« 2020/10/18 北東北紅葉山行その2 真昼山地・沢尻岳、大荒沢岳 | トップページ | 【速報】2020/10/31-11/1 南東北晩秋山行に行ってきました~ »

2020年10月28日 (水)

2020/10/24 天狗山~男山の稜線歩き

展望の岩尾根歩きを楽しみに、奥秩父の天狗山と男山へ。

202010240
男山へと通じる稜線から眺める天狗山。
黄葉に聳える岩峰がかっこいい♪

===天狗山、男山===
2020/10/24(土):馬越峠(7:05)~▲天狗山(7:55-8:05)~▲男山(9:50-10:35)~▲天狗山(12:05)~馬越峠(12:50)
歩行距離:7.8km
累積登高:750m
累積下降:750m
======

この週末は土曜日のみの山歩き。
近場でお天気よくて展望も紅葉も楽しめるところ、ということで奥秩父へ。
目指すは、川上村と南相木村の境に聳える天狗山と男山であります。

202010241
朝から濃い霧が立ち込める土曜日、登山口となる馬越峠には6時半頃に到着。
登山口前の4台ほどの駐車スペースは既にいっぱい、その先の2~3台分のスペースに停めて準備していると、そこもあっという間にいっぱいに。
ここって割とマイナーな方かと思っていたのだけど、かなりメジャーな山なのね。。。
#どうやら天狗山南面の岩壁を登るクライマーの方も多いようで。
#馬越峠への道は冬季は通行止め
#トイレなし

202010242
8時頃から霧が晴れてくるということだったので、のんびり準備して7時過ぎに出発です。

202010243
登り始めはいきなりの急坂、朝イチ急登に息を切らしつつ九十九折りに登ります。

202010244
足元には落ち葉がいっぱいな晩秋の道。
木の根が絡み合った道なので、落ち葉で隠れた木の根を踏んで足を滑らさないように。

202010245
そんな道を50mほど登り上げると稜線上へ。
ガスの中、黄色に色づいた灌木の中をゆる~り歩きます。
ガスで展望ないので、黙々と歩くのみですな。

202010246
しばらくのんびり歩いていくと、ロープのかかる岩場が所々に登場。
ロープ使わなくても十分登れる岩場ですが、前日の雨で濡れてて滑りやすいので注意しながら登ります。
帰りは乾いててくれるかな。

202010247
「アルバムに楽しい天狗山のページ」ですって(^^
楽しい標識だな。

斜度を増した岩がちな尾根を登っていくと、だんだんと頭上が明るくなってきたような?
霧が晴れてきたのか、それとも高度を上げて雲を突き抜けつつあるのか。

202010248
青空に期待しつつ、山頂直下の大きな岩場をよじ登っていくと

2020102410
天狗山山頂に到着!
そして、頭上には青空!!

2020102411
山頂からは、冠雪の南アルプスも一望。
北岳、間ノ岳はもちろん、甲斐駒、鳳凰三山もずら~りと。
久しぶりに間近に眺める南アルプスです。

2020102412
八ヶ岳も晴れてますね!
そしてその手前には、目指す男山が雲の中からちょこっと頭を出してます。
ちょうどガスが晴れてきたところなんだなぁ。いいタイミング♪

徐々に晴れてきているので、稜線を歩きながら景色を楽しもうってことで、天狗山を後にして男山へと続く縦走路へと出発。

2020102413
天狗山からは、最初は岩場な急坂を下ります。
さすが岩場な山ですな。

2020102414
途中の岩場の上からは、こんな大展望!
奥には八ヶ岳、手前には男山と黄葉の斜面。
そして右下には。。。なんとブロッケン!!

2020102415
アルプスじゃないところでブロッケン見るのって、初めてかも?
霧のスクリーンにクッキリ映るブロッケン、しかも光輪のような虹も鮮やかにクッキリ♪

いやー、すごいもん見ちゃいました(^^

2020102416
興奮冷めやらぬまま、岩場の稜線を下ります。
こんな感じで木立の中を歩いたり、所々展望開けたり。

2020102417
またまた開けた展望にウットリ見とれます。
南斜面は一面紅葉、ここいらは黄色の紅葉なんだな。

南斜面の下には、以前はゴルフ場があったみたいだけど、今はすっかり更地になっていてメガソーラー設置の工事中。
歩いている間、ずっと工事の音が聞こえてました。
メガソーラーとは、時代ですなぁ。

2020102418
道の途中には、こんな年季の入った看板もあり。
真新しい看板もありましたが、そっちにはローマ字やハングルまで書いてありました。びっくり。

立原高原からの道との合流を過ぎ、天狗山から200mほど下って鞍部を過ぎると、道は穏やかな登り坂に。

2020102419
尾根の左手は晴れてるのだけど、右手にはまだガスが溜まっているようで。
左手から射しこむ日差しが、ガスを通してとっても幻想的に。

2020102420
ゆる~り歩いていくと、ミズナラやコナラの雑木林の明るい道へ。
足元は落ち葉でフカフカ、気持ちいい(^^
岩場の道あり、こんな穏やかな雑木林の中の道あり。
面白い稜線ですな。

2020102421
先へと進んでいくと、左手はカラマツ、右手は雑木林の道に。
カラマツは既に黄葉終盤、足元の草原も黄金色。
明るい黄金色の道を緩やかに歩いていくと

2020102422
垣越山の小ピークに到着。
さて、ここから先は再び岩場の道を歩きます。

2020102423
ここまでの雑木やカラマツの中の穏やかな道とは打って変わって、松やシャクナゲの中のアップダウン繰り返す岩尾根へ。
でも、それと同時に展望も開けます!

