« 2016/12/29 北八甲田・硫黄岳(仙人岱下)BC | トップページ | 2016/12/31 森吉山BC »

2017年1月10日 (火)

2016/12/30 北八甲田・雛岳BC その2

前夜にたっぷり降り積もった雪を狙って、再び雛岳へ。

201612300
今シーズン初の激ラッセル、激パウダー!

===雛岳BC===
2016/12/30(金):箒場(9:40)~北東尾根950m⇔770m(登り返し2回)(11:50-14:20)~箒場(15:05)
歩行・滑走距離:8.5km
累積登高:760m
======

2016/12/28:北八甲田・雛岳BC
2016/12/29:北八甲田・硫黄岳BC
2016/12/30:北八甲田・雛岳BC
2016/12/31:森吉山BC
2017/1/1:田沢湖スキー場
2017/1/2:夏油高原スキー場

前日通過した前線のおかげで、八甲田エリアの積雪量は30~40㎝ほど急上昇。
この日はまだ風も強そうだし樹林帯の中が吉でしょう、てことで、2日前に引き続き雛岳へ。

201612301
またまたやってきました、箒場の高原茶屋前。
時折薄日が射す中、準備して出発。

201612302
先行者はなし、したがって登山口からいきなりの膝丈ラッセル。
我々が出発するころに単独の方が来られたけど、どうやら別ルートで登られるようで、このままほぼず~っと2人でラッセル大会。

201612303
2日前と同じく、キャンプ施設の脇から尾根を回り込んで北東尾根へ。
雪、意外と重め。

201612304
斜度がだんだんときつくなるにつれて、ラッセルもきつくなってきて。
2人で先頭交代しながらジグきりつつ登ります。
でも、登ってる感は満点!
ラッセル、きつ楽しい!!o(*^▽^*)o

薄日さしたり雪降ってきたりところころ変わる天気の中、前回の到達点目指して黙々と。
900m付近で、別ルートから登ってこられた単独のお兄さんのトレースと合流してようやく楽に。
てかこの方、この雪で一人でラッセルしてきて先に行っちゃってるって、すごすぎる。。。

そして950m地点、ブナ林が疎林になるところで、この日も登行終了。
ちょうど滑走準備されてた単独のお兄さんとしばしおしゃべりして、先に滑っていかれるのを見送って。

201612305
我らも斜面へ、Go!
ちょっと重めながらもタップリ積もった雪が舞い上がって、雪風呂状態(≧∇≦)

201612306
雪積もりすぎて、まっすぐ滑り降りるしかない感じ(笑)
なめらかクリーミィなパウダーであります。

いやはや、こりゃ楽しい♪

201612307
というわけで、これはもちろんオカワリでしょう。
登りのトレース使って200m登り返して。

201612308
この日、山に入ったのは我らと単独の方の3人のみ。
滑走ラインは選び放題、パウダーもいただき放題!

201612309
贅沢なブナ林のパウダーツリーランであります(o^-^o)

そして懲りずに再び登り返し。

結局この日も、2回登り返してタップリ遊んじゃいました。

2016123010
大満足!
少雪の年末にして、さすがの北八甲田でありました。

下山後は、前日と同じく弘前の境関温泉・きずなの湯へ。
そしてアンジェリックのカフェでピッツァに舌鼓♪(詳細は速報へ)
翌日に備えて秋田へ移動して、道の駅たかのすで車中泊、であります。

> 12/31 森吉山BC

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2016/12/29 北八甲田・硫黄岳(仙人岱下)BC | トップページ | 2016/12/31 森吉山BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/64747787

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/30 北八甲田・雛岳BC その2:

« 2016/12/29 北八甲田・硫黄岳(仙人岱下)BC | トップページ | 2016/12/31 森吉山BC »