« 2018/6/23 北東北お花見山行・森吉山 | トップページ | 【速報】2018/7/1 櫛形山に行ってきました~ »

2018年6月28日 (木)

2018/6/24 北東北お花見山行・早池峰

花の山、早池峰へ。

201806240
早池峰固有の花々が咲く道を歩いて山頂へ。
青空も広がっていてくれましたo(*^▽^*)o

===早池峰===
2018/6/24(日):小田越(6:00)~▲早池峰(8:00-8:35)~小田越(9:55)
歩行距離:7.5km
累積登高:670m
======

201806241

> 6/23 森吉山

前日の森吉山から南下して、早池峰への入山口、岳の駐車場で車中泊。
森吉山で計画的バッタリしたHatさんと合流して、この日は早池峰へと登ります。
偶然バッタリのたっちゃん隊も早池峰に転戦とのことなので、ならば、とご一緒に。
#岳駐車場は100台くらい駐車可。キレイなトイレあり。

岳から早池峰登山口の小田越へと向かうシャトルバスの始発は5時半。
岳駐車場から出た朝一バスは2台かな、すごく並ぶかと思ってたけど、余裕で座れちゃってやや拍子抜け(笑)
#シャトルバスは片道700円。
#河原坊からの道は、2016年5月の大雨で崩落して以来通行止。

201806242
到着した小田越から見上げる早池峰(山頂はこの奥)。
お天気いいとテンション上がりますねぇ、早速準備して出発!
#登山口に仮設トイレあり。トイレはこのほか、登山口からしばらく歩いたところと山頂に携帯トイレブースあり。

201806243
最初は木立の中をゆる~りと。
木道あり、石ごろありの道。

201806244
しばらくゆるゆる歩いていくと、一合目御門口で森林限界。
ここから先は、開けた斜面を登ります。

201806245
背後には薬師岳。
朝日に照らされてクッキリ。

201806246
開けた道に出てきて早速登場したのは、ミヤマオダマキ。
この淡い紫と白のコラボ、そしてなんともかわいらしい花の形が大好き。
割と小さめの株が多いけど、それでもたくさん咲いててなかなか壮観。

201806248 201806249
2018062410 2018062411_2
ミヤマアズマギク、チシマゼキショウ、ミヤマヤマブキショウマ、ミヤマシオガマ
登るほどに色とりどりのお花たちが登場!

201806247
そんなお花たちを眺めながら、岩ごろの道を登ります。
滑りやすい蛇紋岩がごろごろ転がるこの道、気を付けないと足元滑る!
しかもかなり風強い。

そうして登っていくと、いよいよご褒美登場。
早池峰固有種のお花達であります。

2018062412
ナンブトラノオ。
風に揺られてブレブレですけど(^^;

2018062413
早池峰といえばこれでしょう、ハヤチネウスユキソウ、登場!
大きくてもふもふで、なんだか地球外生命体のような(笑)

2018062414
まだちょうど咲き始めで、蕾も多数。
それも悪くないね。

2018062415
五合目を過ぎると、いったん道は緩やかに。
そしてここから先、稜線に出るまではかなりの強風。

2018062416
ハヤチネウスユキソウとミヤマシオガマのコラボ♪
足元にはお花がたくさんで華やかな道o(*^▽^*)o

2018062418
ナンブイヌナズナの群落もちらほらと。
真っ黄色の絨毯みたいで、鮮やか!

2018062419
それでもやっぱり、主役はこの花ですな。
たくさん咲いてるところでは、みんな足を停めて写真撮影。
なんだかアイドルの撮影会みたい(o^-^o)

強風にあおられつつも、そんなお花たちを眺めながら歩いていくと、再び岩ごろの急斜面に。

2018062420
大きな岩にかかるハシゴも登場。

2018062421
梯子を過ぎると、大きな岩がごろごろ積み重なった道。
えいやぁ、とよじ登って

2018062422
稜線に出てきました!
ここまで来れば、山頂はもう目と鼻の先。
そして風もやや収まってやれやれ。

2018062423 2018062424
2018062425 2018062426
ハクサンチドリ、コイワカガミ、ショウジョウバカマ、ヤマガラシ
御田植場の小さな湿原もお花畑。
コバイケイソウがもさもさと葉を茂らせていたので、もうしばらくすると真っ白な花がたくさん咲くかも。

2018062427
ミヤマカラマツが真っ白なポンポンみたいな花を咲かせてました。
かわいい!

