« 2020/12/20 菅平ゲレンデスキー | トップページ | 【速報】2021/1/2 2021年初山行に行ってきました~ »

2020年12月25日 (金)

2020年の山歩き

一年経つのは早いですね。
少し早めですが、毎年恒例の振り返りです。

今年、山で過ごしたのは43日間(含むBC、除ゲレンデスキー)。
3月頃からコロナ禍により外出自粛、緊急事態宣言が解除された後は感染予防対策を講じつつ、状況見ながらの山歩き。
密を避けるべく早朝出発、そしてなるべく人が少なそうな山・ルートへ、と自分たちなりに工夫して。
そんな状況下でもこれだけ山を歩けたことに感謝。

そんな一年を、カレンダーを作りながら振り返ってみました。
12月に入って突然決まった祝日変更も、完全対応済(笑)。

202012241
1月、岩手・網張の犬倉山から仰ぎ見る岩手山。
見る角度によっていろいろ形を変える岩手山は、犬倉山から見上げると荒々しい西尾根が正面に聳えて迫力満点。
南部片富士の名にふさわしいお姿。

1月はこれ以降、なかなか本格的な寒気が到来せず。
ゲレンデスキーに明け暮れる週末が続きました。

202012242
2月、森吉山の樹氷ツリーラン。
2月に入っても、寒気が来たと思ったら再び気温上がったりと不安定な天気。
そんな中でも、大寒波の後の極上林間パウダーと晴天の森吉山を満喫。

202012243
3月、再び森吉山。
少雪のまま、急速に春が近づきつつあった3月。
タイミングを狙って、またまた降雪直後の晴天森吉山で春パウダーをゲット(^^
いつもの年よりも樹氷はやせっぽちだったけど、天気も景色も斜面もやっぱり最高♪

少雪&コロナ禍につき山スキーシーズンはこれで終了、短かいシーズンだったけどいい景色といい雪をいただけて良かった。
(このあと気温が上がらず、思ったより雪は長持ちしていたようですが)

202012244
4月、陣馬山から望む早春の生藤山。
コロナ感染拡大による緊急事態宣言発令直前の山歩き。
早春の里山の景色をしみじみ味わいつつ、県境の稜線をぐるりと歩きました。

202012245
5月、丹沢・大山から望む丹沢主峰と富士山。
緊急事態宣言発令中は、近所の散歩で体を動かす日々。
そして宣言解除後に向かったのは、丹沢の大山。
山を歩けることのありがたさをかみしめつつ、信仰の山をのんびり歩いてリフレッシュ。

202012246
6月、西丹沢・不老山のサンショウバラ。
山頂に咲きこぼれる満開の大輪のサンショウバラが圧巻、どんな年でも花は変わらずキレイ♪

梅雨の切れ間を狙って、県内の丹沢歩きが続いた6月。
新緑の丹沢もなかなか良かった、けど暑かった!

202012247
7月、東信・四阿山から望む浅間山~湯ノ丸山の山並み。
そろりそろりと県外の山へと足を延ばし始めた7月。
スッキリ晴れた青空と緑の山並みと初夏の花々、夏山って気持ちがスカッとシャキッとしますね。

202012248
8月、北アルプス・水晶岳から望む黒部や穂高の稜線。
今年の夏山は営業しない小屋やテン場も多く、営業している小屋は人数減らして完全予約制。
そんな中でも山は変わらず、泣きたくなるほど素晴らしい景色で出迎えてくれました。
山に、山に関わる方々に感謝しながら、北アルプスを歩いた8月でありました。

202012249
9月、北アルプス・西穂高岳から見下ろす穂高連峰南端の稜線。
超久しぶりの岩稜歩きに緊張の連続でしたが、たどり着いた西穂高岳山頂からは絶景が広がっていて感動。
さすが穂高連峰、日本を代表する岩稜帯(ってこの時は穂高の端っこを歩いただけですが)。

8~9月は雨も多くなかなかパッとしないお天気でしたが、その隙間を縫いつつ、北アルプス、東信、北信、木曽と長野の山歩きを楽しむことができました。

2020122410
10月、山形の神室連峰・火打岳から眺める神室主稜線。
登山道のブナ黄葉も、稜線の灌木の紅葉も素晴らしかった!