2020102424
前方に歩く稜線を眺めつつ。
右奥は男山、その向こうには八ヶ岳。

2020102425
色づく斜面の向こうには、南アルプス・北岳と間ノ岳。
いい展望だなぁ。

2020102426
天狗山と垣越山を背に、細かくアップダウン繰り返しつつ岩尾根を登ります。

2020102427
結構大き目な岩もあるけど、歩きやすい岩尾根。
相変わらず要所要所にはロープがかかっているけど、それほどロープに頼るところはなし。

2020102428
稜線を歩きつつも、振り返って天狗山を眺めます。
黄葉の斜面と、天狗の鼻のように突き出た天狗山の景色が素晴らしくて、何度も立ち止まって眺めちゃう。

2020102429
稜線の向こうには、お隣の御座山。
朝はガスの中だったけど、この時間になってキレイに晴れてますね。

2020102430
目指す男山、その向こうには八ヶ岳。
男山も岩ゴツゴツな岩山にて、なかなか見栄えあり。

2020102431
そして男山手前で、道はいったん灌木の中へ。
山頂直下の急な岩場を登り上げて

2020102432
男山山頂に到着。
八ヶ岳と南アルプス、奥秩父の山並みをぐるりと眺める大展望の山頂から、しばし景色を楽しみます!

2020102433
まずはこちら、八ヶ岳。
編笠山に権現、赤岳、横岳と続く山並み。
麓には野辺山の畑がパッチワークのように広がります。

2020102434
南アルプス・北岳もまだ見えてますね。
だいぶ雲が増えてきちゃったけど、まだまだ!

2020102435
瑞牆山に金峰山、小川山といった奥秩父の山並み。
甲武信岳も見えてるかな。
朝はがっつり雲かかってたけど、昼近くなって晴れてきました(^^

2020102436
黄葉の斜面の向こうににょきっと聳える岩山は、言わずと知れた天狗山。

2020102437
そんな大展望の男山で、景色を眺めてのんびりと。
山頂に到着してからしばらくは、まきchin隊以外は誰もいない静かな山頂。
贅沢にこんな展望を2人占めでありました♪

景色を眺めつつのんびりしていると、ぽつぽつと後続の方が到着。
賑やかになってきたし、そろそろ戻りますかね。

2020102438
というわけで山頂を後にして、来た道を天狗山へと戻ります。
明るい稜線では登ってくる方とのすれ違い多数、10人くらいの団体さんも含めて10組近くいたような?
そんなに人気の山だったのか!

2020102439
男山の近くには大きな岩もたくさん。
この岩、右向きのライオンのようにも見えるのだけどどうかな(^^

2020102440
帰りの稜線は、こんな景色を正面に眺めつつ歩きます。
いい景色だなぁ、斜面の黄葉もいいし、岩がごつごつ出ている様もいい感じ。

2020102441
稜線の向こうには御座山がキレイに聳えてます。
あちらもまたこの時期に歩きたい山でありますね。

2020102442
展望の良い岩尾根歩き。
行きと同じく、やっぱり何度も足が止まっちゃう(^^

2020102445
そして垣越山から先は、明るい雑木&カラマツの中の道。
行きに歩いた時よりも、帰りはもっと明るくキラキラ輝いて。

2020102444
見上げる幹には、こんな標識も。
火乃要心、ね。なんだかレトロ(^^

2020102446
木々の隙間から仰ぎ見る天狗山。
こんな岩壁の山だとは、歩いているときにはそれほど実感しなかったですが。
こうやって見るとなかなかすごい岩壁ですな。

2020102447
天狗山手前のコルまでゆる~り下ると、そこから天狗山へは所々岩がちな道を200m弱登り返しです。

2020102448
展望開けたところでは、振り返って男山や八ヶ岳を眺めます。
八ヶ岳、さっきまでキレイに晴れていたのに、かなり分厚い雲がかかってきてますねぇ。
こりゃ、雪降るんじゃないのかな?

2020102449
こちらはそれほど風もなく、ぽかぽか穏やかな道を登り上げて、再び天狗山に到着です。

男山ほどではないけど展望の良い山頂からは

2020102450
さっきまで雲に隠れていた浅間山が登場!
黒斑、烏帽子、湯ノ丸とずら~り見えてます。

2020102451
男山から続く稜線も、ここで見納め。
いい稜線歩きでした!

2020102452
さて、では山頂を後にして下山開始。
行きはガスガスだった道ですが、帰りは青空の下にて気持ちよく下ります。

2020102454
途中の岩場から、天狗山を見上げます。
こんな迫力ある景色だったんだなぁ。

2020102455
そして最後は穏やかな黄葉の雑木林を歩いて、登山口に到着。
男山から戻ってくる途中にたくさんの人とすれ違いましたが、やっぱり登山口も路駐の列。
いやはや、人気のお山でありました。

奥秩父の西端にある天狗山と男山、小粒ながらも岩稜の稜線歩きあり、南アルプスや八ヶ岳、秩父の山々の大展望あり。
下界に広がる野辺山や川上村の田畑の景色もなんともいい感じ。
稜線の紅葉は終盤だったけど、南斜面の一面の黄葉を見下ろしながら歩くのもなかなか良かった。

秋にぜひまた歩きたい山であります!

下山後は、近くの南相木温泉滝見の湯へ(物味湯産手形使用)。
その後は佐久海ノ口のレストランストローハットで腹ごしらえ、美味しく〆て満足です(詳細は速報)。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 2020/10/18 北東北紅葉山行その2 真昼山地・沢尻岳、大荒沢岳 | トップページ | 【速報】2020/10/31-11/1 南東北晩秋山行に行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/10/18 北東北紅葉山行その2 真昼山地・沢尻岳、大荒沢岳 | トップページ | 【速報】2020/10/31-11/1 南東北晩秋山行に行ってきました~ »