« 【速報】2019/4/26-5/6 八甲田BC&鳥海山BCに行ってきました~ | トップページ | 2019/4/29 南八甲田・猿倉温泉~蔦温泉BC »

2019年5月 7日 (火)

2019/4/28 北八甲田・箒場岱BC

GWの山スキーは北八甲田から。

201904280
前日降った季節外れの雪のおかげで山並み真っ白、景色最高。

===北八甲田・箒場岱BC===
2019/4/28(日):酸ヶ湯(7:50)~大岳避難小屋(10:20-10:35)~▲井戸岳(11:05)~▲赤倉岳(11:15-11:35)~箒場岱(13:05)
歩行・滑走距離:12.5km
累積登高:650m
累積下降:930m
======

4/27:角館・田沢観光
4/28:北八甲田・箒場岱BC
4/29:南八甲田・猿倉温泉~蔦温泉BC
4/30:南八甲田・猿倉岳BC
5/1:下北半島観光
5/2:十和田観光
5/3:鳥海山・笙ヶ岳BC
5/4:鳥海山・祓川BC
5/5:鳥海山・祓川BC

この前日、高い山には季節外れの降雪。
八甲田も酸ヶ湯で5㎝ほどの湿った積雪あり、しかも酸ヶ湯~谷地間が28日の12時まで通行止め。
そして朝は曇ってるけど9時頃には雲が晴れてピーカン、との予報を受けて向かったのは、酸ヶ湯から箒場岱へと通り抜けるツアールート。
新雪のおかげできっと景色は最高、でも滑りはイマイチかも?と思いつつ、Hatさんとまきchin隊の3人でGo。

箒場岱の駐車場でHatさんと合流、車を1台デポして酸ヶ湯上の駐車場へ移動。

201904281
駐車場から見上げる大岳は完全に雲の中。
箒場岱あたりは晴れてたんだけどなぁ。この雲、晴れるかしらん。

若干不安になりつつも、準備して出発。

201904282
道路をてくてく歩いて酸ヶ湯へ。

201904283
酸ヶ湯温泉の脇からスタート。
準備してたら、ちょうど自炊部に泊まってたミコさんが窓から顔出して手を振ってくれました♪

201904284
温泉裏の開けた急斜面を巻くようにして、ブナ林をゆる~りと。
背後の南八甲田は晴れてきてるような。。。

201904285
前日の雪が5~10㎝ほど積もってて、結構歩きやすい。
新雪の下はガリガリ雪なので、この新雪がなかったらガチガチ斜面に手こずってたかも?

201904286
ブナの急斜面をクリアすると、アオモリトドマツの点在する雪原へ。
青空が随分広がってきてていい感じ!

201904287
前方の大岳方面を見ると、山にかかっていた雲が今まさに晴れつつあるところ!
なんて素晴らしすぎるタイミング。

201904288
左手のロープウェイ山頂駅や田茂萢岳もすっかり晴れてる!

201904289
見る間に雲がするするする~っと取れていって、あっという間に全山お目見え。
目の前で雲がどんどん晴れていくのを見て、なんだか感動しちゃいました。
しかも前日降った雪で山々が真っ白、いつものGWではありえない美しさ。

2019042810
感動冷めやらぬまま、ツアー標識や竹竿に沿って歩を進めます。
・・・というか、少し進んでは足を止めて景色を眺めてため息、という感じですが(笑)

2019042811
南八甲田もスッキリ大展望。
逆川岳も櫛ヶ峯も真っ白。

2019042812
うっすら霧氷をまとった木々に囲まれる大岳。
いいなぁ、やっぱり雪山は青空が映えるなぁ。

2019042813
大岳環状ルートの標識越しに、大岳。

2019042814
振り返ると、真っ白な岩木山も雲間からお目見え。
みるみるうちに天気回復であります。

2019042816
この日、このルートで歩くのは我らが一番乗りのようで、トレースのないまっさらな斜面をのんびり歩きます。
静かだし、景色素晴らしいし、なんかもう最高じゃないか!!

