« 2019/5/25-27 朝日連峰縦走(1日目) | トップページ | 【速報】2019/6/2 南蔵王・不忘山に行ってきました~ »

2019年5月31日 (金)

2019/5/25-27 朝日連峰縦走(2日目)

2日目は以東岳へ。

201905260
どっしりと大きく聳える以東岳。
山頂からの朝日主稜線の眺めも最高♪

===朝日連峰===
2019/5/26(日):狐穴小屋(5:50)~▲以東岳(7:40-8:15)~狐穴小屋(10:00-10:25)~▲寒江山(11:30)~竜門小屋(12:40)
歩行距離:14.0km
累積登高:1,040m
累積下降:950m
======

> 5/25 朝日連峰縦走(1日目)へ

201905261
2日目の朝、小屋から眺める日の出。
茜色の日差しがだんだんと周囲を照らしていきます。

201905262
朝日に照らされてほんのり染まる以東岳。

201905263 
鳥海山も明け方の空に浮かんでます。
今日もいい天気!

のんびりと朝ごはんを食べて、寝袋やらマットやらかさばる荷物を小屋の隅にまとめたら出発です。
小屋に人がいないと、どうものんびりしちゃいますな。

201905264
正面に見える以東岳へ向けてGo!

201905265
小屋を囲む残雪を過ぎれば、あとはずっと夏道を辿ります。
(途中何か所かちょっぴり残雪あり)。
緩やかにアップダウン繰り返しながら登る道は、穏やかで歩きやすい。

201905266
稜線の左手からはかなり強い風が吹き付けてます。
でも残雪の斜面を吹き上がってくる風は、とっても涼しくて気持ちいい(^^
というかこの風がなかったら、日差し暑くてしんどいだろな。

201905267
こんな感じで、ずっと正面に以東岳が聳えてる道。
なんとも贅沢な道であります♪

201905268
天気はいいし涼しいし、景色は素晴らしいし。
何度も足が停まっちゃう。

201905269
狐穴小屋から以東岳へと向かう稜線は砂地の道が続きます。
ザレザレで崩れて深い溝が掘られてしまっているところも多い。

2019052610
所々に広がる草地には、ミヤマキンバイがいっぱい。
もう少ししたらハクサンイチゲや色とりどりの花がたくさん咲くんだろうなぁ。

2019052611
砂地だったり草原だったりハイマツや笹の中だったり、な道を歩いていくと、最後に以東岳へ向けて登る急坂に。
背後には大朝日岳へと連なる朝日主稜線、早くこの主稜線の景色を山頂から眺めたくて、ウキウキと足取り軽く登ります♪

2019052612
ザレ気味の急坂を足取り軽く登っていくと、だんだん山頂が近づいてきて

2019052613
以東岳山頂、到着!
意外と早く着いちゃいました。

2019052614
山頂からまず眺めるのはこの景色。
残雪の朝日主稜線、この以東岳から眺めると大朝日までず~っとつながってるのがよく見えてとっても雄大で。
やっぱりいいなぁ、かっこいいなぁ、と改めてウットリ。

2019052615
反対側を見れば、以東小屋と大鳥池。
この景色もまたいいよねぇ。

2019052616
大鳥池アップ。
池に張った氷は随分解けて薄くなっていて、ちょっと薄汚れたシロクマの毛皮のような見た目(笑)

2019052617
東側には月山。
下界がよっぽど暑いのか、もやってる空気の上にちょこんと頭を出してました。
ちなみに鳥海山もほんのちょっぴり靄の上に頭出してたけど、さすがにここから遠いということもありよく見えず。

山頂はかなり風が強いので、ハイマツの陰で風を避けて一休みしつつ、景色をぐる~り眺めます。
見渡す限り誰もいなくて、聞こえるのは風の音とウグイスの鳴く声のみ。
おまけにぐるりと素晴らしい景色に囲まれて、ほんと至福のひとときでありました。
最高だな、以東岳。

