« 2020/11/7 南東北晩秋山行その2・大滝根山 | トップページ | 2020/11/8 南東北晩秋山行その2・泉ヶ岳 »

2020年11月10日 (火)

2020/11/7 南東北晩秋山行その2・常葉鎌倉岳

福島・阿武隈山地でのダブルヘッダー山歩き、二座目は常葉の鎌倉岳。

2020110720
麓から見上げる鎌倉岳は、そそり立つ岩峰がカッコいい!

===常葉鎌倉岳===
2020/11/7(土):鰍(9:55)~石切場跡(10:35)~▲鎌倉岳(11:05-11:25)~石切場跡(11:45)~萩平(12:00)~鰍(12:45)
歩行距離:6.8km
累積登高:450m
累積下降:450m
======

> 11/7 大滝根山

阿武隈山地の最高峰・大滝根山の下山後は、近くの鎌倉岳へ。
阿武隈には鎌倉岳は2つあり、それぞれ地名を冠して常葉(ときわ)鎌倉岳と竹貫(たかぬき)鎌倉岳と呼ばれてるそうで。
今回は、山頂部の岩峰が特徴的な、常葉鎌倉岳を登ります。

大滝根山と同じく、登山口がいろいろある鎌倉岳。
この日は、北西側の鰍から登って南の萩平へ下山、道路を歩いて鰍に戻るという周回ルートで歩きます。

2020110721
というわけで、鰍登山口の駐車場に到着。
駐車場は、中野区青少年自然の家への入口にありました。登山者用仮設トイレもあり。
#この手前にも駐車スペースあり、あわせて50台くらいは停められそう

2020110722
駐車場のすぐ上にある中野区青少年自然の家へと歩いていくと、建物の前にも数台車が停まってました。
駐車場には一台も停まってなかったので、先行者はナシかと思ってたけど、この感じだと何組か入っているみたい。
まぁ、他の登山口からの人もいるだろうしな。

2020110723
自然の家の向かい側から登山道が始まります。
標識完備!

2020110724
歩き始めは杉林とヒノキ林の中の道。
所々で作業道が横切っているためか、あちこちに登山道標識が立っていて迷うことはなし。

2020110725
しばらくは植林の中かと思いきや、所々に広葉樹の雑木林が登場。
ちょうど登山口付近~標高700mあたりが紅葉真っ盛り、雑木林も一面紅葉していて明るい道。

2020110726
かと思いきや、再び杉林の中。
傾斜は始終緩やかで、道も整備されていてすこぶる歩きやすい。
なんでも、鰍コースは他コースに比べて急勾配が少なく歩きやすい道なんだとか。

2020110727
林の中には、切り株を加工したカエルくん。
かわいい!

2020110728
ここ鎌倉岳は、阿武隈山地の中では珍しい岩峰の山ということもあってか、杉林の中には大岩がごろごろ転がってます。
山頂付近から転がってきたのかな?
それとも、以前はここに採石場があったということなので、その名残なのかな?

2020110729
大きな岩の上に生えている木々もあり。
どうやって根っこを張っているんだろう?

20201107210
植林地を過ぎると、再び広葉樹の林の道に。
落ち葉をざくざく踏んで、明るい紅葉の道。

20201107211
明るくて気持ちよい道だな。
北西から登る道なので薄暗い道かと思っていたけど、お昼近くで日も高く、日差しに照らされた紅葉の林がキラキラ明るくて和みます。

20201107212
そんな道をのんびり歩いていくと、萩平からの道が右側から合流し、ほどなく石切場跡に到着。
ここまでは緩やかな道でしたが、ここからは山頂まで一気に200m登る急坂が始まります。

20201107214
大きな岩が積み重なった道には、所々にお助けロープもあり。
結構斜度もあり、登りごたえある道。

20201107216
前半は岩がちな道、後半は落ち葉が積もる笹と灌木の中の急坂。
息を整えつつ登ります。

20201107215
振り返ると、木立の隙間からは先ほど登った大滝根山が!
山頂部のアンテナもレーダーも見えてますね(^^

20201107217
所々にこんな標識も。

20201107218
すっかり落葉した林の中の道ですが、所々にカエデの紅葉が。
モノトーンの林の中にこんな色合いがあると、ホッと和みますね♪

20201107219
息を整えがてら、足を止めて紅葉に見入ります(^^

20201107220
道端には大きな岩がいっぱい。
この岩は・・・口をぱくぱくしている鯉のようにも見えるし、羊の横顔のようにも見える。

20201107221
そんな岩の間をぬうようにぐい~っと200m登り上げていくと

20201107222
都路村(都路町)からの道と合流。
ここまで来れば、山頂へはあと一息!

