« 2018/11/3 下越・光兎山へ紅葉山行 | トップページ | 【速報】2018/11/10-11 東信観光&山歩きに行ってきました~ »

2018年11月 9日 (金)

2018/11/4 下越・蒜場山へ紅葉山行

日曜日は、冠雪の飯豊連峰を眺めに蒜場山へ。

201811040
大日岳が大迫力な飯豊連峰はもちろん、尾根上の紅葉も大迫力♪

===蒜場山===
2018/11/4(日):加治川治水ダム(6:40)~独標(8:05)~岩岳(8:45-8:55)~烏帽子岩(9:45-9:55)~▲蒜場山(11:00-11:50)~烏帽子岩(12:45)~岩岳(13:25-13:35)~独標(14:00)~加治川治水ダム(14:55)
歩行距離:10.5km
累積登高:1,340m
累積下降:1,340m
======

201811041

> 11/3 光兎山

ずっと前に二王子岳に登った時に、飯豊を眺めるなら蒜場山もいいよ、と地元の方にお勧めされてた山。
なかなか機会がなくて行けてなかったのですが、ようやく今回、朝日連峰を眺める山とセットで行ってくることができました。

登山口にある加治川治水ダムへの道は、11月中旬で冬季閉鎖。
今年は11/5に閉鎖だそうで、ギリギリセーフなこのタイミングで。

細い舗装路を走ってダム事務所の先の駐車スペースを過ぎ、さらに奥へ少し走ると、駐車場とトイレ棟がありました。
#カメムシとカマドウマがいっぱいいたけど、キレイな水洗トイレ。

トイレ借りつつ身支度したら、少し戻って事務所近くの駐車スペースへ。

201811042
ここに駐車して、出発。
駐車スペースには一台も停まってなかったけど、出発する時に単独の方が来られました。
#うちらが先に出発したけど、すぐに追い越された。。

201811043
まずはダム上を歩いて対岸へ。
防災専用の洪水調節用ダムだそうで。

201811044
対岸に渡り、ダム管理用?のモノレールに沿って一段上がると登山口。
立派な標識が立ってました。

201811045
登山口からは、いきなりの急坂。
何度かモノレールを横切りつつ、ぐい~っと登ります。
朝イチ急坂はキツイですなぁ。

201811046
杉の葉や松葉がたっぷり積もって湿っぽい急坂を150mほど登っていくと、細い尾根上の緩やかな道になり一息。
ここからしばらくは、大きな松や杉の木の中を歩きます。

201811047
両側が切れ落ちた岩稜もあり。

201811048
歩きながら振り返ると、加治川を挟んで北側に連なる尾根が朝日に照らされてました。
焼峰山の稜線かな。
紅葉してますねぇ。

蒜場山へと向けて登る尾根は、山の北西側なのでなかなか日が射さず。

201811049
朝イチの尾根は、ちょびっと薄暗い。
それでも、ブナやミズナラが登場し始めた林はほんのり黄葉していて、それだけで少し林の中が明るくなっているような。

2018110410
標高660mのところに、倉見平の標識が。
そこから尾根の右手に見えているのは

2018110411
俎倉山!
切れ落ちたスラブがなかなか荒々しい。

倉見平を過ぎると、独標までは100m弱の急坂。
木の根がごつごつ絡み合った急坂を登っていくと、傾斜が緩んで738mの小ピークの独標に到着。
気付かずに通り過ぎちゃいそうでした。
登山口から独標までは400mほど登るので、結構長かったけどね。
#小ピークは、登山道から踏み跡辿って少しだけ登ったところにあり。特に標識はなかったらしい。

2018110412
独標から先は、ブナやミズナラの明るい紅葉の道。
朝日も射しこみ始めて、鮮やかな黄色がいい感じ。
帰りが楽しみ♪

2018110413
緩やかだったり木の根ごつごつの急坂だったり。
緩急ある尾根上の道を登っていくと

2018110414
標高932mの岩岳に到着。
大きな倒木があり、展望開けたここでちょっと一息。

2018110415
ここまで南東に向けて登っていた尾根は、ここで向きをかえて東へ。
その尾根の中ほどには、黒く聳える烏帽子岩。そしてその先には蒜場山!
まだまだ先は長い、そしてなかなか痺れる尾根ですな。

そんな尾根を眺めつつ腹ごしらえしたら、出発。
急坂を50mほど下ってブナ林のコルを過ぎたら登り返し。

2018110417
どんどん近づいてくる烏帽子岩。
日の射し加減もあり、真っ黒に聳えてて迫力たっぷりであります。

2018110419
杉やブナが入り混じる尾根を登っていくと、だんだんと傾斜が急になり。
そして900m手前あたりから視界が開けて、展望の紅葉尾根歩き♪(o^-^o)

2018110420
右手には一面の雲海も見えてきた。
阿賀のあたりかな?

