« 2020年の山歩き | トップページ | 2021/1/2 北八甲田・雛岳BC »

2021年1月 4日 (月)

【速報】2021/1/2 2021年初山行に行ってきました~

あけましておめでとうございます。

202101010
2021年の初山行は、北八甲田・雛岳で山スキー。

【1/2:北八甲田・雛岳】
2021年もコロナ禍の影響を受けそうな雰囲気をひしひしと感じつつ。
年明け山行は、北八甲田・雛岳へ。

202101011
31日、1日と大寒波による吹雪のため東八甲田の道は通行止めにつき、入山者はなし。
通行止めが解除された2日、タップリ積もった雪を踏み踏み雛岳へ。

202101012
先行していた何組かは山頂へと向かったようですが、まきchin隊は山頂へは向かわずブナ林のパウダー斜面へドロップ!
締まり気味ながら柔らかいパウダーを、登り返して3本、たっぷり堪能しました。

山中誰にも出会わず、静かな山初めでありました。
山行の詳細は追って♪

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

 

 

~~~以下は自分たちの覚書につき、コメントご容赦。
年末年始は10連休で、ひっそり北東北に行っていました。
体調・衛生管理に十分配慮、NO密、まきchin&ごろ太君の2人行動、大声出して騒がず、スキー場内ではマスクorフェイスマスク着用、は守った上での行動です。

【12/26:夏油高原スキー場】
降雪直後の夏油でパウダー満喫。
人もまだ少なく、ほぼずっとパウダーがキープされているのも良かった。

この日の温泉は、夏油高原温泉兎森の湯(600円)。

【12/27:ジュネス栗駒スキー場】
今年は横手エリアの降雪量がものすごく、災害級でもあるとか。
そんな中申し訳ないですが、大量降雪後の晴天のジュネスへ行ってみたところ、非圧雪エリアの広さにびっくり。
休止リフトの下のゲレンデは全面非圧雪、下部の圧雪斜面の脇もかなり広範囲に非圧雪あり。
気温も低く人も少なく、午後までパウダーキープでありました。すごい。

この日の温泉は、スキー場併設のやまゆり温泉(450円)。
アルカリ性でほんのり緑色のお湯は、ぬるっとした美肌の湯。

腹ごしらえは、十文字のマルタマ食堂で中華そば(十文字ラーメン)。
あっさりスープと細い縮れ麺がよくからんで、ラーメンというよりは蕎麦な感じ、でもこれがまた美味しい。

【12/28:たざわ湖スキー場】
たざわ湖にしては穏やかな天気、そしてびしっと整備された整地が楽しい!
パウダーばかり滑っていたら滑りが下手になる、というのがまきchin隊持論につき、しっかり滑り込みました。

この日の温泉は、休暇村乳頭温泉郷(600円)。
夜は盛岡泊。

【12/29:岩手高原スノーパーク】
悲しくなるくらい雪が少ない岩手高原ではありましたが、整地練習にはいい感じ。
この日もしっかり滑り込みましたが、硬い斜面で腰痛い(笑)

網張温泉館・薬師の湯(600円)に浸かった後は、この日も盛岡泊。

【12/30:雫石スキー場】
年末大寒波の影響で、この日の雫石は全面パウダー。
ゲレンデトップから滑り降りるスラロームバーンとダウンヒルコースが特にすごかった。
けど寒かった。。。

繋温泉愛真館(800円⇒JAF割で720円)の日帰り入浴であったまった後は、この日も盛岡泊。

【12/31:奥中山高原スキー場】
岩手県一戸町の奥中山高原スキー場。
結構広いし非圧雪エリアも多いし人少ないし。
雪、かなり良かった。のんびりした雰囲気もヨシ。しかもリフト券が超安い。

スキー場併設の朝朱の湯(570円⇒リフト券提示で470円)にのんびり浸かったら青森へ移動。
途中、八戸のらーめんふぁくとりーのすけのラーメンで腹ごしらえです。

【1/1:弘前観光】
朝から暴風雪につき、この日は観光(八甲田に行こうと思っていたけど目的地への道が吹雪で通行止め)。
弘前城⇒護国神社で初詣⇒境関温泉きずなの湯(380円)。
最後は青森の麺やゼットンのラーメン(デス煮干し&どろ煮干し)で〆。美味し。

【1/2:北八甲田・雛岳BC】
暴風雪が過ぎ、穏やかな天気(でも雪)となったこの日は、北八甲田・雛岳で山スキー。
静かな山でパウダー満喫、そして八甲田ホテル泊でのんびり。

【1/3:青森観光】
八甲田ホテルで温泉浸かりまくってリゾート満喫につき、この日はのんびり青森観光。
棟方志功記念館で作品鑑賞して芸術満喫⇒善知鳥神社⇒ひらこ屋で煮干しラーメンに舌鼓。

【1/4:岩手高原スノーパーク】
冬休みのシメは、再び岩手高原へ。
随分雪が増えてゲレンデコンディションは上々、しっかり滑り込んで終了。
網張温泉館・薬師の湯に浸かったら、焼肉三千里で腹ごしらえしてから帰宅でありました。

| |

« 2020年の山歩き | トップページ | 2021/1/2 北八甲田・雛岳BC »

◇山行速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年の山歩き | トップページ | 2021/1/2 北八甲田・雛岳BC »