« 2018/6/2-3 飯豊連峰・杁差岳(1日目) | トップページ | 【速報】2018/6/8-10 東北お花見山行に行ってきました~ »

2018年6月 6日 (水)

2018/6/2-3 飯豊連峰・杁差岳(2日目)

杁差岳からの下山の途中、頼母木方面のお花畑に寄り道。

201806030
ハクサンイチゲがもりもり咲いてました♪

===杁差岳===
2018/6/3(日):杁差小屋(5:45)~▲鉾立峰(6:20)~▲大石山(7:10-8:00)~水場分岐(8:55)~滝見台(9:25)~足の松尾根登山口(10:45)~奥胎内ヒュッテ(11:25)
歩行距離:11.5km
累積登高:250m
======

201806031

> 6/2 飯豊連峰・杁差岳(1日目)

避難小屋の朝は早い。
皆さん3時頃から起き出して、ごそごそがやがや元気いっぱいのご様子。
まだもうちょっとごろごろしてたいなぁ~、なんて思いつつ、日の出前の4時過ぎに起きて杁差岳山頂へ。

待つことしばし。

201806032
雲海の向こうに朝日が昇ってきました。
青のグラデーションに、赤みが一気に加わります。

201806033
快晴無風の朝。
朝日を拝むには絶好の日和。

201806034
長者平の残雪と池塘が朝日を受けて輝いてます。
素晴らしい夜明けであります。o(*^▽^*)o

201806035
朝空に浮かぶ、飯豊主脈の山々。
それぞれの山のてっぺんで、みんな朝日を眺めてるんだろうな。
・・・でも杁差岳が、一番朝日に近い!( ^ω^ )

今日もステキな一日になりそうな朝であります。

さて、日が昇ったら、小屋に戻って朝ごはん。
のんびり準備したら下山開始。

201806036
小屋を後にしたけど、早速小屋の前のハクサンイチゲに足が停まっちゃう。
こちらは二王子岳。

201806037
そしてこの景色はもはや定番?
地神岳、飯豊本山とハクサンイチゲ。
朝日に照らされると、また違った雰囲気でステキ。

座り込んで写真撮り始めてしまいそうになるのを抑えて、先へと進みます。

201806038
飯豊の開拓者、藤島玄翁のレリーフのところからは、二王子岳方面が一望。
今日もスッキリ晴れていい展望だ!

201806039
飯豊主脈の山並みを正面に眺めつつ歩きます。
気分爽快この上ない。
このままず~っと歩いて行けたらいいのになぁ。。。

2018060310
大石山までは、鉾立峰を越えてまた登り返して、と100m単位のアップダウンが続きますが。
昨日に比べて背中の荷物は軽いし、景色も素晴らしいし、でうきうき歩けちゃう。

2018060311
鉾立峰を過ぎると、これまた一段と近くなった主稜線。
沢筋の残雪の端から雪解け水がごうごうと流れ落ちてるのがよく見えて、これまた大迫力。

2018060312
そして、そこかしこに広がるハクサンイチゲの花畑。
何度も足を停めちゃいますね。

2018060313
そんな道をゆっくり歩いていると、頼母木から杁差岳ピストンの人たちと何度かすれ違い。
大石山近くですれ違ったお二人からは、頼母木近くの花畑で、登山道を熊が歩いてた!との情報が。
・・・それって、うちらがこれから行こうとしてるところじゃないの?

熊がいなくなるのを見届けてからこっちに来た、てことだったので、まぁ大丈夫かな、と思いつつ。

2018060314
大石山にザックをデポして、頼母木手前の花畑へと向かいます。
熊さん、もういなくなってるよね?

ちょっとドキドキしながら歩いていくと、そこにはなんとまぁ、すごい花畑が広がってました。

2018060315
まさに咲きたてフレッシュなハクサンイチゲたち♪

2018060320
花びらぷりっぷり。
純粋な白色のなんと美しいこと。

2018060316
二王子岳とハクサンイチゲ。
杁差岳方面への道から眺めた時よりも、こっちのほうが密度が濃いし広い!

