« 2016/7/23-24 足の松尾根から飯豊連峰へ(1日目) | トップページ | 【速報】2016/7/30 立山に行ってきました~ »

2016年7月28日 (木)

2016/7/23-24 足の松尾根から飯豊連峰へ(2日目)

2日目は、えぶり差岳に寄り道してから下山。

201607240
スッキリ晴れた飯豊連峰を一望♪
やっぱりえぶり差からの眺めはいいですねぇ~(^^

===飯豊・えぶり差===
2016/7/24(日):頼母木小屋(5:20)~▲大石山(5:55-6:05)~▲えぶり差岳(7:20-7:50)~▲大石山(9:00-9:10)~水場分岐(9:55)~足の松登山口(11:35)~奥胎内ヒュッテ(12:15)
歩行距離:13.7km
累積登高:700m
======

201607241
※頼母木小屋からの歩き初めのトレースが切れてます。

> 1日目へ

さて、2日目の朝。
予報ではスッキリ晴れていてくれるはず、と期待しながら起き出してみると

201607242
おっ、晴れてる!
茜色に染まる空に朝日連峰のシルエットが浮かんでます。

201607243
こちらは蔵王。
手前に見えてる街の明かりは、高畠かな?米沢かな?

201607244
えぶり差の背後の雲が、なんだか後光さしてるみたいでおもしろい。
青とピンクのコントラストもなんともステキだし。

201607245
朝ごはん食べながら空を眺めていたら、蔵王の左側が黄金色に輝き始めて。
あのあたりから太陽出そうだね、なんて言っていると

201607246
おおーう、出ました、朝日!
空も雲海も真っ赤に輝いて、キレイな日の出であります。

やっぱり、山の朝は日の出を拝まないとね!というわけで。
大満足な朝でありました。o(*^▽^*)o

さてさて、日の出を拝んでのんびり撤収したら、下山開始。
とは言いつつも、そのまま下山しちゃったらつまらないので、まずはえぶり差岳に寄り道。

201607247
目の前には、大石山から鉾立峰、えぶり差岳と連なる稜線が。
何気にアップダウンあるけど。。。気にしない。。。

201607248
前日にはガスが湧いてきていた稜線だけど、視界がスッキリしてるとこんなに気持ちいい道なんですねぇ。
しかも道の両脇は花畑だし。

201607249
背後には、前日歩いた頼母木山~地神山の稜線。
なんとも穏やかでいい眺め♪

・・・が、スッキリ晴れるかと思っていた空には、なんだかもやっと雲が広がってはっきりしない感じ。
このまま晴れないようだったら、えぶり差寄らずに下山しちゃうか?!なんて思ってみたり。

2016072410
さぁてどうするかなぁ、と大石山に着くまでは悩みながら歩いてましたが。

大石山に到着すると、雲が取れて青空広がってきて。
ならば行きますか!と、ザックをデポして、えぶり差岳目指して出発!

2016072411
そして、歩きだしてみればなんてことはなく。
朝日に照らされた明るい稜線を、そよそよと風に吹かれつつ歩くのはいい気持ち♪
現金なもので、やっぱり来てよかったねぇ、なんて言いつつ歩きます。

そして相変わらずお花畑もあちこちに。

2016072412
ヨツバシオガマはそろそろ終わりかな?
それでもあちこちに群落が。

2016072413
壮観だったのはマツムシソウ。
たっぷりと大きくて鮮やかな紫色の花を、あちこちに咲かせていました。
この花も好きな花ですわぁ~

2016072414 2016072415
2016072416 2016072417
オオバギボウシ、ミヤマトウキ、ミヤマシャジン、ツルリンドウ

こんな花々を眺めながら130mほどゆる~り下っていくと、そこからは鉾立峰まで150mほどの登り返し。

2016072418
痺れますなぁ。。。
見上げんばかりにそびえる鉾立峰を仰ぎ見ていると、なんだか心折れそうになるけど。

2016072419 2016072420
2016072421 2016072422
クルマユリ、スカシユリ、マルバダケブキ、タカネナデシコ

2016072423 2016072424
2016072425 2016072426
ミヤマクルマバナ、タテヤマウツボグサ、センジュガンピ、ヤマハハコ

道沿いにはたくさん花が咲いてるし。

2016072427
いざ取り付いてみれば、急坂の九十九折りだけどそんなに登るの苦じゃない道でありまして。

意外とすい~っと登れちゃった鉾立峰でありました。

2016072428
鉾立峰の上には標識あり。
一休みも十分にできそうな広さだけど、ここは先へと進みます。

えぶり差岳へは、ここから70mほど下って130m登り返し。

2016072429
あともうちょいだね、とウキウキ下ります。
鉾立峰からの下りもちょいと急坂、一気に下っていくと、今年(2016/5/28-29)えぶり差岳に行ったときに小屋でご一緒したTさんとバッタリ!
またお会いできましたね!!とおしゃべり盛り上がっちゃいました♪