2018110421
ザレた急坂や岩場のヤセ尾根もあり。
が、それを華やかに彩る紅葉がとってもキレイ、ウキウキと足取り軽く登り上げて

2018110422
烏帽子岩直下の鎖場へ取付きます。
高度感たっぷりで一瞬びびったけど足場はしっかりしてるし、そんなに長くはない鎖場なのでさくっと通過して

2018110423
烏帽子岩に到着。
下から見上げた時に鋭く聳えていただけのことはあり、烏帽子岩のトップからはぐるりと大展望。
岩岳から歩いてきた尾根や俎倉山、五頭連峰も一望♪

2018110424
そして前方には、蒜場山へ向けて登り上げる尾根。
斜面の下から稜線まで、彩りが移り変わっていく様がなんともいい!

2018110425
というわけで、一息ついたら紅葉の尾根へ向けて出発。
ここからしばらくは、細かくアップダウン繰り返しながら、岩がちなヤセ尾根を歩きます。

2018110426
通行危険注意、の看板がそこかしこに出てくる道。
確かに足元注意だけど、開けてるし紅葉キレイですこぶる気持ちいい。(o^-^o)

2018110427
紅葉終盤だけど、色とりどりでキラッキラの道。
華やかだなぁ。o(*^▽^*)o

2018110428
烏帽子岩の先には、兎戻しの岩場が。
鎖かかってたけど、足場しっかりしてて登りやすい。
・・・それにしても、なんで兎なんだろう? 前日登ったのが「光兎山」だったので、一瞬混乱しちゃいました(笑)

2018110429
兎戻しを過ぎた先にも足元注意の箇所多数。
それでも楽しく歩けちゃうのは、やっぱり開けた展望と紅葉のおかげでしょうな。

2018110430
左手には、蒜場山の西斜面と焼峰山。一面色とりどり♪
そして焼峰山の稜線の向こうには、二王子岳が顔を出してきた(o^-^o)

2018110431
こちらの紅葉も負けてません!!
何度も立ち止まって、烏帽子岩南面の紅葉を眺めちゃう。
錦色ってのはこういう色のことを言うんだろうなぁ。。。

2018110432
振り返ってはため息つきつつ登っていくと、いよいよ山頂稜線へと登り上げる最後の急坂へ。
ここらあたりは紅葉終了、ほぼ落葉した明るい林の中を登ります。
初秋から晩秋まで楽しめちゃう道なのね。

2018110433
細い尾根上を真っすぐ一気に200m強登りあげる道。
ぬかるんでるところも多く、足元に気を付けつつ。

2018110434
結構な急坂を一気に登っていくと、斜度が緩くなって山頂稜線が目の前に。
道沿いの林も灌木や笹混じりになり、そんな道をゆる~り登って、稜線上の山伏峰に到着。

さて、ここから蒜場山山頂は目と鼻の先。

2018110436
目の前の蒜場山の右側には、真っ白な大日岳♪
これはテンション上がりますね~(o^-^o)
早く山頂から、一列にずら~りと並ぶ飯豊連峰を眺めたくて、緩やかにアップダウンを繰り返す稜線を足早に歩いて

2018110437
蒜場山山頂、到着!
かなり立派な石造りの標識が立ってました。

そして目の前には

2018110438
来ました、飯豊連峰!
大日岳付近には雲が湧いてるけど、北股岳、門内岳、えぶり差岳とずら~り。
冠雪してクッキリと青空に聳えているのがなんともカッコいい。(o^-^o)

2018110439
大日岳、アップ。
かなり降ったんですねぇ、稜線は真っ白。

2018110440
梅花皮岳、北股岳かな。
すっかり冬山な飯豊連峰の眺めであります。

2018110441
こちらは二王子岳。
飯豊の展望台ですね、山頂から飯豊を眺めてる人たちがいっぱいいるだろうな。
また残雪の頃に行きたいな。

2018110442
五頭連峰や村上の街並み、その向こうの日本海まで一望。
会津方面には西吾妻連峰や磐梯山、蔵王連峰、そして南西方向には守門岳や浅草岳っぽい山々まで。
ぐる~り360°の素晴らしい眺めでありました。

2018110443
そんな景色を眺めながら、山頂での~んびり。
ここまで来る道のりはなかなか長かったけど、静かで大展望でほんといいとこでした!

