« 【速報】2018/4/28-5/6 北東北ツアーに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/29 南八甲田・櫛ヶ峯BC »

2018年5月 7日 (月)

2018/4/28 秋田駒ヶ岳BC

GW1日目は秋田駒ヶ岳。

201804280
穏やかに晴れ上がったBC日和の一日。
静かな秋田駒ヶ岳を歩いて滑って、ステキなGW幕開けであります。

===秋田駒ヶ岳BC===
2018/4/28(土):アルパこまくさ(7:55)~旧スキー場トップ(9:15)~八合目小屋(10:40-10:50)~▲男女岳(12:20-12:45)~八合目小屋(13:05)~アルパこまくさ(13:50)
歩行・滑走距離:15.0km
累積登高:950m
======

201804281
赤が登り、青が下り

4/28:秋田駒ヶ岳BC
4/29:南八甲田・猿倉岳~駒ヶ峯~櫛ヶ峯BC
4/30:北八甲田・大岳環状~箒場岱BC
5/1:南八甲田・猿倉岳~乗鞍岳BC
5/2:北八甲田・硫黄岳BC
5/3:乳頭温泉、角館観光
5/4:酒田、鶴岡、湯殿山神社観光
5/5:月山スキー場
5/6:鳥海山・祓川BC

今年のGWは9連休。
2年連続で西の山を歩いていたので、今年は久しぶりに東北の春山を滑りたい、ということで北東北へ。
どかっと雪が降った割には3月4月の高温少雪が響いて、麓の雪融けは早いということだけど、まぁ山にはまだあるんじゃないかと期待しつつ。

気になる天気は、前半が好天予報。
まず初日に秋田駒に寄り道して、それからがっつり八甲田三昧の予定。
後半は臨機応変に楽しみます。

金曜日はいつもよりは早めに上がれたものの、やはり横浜から秋田駒は遠い(下道が長いので)。
道の駅あねっこでしばし仮眠してから、入山口のアルパこまくさへ。

201804282
GW初日だしこの天気だし、さぞや混んでるのでは?と思ってたら、全然車なし。
ちと拍子抜け。
#トイレは、建物開館時間帯のみ利用可。

201804283
人だらけなのも嫌だけど、全然人がいないのもなんだか不安だよねぇ、なんて贅沢なことを言いつつ。
準備して、雪壁低いところから出発。

201804284
しばらくは、旧アッスルスキー場のゲレンデ跡を登ります。
ゲレンデの向こうには、目指す秋田駒がででーんと。

201804285
心配してた雪は、下部がちょっと怪しかったけどそれより上は全く問題なし。
緩やかなゲレンデ跡をのんびり歩きます。
・・・穏やかなのはいいけど、風が通らずかなり暑い!

201804286
秋田駒を見上げつつ。
でもこれ、男女岳とかの下の方の急斜面が見えてるだけで、山頂はこの向こうだったりするわけですが(笑)。

201804287
汗をかきかきのんびりと350mほど登り上げて、ゲレンデトップに到着。
ここからはブナ林の中へ。

201804288
林の中を突っ切って歩けるのかと思いきや、除雪が進んでて突破できず。
しばらく除雪路をにらみつつ、道の左手を歩きます。

201804289
幸いにして、沢を渡る橋のところで除雪終了。
ここからは自由に歩きます。

2018042810
沢を渡り、右岸へと上がると、なかなかいい感じのブナ疎林の斜面が広がります。
緩やかで穏やかで、テレマーク向き!
景色も雰囲気もいい。

2018042811
左手には笹森山。
だいぶ雪融けて、その名の通り笹がもさもさ出てきてるのが遠目にも。

2018042812
右手には男女岳の急斜面。
火山ぽくてかっこいい(o^-^o)

2018042814
そんなブナ疎林の穏やかな斜面をまったり歩いていくと、八合目に到着。
小屋の周りはだいぶ雪融け進んでました。

2018042815
登山口の看板は、まだ埋もれてますな。

さて、ここまで来れば男女岳へはあと一息。
男女岳のすぐ東側の谷の登山道沿いに登るルートもあるようだけど、なんだか急そうだし雪割れてるかも?な感じにて、そのさらに東側の尾根上の登山道沿いへ。
途中から谷に入って阿弥陀池を目指します