またえぶりでお会いしましょうね、とお別れして、我らは先へと進みます。

2016072430
イブキトラノオがわしわし咲いてる草原の中の道。
大石山~えぶり差の間の道のコル部は、どこもこんな感じ。

2016072431
イブキトラノオの向こうは新発田の町並みですかね。

ゆる~りと登り上げて、ふと振り向くと

2016072432
おおっ、飯豊の主稜線が見えてきた!(o^-^o)
ここまで来ると、飯豊本山もようやく顔を出してくれて。

そんな景色に癒されつつ登っていくと

2016072433
えぶり差小屋の前に出てきました。
一面のハクサンイチゲだった小屋前の斜面は、今はイブキトラノオだらけ(o^-^o)

2016072434
イブキトラノオ越しには二王子岳。
ちょっと地味な花だけど、こうして集まるとほんのりピンク色でかわいらしいし、壮観だし。
なかなかいいもんですな(o^-^o)

で、ここまで来れば山頂までは一歩きで

2016072435
えぶり差岳、到着~
1年に2回もここに来るとは思わなかったなぁ。

そしてここまで来たご褒美は、もちろんコレ。

2016072436
飯豊の主稜線の眺め。素晴らしい。
左側には本山もお目見え。
門内や北股岳、大日岳もちょこっと見えてるのかな。

2016072437
眼福ですなぁ~o(*^▽^*)o
この景色を眺めて、いつまででもいられちゃいそう。
風も穏やかで気持ちいいし、人もまだ少ないし。

静かな山頂で、景色眺めてのんびりマッタリ、であります。

・・・で、30分ほどのんびりしたところで、さて戻りますかね。

2016072438
帰りながらもあちこちで写真撮ってて、なかなか進みませんが。

2016072439
稜線を目の前に眺めながら下ります。
なんて贅沢!!

やっぱり穏やかな稜線歩きはいいな♪

このころになると、日帰りで足の松尾根登ってきた人や、頼母木小屋泊りでゆっくり出発してこられた方とぼつぼつすれ違いつつ。

2016072440
鈴なりのハクサンシャジンに癒されつつ。

来た道を辿って大石山に戻ってきました。

2016072441
あ~、楽しかった。
ありがとう、えぶり差岳。また来るね!

大石山でデポしてたザックを回収したら、ここからは一気に足の松尾根を下ります。

2016072442
下りながら稜線を見上げると、朝のうちは晴れてた稜線に雲がどんどん湧いてきて。
ん~、夏ですな。

2016072443
続々と登ってくる方たちとすれ違いつつ、ぐいぐい下ります。
前日よりも空気がこもって暑く、汗だくだくになりつつ。

2016072444
樹林帯の中に入れば多少は涼しいけど。
どこまでも続く急坂。。。

いつものことながら、こんな急坂よく登ったよね!なんて言いつつ。
下るにつれて沢音が近くなってくるのに励まされつつ、一気に下って

2016072445
足の松登山口に到着~
ちょうど、えぶり差行く途中に会ったTさんがおられて、ここでまた少しおしゃべり。
デポしてた自転車で奥胎内ヒュッテへ下るTさんをお見送りしたら、我らは林道をてくてく歩いて奥胎内ヒュッテへ向かいます。
#帰りのバスは13時が始発。

2016072446
この林道、半分弱は砂利道であとは広い舗装路で、3kmほどの道のり。
かなり暑かったけど、これを下ればお風呂とラーメンが待ってる、と思うと足もさくさくと進んで

2016072447
無事、奥胎内ヒュッテそばの駐車スペースに戻ってきました。
お疲れさまでした!

お目当てのイイデリンドウも見れたし、2日目はスッキリ晴れた稜線も歩けたし、えぶりから飯豊主稜線を眺めることもできたし。
大満足の飯豊山行でありました。
飯豊、間違いないね!!また来よう。

下山後のお風呂は奥胎内ヒュッテの立ち寄り湯へ(600円)、そして腹ごしらえは、新潟市内まで出て滋魂でラーメン。
(詳細は速報へ)

〆も大満足♪

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2016/7/23-24 足の松尾根から飯豊連峰へ(1日目) | トップページ | 【速報】2016/7/30 立山に行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

こんちは。
ご来光にお花畑に気持ちいい稜線…
うらやましい限りです。
僕も山に泊まるの大好きです♪
みんな日帰りなのに無理やり避難小屋泊まりにしたりして…
よく1人だけデカいザックに銀マットで浮いてます(^_^;)

投稿: katsu | 2016年7月29日 (金) 12時20分

katsuさん>
2日目は、山に泊まってよかったなぁ。。。な稜線でした。
この景色、山の朝じゃないとみられないですもんね(^^

投稿: まきchin | 2016年7月29日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016/7/23-24 足の松尾根から飯豊連峰へ(2日目):

« 2016/7/23-24 足の松尾根から飯豊連峰へ(1日目) | トップページ | 【速報】2016/7/30 立山に行ってきました~ »