« 2020/10/11 北東北紅葉山行 森吉山 | トップページ | 2020/10/16 北東北紅葉山行その2 神室連峰・火打岳 »

2020年10月19日 (月)

【速報】2020/10/16-18 北東北紅葉山行Part2に行ってきました~

再びの北東北紅葉山行。

202010150
各所でブナ美林の紅葉を堪能です♪

【10/16:神室連峰・火打岳】←クリックで詳細レポ表示
東北アルプスとも言われる神室連峰の南西部に位置する火打岳へ。

202010151
最上側から登り上げるブナの尾根はかなりいい色付き、高度を上げるほどに緑から黄色、オレンジ色へと移り変わる黄葉を楽しみつつ。

202010152
稜線まで登り上げればこの展望&紅葉!
ちょうど稜線上の灌木帯が紅葉真っ盛り。

202010153
神室連峰ならではなヤセ尾根を辿って火打岳へと向かう稜線は、西側斜面は一面灌木紅葉、東側斜面は切れ落ちた急峻な斜面。
東側の急峻な斜面にシビれ、西側の紅葉にとろける道(^^

202010154
火打岳山頂からは、小又山、神室山と続く稜線が一望。
素晴らしい展望にため息ばかり、誰にも出会わずこんな絶景を満喫した一日でありました。
いやもうほんと、素晴らしかった!

下山後は、舟形若あゆ温泉の日帰り入浴へ(400円)。
高台にある温泉にて眺め良く、そしてお湯も薄茶色のお湯でつるっとして気持ちよい。
かなり良い温泉でした♪ 設備も新しかったなぁ。

【10/17:白神山地・小岳】 ←クリックで詳細レポ表示
雨模様のこの日は、秋田・白神山地の小岳へ。
20㎞の砂利林道を走って向かった小岳は、白神世界遺産のキワの山。

202010155
標高から言えばもう紅葉してるかな、と思ったブナ林は、まだ緑主流。。。
白神岳よりも美しいんじゃないか?なブナ林でしたが。

202010156
それでも高度を上げていけば、だんだんと色づいてきて。
・・・が、そんな紅葉に見とれていたら、かなりの至近距離で熊ががさがさと藪の中を逃げて行ったりして。
めちゃくちゃびびって、それからは掛け声出しまくりで歩きました(もちろん2人とも鈴は鳴らしてましたけど)。

202010157
そして向かった山頂は、ガスガス。。。
山頂付近の灌木は、どうやら紅葉真っ盛りだったようですが、真っ白けで何も見えず。
機会あればまた来るかな。

202010158
下山後は大館に移動して、先週に引き続き 佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず へ。

202010159 2020101510
今回いただいたのは、卵とじラーメン&ミニチャーシュー丼、新醤油チャーシューメン。
卵とじラーメン、「ご要望に応えて復活!」との謳い文句に惹かれての注文でしたが、なんだか優しいお味でほっとする!
新醤油は、レモンのすっきり爽やかな味にコクのある醤油とゴマ等々の香ばしい香りが入り混じってこれまた美味し。
何を食べても間違いない感じでありました。
次行ったら、塩ラーメンと新塩ラーメン対決だな。

お腹いっぱいになったら、大館ぽかぽか温泉の日帰り入浴へ(400円)。
先日行った大館東台温泉 東の湯と泉質は同じかな。
広くてゆったり浸かれるのはいいけど、ドライヤーが100円式なのはちといただけなかった。。。

【10/18:真昼山地・沢尻岳、大荒沢岳】 ←クリックで詳細レポ表示
朝から好天のこの日は、ブナ黄葉を狙って真昼山地の沢尻岳へ。

2020101511
狙いは的中!
下部の黄色く色づき始めたブナから

2020101512
上部の濃いオレンジ色のブナまで、ずずずい~っと満喫!
ブナ美林のこんな黄葉七変化を楽しめて、もう昇天です。
真昼山地のブナ、美しすぎる。

ただ、ブナ黄葉がピークということはクマの活動もピークなわけで。
至る所にてんこもりの熊糞あり、真新しい足跡もあり。
藪をがさごそいわせることはなかったけど、おっかなかったなぁ。

2020101513
沢尻岳山頂からは、高下岳や和賀岳から連なる縦走路や、お隣の大荒沢岳、朝日岳を一望。
スカッと開けて気持ちよい展望を心行くまで楽しみました。
そして、大展望の稜線を歩いて大荒沢岳往復して、大満足であります。

下山後は、沢内バーデンの日帰り入浴へ(440円)。
源泉かけ流しのお湯をのんびり楽しんだら、北上に移動して、ロシア料理トロイカで腹ごしらえ。

2020101515 2020101516
2020101517 2020101518
ロールキャベツ、チキンのサワークリーム煮、キエフ風チキンカツ、ボルシチ。
お腹ペコペコだったので、たくさんいっちゃいました。
前回来たときは各人一品ずつ頼んだのですが、ちょっと物足りなかったし。

どれもかなり美味しかったなぁ、しかもいろいろ一緒にいただくことで美味しさ倍増、みたいな。
地元の方も入れ代わり立ち代わり訪れていて、かなりの人気店でありました。

2020101519
おみやげに、チーズケーキも購入。
これがまた美味しいのよね~(^^

というわけで、今週末もまた至福の北東北紅葉旅。
山行の詳細は追って♪

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 2020/10/11 北東北紅葉山行 森吉山 | トップページ | 2020/10/16 北東北紅葉山行その2 神室連峰・火打岳 »

◇山行速報」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんにちは!
いつも参考にさせて頂いております。

まきchinさんの2017年の記事を見て、2018年と2019年秋、和賀岳に登りました。
2018はイマイチでしたが、昨年は素晴らしいブナ林の黄葉に巡り合えました。

2020年も、もう紅葉が始まっているんですね。
私は、今年は10/21か10/26のいずれかで計画しているのですが、
どちらがよいでしょうか?10/26では遅すぎますでしょうか?
ご回答いただけたら幸いです。

ちなみに昨年の様子をYouTubeにアップしています。
タイトル「和賀岳ブナ原生林の秋2016」です。
拙い動画ですがご覧いただけたら光栄です。

投稿: himesauyri | 2020年10月19日 (月) 15時33分

himesayuriさん>
初めまして、コメントありがとうございます!
参考にしていただいているとのこと、恐縮です。

紅葉は、年によって時期がずれるし、斜面の向きによっても進み具合が違うのでなかなか難しいですよね。
今年は1週間~10日ほど例年よりも遅いようですね。

18日の沢尻岳は、標高700mから黄色くなり始め、800mより上が濃い黄葉でした。26日だともっと標高下がるだろうな、と思います。
和賀岳が今どんな感じなのかはわからないので、週末に和賀岳を歩いた方の記録も参考にされるとよいかと!
・・・気温や天気にもよるので、関東在住の私としてはそんな想像しかできませず(汗)
お天気良いといいですね!

投稿: まきchin | 2020年10月20日 (火) 00時18分

さっそくご返事いただき有難うございます。

10/21出発し、10/22に登ることに決めました。

今後もブログを拝見させて頂きます。
魅力的な記事と写真楽しみにしています。

投稿: himesayuri | 2020年10月20日 (火) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/10/11 北東北紅葉山行 森吉山 | トップページ | 2020/10/16 北東北紅葉山行その2 神室連峰・火打岳 »