« 2019/7/6 滝ノ上温泉から乳頭山・千沼ヶ原周回 | トップページ | 【速報】2019/7/13-15 北東北観光&山歩きに行ってきました~ »

2019年7月12日 (金)

2019/7/7 女神山

真昼山地の女神山へ。

201907070
美しいブナ林と滝の眺めに癒されつつ、静かな山歩き♪

===女神山===
2019/7/7(日):女神山登山口(6:40)~▲女神山(8:10-8:40)~ブナ見平(9:45)~降る滝(10:20-10:30)~白糸の滝分岐(10:45)~白糸の滝・姥滝(10:50-11:15)~白糸の滝分岐(11:20)~女神山登山口(11:30)
歩行距離:8.5km
累積登高:600m
累積下降:600m
======

> 2019/7/8 乳頭山

前日と同じく、北東北の日本海側は好天、太平洋側は曇天。
かなりの強風予報でもあり、前日はタップリと花を楽しんだし、というわけでこの日はブナ林の山歩き。
以前、紅葉の時期に歩いて素晴らしいブナ林を堪能した女神山へ、今回は緑のブナ林を歩きに向かいます。

湯田から盛岡方面へと北上し、砂利道の相沢林道を6㎞ほど走って女神山登山口に到着。
昨年は大雨の影響で、ずいぶん長らく通行止めでしたが、今年は今のところ問題ナシ。でも所々轍が深くて車底をこすりそうな。

201907071
林道のどんづまりが、10台くらい停められそうな駐車場になってます。
この日は一番乗り、やっぱり紅葉の時期以外は空いてるのかな。
#仮設トイレあり

201907072
登山口の脇には案内標識あり。
意外とこれがわかりやすい図だったりして。

さて、では出発。

201907073
登山口からはいったん50mほど下り、小沢をいくつか渡りながら、歩きやすく整備されたトラバース道を歩きます。

201907074
途中、左手に白糸の滝分岐を分けて歩いていくと、木立の隙間から白糸の滝がちらり。
帰りに寄るからね~、と眺めます。

201907075
登山口からのんびり15分ほど歩いていくと、女神山山頂への分岐に到着。
ここからブナ林の道が始まります。

201907076
分岐から尾根上に上がるまで150mほどはかなりの急坂。
木の根がごつごつと絡まりあった道。

201907077
今回の行程で、ここが一番の急坂ですな。
でも涼やかなブナの木々に癒されて、急坂もまた楽し。

201907078
約150mを登り上げて尾根上へと出てきました。
ここからはのんびりと、ブナ林歩きを楽しみます。

2019070710
すっくりと細く長いブナの木々。美人さんですな。
見渡す限り一面のブナブナブナ!

2019070711
道は、緩やかだったりちょっと傾斜を増したり。
幅広く整備されて歩きやすい。

2019070712
登るにつれて、がっしりしたブナも登場。
まるでブナの回廊♪

この日はかなりの強風で、遥か頭上のブナの梢はざわざわと揺れていたけど、ブナ林の中は穏やかそのものだし涼しいし。
そんなブナに癒されつつのんびり登って

2019070714
女神山山頂へと続く道の入り口に到着。
ここで、周回ルートからいったん離れて女神山山頂を目指します。

2019070715
さっきまで大きなブナに囲まれた中を歩いていたけど、女神山山頂へと向けて登っていくとだんだん木々の背丈が低くなってきて。
そんな林の中を九十九折りに登って

2019070716
女神山山頂、到着!
小さな広場になっている山頂は、木々が風を遮ってくれてほぼ無風、一休みするには最適。

2019070717
山頂から先へと続く道を少し歩いていくと、稜線の先に聳える真昼岳がお目見え♪
ちょうどこの稜線を境にして、岩手側は雲が多く、秋田側は晴れているという天気図通りな天気。
秋田側を見ると、鳥海山や森吉山も見えてました。

さて、山頂でのんびり過ごしたら下山開始。
まだまだブナ林に滝巡りにとお楽しみはたくさんだもんね(^^

2019070718
周回ルートに戻ってしばらくは緩やかなトラバース道。
再び背の高いブナの中を歩きます。

2019070719
ブナの梢を見上げつつ。
風にざわざわ揺れる緑の天井、いい眺め♪

トラバース道を過ぎ、県境の尾根道に入ると、ここもまた一面のブナ林。
ゆる~くアップダウン繰り返しながら尾根上を下ります。

2019070721
紅葉の時期には一面オレンジ色だったブナ林も、この時期は緑一色。
滴るような緑に身も心も染まりそう♪

2019070722
木漏れ日がちらちらと射しこむブナ林。
やっぱりいいなぁ、真昼山地のブナ。雰囲気最高。

2019070723
何度も立ち止まって見上げちゃう。
いやー、癒される!

