« 2017/3/25 阿仁スキー場からブナ林ツリーラン♪ | トップページ | 2017/4/8 ゲレンデスキー@奥只見丸山 »

2017年3月30日 (木)

2017/3/26 森吉山BCへ、旧森吉スキー場から

好天予報の日曜日は、旧森吉スキー場から森吉山へ。

201703260
天気も景色も斜面も雪も、最高!!

===森吉山BC===
2017/3/26(日):旧森吉スキー場(7:10)~▲一ノ腰(8:55-9:05)~▲森吉山(10:25-10:45)~東斜面~▲森吉山(11:30-12:00)~西斜面~▲一ノ腰(13:20)~北東斜面~旧森吉スキー場(14:25)
歩行・滑走距離:15km
累積登高:1,200m
======

> 3/25:森吉山林間BC

2日目は、満を持して旧森吉スキー場から森吉山へ。
このルートは、旧森吉スキー場への道が除雪されてないと行けないし、そもそも天気良くないと行ってもつまらないし、時期が早すぎても遅すぎてもダメだし、と行くタイミングをかなり選ぶルート。
そしてこの日の天気予報は、午前中はいいお天気だけど午後はビミョウ。
決行するかどうか迷ったけど、早めの行動で様子見ながら行きましょう、てことで決行!
1日目と同じく、この日もHatさんとまきchin隊の3名で歩きます。

道の駅かみこあにを出発して、最終コンビニでトイレを借りて旧森吉スキー場へ。
テレマーク山荘までは厳冬期も除雪はばっちり、問題はその先。。と思ってたら、かろうじて車一台分が通れる幅に除雪されててセーフ。

201703261
いつもなら、旧スキー場の前が少し広めに除雪されててそこに駐車できるのだけど、今回は雪が多いためかそんなスペースはなし。
どんづまりのロッジ森吉のセンターハウスPに駐車です。
#ロッジは、この時期はまだ冬期休業中

準備してたら、スノーモービルで旧ゲレンデを上がってボードで滑るというお兄さん達もやってきて、前後して出発。

201703262
旧スキー場まで板かついで道路を歩いて、雪壁低いところから上がります。
それにしても今年は、雪壁が高い!

201703263
先行者のトレースは皆無。
これはこれでテンション上がりますね~、よっしゃあ!とスタート(o^-^o)

201703264
まずは一ノ腰へ向けて、ゲレンデ跡をゆる~りと。
雪はかなりモナカ気味だけど、下ってくるころには緩んでるかな。

201703265
前々日までに降った雪がお日様にキラキラ輝いてとってもキレイ♪
まっさらな雪を踏み踏み登っていくのが楽しくて、足取りも軽い軽い(o^-^o)

途中、モービル跡も活用しつつ、旧ゲレンデトップ目指してまっすぐ登っていくと

201703266
前方に針葉樹が見えてきた。
一ノ腰の北尾根ですな、ここからは尾根筋を辿ります。

201703267
尾根上に上がれば、遠くに山並みが一望♪
白神方面かな、展望開けていい気持ちで思わず顔が緩んじゃう。

201703268
そして尾根上には、樹氷がモリモリ!
昨年のこの時期は、もう樹氷はなくてクリスマスツリーみたいな針葉樹がいっぱい、だったのだけど。
今年は雪が多いし、いつまでたっても冬みたいな天気が続いてたから、樹氷がまだまだ残ってるのかな。

201703269
こりゃ、これから先も素晴らしい景色が待ってるに違いない、とウキウキと尾根を登り上げて。

2017032610
一ノ腰、到着。
正面には、どか~んと森吉山!!(≧∇≦)

阿仁ゴンドラが動き出す前に来れたので、見渡す景色の中にいるのは私たちのみ。
・・・なんて贅沢なんだ!!

2017032611
しばしウットリと見とれちゃいましたが。
お天気よくて人がいないうちに、さっくり森吉山へ登っちゃいましょうってことで。
まずは森吉神社へ向けてゆる~り移動。