2018062428
そして御田植場から岩場を一登りで

2018062429
早池峰山頂、到着!
まきchin隊にとっては5年ぶりの山頂。
そして、青空の下での登頂は初めて!

2018062430
気分爽快♪
やっぱり青空っていいなぁ。

頭上は晴れてるけど遠方は霞んでいて、遠くの山々はもちろん、近くの岩手山や八幡平も見えず。
それでも青空の山頂はいい気持ち。
なぜか風も弱いし。登ってきた道のかなりの強風は何だったんだ、て感じ。

2018062431
というわけで、大きな岩がごろごろ転がる広い山頂をぶらぶらと歩きます。
鶏頭山への縦走路の方へと少し行くと、ここも一面お花畑だったりして。

2018062432
イワウメがびっしり!
真っ白な絨毯のように咲いてました、これはすごい。
岩に張り付くように咲いてるので風が吹いても揺れないし、写真撮る側としてはありがたい(笑)

2018062435
ミヤマキンバイも真っ黄色な絨毯のよう。
これは風にわさわさ揺れてました。

2018062433 2018062434
ホソバイワベンケイ、チシマアマナ

2018062436
この日一番たくさん咲いていたのは、ミヤマシオガマかな。
鮮やかな紫色がとてもステキ!(o^-^o)

2018062437
天気もいいし、思ったより風も強くないので、山頂の一角でおしゃべりしながら一休み。
山頂も風強かったら、じっくり花を眺めることもなく即下山だったのだけど、のんびりできて良かった!

2018062438
さて、一息ついたら下山開始。来た道を戻ります。
もっとのんびりしたいのは山々だけど、帰りのバスの時間も気になる。
午前中の下山バスは、小田越10:42発の次は2時間後、こりゃ何が何でも10:42発に乗りたい、というわけで。

2018062440
稜線を離れて急斜面へと入ると、またも強風の道。
でも朝よりは少し風が弱くなったかな?

2018062441
下りはさくさくと早い早い。
ハヤチネウスユキソウをじっくり眺める間もなく、続々と登ってくる人たちとすれ違いつつ下ります。

2018062442
膝が痛い人もそうでない人も、元気いっぱい(笑)

2018062443
目の前に薬師岳を眺めつつ。
見下ろす位置にあった薬師岳が、どんどん仰ぎ見る形になってきて。

2018062444
あっという間に小田越に到着。
登りは花を眺めながらゆっくり登ったけど、帰りは足を停めることもほとんどなくさくさく下ってきちゃったので早かった!

登山口にいた地元の方とお話ししたら、今日はそよ風だねぇ、ですって。
ほんとに風が凄い時は、石が飛んでくるほどだとか。
・・・早池峰、いつも風強いのね。
あれでそよ風かぁ。。。

そして1時間ほど待って、バスに乗って下山。
早池峰おもてなしキャンペーン(2018/6/10~8/26の土日祝日開催:登山シャトルバスの半券と引き換えでプレゼント)に参加しよう、てことで、岳駐車場手前の峰南荘で途中下車。
お山カフェ「アスチルベ」で、特産のワインゼリーと引き換えたら、そのまま早池峰神社に寄り道です。

2018062445
なかなか立派な神社。
無事の登山、そして下山のお礼をば。

2018062447
由来書もあり。
・・・が、その内容よりも、登山案内の方に目がいっちゃった一同。
従走コース?とか、鶏頭山や薬師岳の字が!!とか(笑)

2018062446
山頂の奥宮にお詣りして、麓の里宮にもお詣りして。
いい感じに締まりました!

花の山、早池峰。
相変わらず風が強かったけど、青空広がってくれて気持ちよく歩くことができました。
5人で楽しく歩けたのもよかった♪
ハヤチネウスユキソウもキレイに咲いてたし、固有種のお花もいろいろ見られたし。
これからまだまだたくさんの花が咲きそう、まだまだ楽しみな時期は続きそうです。

そして下山後は、道の駅とうわのフォルクローロの日帰り入浴へ(600円)。
ここでたっちゃん隊とは別れて、Hatさんと一緒に花巻のマルカンビル大食堂で腹ごしらえ&巨大ソフトクリーム(詳細は速報)。
〆も大満足、な2日間でありました。

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2018/6/23 北東北お花見山行・森吉山 | トップページ | 【速報】2018/7/1 櫛形山に行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/66880021

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/6/24 北東北お花見山行・早池峰:

« 2018/6/23 北東北お花見山行・森吉山 | トップページ | 【速報】2018/7/1 櫛形山に行ってきました~ »