2019042817
大岳の北西斜面を回り込むように、だんだんと高度を上げていきます。
高度を上げるにつれて、風が出てきて斜面も硬くなってきた。

2019042818
所々氷化した斜面をトラバースしつつ、左手に広がる景色を眺めつつ。
田茂萢岳と毛無岱ですな。

2019042819
毛無岱の向こうには岩木山。
すっかり晴れたなぁ、岩木山からも周囲の山並みが大展望だろうな。

2019042820
昨年のこの時期は藪漕ぎもあった大岳の北西斜面は、今年は雪バッチリ(ツボ足だと踏み抜きそうだったけどスキーなら全く問題ナシ)。
というか、まだ樹氷あるし、GWとは思えない景色なんですけど。

2019042822
初冬と言われても信じちゃうような景色の中を歩いていくと、井戸岳と赤倉岳が見えてきました。
そろそろ避難小屋も間近!

2019042823
樹氷の木立を抜けると井戸岳の大斜面、そして大岳避難小屋に到着。
ちょうど谷になっているここは風が通り抜けてかなり寒い、小屋の陰で急いで身支度整えて板を担ぎます。

2019042824
ここからは板を担いでツボ足で、井戸岳に登ります。

2019042825
夏道は雪が飛ばされてガチガチに凍ってるかと思いきや、前日の雪が吹き溜まっていて歩きやすい。
膝上くらいまで吹き溜まっているところもあって何回かハマったけど(笑)

2019042827
右手には、小岳、高田大岳、雛岳が。
これが見えてくると、箒場岱ツアーな気分が盛り上がってきますね(^^

2019042826
大岳の東面を団体さんが滑り降りていくのを眺めつつ、井戸岳へと登ります。
登るにつれてどんどん風が強くなってくる。。。

2019042828
井戸岳の火口のフチは、やっぱりこの日も一番の強風。
昨年ほどではないけど、ここはいつでも風が強いんだなぁ。

2019042829
風に煽られつつも井戸岳山頂に到着、少し下ったところで再び板を履いて赤倉岳山頂直下へ。
ほんの少し登ったら、シールはがして滑降準備して。

2019042830
高田大岳や雛岳に向けて、Go!
上部はかなりいいザラメ雪、板がよく走って楽しい(^^

2019042831
雪が分厚く積もってたらどうしよう、とか全面ストップ雪かも、とか思ってたけど、上部は全くその心配はなし。
意外といいじゃん!

2019042832
・・・なぁんて調子に乗ってたら、しばらく滑り降りたところで新雪は重雪に変身。
板が回らん。。。こんなに真っ白でつるっとしてキレイな斜面なのに。
新雪さえなければ!!

2019042833
景色は最高、でも雪にはかなり苦戦。
新雪部分ではなく、ザラメ雪が顔を出しているところをつないで滑るのが良かったみたい。
でもまぁ、景色いいからいいか!

2019042834
というわけで、中盤以降はほぼ修行。
何度か板を取られてひっくり返りつつ、ブナ林を目指して滑ります。

2019042835
最後のブナ林は雪切れ全くなく、既にたくさんついたトレース跡を辿ってゆる~りと。

2019042836
そして高原茶屋の裏手に出てきて、この日は終了!

ナイスなタイミングで雲が晴れて、前日の雪で真っ白な山並みが広がって景色は最高。
雪も滑り出しはかなり良かったけど、あとは予想通り新雪が悪さしてナカナカな修行。
でも、雪タップリな北八甲田ツアー、楽しかった♪

そんなツアーの様子は、Hatさんの動画でどうぞ

下山後は城ヶ倉ホテルの日帰り入浴へ(1,000円)、空いてる温泉でノンビリしたら、道の駅おいらせのビール園でお疲れさまのカンパイでありました(詳細は速報)。

> 4/29:南八甲田・猿倉温泉~蔦温泉BC

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです(^^

|

« 【速報】2019/4/26-5/6 八甲田BC&鳥海山BCに行ってきました~ | トップページ | 2019/4/29 南八甲田・猿倉温泉~蔦温泉BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【速報】2019/4/26-5/6 八甲田BC&鳥海山BCに行ってきました~ | トップページ | 2019/4/29 南八甲田・猿倉温泉~蔦温泉BC »