« 【速報】2020/6/27 西丹沢・大室山&加入道山に行ってきました~ | トップページ | 2020/7/4-5 久しぶりの東北 »

2020年6月30日 (火)

2020/6/27 西丹沢・大室山~加入道山周回

梅雨の西丹沢、第2弾。

202006270
雲海の上には富士山が♪

===大室山、加入道山===
2020/6/27(土):西丹沢ビジターセンター(4:50)~用木沢出合(5:15)~犬越路(6:45-6:55)~▲大室山(8:30-8:55)~▲加入道山(9:50-10:00)~白石峠(10:10)~用木沢出合(11:40)~西丹沢ビジターセンター(12:05)
歩行距離:16.5km
累積登高:1,150m
累積下降:1,150m
======

梅雨らしい天気の週末は、お天気もちそうな土曜日に再び西丹沢へ。
今回は、先週歩いた稜線につなげて、犬越路から加入道山までを歩きます。
この道も16年ぶり。

202006271
西丹沢ビジターセンターには4時半頃に到着。
センター横の駐車スペースには1台分の空きしかなし!
ラスト1台、滑り込みです。
#センター前の未舗装駐車スペース(50台)にもちらほら停まってました。

202006272
この日も林道を歩いて用木沢出合へと向かいます。
前方の山々には雲がかかってますねぇ。思ったより雲が低いかな。

道沿いのオートキャンプ場はまだテントもなくガラガラ。
下山してきたころにはここも大賑わいになってるんだろうな、と思いつつ。

202006273
白石オートキャンプ場の先で、崩落箇所を越えて。

202006274
そのすぐ先が用木沢出合。
今日はここから用木沢沿いに犬越路へと登り上げます。

202006275
用木沢出合から沢沿いに少し進んだところに、立派な鉄製の橋あり。
こんなに整備されてるところなのか~。

202006276
鉄製の橋の先には木橋も。
昨年の台風19号では木橋はかなり流されてしまったとのことでしたが、ありがたいことに用木沢はほとんど復旧されてました。
#このすぐ先1か所、渡渉あり。
#用木沢は大雨の後は木橋が流されることが多いそうなので、状況はしょっちゅう変わるものと思われます。

202006277
わりと渡渉多いのかな、と思ってたらそうでもなく、渡るところには木橋や鉄橋が完備。
歩きやすい沢沿いの道をゆる~り歩きます。

202006278
かと思ったら、岩場のへつりみたいなところもあり。
ワイルドですな。

202006279
用木沢は結構水の流れが激しい。
そして沢中や河原には流木がたくさん、台風19号ってすごかったんだな。

2020062710
何度か沢を渡りつつ、整備された道を1.5kmほど歩いて

2020062711
ようやく木立の中の道へ。
苔生した大きな切り株なんかもあったりして。

杉の植林の中の急坂を登るとすぐに雑木林の中へ。
このままこの緑一色の林の中を登っていくのかな~、なんて思っていたら。

2020062712
斜面のトラバース道へ。
右下には涸れ沢が近づいてきて、なにやら不穏な空気が。。。
やはり沢の中を歩くのか?と思っていたら

2020062713
岩がごろごろ転がる涸れ沢の中、250mぐい~っと登る道に突入。。
犬越路まではずっとこんな道、しかもどうやら台風19号の影響もかなり受けたらしく、結構あちこち崩れてる。。

2020062714
崩壊した登山道を巻く道もやや崩壊気味(^^;
ロープついてるかなりの急坂。

2020062715
登山道の脇には苔むした岩と木々。
しっとり緑の景色には癒されますが。

涸れ沢の中の道はかなり斜度あり、しかも風が通らず暑い!
急坂なのと暑いのとで汗だくだく、久々に全身びっちょりになりつつ登り上げて

2020062716
ようやく犬越路に到着。
武田信玄が小田原攻めの時に、犬を先頭にしてこの峠を越えたとか。
犬、やるなぁ。

2020062717
開けた峠には休憩用のベンチも完備。
お天気良ければ檜洞丸の展望も拝めるんでしょうが、稜線には雲がかかってますね。。
でも展望効くだけのことはあって、風が通って涼しい!

