« 【速報】2018/4/21-22 月山BCに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/22 月山BC・姥ヶ岳 »

2018年4月24日 (火)

2018/4/21 月山BC・北月山ツアー

月山を越えて北月山へ。

201804210
春ツアーならではのロングルート!

===北月山ツアー===
2018/4/21(土):月山スキー場(7:45)~リフトトップ(8:35)~牛首(10:00)~▲月山(11:05-11:55)~弥陀ヶ原(13:40-13:50)~三角峰(15:05)~北月山荘(15:40)
歩行・滑走距離:19km
累積登高:1,200m
======

201804211
左が北

2年前に計画しつつも、天候に阻まれて実行できなかった北月山ツアー。
この週末は待ちかねた好天、雪もまだ大丈夫とのことでようやく決行!

201804212
横浜から月山はさすがに遠い。
ほとんど仮眠できずに集合場所の北月山荘へと向かう道からは、朝空に浮かぶ月山が。
山頂からあの尾根を下ってくるのか~、長いな~、と眺めます。

201804213
北月山荘に集合したのは、たっちゃん&T世さん、まー君、Hatさんとまきchin隊の6名。
北月山荘の方にお声おかけしてから、砂利地に車2台をデポ。

そしてスタート地点となる月山スキー場へは、1時間半近くかかって到着。
月山スキー場、今年はリフト支柱が倒れて復旧作業中につき、ただいまリフト運休中。
歩いて登る人しか来てないので、例年に比べて駐車場もガラガラ、余裕で停められちゃいました。

201804214
というわけで、さくさく準備して出発。
駐車場の雪壁を上がったところから登行開始であります。
この日はかなり高温予報だけど風もそこそこあり、雲が湧きませんように、と祈りつつ。

201804215
圧雪道をてしてし歩いて、リフト乗り場に到着。
いつもならここからリフトに乗って楽しちゃうとこだけど、今回は運休中につき歩いて登ります。
標高差にして300m、1時間の歩きが追加されるわけですな。

201804216
真っ白な朝日連峰を背に、スキー場コースを登ります。
コース内は風が通らず、暑い!

201804217
緩やかなコース内をゆっくり上がっていくと、リフトトップに到着。
出迎えてくれたのは月山の標識と月山。
・・・なんだか雪少ないなぁ、標識の足がこんなに出てるの見たことないかも。

月山の稜線もなんだか黒々しているような?
どこまでシールで上がれるかねぇ、なんて眺めつつ一息ついたら、ここでいったんシールはがして東斜面へ50mほど滑り降り。
ナイスザラメかと思いきや、朝から気温高すぎてちょっと重め雪かも?

201804218
50m滑り降りたところでシールつけて、牛首目指してゆる~り登り上げます。
右手に月山を仰ぎ見つつ、広大な斜面をのんびりと。
このスケール感たるや!

201804219
どかーんと開けた斜面、その向こうには朝日連峰。
これぞ月山!

強い日差しで斜面の雪はすっかりゆるんでザラメ状態、牛首までは急なところもなく、割とさくさく来れちゃいました。
雲が湧く気配はないし、雪もいい感じに緩んでるし。いい日だ!

2018042110
牛首からは、山頂に向けて斜度を増した斜面を登ります。
ここもまた雪は緩んでるので、直登でガシガシと。

2018042111
100mほど登ったところで、ハイマツ&笹藪登場。
これをかわしてシールで登り上げることもできたみたいだけど、どうせ稜線直下は担ぎだしってことで、板をはずしてツボ足に。

2018042112
雪ざくざくなので、アイゼンつける必要はないのが救いですが。
ツボ足、シールで登るよりも疲れる。。。

2018042113
ハイマツ&笹藪をぬけて上がっていくと、山頂直下には夏道が出てました。
かなり強い風に煽られつつ、石畳の夏道を登って

2018042114
稜線に出てきました!
ここから山頂までは雪つながってたので、板はいて一登りで月山山頂に到着。

稜線上の月山頂上小屋あたりまではかなり強い風だったけど、なぜか山頂付近だけほぼ無風。
ならば、と山頂でしばしマッタリ。

2018042115
山頂で休んでいる目の前には、緩やかな東斜面、その向こうには葉山。
この東斜面がなんとも気持ちよさそうで、ごろ太君、堪らず1本滑りに行っちゃいました。
100mくらい滑り降りたみたいだけど、かなりいいザラメだったらしい。
大ニコニコで登り返して戻ってきましたo(*^▽^*)o

2018042116
湯殿山や北品倉尾根方面を眺めつつ、のんびり日向ぼっこしつつ。
腹ごしらえして一休みしたら、いざ北月山へ。

2018042117
遠くには鳥海山がうっすら。

2018042118
緩やかに広がる尾根を滑ります!
これはもうテレマーク向きだなぁ。

2018042119
どこまでも広がるザラメ斜面。
間近に聳える葉山を眺めつつ。
ゆったり穏やかで気持ちいい!

2018042120
尾根をトラバースしつつ、開けた斜面を滑りつつ。
ゆるゆる移動していくと、仏生池小屋に到着。
秋はこのあたりは一面真っ赤に紅葉してるけど、今はまだ真っ白。

2018042121
このスケール感ときたら、もう(o^-^o)
緩く広い尾根は、ゆったりしてていかにも春ツアー。

そんな緩やかな尾根上を辿って下ることもできるけど、それだとただ移動してるだけになっちゃう。
それよりも、登り返しを前提にして、尾根の右手にどかーんと広がる斜面を滑りたい!と意見が一致して

2018042122
仏生池小屋を過ぎて1,700m付近の尾根から、開けた北東斜面へとドロップ!

