« 2016/5/1 平家平~笹ヶ峰~寒風山縦走(GW3日目) | トップページ | 2016/5/3 讃岐うどん巡りPart1(GW5日目) »

2016年5月13日 (金)

2016/5/2 三嶺(GW4日目)

GW4日目は、剣山系の三嶺へ。

201605020
ここもまた、のびやかで気持ちの良い稜線!

===三嶺===
2016/5/2(火):名頃(7:10)~ダケモミの丘(8:40-8:55)~▲三嶺(10:05-10:30)~旧造林小屋(11:50)~いやしの温泉郷(12:55)
歩行距離:11.2km
累積登高:1,000m
======

1日目(4/29):大峠~古光山~倶留尊山~曽爾高原
2日目(4/30):護摩壇山・大股~伯母子岳~口千丈岳&和歌山ラーメン
3日目(5/1):高薮~平家平~笹ヶ峰~寒風山トンネル
4日目(5/2):名頃~三嶺~菅生&高知ひろめ市場
5日目(5/3):讃岐うどん巡りPart1
6日目(5/4):善通寺~善通寺五岳~鳥坂&讃岐うどん巡りPart2
7日目(5/5):筏津~東赤石山~西赤石山~東平
8日目(5/6):讃岐うどん巡りPart3
9日目(5/7):尾道・勝山町並み観光&蒜山焼きそば
10日目(5/8):犬挟峠~蒜山~上蒜山登山口&蒜山焼きそば

201605021

この日の翌日はお天気悪くなるとの予報につき、夜は高知のひろめ市場で宴会、で決定。
で、高知までの移動とか山行時間を考えて、この日の山は三嶺へ!
・・・なんだか行先決める順番が逆みたいだけど、気にしない気にしない。

この日もたっちゃん隊とまきchin隊、車2台フル活用の通り抜けルート。
三嶺への登山口としてはメジャーな名頃から登り、菅生のいやしの温泉郷へと下る道を辿ります。

というわけで菅生のいやしの温泉郷駐車場に車をデポしたら、名頃の三嶺登山口駐車場へ。
さすが徳島の秘境、祖谷だけのことはあり、道はかなり狭くてすれ違い困難、朝はいいけど昼は?!みたいな感じでしたが。
菅生も名頃も駐車場は割と広いし、夜間使用可能なトイレもあるし。
道の駅大歩危よりも、こっちのほうがよかったんじゃないか?!なんて思っちゃいました。

201605022
そんな名頃の駐車場で準備して、出発。

201605023
登山道の標識に従って歩いていくと、木立から出たところに謎のケーブル。
木材伐採用?なんだろう?

201605024
そして再び林の中へ。
新緑の中のキレイな尾根道ではありますが、結構斜度はあり。

以前は、平尾谷川沿いに登り、尾根上ではなく谷を登っていたようですが。
災害で道が崩れ、今は尾根上に登山道がつけられているみたい。
・・・それで結構な急坂なんですな。昔から踏まれてる道、という感じでもないし。

そんなことを思いながら登っていくと、砂利道の三嶺林道へ。

201605025
林道を横切って、すぐまた登山道へと入ります。

201605026
ここからダケモミの丘までは、割と緩やかな尾根上の道。
芽吹きはじめの木々の梢を通して射してくるお日様の光も、柔らかくていい感じ。でも暑い。

201605027
何気に、巨木も多い。
どこにでもありそうでなさそうな景色の道が、なんだか新鮮。

三嶺小屋泊の人がちらほら下ってくるのとすれ違いつつ登っていくと、鹿避けネットが両側に張られた道へ。
ネットの間をしばらく進んでいくと、ダケモミの丘に到着。

201605028
以前のコースがここで合流するようで、標識が立ってました(以前の登山道には行けないようになってたけど)。

ここまでで、登山口から600m、山頂まで400m。
一休みしたら、あとは一気に山頂へ!

201605029
ダケモミの丘から三嶺東側の尾根上の登山道までは、九十九折りで100mほど登り上げます。
えいやぁ、と木立の中を登っていくと、尾根上に登り上げて、三嶺から剣山への縦走路が一部お目見え(^^

2016050210
右側の、山頂部分がはげちょろけになってるのがカヤハゲ、真ん中の奥の山が白髪山、ですかね。
稜線を歩いたことのあるたっちゃん&T世さんは、そんな稜線眺めながらとっても楽しそう♪
うちらもいつかは歩かねば!!

