« 2019/5/18 鳥海山・笙ヶ岳BC | トップページ | 【速報】2019/5/25-27 朝日連峰縦走に行ってきました~ »

2019年5月23日 (木)

2019/5/19 鳥海山・祓川BC

今シーズンの板納めは、鳥海山・祓川。

201905190
景色も天気も雪もいい一日。そしていいシーズンでした!

===鳥海山・祓川BC===
2019/5/19(日):祓川(6:50)~七ツ釜(8:00-8:15)~▲七高山(10:20-10:35)~東面2回登り返し~七ツ釜(14:30)~祓川(15:00)
歩行・滑走距離:14.0km
累積登高:1,400m
累積下降:1,400m
======

> 5/18 鳥海山・笙ヶ岳BC

祓川へと向かう前に、由利高原の菜の花畑に寄り道。
菜の花祭りは5/22~5/28とのことですが、もう結構咲き始めているということなので。

201905191
お目当てはコレ、菜の花畑越しの鳥海山。
昨年は鳥海山に雲がかかってしまっていたけど、今年はスッキリキレイな姿がお目見え♪
・・・この菜の花畑、連作による土壌障害により今年でいったん休止だそうで、しばらくこんな姿も見られないのかな。
これぞ春鳥海、な景色が眺められて良かった(^^

そして向かった祓川は、GWの喧騒がウソのような静けさ。。。とは言えず、地元の登山のイベントがあるのか、登山者がかなりたくさん。
山スキーヤーは少数派かな。しかもほとんど地元ナンバーの車ばかりだし。
それでも駐車場にはまだまだ余裕あり、のんびり準備して出発。

201905192
もう随分溝が深くなってる!
それでもまだまだ雪はタップリ、雪切れ箇所もなし(でも先々週は行けたところが藪になってたり)。

201905193
七ツ釜避難小屋下の急斜面の手前で、東側の尾根上へと上がります。
尾根へ上がるところが一瞬藪っぽかったけど、難なくクリア。

201905194
七ツ釜を過ぎれば溝もだいぶ薄くなってきて快適な斜面が続きます。
それに、登り始めはちょっと雲低いかな?という感じだったけど、スッキリ晴れ上がっていい天気、テンション上がる!
おまけに風も穏やか、山スキー日和♪

201905195
朝はなんだか調子が上がらなかったけど、歩いてるうちにだんだん足取りも軽くなってきて。
雪はずるずるザラメ、でも人も少なくいい天気で、のんびり歩いていい気持ち(^^
遠くの山には雲がかかってて遠望は効かないけど、いつものとおり下界の景色がばーんと広がって、これまた気分爽快、いい気持ち。

201905196
そんな感じで気持ちよく登っていたら、いつの間にか山頂直下の大斜面に。
緩んだ雪をざくざく踏みつつ、汗をかきかき登って

201905197
七高山山頂到着!
今シーズン3回目の山頂であります。
しかも3回とも快晴無風、最高のコンディション♪

・・・が、この日はやはり低めの雲が多い。
標高2,000mより下にうっすらと雲の層があり、濃くなったり薄くなったりしてる感じ。
ならば山頂でのんびりするのはやめて、雲が上がってくる前に東面をいただいてからのんびりしますか!てことで。

201905198
この日も唐獅子方面の東面へと滑り込みます。
今日も面ツルザラメが素晴らしい♪

201905199
雲海を右手に見ながら快調に飛ばすHatさん。
くぅー、雲上の滑走もこれまたいいもんですな。

2019051910 
谷底滑った前回とはちょっとラインを変えて、開けた尾根上を雲海に向けて滑ります!
ここがまた全面フラットのザラメで、もう昇天モノ。
#所々クラックあり

2019051911
滑り降りていくと、さぁ~っと雲海が晴れて下界が一望。
雪よし景色よし斜面よし、やっぱり東斜面最高。
一気に300m強滑っちゃいました。

2019051912
これはもちろん登り返してもう一本行くでしょう!と、そそくさとシールを貼って登り返し。
ごろ太君もHatさんも早い早い。
早く滑りたくてたまらないのかな(笑)

2019051913
この日もほとんど誰もいない静かな広大な斜面。
ラインどりも自由自在、しかも面ツルだし。
もう最高でしょう。

2019051914
150mほど登り返したところで登り返し終了、大休止。
目の前に広がる大斜面を眺めてたら、時間忘れますね。。。帰りたくない!