2020062718
登ってきた用木沢方面を見るとこんな感じ。
箱根方面が見えるらしいですが、ちょっと雲多め。

2020062719
犬越路には、立派な避難小屋もありました。

2020062720
2005年に建て替えられたそうで、中はこんな感じでとってもキレイ。
ちなみにトイレもあり、こちらもかなりキレイでした。

さて、犬越路で一息ついたら、いよいよ稜線歩きが始まります。
大室山まではあと500m強も登るので、がんばらねば!

2020062721
ブナに囲まれた緑の稜線は、この日もガスの中。
風も通り抜けて、ひんやり涼しくていい気持ち(^^
登ってる時の暑さがウソのよう。

2020062722
犬越路を過ぎてすぐは、急坂やアップダウンもあり。
これから500mも登らなくちゃいけないのに、アップダウンしてる場合じゃないよ~、なんて思いつつ。

2020062723
それでもほどなく緩やかに登る道に。
木の香りがまだ漂うような新しい階段は、令和1年設置だそうで。

2020062724
それにしても、この稜線もブナ林がほんとにキレイ。
霧の中でも、こんなブナがいっぱいなので気持ちよく歩けます。

2020062725
細身のブナが多いけど、所々には大きなブナの木も。
ブナ、癒されますねぇ。

2020062726 2020062727
緑主体の道ですが、所々には花咲く木々もあり。
ツツジはもう終わってるけど、こんな花たちにも癒されます。

2020062728 2020062729
バライチゴ、ヤマオダマキ
足元にもちらほら咲いてます!

2020062730
そんな足元には、動物の足跡もたくさん。
これは鹿かな?
歩いてる途中、獣臭がして草藪がごそごそしてたりすることもあり、動物の気配は濃厚でありました。
(そういえば用木沢沿いを歩いてるときには親子連れの鹿がいた)

2020062731
しばらく歩いていくと、霧も晴れて日が射しこむようになってきて。
お天気好転か?

2020062732
足取りも軽くいそいそと歩いていくと、大室山手前の最後の急坂にかかる長い階段が登場。
息を整えつつひたすら階段を登っていくと

2020062733
おお!左手の木立が切れたところから、雲海の上の富士山が!!
そうか、日が射しこむようになったのは、雲海の上に出たからだったのね。
それにしても富士山、ずいぶん雪が消えましたね~。もう夏なんだな。

2020062734
振り向くと、これまた雲海の上にはお隣の檜洞丸。
次に歩くとしたらあっちの稜線かな。

2020062735
こちらは神奈川県最高峰、蛭ヶ岳。
よく見ると、山頂の小屋も見えました。

いやぁ、まさかこんな展望が見られるとは。
今日もずっと霧の中の稜線歩きかな、と思ってたので、見渡す限りの雲海と富士山が見られて嬉しい!
来てよかった~(^^

2020062736
そんな展望に元気をもらって一登りで、大室山の西の肩に出てきました。
ここから大室山へはほんの5分ほど。

2020062737
西の肩には大きなベンチも2つあり、休憩適地ではありましたが、まずは山頂を目指します。
ゆる~り穏やかな道を歩いて

2020062738
大室山山頂、到着。
木立に囲まれた山頂、木々の隙間からは蛭ヶ岳や檜洞丸がちらっと見えてました。

さて、山頂は広いけどベンチも何もなし。
さきほどの西の肩まで戻って、ベンチで腹ごしらえ休憩したら、加入道山へ向けて再び稜線歩き。
ここから加入道山、白石峠までは、神奈川県と山梨県の県境の道でもあります。

2020062739
少しアップダウンもありつつ、加入道山へ向けて緩やかな下り勾配の道。
ここまでの道と同じく、木道や木の階段も完備。
でも所々で、道の両側から草藪が足元に覆いかぶさるところもあり。