10月は、八甲田、白神山地、森吉山、真昼山地と東北紅葉山行へ。
人出を避けるべく早朝出発、静かな山域を選んで歩きました(一部、人気のルートもありましたが)。
そのせいか、はたまた昨今の熊事情の影響か、熊の気配がかなり濃厚でニアミスもあり、始終ビビりつつ。。

2020122411
11月、岩手・遠野から見上げる六角牛山。
民話の里の雰囲気満点、山頂からの景色も里の景色も素晴らしかった。

福島や宮城、岩手の晩秋の里山歩きを楽しんだ11月。
どの山も小粒ながらぴりりと締まった山、歩きごたえあり景色もよし♪

2020122412
12月、本栖湖畔から見上げる富士山。
11月半ばに降雪がありましたが、それ以降気温が上がって富士山の冠雪も少な目。
それでも12月半ばには日本海側・東北中心に突然の豪雪、そのまま冬シーズンに突入、です。

コロナの影響により、生活様式も登山様式もこれまでとは一変。
外出すること自体にもいろいろ議論はありますが、自分たちなりに諸事気を配りつつ、山を歩いた一年でありました。
今後の状況次第ではありますが、なるべく人が多い場所やルート・時間帯は避ける、まきchin&ごろ太君の2人行動、という基本路線をキープしつつ歩ければと。

来年は少しでも状況が落ち着きますように。
そして安全に無事に楽しく山を歩くことができますように。

本年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 2020/12/20 菅平ゲレンデスキー | トップページ | 【速報】2021/1/2 2021年初山行に行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

好きなこととは言え、おつかれ山でした!
良い年をお迎えください。

投稿: 黒部のシュン | 2020年12月26日 (土) 19時33分

シュンちゃん>
ありがとうございます!
元気に楽しく歩くことができてよかったです。
よい年をお迎えくださいませ。

投稿: まきchin | 2020年12月27日 (日) 17時57分

こんばんは、すごいですよ、カレンダー 売っているものと同じぐらいにっ魅力的な風景ですね。いい感じですね。自分で作るカレンダーこれは、Good アイデアですね。

投稿: hidechan | 2020年12月27日 (日) 18時13分

hidechanさん>
ありがとうございます!
自己満足の極みでお恥ずかしいですが、カレンダー見るたびにその時の山行をまた思い出すこともできるので、結構気に入ってます(o^^o)

投稿: まきchin | 2020年12月28日 (月) 17時01分

こんばんは。

大変な1年になりましたが、とにかくケガなくて何よりでした。

こんなに丹沢が出てくる年は珍しいですね(^^;
来年も状況はあまり変わらないと思いますが、
お互いに楽しい山行にしたいですね。

よいお年をお迎えください\(^_^)/

投稿: katsu | 2020年12月28日 (月) 23時49分

katsuさん>
いやもう思いもかけず大変な年でしたね。。
それでも元気でいられたことに感謝です。
来年はどのような状況になるかわかりませんが、そんな中でも楽しく山を歩けますように。
よい年をお迎え下さい!

投稿: まきchin | 2020年12月29日 (火) 16時58分

あけましておめでとうございます\(^_^)/
恒例の山カレンダー、コロナ禍に加え天候不順でも、とても立派に仕上がりましたね(^^)/ さすがです!

昨年は鹿狼山・生藤山・須金山・栂峰が違う日に、大荒沢岳が同じ日の1時間違いでした(^^;)
今年はどうなるか、ブログと共に楽しみにしております(^^)/

投稿: 青空 | 2021年1月 1日 (金) 09時03分

青空さん>
あけましておめでとうございます。
どうなることやら、のコロナ禍の山歩きでしたが、なんとかカレンダー作ることができました!
例年に増して、思い出深いカレンダー達です♪
青空さん達とは本当に行き先がカブりますよね、行程はとてもとても足元に及ばないですが昨年もニアミス多数で(o^^o)
今年も楽しみにしております、お互い元気に楽しく歩けますように!

投稿: まきchin | 2021年1月 1日 (金) 19時22分

仰るとおりです。閉じこもっててウイルスへの抵抗力なくしたらバカみたい。
今年も山にスキーに大いに楽しみましょう!

投稿: ねも | 2021年1月 2日 (土) 20時48分

ねもさん>
私ら、決して外出推進論者ではありませんので。
行くなら、NO密で静かに家族のみ行動、なるべく迷惑かけない範囲で行きたいな、と思います。
それさえも許されない状況になりつつある気もしてますが。。。

投稿: まきchin | 2021年1月 4日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/12/20 菅平ゲレンデスキー | トップページ | 【速報】2021/1/2 2021年初山行に行ってきました~ »