2019052618
そんな贅沢なひと時を過ごしたら、以東岳を後にします。
もっとのんびりしててもいいのだけど、今日は竜門小屋まで移動しなくちゃ、と思うとなんだか気が急いちゃって、30分ほどゆっくりしてから出発です。
奥に見えるとんがった大朝日岳、明日はあそこまで歩くぞ!と気合も新たにしたりして。

2019052619
山頂の100mほど下にある松虫岩。
これ、以東岳へ向けて登ってる時にもよく見えてて、目印になる岩。

2019052620
この開けっぷり、気持ちいいなぁ。
鳥だったらここから風にのって、主稜線の上に舞い上がって景色を堪能したい!

2019052621
気持ちよく下って、以東岳を振り返ります。
いいなぁ、いい山容だなぁ。
何度見てもウットリだなぁ。

2019052623
稜線上には所々残雪もあり、そして草原にはミヤマキンバイやヒメイチゲがいっぱい。
ハクサンイチゲやミネザクラは咲き初め。
そんな稜線をゆる~り歩いて

2019052625
狐穴小屋に戻ってきました。

小屋にデポしてた荷物をザックに詰めて荷造りしたら、早々に竜門小屋へ向けて出発です。

2019052626
狐穴小屋~以東岳はそんなに大きなアップダウンもなく歩きやすいけど、狐穴小屋~竜門小屋は寒江山三兄弟が間にいるからなかなか大変。
でも今日竜門小屋に行っとかないと、明日大朝日岳まで行けないしなぁ。
狐穴小屋でこのまま以東岳眺めてのんびりしてたい気持ちを抑えつつ、足を進めます。

2019052627
ザレザレの道を歩いてほどなく三方境に到着。
ここからは笹とハイマツと灌木の中のガレた稜線を辿ります。

2019052628
歩き出す前にもう一度振り返って、以東岳と狐穴小屋の景色を目に焼き付けます。
この景色を眺めに、また来ます!

2019052629
寒江山へと続く稜線を歩きつつ、何度も振り返って以東岳を眺めつつ。

2019052631
アップダウ繰り返す稜線歩き。
でも目指す竜門小屋が割と近くに見えてるので、気は楽だな。
このまま竜門山越えて日暮沢に降りる、とかだとかなり憂鬱になるところだけど。

2019052632
道端にたくさん咲いてるミヤマキンバイ。
来週はどんな花がこれに加わるのかな、どんどん色とりどりになっていくんだろうな。

2019052633
ほんのりピンク色のミネザクラも。
春だねぇ、なんて。

2019052634
春といえば、この雪庇も春だねぇ。
雪の割れ目を踏み抜かないかと若干ドキドキしつつ通過。

2019052635
そして無事、竜門小屋に到着であります。
のんびり稜線歩きの一日でありました。
結局この日は誰にも出会わなかったな。

2019052636
日曜日ということもあってか、竜門小屋は我ら貸し切り。
2階に荷物を広げたら、小屋の外のベンチで風に吹かれつつのんびりマッタリ。

2019052637
竜門山へと続く道にはハクサンイチゲがちらほらと。
山はいよいよ花の季節ですな。

2019052638
綿毛に包まれたヒナウスユキソウもちらほら。
小さなお星さまみたいでかわいらしい。

2019052639
遠くに見える月山は、だいぶ靄も晴れてクッキリしてきたかな。

そんな景色を眺めつつ、静かな竜門小屋でのんびりマッタリでありました。
#水場は小屋の前にあり。
#小屋泊の協力金は、1人1泊1,500円。

> 5/27 朝日連峰縦走(3日目)

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2019/5/25-27 朝日連峰縦走(1日目) | トップページ | 【速報】2019/6/2 南蔵王・不忘山に行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019/5/25-27 朝日連峰縦走(1日目) | トップページ | 【速報】2019/6/2 南蔵王・不忘山に行ってきました~ »