20201107223
山頂を北側から回り込んで、木の階段を登っていくと

20201107224
鎌倉岳山頂に到着!
山頂には、大きな岩の間に天日鷲(あめひわし)神社が祀られていました。

20201107225
そして、大きな岩がごろごろ転がる山頂からは360°の大展望!
阿武隈の展望台とも言われる山頂から、ぐるりと景色を眺めます。

20201107226
北西側には移ヶ岳。
大滝根山からも見えていた、形のよいきれいな山であります。
手前の山の稜線に見えているのはムシムシランドだな。

移ヶ岳の奥には安達太良が見えるようだけど、昼近くなって靄も濃くなり、はっきりとは見えず。

20201107228
北側には、竜子山や日山(天王山)。
この北側エリアにも、いろいろ歩いてみたい山があるのよね。

20201107229
南側には大滝根山。
ついさっき歩いてきた山頂からの展望を思い出しつつ眺めます。

20201107231
山頂の大岩に取り付けられた山座同定盤と見比べつつ、ぐるりと眺める景色。
阿武隈の山並みが一望、でありました。

20201107230
足元の斜面を見下ろすと、紅葉に彩られて色とりどりの森が広がります。
ちょうど麓の紅葉がピーク、帰りの周回道路歩きでは麓の紅葉を楽しめるかな。

20201107232
大展望、楽しみました!
ちょっと風強めで寒かったけど、気持ちの良い山頂でありました。
この辺りの山を歩いた後に、またここからぐるりと景色を眺めてみるのも面白いだろうな。

山頂で20分ほど過ごしたら、下山開始。

20201107233
石切場跡へ向けて、急坂を下ります。
息を切らして登った急坂も、下りは紅葉眺めつつざくざく下って楽しい道。

20201107234
登ってこられる方と何組かすれ違いつつ下ります。
後半の大岩ごろごろ地帯は、トラロープも使いつつ。

20201107235
石切場跡まで下り、そのすぐ先の分岐で萩平コースへ。
行きは緩やかに登る鰍コースだったけど、帰りは真っすぐに下る急坂の萩平コース。

20201107236
杉林の中、ぐい~っと下ります。
こちらから登る人も多いようだけど、鰍コースのほうが傾斜緩やかで楽だし楽しいかも。
好みの問題ですが。

20201107237
所々にカラマツの黄葉や雑木林もあり。
そんな道を一気に下って傾斜が緩やかになると

20201107238
萩平登山口に到着。
ここからは舗装路を下ります。

20201107239
山の上からも見ていたとおり、登山口付近は紅葉がキレイ♪
紅葉を楽しみつつ道路を下っていくと

20201107240
登山者用駐車場に到着。
5台くらい駐車可なスペースにはトイレもあり。

さて、では鰍登山口を目指して道路をのんびり歩いて戻りますかね。

20201107241
歩きながら見上げる鎌倉岳。
山頂部の岩峰が特徴的。
ススキと紅葉に縁どられて、晩秋の色合いですな。

20201107242
道沿いに広がる田んぼには、稲わらを束ねたにゅうがたくさん。
里の秋の景色を楽しみつつ2kmほど歩いて、鰍登山口に戻って終了、であります。

昼近くの時間に登ったということもあってか、歩く方もそれなりに多かった。
短い道のりながらも、明るい木立の中の道はなかなか好ましく、山頂直下の急坂もしっかり整備されてて登りやすくて。
阿武隈山地には珍しい岩峰の山、ということで、山中には大きな岩がごろごろ転がってるのも面白い。
山頂からのぐるり360°の大展望もよかったなぁ。

また紅葉の時期に来たい山でありました。
今度は竹貫の鎌倉岳も歩いてみたいな。

下山後は、お腹空いたので、平田に移動してひさご食堂の生ラムジンギスカンに舌鼓(詳細は速報)。
そして翌日に備えて宮城県村田町へ移動して、おおがわら天然温泉いい湯(800円、JAF割本人2割引き)でお風呂。
この日は道の駅村田で車中泊、であります。

> 11/8 泉ヶ岳へ

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 2020/11/7 南東北晩秋山行その2・大滝根山 | トップページ | 2020/11/8 南東北晩秋山行その2・泉ヶ岳 »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。途中結構急な道だったんですね。農業やっていないので、しっかりと記憶ありませんが、稲わらに目が止まりました。私は、関西なのですが、最近あまり見かけないなと思いつつ、楽しく見させていただきました。ありがとうございました。

投稿: hidechan | 2020年11月12日 (木) 16時21分

結構険しい道が多い中お疲れ様でした^^途中にあったカエルくんが可愛すぎて写真保存してしまいましたw

投稿: Hiroki_berbar | 2020年11月12日 (木) 16時22分

hidechanさん>
山頂直下は急な道でした。
稲わら、地域によっていろいろなまとめ方があって面白いですよね。
鎌倉岳の周辺では、一束ずつくるっとまとめて置かれてありました。

投稿: まきchin | 2020年11月12日 (木) 22時03分

Hiroki_berbarさん>
カエル君、可愛いですよね。
切り株を加工してあるところを見ると、チェーンソーの達人が加工されたんでしょうか。

投稿: まきchin | 2020年11月12日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/11/7 南東北晩秋山行その2・大滝根山 | トップページ | 2020/11/8 南東北晩秋山行その2・泉ヶ岳 »