2017032612
左手に、森吉山を眺めながら歩きます。
山容も穏やかで、いかにも北東北な雰囲気満点なこの感じが堪らなく良いですな。

2017032613
で、神社の手前でシールはがして、神社下の面ツル斜面にドロップ!
前日の曇天が幸いしてか、パウダーキープ♪

2017032614
雪、かなりいい!
いきなり最高の斜面をいただいちゃって、一気にテンション上がりまくり。

連瀬沢まで100m弱滑り降りたところで、再びシールをつけて森吉山の西斜面へ。
山頂まで250m、一気に登ります。

2017032615
自分たちのシュプール眺めながら登るのって最高だよね♪とニンマリしつつ。

2017032616
ゆる~りまっすぐ登っていくと、出てきた出てきた樹氷たち。
まだまだ厳冬期さながらのモンスターがあちこちに。

2017032617
樹氷に飲み込まれそうなHatさん。

2017032618
樹氷と戦うワタクシ。

先週八甲田で見た樹氷よりも、モリモリ度がすごかった。
こんな立派な樹氷は久しぶりですな。

2017032641
歩きながら振り返れば、一ノ腰から森吉神社の稜線が。
歩いてきた道をこうして眺めるのも楽しい。

2017032619
そんな感じでモンスターと戯れつつ、ウットリ景色眺めつつ登っていたら、250mなんてあっという間でありまして。
山頂直下はさすがに少しクラスト気味だったけど、凍ってるところもなくさくさく登って

2017032620
森吉山山頂、到着!この日の一番乗り~o(*^▽^*)o
山頂標識の樹氷がものすごいことになってました。

山頂はほとんど風もなく、穏やかそのもの。
まずは景色をぐる~りと眺めます。

2017032621
太平山。
紅葉の時期に行きたいな、と思いつつまだ行けてない。

2017032622
秋田駒に岩手山、八幡平。
ちょっと雲かかってるかな。

岩木山や鳥海山も、それっぽい山がなんとなく見えてたような。

さて、ここで天気下り坂ならさっくり戻るつもりだったのだけど、一向に崩れる気配はなし。
ならば東斜面を落としちゃいますか、ということで。

2017032623
ヒバクラ岳を眺めつつ、東斜面へGo♪
上部はちょっとクラスト気味?と思ったけど、滑っていくうちになんともいい感じのしっとりザラメ雪に変身!

2017032624
めちゃくちゃ気持ちいい!
止まりたくな~い!!(≧∇≦)

いやはや、もう最高。
この東斜面、モナカだったりクラストしてたり、となかなかいい雪に出会えたことなかったのだけど、この日は素晴らしかった。

2017032625
登り返してぐるぐる遊びたい、という気持ちを抑えて、山頂まで登り返し。
今日みたいな天気と雪だったら、もう無限に遊べそうなんだけど。

そして再び山頂に戻ってくると、ゴンドラで上がってこられた登山や山スキーの方で山頂は結構な混雑っぷり。
ちょっと下がったところで腹ごしらえ休憩してたら、昨年も森吉山でお会いしましたよね~、と何人かに声かけていただきました。
・・・やっぱりみんな集まるんですなo(*^▽^*)o

さて、一休みしたらいよいよ下山開始。
斜面はあまり風にたたかれてなくていい状態だし、まだまだ雪もタップリ。
ならば、オープンな斜面の多い西斜面をどかーんとまっすぐ落とすのが楽しそう、というわけで。

2017032626
開けて開放的な西斜面へ、いざ!

2017032627
狙いは的中、しかもなぜかほぼ面ツル。
パウダー未満、ザラメ以上なクリーミィな雪が美味しすぎる♪o(*^▽^*)o

2017032628
斜面もすこぶる穏やかで。
めちゃくちゃテレマーク向きじゃん!とHatさんテンション上がりまくり。

2017032642
いやもう、楽しすぎる!

2017032629
雪が多いためか、うねりもなくどこまでも続くフラットな斜面、そして雪もしっとりパウダーから軽めな極上ザラメまで。
しかも面ツルときたら、もう言う事ないでしょう。o(*^▽^*)o

何なのこの斜面!!と一気に連瀬沢まで250m滑り降りちゃいました。

2017032630
一ノ腰の稜線まで登り返しながらも、何度も振り返っちゃう。
上から下まで、シュプールを目でたどれるのがなんだか嬉しくて。

2017032643
やっぱり晴れてる森吉山は最高ですな。
今年もこの景色を見ることができて良かった(o^-^o)

2017032631
そして稜線に登り上げたら、一ノ腰目指して一登り。
昨年は左側の斜面を巻いたけど、まぁてっぺんまで行っても大差ないし、というわけで、山頂経由で戻ります。

で、山頂過ぎたところで男性陣はごにょごにょと悪だくみ、もとい、相談。
天気もいいし雪もいいし、まだもう一本滑っちゃう?というわけで。
一ノ腰の北東斜面へ、ドロップ!

2017032632
ここがまた、期せずして極上パウダー!
なんだこれは!!

