもちろん、何気に上高地→横尾→涸沢→奥穂→岳沢→上高地と全部目で追えるのがうれしかったりします。

貧乏症なので、なかなか泊まる機会がありませんがいつか岳沢に泊まってテラスから星を眺めてみたいです。
個人的には大きな不幸が重なって再建は無理と思ってたので、本当によかったです。

投稿: katsu | 2021年9月 1日 (水) 23時23分

民主党政権による経済破綻危機を忘れぬ為

突然の書込み大変失礼致します。
この度は今一度 皆様に知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

マスコミの扇動が露骨になる中、2009年この世論誘導により誕生した民主党政権の3年間は、公約をほぼ全て反古にし(公約に反し消費税も増税)、

異常な円高誘導で国内企業を空洞化した結果、株価は8千円代まで下がり、日本経済は破綻寸前まで追込まれた事は周知の通りです。

ミスリードが行われるこのコロナにおいても、日本の死者数は世界でも圧倒的に少なく、G7で最も抑制に成功しており(データによりコロナで死んでいない日本人は99%)

倒産、失業率と突出した低さをキープする中(世界2位の補償額)これも正しく報道されず、メディアは毎日不安を煽り、倒閣の為経済を止める方向へ誘導を続けています。

自民党が全て良いとは言えませんが、データに基づいた客観的事実や、対策を限界にさせている現法改正に対する民主党の妨害、数々の不祥事も民主党は報道されず、

2009年同様の政権交代を再現すべく、共闘し世論誘導を仕掛けている事を 一人でも多くの方が気付き、
自ら情報を拾い判断する大切さや、
国民1人1人の投票で政権をも決定する重さがある事をどうか知って頂きたいと思い、こちらを貼らせて頂きます。
https://pachitou.com/2021/08/15/国民の敵マスゴミとの戦いの正念場/
長文、大変申し訳ありません。

投稿: あき | 2021年9月 2日 (木) 20時48分

katsuさん>
重太郎新道を登って、前穂往復してから吊尾根へと向かっている人も結構いて、皆さんすごすぎです(^^;

前穂からの展望って、ほんと素晴らしいですね!
確かに、山並みだけでなく道のりをぐるりと目で追えるのもいいですよね。
至福のひと時でありました。

岳沢小屋がなかったら、きっとうちら前穂には登れてないです。。。
再建、ほんとによかったです。

投稿: まきchin | 2021年9月 2日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【速報】2021/8/27-29 北ア・前穂高岳と美ヶ原に行ってきました~ | トップページ | 2021/8/27-28 北アルプス・前穂高岳(2日目) »