20200627381
右手の雲海の向こうには三つ峠。
その奥には、うっすらと白峰三山も見えてました。

2020062740
稜線の先には富士山!
いやはや、いい道ですな。
雲海の上ってのもまた気持ちよい。

2020062741
トリカブトやオオバイケイソウが生い茂るエリアには、なんだか線路みたいな木道も。
この木道がまた滑ること滑ること。

2020062742
オオバイケイソウには蕾がたくさん、所々で白い花が咲き始めてました。
これ、全部咲いたらすごい匂いしそうだな。
甘いような濃厚な香りが、私はちょっと苦手なんですが(^^;

大室山の前後の道には、オオバイケイソウの群落がそこかしこにありました。
今年はオオバイケイソウの当たり年なのかな、どの群落も花穂だらけ。

2020062743
そしてまだまだ続くブナ林。
加入道山方面からの登山者と何度かすれ違いつつ、ブナ林を楽しみながら歩きます。
ブナいいなぁ、キレイだなぁ。
関東でもこんなキレイなブナ林が楽しめるんだなぁ。

2020062744
途中の倒木には、「クマヨケ」の木がぶら下がってました。
叩くためのトンカチはなくなってたけど、叩いたらどんな音がするのかな?

2020062745
前大室の小ピークからは、加入道山を前方に望みます。
晴れてたら畦ヶ丸へと続く稜線も見えるのかな、なんて思いつつ階段の続く道を下り、再び緩やかに登っていくと

2020062746
加入道山山頂に到着。
2週続けて来るとは思わなかったな(笑)

2020062747
先週は神奈川県の山頂標識と記念撮影したので、今週は山梨県の山頂標識とパチリ。

さてさて、ここから先は先週も歩いた道にて、様子わかってるのでなんだか心強い。

2020062748
相変わらずの美しいブナ林の中、白石峠へと下ります。
犬越道から加入道山までの道は、道幅狭く草が足元に覆いかぶさるところも多かったけど、加入道山から先はすっきり開けて広い道。
歩きやすくて気持ちよい。

2020062749
そしてほどなく白石峠に到着。
ここから白石沢へ向けて下ります。

2020062750
最初の急坂は、階段で一気に下ります。
先週登った時にはそんなに気にしてなかったけど、所々で階段が崩れてたり段差が結構大きなところもあり。
登りと下りとでは、またちょっと印象変わりますね。

2020062751
急坂を下って沢沿いに出てくると、こんな水場もあり。
これまた先週登った時には気付かなかったな~(^^;

2020062752
そしてこちらの道、白石沢から吹き上がってくる風が涼しくて気持ちよい。
行きの犬越路へと登る道は、ほとんど風がなくかなり暑かったのとは対照的。
涼しいって最高♪

2020062753
歩きやすくさくさく下って、白石沢沿いの道に出てきました。
木橋が流されたところでは何度か渡渉、でも水量はそれほど多くなく問題ナシ(先週よりはちょっと水量多かったような?)。

2020062754
それに先週は、木橋が降ったばかりの雨でぬれてつるつる滑り、渡るのを断念して渡渉したところもあったのですが、この日は乾いていてすいすい木橋を渡れました。
らくちんらくちん。

2020062755
そして無事、白石沢沿いの道をクリア。
林道をてくてく歩いて西丹沢ビジターセンターに戻って、この日の山行は終了。
道を歩いてると、オートキャンプ場に来た人たちの車が続々と来ていてびっくり、でありました。

先週に続けての西丹沢歩き。
稜線の道はブナ林が美しく、この日も癒されました。
それに雲海の上の富士山がキレイに見えたのは嬉しかったな。
オオバイケイソウの群落にも出会えたしな。

先週よりは人が多かったけど、それでもこの日も静かな西丹沢の稜線でありました。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 【速報】2020/6/27 西丹沢・大室山&加入道山に行ってきました~ | トップページ | 2020/7/4-5 久しぶりの東北 »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【速報】2020/6/27 西丹沢・大室山&加入道山に行ってきました~ | トップページ | 2020/7/4-5 久しぶりの東北 »