さて、1時間ほどのんびりしちゃったので、そろそろ下山。

2018110444
笹や草原の稜線を歩いて山伏峰へ。

2018110446
山伏峰からは、烏帽子岩や岩岳へ向けて一気に下ります。
落ち葉をざくざく踏んで急坂を下っていくと

2018110449
またまた紅葉キラキラゾーンへ突入。
帰りは、ちょうど昼の日射しに斜面が照らされて一層鮮やか♪o(*^▽^*)o

2018110452
振り返っても素晴らしい眺め。
尾根は岩のヤセ尾根だし、斜面は赤やオレンジや緑の錦色だし、なかなかゴージャスな尾根。
標高1,000mくらいなのにこの山容とこの眺めとは、新潟すごいぞ。

2018110451
葉を落とした木々も多いながら、この鮮やかさであります。
行きと同じく、帰りも何度も足を止めて紅葉にウットリ見とれちゃいました。

錦秋とはこのことか!な斜面を眺めつつ、岩がちな尾根を下って烏帽子岩に到着。

2018110454
烏帽子岩で、下ってきた尾根を振り返るとこんな感じ。
何度眺めても飽きないですねぇ。

2018110456
紅葉に囲まれた烏帽子岩、これはこれで気持ちよくてずーっと居られちゃいそうでした。
行きと帰りとで日の当たり方が違って、鮮やかさが違って見える斜面も素晴らしかった!(o^-^o)

さて、ずーっと居られちゃいそうでしたがまだまだ先は長い、下山開始。
岩場を下って、杉やブナの尾根を歩いて岩岳を過ぎると

2018110460
黄葉のブナ林の尾根へ♪
岩岳から独標の先までは、こんなキラキラな道。

2018110462
日がいっぱいに射しこんで、黄金色に輝いてますo(*^▽^*)o
ブナの黄葉、最高!

2018110463
見上げる梢も、赤に黄色に彩られて。
白い幹と色とりどりの梢と青い空♪

2018110464
こんな尾根を下ります。
独標のあたりが一番色とりどり、黄葉真っ盛りでありました。

2018110465
行きに登ってる時、帰りはキレイだろうなぁと思ってたけど、思った以上にキラッキラ。
何度も足を止めて紅葉を眺めながら下ります。
烏帽子岩あたりの展望の尾根歩きも良かったけど、このブナ林の黄葉の尾根歩きも良かったなぁ。

2018110466
独標を過ぎ、倉見平には大きなブナの木が。
見上げていると、風に揺れる梢がさやさや音を立てていて、なんとも心地よく癒される。
聞こえるのは風と梢の音だけ、そんなブナを見上げてずーっといつまででもいられちゃいそうでした(o^-^o)

そんな紅葉の道を下っていくと、針葉樹が増えてきて

2018110468
随分下ってきちゃいました。
このあたりまで来ると、ダムもすぐ足元に見えてきてゴールは間近。

2018110469
緩急ある尾根道を下っていくと、昔のトロッコの台車?
ここを過ぎると、ダムへと下る最後の急坂。

2018110470
一気に下って、蒜場山登山口に戻ってきました。
長かった~

2018110471
紅葉見客でいっぱいのダムを歩いて、駐車場に戻ってこの日は終了。
14時過ぎから雲が急に増えてきた空はこの頃にはどんより、車についたと同時に雨がパラパラッときて、ぎりぎりセーフでありました。

ずーっと歩きやすい道だったけど、狭い尾根が多くてなかなか気を遣う感じ。
でも、岩岳までのブナ林もキレイだったし、烏帽子岩から先の尾根も展望抜群。
ちょっとした岩場歩きもあったりして歩きごたえはバッチリ。
山頂から目の前に望む飯豊連峰も大迫力で、かなり充実した山歩きでありました。

途中すれ違ったのは、単独の方4人とお二人連れ1組、4人組1組のみ。
紅葉も始まりから終わりまで楽しめて、静かな素晴らしいお山でありました。

下山後は新潟でラーメンと思ってたけど、意外と喜多方も近かったので、喜多方へ移動して大安食堂でラーメン(詳細は速報)。
道の駅喜多の郷の日帰り入浴(17時以降300円)でサッパリしたら、帰宅、であります。

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2018/11/3 下越・光兎山へ紅葉山行 | トップページ | 【速報】2018/11/10-11 東信観光&山歩きに行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/67363829

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/11/4 下越・蒜場山へ紅葉山行:

« 2018/11/3 下越・光兎山へ紅葉山行 | トップページ | 【速報】2018/11/10-11 東信観光&山歩きに行ってきました~ »