2017032633
ちょっと斜度が急だし、どうしようかな~と思ってた私も、歓声上げて滑る男性陣につられてGo!
いや、あまりの良さにたまげました。

2017032634
これですもん。
ヤバいでしょ。

雪が安定してる時限定の斜面かと思いますが。
いやぁ、美味しゅうございました♪

そんな斜面を100m強滑って登り返せば、あとは旧ゲレンデをマッタリ下るのみ。
だいぶ気温上がってるから、ざくざくのストップスノーになってるかな、と思いきや。

2017032635
あら。
しっとりザラメ雪が、予想以上にいい感じ。

2017032636
さすがにゲレンデ下部はあまり板が滑らなかったけど、止まってひっくり返るほどでもなく。
意外と気持ちよく下ってくることができました。

2017032637
いや~、満足満足。
上から下までまんべんなく最高のコンディションで、大満喫!!
今シーズン最高、いや、今までの山スキーの中でもかなり上位に入るくらい楽しかった。
やっぱり森吉山は、この時期がよいですね♪

そんな最高の森吉山山スキーは、Hatさんの動画でどうぞ♪

下山後は、クウィンス森吉の温泉へ。
Hatさんとはここで解散して、我らは五城目の東京まんぷくラーメンで腹ごしらえ。

2017032638 2017032639
2017032640
醤油高菜ラーメンと醤油チャーシューメン。
適当に入った割には、なかなか美味!餃子も食べ応えありジューシーで美味しい♪
ここはまた来よう。

そして秋田道⇒東北道をひた走り、なんとか日付が変わる前には帰宅。
いやはや、遠征した甲斐ありまくりの森吉山2daysでありました(o^-^o)

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2017/3/25 阿仁スキー場からブナ林ツリーラン♪ | トップページ | 2017/4/8 ゲレンデスキー@奥只見丸山 »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

なんも言えねえ~
素晴らしい景色で何よりです♪

投稿: katsu | 2017年3月30日 (木) 22時47分

自分の経験でもトップクラス。
瞬間最大風速なら良かったのもありますが、最初から最後まで、上から下までずーっと全てが良いのはなかなか無い。
ザラメなら祓川とかであるけど、パウダーも織り交ぜてとなると初めてかな?
とにかく、無茶苦茶良かったです。
来シーズンも狙いたいですね。

投稿: Hat | 2017年3月30日 (木) 22時52分

katsuさん>
もうほんとに、なんも言えねぇ~~(≧∇≦)
何もかもが最高でした♪

投稿: まきchin | 2017年3月30日 (木) 23時20分

Hatさん>
いやぁ、とろけましたね♪
雪がまだまだたくさんある上に降雪直後、そして1日置いて雪も落ち着いて。天気も良くて、これはもう森吉山に行くしかない絶好の一日で最高でした!
確かに、最初から最後まで何もかもが良いのって、あまり記憶にないかも。。。
またこんなタイミングに出会えることを祈りましょう♪

投稿: まきchin | 2017年3月30日 (木) 23時25分

いやぁ、まさに絶景です。これだけの景色はめったにないのでは? 静岡はこの日、真冬のような寒さで終日小雨でしたよ。

ところで、登山ブログランキングで現在1位ですね!!

投稿: ねも | 2017年3月31日 (金) 13時46分

ねもさん>
冬で、しかも土日に好条件が重なることはあまりないですよね。。。
そんなグッドタイミングのときに行くことができてよかったです(^^

> ところで、登山ブログランキングで現在1位ですね!!
ひえ~~
この時期は山スキーブログになっちゃってるんで恐縮です(^^;

投稿: まきchin | 2017年3月31日 (金) 22時19分

堪能させていただきました(^-^)

またまた大当たり🎶
東斜面も大分先まで滑り込んだみたいッスね~~西斜面も思いのほか距離がありますよね🎵
一ノ腰斜面もいっちゃいましたか\(^o^)/

ヤッホー😃✋

投稿: Yamaya | 2017年4月 1日 (土) 09時36分

yamayaさん>
いやぁほんと、大当たり♪
森吉山、最高です!!ヤッホホ~(≧∇≦)

さすがyamayaさん、お見通しですね(^^
東斜面も、気持ちよいとこを行けるとこまで滑っちゃいました。一ノ腰斜面も、かなり気持ちよかったです♪

投稿: まきchin | 2017年4月 2日 (日) 10時27分

三ツ石山fuji、八甲田fuji、森吉山fuji、毎年行かれる度にお天気もsun展望もshine滑りもsnowboard良くなっているような気がしますnote

研究と経験のたまものですねscissors

私は今日ようやく上越国境を越えましたcoldsweats01

投稿: 青空 | 2017年4月 2日 (日) 22時11分

青空さん>
ありがとうございます!
青空さんにそう言っていただけると励みになります(o^-^o)

青空さんの上越国境越え!
またすごいルートで歩かれたんでしょうね・・(^^

投稿: まきchin | 2017年4月 3日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/65086784

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/3/26 森吉山BCへ、旧森吉スキー場から:

« 2017/3/25 阿仁スキー場からブナ林ツリーラン♪ | トップページ | 2017/4/8 ゲレンデスキー@奥只見丸山 »