2016050211
剣山から三嶺越えて、天狗塚まで歩いたらどのくらいかかるかな。
晩秋や初冬なんていいかな。

そんなことを話しながら尾根上を歩いていくと、ほどなく笹原の急斜面のトラバース道へ。
山頂直下の三嶺小屋まで、折り返しながらぐい~っと200mほど登り上げます。

2016050212
道幅もきちんと整備された道ではありますが。
結構急なのであります。

2016050213
その笹の急斜面には、こんな巨岩がにょきにょきと。
こんな景色は見たことない!

2016050214
登り上げて振り返ると、何気におっかなかったりするわけですが。
景色が面白くて、なんだかあっという間に登り上げてしまったような。
さすが人気ルートだけあって、トラバース道の所々で休憩してる人も多く、挨拶しながら登れたのも大きかったかも?
(そういえば途中に水場への分岐あり)

2016050215
小屋のある稜線へと登り上げる直前は、ややガレ気味な道ではありましたが。
ぐい~っと登り上げれば、そこには空を映して青く光る池に、赤い屋根の三嶺小屋♪
なんだかとってもいい雰囲気、こりゃここに一泊して、ってのもうなずけます。

小屋には帰りに寄れるので、まずは山頂目指してGo!

2016050216
ここから山頂へは、10分ほどの道のり。
山頂見上げながら歩くこの道が、結構楽しい。

2016050217
だって、振り返ればこの景色だし。
小屋の向こうには剣山が♪

そんな山並みを振り返って眺めつつ、左手の縦走路を眺めつつ。
所々急坂・岩がちな道を登って

2016050218
三嶺山頂、到着!
ここまで登り上げて初めて見える、天狗塚への稜線がなんともいい感じ。
なんだかとっても楽しそうな稜線ではないですか!o(*^▽^*)o

2016050219
こちらは剣山。
見れば見るほど、歩いてみたくなる稜線でありますねぇ~(o^-^o)

いやはや、思ってたよりもず~っとステキな展望に大感激。
ワクワクしながら景色眺めつつ、山頂の一角でノンビリ一休みしちゃいました。

山頂は、天狗塚方面から歩いてくる人、名頃から登ってくる人で、そこそこの賑わい。
次から次へと人がやってくるってこともあるし、今日はまだこれからお楽しみが待ってるし。
名残惜しいけど下山開始。

2016050220
下山しながらも、目の前にはこの景色。
ほんといいトコだなぁ。。。泊りでノンビリ歩きたくなりますね。

小屋まで下って中を覗いてみれば、これがまたなかなか広くていい感じで。

2016050221
1階も2階もタップリの広さ。
なかなかよさげ。

2016050222
小屋から出て、菅生へと下る道から振り返るとこんな感じ。
とんがった三嶺の山頂に、なんだかかわいらしい顔した三嶺小屋。
なかなか楽しい♪

そんな景色を眺めつつ、我らは菅生へと下る道を辿ります。
こっちの道へと来る人はほとんどいないようで、ここから先はとっても静かな道。

2016050223
鹿避けの柵に沿って、ひざ丈の笹をかき分けてわしわしと下ります。
前日の笹ヶ峰もそうだったけど、四国の山の稜線部は笹原が多いのね。

途中、鹿避け柵の扉をくぐって100mほど下り、50m登り返せばあとはひたすら下るのみ。

2016050224
なかなかいい感じに開けて穏やかな笹原あり。

2016050225
かと思ったら、ちょいとザレ気味の急坂下りあり、急斜面のトラバースあり。
登るには、なかなか厳しそうな道。
変化があって面白い、とも言うか。

明るい雑木林の中の道は、下っていくうちに植樹林の中へ。

2016050226
ゆる~りと下っていくと、すっかり廃墟になった造林小屋跡に到着。

ここで一息つくのもなんだか不気味な感じだったので、小屋のちょっと先で小休止。
あとはひたすら、菅生目指してゆる~り下ります。

2016050227
途中、観光周遊モノレールのこんなレールを何度もくぐったり。
GWだからか、結構乗ってる人がいたのにはビックリ!
でもきっと、モノレールに乗ってる人も、歩いてる人がいてビックリしただろうなぁ。。。

