« 【速報】2017/1/7-9 鍋倉山BC&ゲレンデスキーに行ってきました~ | トップページ | 2016/12/30 北八甲田・雛岳BC その2 »

2017年1月10日 (火)

2016/12/29 北八甲田・硫黄岳(仙人岱下)BC

2日目は、仙人岱ヒュッテ目指して酸ヶ湯から。

201612290
強い風と雪の中、ヒュッテ下までのプチハイクと相成りました。

===硫黄岳BC===
2016/12/29(木):酸ヶ湯(9:30)~仙人岱下1,280m(11:05-11:15)~酸ヶ湯(12:15)
歩行・滑走距離:5.6km
累積登高:380m
======

2016/12/28:北八甲田・雛岳BC
2016/12/29:北八甲田・硫黄岳BC
2016/12/30:北八甲田・雛岳BC
2016/12/31:森吉山BC
2017/1/1:田沢湖スキー場
2017/1/2:夏油高原スキー場

この日は、前線通過で大荒れ予報。
歩こうかどうしようか悩みながら、酸ヶ湯上の駐車場へ。

201612291
お~、自衛隊の車がたくさん。
皆さん、白い板と白いストック、迷彩服と革靴で、冬季閉鎖中の道のほうへと歩いていかれました。

そんな自衛隊の皆さまを見送りつつ、酸ヶ湯温泉のトイレを借りつつ、行こうかどうしようかしばらく悩んでたけど、まぁ樹林帯の中を行けるとこまで行きますか、ということで。

201612292
鳥居の立つ夏道登山口から出発。
道路からの壁の高さは膝ほどもないし、鳥居もまだ全然埋まってない。
今年はまだまだ少雪ですな。。。

201612293
先行の方のトレースを辿らせていただいて歩きます。
トレース沿いには、大岳環状ルートの標識が。

201612294
歩いているだけなのに雪まみれ。
雪、がんがん降ってます。

201612295
標識に沿って斜面をトラバース気味に歩いて、1,080m付近で地獄湯ノ沢を横切ります。
ここが、冬道でピンポイントで地獄湯ノ沢を渡るとこらしく、旗がしっかりとつけられてました。

201612296
地獄湯ノ沢から左岸に上がって、硫黄岳ルートを辿ります。
これまでは樹林帯の中だったけど、ここから先は木立がまばらな斜面。
・・・風と雪が吹き付けて、寒い!!

201612297
先行のトレースは地獄湯ノ沢沿いに伸びていたので、硫黄岳ルートには踏み跡なし。
膝下くらいのラッセルでぐい~っと登ります。
ごろ太君、久しぶりのラッセルでちょっと嬉しそうですが。

風はますます強くなり、ちょっとこれは危ないんじゃないか?ということで。
仙人岱ヒュッテ下の1,280m地点で登行終了。

201612298
そそくさとシールをはがして、登りのトレースを外さないようにして下ります。
・・・が、風でほとんどトレース消えちゃってましたが。

201612299
降りたての雪は若干重め。
うーーー、滑れん。

2016122910
ごろ太君は、吹き溜まりに飛び込んでパウダー巻き上げてご機嫌。
ちょこっとハイクだったけど、歩けたしラッセルできたし、パウダーも滑れたからいいか!

というわけで、地獄湯ノ沢を渡って大岳環状ルートに入ってからは、登りのトレースを使ってボブスレー状態で滑って登山口へ。

2016122911
3時間足らずの雪まみれプチハイク、終了~

下山後のお風呂は、弘前の境関温泉・きずなの湯へ。
たかはし中華そば店で腹ごしらえした後は、洋菓子&カフェのアンジェリックでデザート♪(詳細は速報へ)
そしてこの日も、道の駅なみおかで車中泊、であります。

> 12/30 北八甲田・雛岳BCその2

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 【速報】2017/1/7-9 鍋倉山BC&ゲレンデスキーに行ってきました~ | トップページ | 2016/12/30 北八甲田・雛岳BC その2 »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/64747194

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/29 北八甲田・硫黄岳(仙人岱下)BC:

« 【速報】2017/1/7-9 鍋倉山BC&ゲレンデスキーに行ってきました~ | トップページ | 2016/12/30 北八甲田・雛岳BC その2 »