2018042123
滑り出しはちょっとストップスノーだったけど、少し下ると超快適ザラメ斜面!
久々に来ました、楽しすぎて止まれない斜面(≧∇≦)

2018042124
いや~、これ、もうどこまででも行けちゃうでしょう。
斜度もおあつらえ向きだし、広くてどこでも滑れちゃうし。

2018042125
ちょっと一滑り、のつもりが三滑りくらいしちゃいまして。
みんな楽しすぎて止まれず、一気に300mほど滑り降りちゃいました。
いやはや、最高♪

2018042126
いい斜面だったね!と大満足の一同。
のんびりゆるゆると、尾根上へ100m強登り返し。
ここでぐるぐる遊べたらいいのにねぇ、なんて言いつつ。

2018042127
そして上がった尾根上1,500m付近には、ハイマツや笹がもっさもさ。
ぐるっと迂回を強いられたりして。
春だなぁ。

そんなハイマツを越えたところで一息。
仏生池小屋は過ぎたし、弥陀ヶ原小屋も見えてきたし、なんとなく終盤?とか思ってたけど、実はまだ距離も標高差も半分も来てなかったりして。
長いぞ、このルート。

2018042128
というわけで、一息ついたらそそくさと出発。
弥陀ヶ原小屋を横目に、広大な雪原を横切って。

八合目に上がる道路脇を下って、1,250m付近から三角峰へと向けて伸びる尾根上へ。
ここで、滑ってきた尾根を振り返って見ていたT世さんが、熊を発見!

2018042130
さっき滑り降りてきた斜面を、熊さんが急いで横切っていくのが見えました。
うちらが通り過ぎるのを見てたのかな。
ばったり出くわさなくてよかった・・・(;´Д`A ```
#ちなみにこの日、月山のふもとの西川町で猟友会の方が熊に襲われた、というニュースを下山後にききました。恐ろしや。

2018042129
こんな尾根上ですからね。
藪の中とかに隠れてたのかな。

2018042131
さて、思わぬドッキリもあった開けた尾根とは、1,100m付近でおさらば。
見納めにじっくり眺めたら、ここから先はブナ林の斜面。

2018042133
だいぶ標高も下がってきたので雪はざくざくかと思いきや、林の中はちょっと締まり気味のいいザラメ!
樹間も斜面の広さもいい感じだし。
楽しいぞ。

2018042132
そんな気持ちいい斜面がずっと続けばいいんだけど、所々に現れるゆるいアップダウンや平行移動にちと苦しみます。
ゆるい起伏が越えられず、アルペンのT世さんとごろ太君、テレマーク板のHatさんと私は何度か板を外してツボ足移動。
これが地味にキツイ。
ウロコ板のたっちゃんとまー君はすいすい行っちゃうんだけど。

2018042134
その分、嫌な歩きの後のブナ林の滑りがかなり楽しかった。
三角峰699mまで、ずっといい雪いい斜面o(*^▽^*)o

2018042135
さて、尾根を辿って三角峰までブナ林を滑ってくると、ここから北月山荘へは急斜面を下ります。
眼下には立谷沢川、そしてようやく北月山荘も見えてきた!

2018042136
さすがに雪はざくざく。
藪が出てたり大きなツリーホールが開いてたり、斜面割れてたり、枝がいっぱい落ちていたり。
そんな感じで期限切れ間近ではあったけど、見た目よりは全然滑りやすい。

2018042137
木の間をぬって滑り降りて、北月山キャンプ場に出てきてやれやれ、であります。

ここまでくれば、北月山荘は目と鼻の先。。。と思いきや、キャンプ場は滑って通過できず、最後にまさかのツボ足。
だいぶへろへろになってきた足に、このツボ足がボディブローのように効いてさらにへろへろ。

2018042138
それでも、最後の北月山荘へと滑り込む斜面の上にたどり着くと、新緑と桜がお出迎え。
最後に桜が出迎えてくれるなんて、初めて!

2018042139
まさに春。
いい〆になりました♪

スタートからゴールまで8時間。
出発前は、そんなにかかるのかな?と思ってたけど、下り長いし細かな登り返しもあるし、やっぱりそのくらいかかっちゃいました。
のんびりマッタリした尾根滑りは春スキーの雰囲気満点、しんどかったけど通り抜ける楽しさもあり。
北月山ツアー、実現できてよかった!ありがとうございました~(^^

ウロコ板向きですな、このルート。
滑って登り返して、アップダウンある尾根もウロコで抜けて、てのがよさそう。

汗だくへろへろの下山後は、北月山荘の日帰り入浴へ(350円)。
そして再び1時間半かけて月山スキー場に戻って車を回収して、この日は道の駅寒河江にて車中泊。
この日タップリ撮ったビデオを見ながら反省会、であります。

2018042140
ありがとう、月山!

そんな大充実の北月山ツアーは、Hatさん作成の動画でどうぞ。
翌日の姥ヶ岳BCもオマケでついてます。

こちらはたっちゃん作成の動画。

> 4/22 月山・姥ヶ岳BCへ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 【速報】2018/4/21-22 月山BCに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/22 月山BC・姥ヶ岳 »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/4/21 月山BC・北月山ツアー:

« 【速報】2018/4/21-22 月山BCに行ってきました~ | トップページ | 2018/4/22 月山BC・姥ヶ岳 »