杉林の中には、お花もちらほらと。

2016050228 2016050229
2016050230 2016050231
カタバミ、フデリンドウ、ヤマシャクヤク、ユキモチソウ。

特にヤマシャクヤクは所々に密集して咲いてて、なかなか見事でした♪

造林小屋から先の道がなかなか下らずに長かったけど、下っていくうちに林を出て菅生の集落に出て。
ピンクテープに従って下っていくと、いやしの温泉郷の駐車場に到着、であります。
いやぁ、この日も満足!

そしてそのまま、いやしの温泉郷に立ち寄り湯(500円)。
ここ、空いてるし、広いし、浴槽も木造でなかなか立派だし。
ゆったりのんびり浸かりたい!!と思うも、この日の次の目的地、高知へ向かうためにさっくり上がって移動開始。

で、はるばる高知まで移動して向かったのは

2016050232
ひろめ市場!
この日はここで、高知グルメを堪能しちゃおう計画。
今回の四国旅は、まずこのひろめ市場に行きたい、ってのがキッカケだったりもするのであります。

2016050233
いろんなお店があって、そこで注文した料理を広場の席で食べるというスタイル。
席を確保できるかどうかがポイント、ってことだったので、17時よりも前に行ったのだけど、既に空いてる席はなし。。。

うろちょろしてたら、インド料理やさんが声をかけてくれまして。
飲み物注文すれば料理はどこのお店のを持ってきてもいいよ、ってことだったので、無事席確保♪

席を確保したら、それぞれが市場内のお店で料理を調達。

2016050238
お目当ては、これ!カツオの藁焼き!!
火事か?!てなくらいの勢いで、カツオ焙ってます。

2016050234 2016050235
2016050236 2016050237
そのカツオの藁焼きに、餃子に、コロッケやらお惣菜に、インドカレー。
外にもアオサの天ぷらとか鯛めしとか。
カツオは、醤油だれもおいしかったけど、塩で食べるのが美味しかったなぁ~(^^

それにしても、何食べても美味しすぎて。食べすぎました!!

いやはや、満足。
山もグルメも堪能しまくりの一日でした~♪
(この日は、ひろめ市場のP泊)

> 5日目:讃岐うどん巡りPart1へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2016/5/1 平家平~笹ヶ峰~寒風山縦走(GW3日目) | トップページ | 2016/5/3 讃岐うどん巡りPart1(GW5日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

おっ、出撃の金曜にもupしましたね~
大昔、剣山からみた次郎笈~三嶺の稜線
気持ち良さそうだなぁと思ったの
思い出しましたよ

投稿: fwix | 2016年5月14日 (土) 00時54分

連日の気持ち良さそうな稜線歩き、初夏の花々も咲き始めて最高ですね。
車2台での通り抜けがまた素晴らしい。地元の山好きでもここまでする方は少数派ではないでしょうか? 私の唯一の四国山歩きは4年前の夏、石鎚山から瓶ヶ森ですが、週末なのに途中の縦走路は閑散としていました(山頂付近は賑わい)

夜の部もとっても美味しそうで羨ましいです。

投稿: ねも | 2016年5月14日 (土) 10時10分

fwixさん>
下書きしてたやつをupしてから出撃!・・・したつもりが、そのまま舞い戻り(^^;

剣山~三嶺~天狗岩の稜線、ほんと気持ちよさそうでした。
こんな稜線、他にはあまり見ないですよね。。。

投稿: まきchin | 2016年5月15日 (日) 00時02分

ねもさん>
天気にも恵まれて、ほんと気持ちよい稜線歩きでした♪
花々もちらほらと、かわいらしく咲いてましたよ(^^
石鎚山から瓶ヶ森の縦走路もいつか歩きたいです。

高知ナイトも、とっても美味しくて楽しかったです。
ひろめ市場、ぜひ!!

投稿: まきchin | 2016年5月15日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/63623416

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/5/2 三嶺(GW4日目):

« 2016/5/1 平家平~笹ヶ峰~寒風山縦走(GW3日目) | トップページ | 2016/5/3 讃岐うどん巡りPart1(GW5日目) »