2019070728 2019070729
こんなにステキなブナ林でしたが、途中出会ったのは2人のみ。
静かなブナ林を心ゆくまで満喫、なんて贅沢なんだ!

2019070730
うっとりしながら県境尾根から下っていくと、大きなブナに囲まれたブナ見平に到着。
おべんと広げて一休みするにはよさそうな感じのとこであります。

ブナ見平から、明るい雑木林の中を歩き、美郷町大郷への道を右に分けて急坂を下っていくと、だんだんと沢音が近づいてきて

2019070732
岩肌を流れ落ちる滝が見えてきて、沢まで下ってブナ林の道終了。
ここからは沢沿いの道を歩きます。

2019070733
まずは降る滝に寄り道。
上流に向けて、沢を何度か渡りつつ。

2019070734
ショウキランもりもり。

そんな沢沿いの道の奥に

2019070735
突然現れました、降る滝。
その名の通り、降るようにまっすぐ落ちてくる滝。
水しぶきが飛んできて気持ちいい。

水しぶきをたっぷり浴びつつ滝を眺めたら沢沿いに戻ります。

2019070736
石清水

2019070737
女神霊泉

沢に流れ込む滝の数々。
水の豊富な山ですな。

沢沿いの道はいつしか高巻き道になり、女神山山頂への分岐に合流して朝来た道へ。

2019070738
さて、お次は白糸の滝。
白糸の滝分岐から白糸の滝へは、かなりの急坂を50mほど下りますが、ここはやっぱり寄り道しとかなくちゃ。

2019070739
急な階段を下り、途中ちょっと崩れてるところもあり、最後は沢沿いをへつって

2019070740
白糸の滝に到着!
丸い岩の上をさらさらと流れて簾のように流れ落ちる滝、これは他ではあまり見たことない滝だな。

2019070741
まるで女神さまの羽衣のような、美しい滝。
ほんと見ていて飽きず、10分以上も滝を見上げてぼんやりしちゃってました。

2019070742
そしてお次は姥滝。
羽衣の滝の隣にあるこの滝は、かなり水量も多くて迫力満点。

2019070743
じゃばじゃばと飛び散る水しぶき。勢いもある!

そして滝に接近を試みたごろ太君。

2019070744
滝行!ではなく、滝の裏側に入り込んじゃいました(笑)

緑のブナ林に癒されて、滝で涼んで、マイナスイオンたっぷり(^^
大満足で滝を後にして、来た道を戻ってこの日は終了。

駐車場に戻ってくると、ちょうどこれから滝巡りに出かける人達が2組ほど出発していきました。
この時期はそんな人たちが多いのかな、山頂まで行く人はやはり秋の紅葉時期が多いんでしょうね。
でもブナ林好きのまきchin隊的には、素晴らしいブナを静かに心ゆくまで楽しめて満足!
緑のブナ林もやっぱりいいな、そして真昼山地のブナ林はやっぱり天下一品でありました。

下山後は、登山口近くの沢内バーデン(400円)でのんびり温泉に入ったら、北上に移動して蕎麦処松苑へ。
美味しい手打ち蕎麦でシメてこれまた満足♪(詳細は速報

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2019/7/6 滝ノ上温泉から乳頭山・千沼ヶ原周回 | トップページ | 【速報】2019/7/13-15 北東北観光&山歩きに行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

何とごろ太さん、滝に打たれながら何事か祈願!? これは傑作でしょう!

まあまあの天気は明日(13日)だけのよう。3連休に山歩きしないのは12年ぶりです。その間に何回か雨にも遭ったけど、ここまで悪い天気予報は記憶にないような……

投稿: ねも | 2019年7月12日 (金) 07時56分

ねもさん>
ごろ太君、実際は滝の裏側に廻りこんでるだけなんですけどね(笑)

三連休、ずいぶん悩ましいお天気でしたよね。
北東北放浪しちゃいました(笑)

投稿: まきchin | 2019年7月16日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/7/6 滝ノ上温泉から乳頭山・千沼ヶ原周回 | トップページ | 【速報】2019/7/13-15 北東北観光&山歩きに行ってきました~ »