登ってこられた細板革靴のお兄さんと少しお話ししつつ、のんびり30分ほど過ごしたら、再び斜面へ。

2019051915
さて滑るぞ!と思ったら、ちょうど雲が流れ込んできてなんだか幻想的な景色に。
しばし待ってたら再び晴れてきたので、その隙を狙って

2019051916
しゃぁ~っと一気に200m。
後半のちょっと斜度が緩くなったところが、すんごくいいザラメで悶絶。
もう今日は、昇天したり悶絶したりばっかりですが(笑)

2019051917 
笑いが止まりません!
雪も斜面も素晴らしくて、このまま唐獅子小屋まで滑っていきそうになっちゃいました。

登り返してもう一本、と行きたいところでしたが、この日は帰らないといけないし、風向き変わって雲が湧き始めてきたし。
名残惜しいけどここでおしまい、登ってきた斜面へ向けて200m登り返しです。

2019051918
滑り降りた斜面を左手に眺めつつ。
めっちゃ後ろ髪ひかれてますけど(笑)

2019051919
ザラメ踏み踏み、ゆる~り登り返し。
あんなに美味しい斜面をいただいた後だからか、登り返しも全然苦にならず。

そして200m登ってシールはがしてたら、上からSUNSUNが下りてきて大笑い。
やっぱりまた会ったね~、なんて。
ブログ見てます、て方ともお会いできて、良かった(^^

これから東面滑るというSUNSUN達を見送ったら、我らは祓川へ向けて下山開始。

2019051920
山頂直下の斜面はすでにギタギタ、やっぱりここ滑るより東面だよなぁ、なんて。

2019051921
でもここ、景色はいいのよね。
山頂直下の急斜面を滑り終えたところで、山頂を間近に見上げて、またね、とご挨拶。
次に来るのは初夏か、晩夏か、秋か、初冬か、はたまた1年後か。

2019051922
帰りはなるべく雪面荒れてない東寄りのラインを選びつつ滑ります。
ストップ雪は全くなく、ちょっとシャリッとして滑りやすい雪がなんともいい感じ。

2019051923
山頂付近は、流れてくる雲に隠れたり顔を出したり。
そんな山を見上げつつ、のんびり滑ります。

2019051925
七ツ釜から下は、縦溝横溝攻撃でぼっこぼこ。
雪は相変わらずいい雪なんだけど、如何せん溝が激しい。。。
でもそんな斜面でも、Hatさんもごろ太君もお構いなしにガッツリ滑ってます。

2019051926
そしてようやく祓川ヒュッテが見えてきて、終了。
最後までいい雪でした!

2019051927
東面も堪能できたし、帰りの斜面もずっといい雪だったし(後半は溝がすごかったけど)。
鳥海山、最高です。
いい板納めになりました(^^

2019051928
最後、祓川ヒュッテの前に木道が出てるところを通ったら、木道が水没してました。
でもおかげで板もブーツもキレイになって良かったかも(笑)

2019051929
祓川の駐車場には車も疎ら。
今日もよく遊びました!

そんな素晴らしい一日は、Hatさんの動画で↓

2019051930
新緑に囲まれる鳥海山を仰ぎ見つつ祓川を後にして、フォレスタ鳥海の日帰り入浴へ(400円⇒JAF割で300円)。
のんびり浸かってHatさんとはここで解散、帰りがけに百宅の蕎麦処ももやで腹ごしらえしてから帰京。
どうにか日付が変わる前に帰宅できました。

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2019/5/18 鳥海山・笙ヶ岳BC | トップページ | 【速報】2019/5/25-27 朝日連峰縦走に行ってきました~ »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/5/18 鳥海山・笙ヶ岳BC | トップページ | 【速報】2019/5/25-27 朝日連峰縦走に行ってきました~ »