2018042817
尾根上から谷へと入るのが遅れちゃって、ちょっと藪につかまっちゃいましたが。
なんとか藪から逃れてやれやれ。

2018042818
後ろに見えるのは、笹森山に湯森山かな。
その向こうには乳頭山も。
右手には、うっすら岩手山も見えてきた。

天気がいいと気分も上がりますねぇ。
それに雪もまだぐさぐさではなく、やや締まり気味で歩きやすいし。
急なところもなく、のんびり登っていくと

2018042819
阿弥陀池の東側に出てきました。
男岳~横岳の稜線を背に建つ小屋が、なんだかかわいらしい(o^-^o)

2018042820
さて、ではここから男女岳へ。
縦溝もなく、つるりとしたキレイな斜面を登ります。

2018042821
湯森山、笊森山と連なる山並みを背に、急斜面をジグきりつつ。
山頂直下で登山道が出てきたので、そこに板をデポして登山道を少し歩いて

2018042822
秋田駒ヶ岳山頂、到着!
男女岳の山頂きたのは久しぶりかな。

山頂はさすがに風が強いので、景色ぐるりと眺めたら板デポしたところまでさっくり下りましょ、てことで。

2018042823
笊森山、乳頭山、岩手山。
霞んでるなぁ。

2018042824
お隣の男岳に女岳。
秋田駒、火山性微動が増えているらしいのだけど、噴火するとしたらあっちか?それともこっちか?なんて考えつつ。

2018042825
阿弥陀池を見下ろしながら、板デポ地点へと引き返し。

そういえば、ここに来るまで全く人に出会わず。
さすがにここまで来れば誰かいるかな、と池の付近を眺めてたけど人影見当たらず。
それどころか、後から登ってくる人もいなくて、まさかの秋田駒貸し切り状態。
こんな贅沢ありか?!

ちょっとびっくりしつつ、男女岳の南東斜面へ滑り込み!

2018042827
登ってる時にはちょっと重いかな?と思ってた雪は、滑り込んでみればかなりいいザラメ♪
下地がしっかりしてるし、緩みすぎず硬すぎずのザラメがその上に乗ってて快適そのもの。

2018042828
板、走る!
斜度もいいなぁ。斜面広いし。

2018042829
縦溝もなく、フィルムクラストのナイス斜面。
いやはや、こりゃ素晴らしいo(*^▽^*)o

2018042830
二人占めの斜面、大変美味しくいただきました。
男女岳の北斜面はもっと斜度もあり長距離落とせるみたいだけど、下から見たら結構割れてたし、かなり斜度もあるので回避。
春ならではの快適ザラメ&フィルムクラストの南東斜面、楽しかった~♪

さて、ではさっくり帰ります。

2018042831
八合目へ向けて、歩いてきた斜面を滑ります。
まだまだ板は走るぞ。

2018042832
登りルートを大きく巻いて、藪を回避。
八合目まで快適に滑って戻ってこれました。

2018042833
八合目から先は、いよいよテレマーク向きのマッタリ斜面!と思ってたら、昼の日差しに照らされて雪はざっくざく。
おまけに、八合目まで来て引き返したと思しきつぼ足トレース多数。
ちと滑りにくくて残念。
まぁ、景色も雰囲気もいいからいいか。

2018042834
登りルート沿いにのんびり下ってゲレンデ跡へ。
ここまで来ると雪はざっくざく、ストップ雪。
難儀しつつ、行きにはなかった穴や雪融け水の小沢を避けつつ、雪をつないで滑り降りて終了。

行きはのんびり歩いたこともあって結構時間かかったけど、帰りはあっという間。
雪は賞味期限ギリギリな感じ、でも上部はまだ雪も多く、かつ滑りやすい雪で、かなり楽しめちゃいました。
まさかの貸し切り状態だったのも良かったなぁ。
(あとで地元の方に聞いたら、キャットツアーやってる頃は人多いけどこの時期は少な目、とのこと)

のんびり春山BCとしては、かなり良かった。o(*^▽^*)o
穏やかな天気の厳冬期にも来てみたいけど。

下山後は、ジンギスカン食堂でジンギスカンに舌鼓→アルパこまくさの日帰り入浴(520円)へ(詳細は速報)。
そしてこの日は、翌日に備えて八甲田・酸ヶ湯温泉上の駐車場に移動して車中泊、であります。

> 4/29:南八甲田・猿倉岳~駒ヶ峯~櫛ヶ峯BC

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 【速報】2018/4/28-5/6 北東北ツアーに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/29 南八甲田・櫛ヶ峯BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/66695824

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/4/28 秋田駒ヶ岳BC:

« 【速報】2018/4/28-5/6 北東北ツアーに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/29 南八甲田・櫛ヶ峯BC »