2018060317
二ツ峰もこのとおり。
ハクサンイチゲの絨毯o(*^▽^*)o

2018060318
一面の花畑のおかげで、地神岳が小さく見える。。。
いやはや、素晴らしいですな。

2018060319
ハクサンイチゲの開花は、えぶり差からだんだんと南下してくるようで。
この週末はちょうどこの辺りが満開、地神山も咲き始めたってことだったので、来週はそのあたりが満開なんだろうな。

2018060321
焼石岳の一面の花畑もすごいけど、密集度合で言えば飯豊がすごい。
真っ白な絨毯にウットリ。(o^-^o)

2018060322
花畑がすごすぎて、1時間近くも過ごしてしまいました。
いや、というか、一日中でも過ごせたかも。
それほどに美しく、立ち去り難い花畑でありました。

・・・さて、でもそろそろ下山しないと。

2018060323
後ろ髪をひかれつつ大石山に戻って、飯豊主稜線にお別れ。
また来るよ!

2018060324
こちらは鉾立峰と杁差岳。
今回もステキでした♪
ありがとう~(o^-^o)

2018060325
というわけで、ようやく下山開始。
水場分岐までは、急坂を一気に下ります。

下っていると、登ってくる日帰りの人たちとすれ違い。
頼母木方面へ行く人、えぶり差方面へ行く人、みんなすごい!
お花情報や熊目撃情報をやりとりしつつ下っていくと

2018060327
2年前に杁差小屋でご一緒したTさんとバッタリ!
嬉しい再会に、おしゃべりが弾んじゃいました(o^-^o)

2018060328
Tさんに撮っていただいた写真。
これは若干ヤラセ?(笑)
でもこんな感じで、稜線下りつつ景色眺めつつ、なのであります(o^-^o)

しばし話に花を咲かせたら、またね~!と手を振ってお別れ。
下山続行です。

2018060329
癒されブナ林を下って

2018060332
岩場も越えて

2018060334
大石山から1,100m下って、足の松尾根登山口に到着!
久しぶりの山歩き、久しぶりの歩きでの下りだったけど、膝を壊すことなく無事に下れてよかった~。
でもやっぱり、滑って下るよりキツイですな(^^;
それにこの日は、前日よりも暑くてなかなか大変だった。

さて、あとは奥胎内ヒュッテまで林道を歩いて下ります。

2018060335
道を歩いてたら、猿の群れ登場。
子連れの群れでした、ちょろちょろ歩いてたり母猿のお腹にしがみついてたりして可愛い。

道はさぞや暑いだろうなぁ、と思ってたけど、涼しい風が吹き抜けていて以外にも快適。
さくさく歩いて

2018060336
無事、奥胎内ヒュッテに到着であります。
お疲れさまでした!!

奥胎内ヒュッテはまだ営業前だったので、下山後のお風呂はロイヤル胎内パークホテルへ(800円)。
そのままランチもいただいて、お腹いっぱいで帰路につきました(詳細は速報)。

満開のハクサンイチゲと、飯豊の山並み大展望の山行。
久しぶりの山歩き、しかも泊り装備だったのでちょっと不安だったけど、ゆっくり歩いたので足も問題ナシ。
大いに満喫して大満足でありました。
山はやっぱり楽しい!

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2018/6/2-3 飯豊連峰・杁差岳(1日目) | トップページ | 【速報】2018/6/8-10 東北お花見山行に行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

>飯豊連峰・杁差岳(2日目)

雪と花の景色

日の出の瞬間

きれいな写真を拝見しました。

有難う御座います。

投稿: Manohiro | 2018年6月 8日 (金) 13時42分

Manohiroさん>
ありがとうございます!
山の上ならではの景色をたくさん眺めてきました(^^
雰囲気伝われば幸いです♪

投稿: まきchin | 2018年6月10日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/66801857

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/6/2-3 飯豊連峰・杁差岳(2日目):

« 2018/6/2-3 飯豊連峰・杁差岳(1日目) | トップページ | 【速報】2018/6/8-10 東北お花見山行に行ってきました~ »