« 2016/5/21-22 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2016/5/28-29 飯豊連峰・えぶり差岳に行ってきました~ »

2016年5月25日 (水)

2016/5/21-22 朝日連峰・寒江山(2日目)

朝から晴天のこの日は、稜線歩きと展望を満喫。

201605220
残雪の山並みには、青空がよく似合います♪

===朝日連峰・寒江山===
2016/5/22(日):狐穴小屋(6:00)~三方境(6:20-6:25)~▲寒江山(7:10-7:15)~竜門小屋(8:25-8:45)~▲ユーフン山(9:35-9:45)~▲清太岩山(10:15-10:20)~日暮沢小屋(12:15)~クマスベリ沢(12:35)
歩行距離:12.6km
累積登高:600m
======

> 1日目へ

快適な小屋でぐっすり眠って、この日は4時頃起床。
すでに外は薄明るく、ほどなくして日の出であります。

201605221
東の空から登る太陽。
村山葉山と月山も♪

201605222
以東岳も朝日にほんのり染まってますね~(o^-^o)

そんな日の出をノンビリ眺めて、昨日の鍋の残りにおうどん入れて朝食済ませて。
同宿のお兄さんが、西朝日岳の三角点に寄り道してから下山する、と早めに出発したのを見送って、我らはノンビリと出発準備。
小屋を掃除して、宿泊協力金(一人1,500円)をポストに入れたら、出発!

201605223
小屋の前の残雪は、朝イチなのでちょいと硬めでしたが。
蹴り込んでクリア。

さて、帰りは、前日と同じ道を通って三方境へ戻ってもいいのだけど、せっかくなのでほんのちょこっと寄り道。
天狗へと続く道の途中から、狐穴小屋へと下る道が付いているので、そちらを辿って三方境へ。

201605224
天狗方面の道に合流するまでは、笹原の中の木道を登ります。

201605225
何度も振り返りつつ眺めるのは、朝日に照らされる以東岳。
カッコいいねぇ~、以東岳へと連なる稜線は、いつかきっと歩きたい!

201605226
ゆる~りと歩いて天狗方面の道に合流すると、高松峰、天狗角力取山、障子ヶ岳と連なる稜線が一望。
その先にはモヤっと月山。

いやはや、こりゃたまらん展望ですな。

201605227
ここから先の稜線では何度も足が止まっちゃいそうだねぇ~、なんて言いながら歩いていくと、ほどなく三方境に到着です。

さてここでもう一度、小屋を振り返って眺めます。

201605228
このロケーション!なんて素晴らしい!!
昨日、この景色が目の前に広がった時には大感激だったけど、改めてこうして眺めても感動モノ。
いやほんと、素晴らしい。
ここはまたぜひ来なくては。

三方境を後にして寒江山へと歩きだすと、小屋のある景色とはおさらば。
あとは連なる山並みを眺めつつ、の道であります。

201605229
三方境からハイマツの中の道をちょいと一登りで、北寒江山に到着。
ここで以東岳の全容とはお別れ。
(ここから先の稜線から見ると、寒江山が以東岳にかぶっちゃうので。。)

2016052210
前方にはどか~んと大きな寒江山。そしてその先の稜線へ向けて歩を進めます。
昨日は雲がどんどん低くなってくる中を歩いたのだけど、やっぱり青空広がってると格別の気持ちよさですな。

そんなわけで、50m下って100m登り返す道もなんのその。
足取り軽く歩いて、寒江山到着。

2016052211
目の前には、大朝日へと連なる朝日の主稜線。
いいねぇ~、稜線も、残雪の山肌もなんともカッコいい。(o^-^o)

2016052212
振り返れば、以東岳へと連なる、これまた朝日の主稜線。
寒江山ってば、このど真ん中っぷりがタマリマセン!
なんていいとこなんだ!!(≧∇≦)

2016052213
南西側を見やれば、飯豊連峰に二王子岳。
こちらもまた、残雪模様がなんとも素敵。
手前の小国町にかかる雲海も、これまたいい感じ♪

あまりにも眺めがステキ過ぎて、いつまででもいられちゃいそうですが。
これじゃあ帰れないってんで、ゆるゆると先へ進みます。

2016052214
これぞ、稜線散歩。
激しいアップダウンもなく、展望もよく、吹く風も心地よく。
すれ違う人も全くなし!

2016052215
ゆる~りアップダウンで南寒江山を過ぎれば、西朝日岳へと連なる稜線が目の前に。
その向こうには、大朝日岳もちょこんと顔を出してたりして。

2016052216
竜門山や、日暮沢へと下る尾根もだいぶ近くなってきた!

そして南寒江山を過ぎれば、残雪と花の道♪

2016052217
残雪に彩りを添えるミヤマキンバイ。
黄色が鮮やか!

2016052218
こちらは咲きはじめのハクサンイチゲ。
焼石岳のハクサンイチゲとは違って、なんだか重厚な趣。

2016052219
地面に這うように枝を伸ばし、花を咲かせるミネザクラ。

春まっ盛りであります!
これから咲きそうな花芽もたくさんありました。

2016052220
こんな崩れた雪庇歩きも、春らしいっちゃらしいですな。

そんな稜線をゆる~り歩いていくと、竜門小屋に到着。
小屋の中で大休止したら、いよいよ下山開始。
残雪つないで竜門山を巻いて、日暮沢へと下る尾根を目指します。

2016052221
どうやら竜門小屋の水はこのあたりから引いてるらしく、かすかな踏み跡もあり。
それをつないで残雪の斜面をトラバース。
(残雪ないときは植生痛めるので×)

で、無事に日暮沢へと下る尾根に乗ってやれやれ、です。
さてさて、それでは景色眺めながら下山開始!

2016052222
大きく聳える月山を眺めながら、昨日登ってきた道を辿って下ります(正確には、清太岩山過ぎるまでは上り下りが結構あるけど。。)。

2016052223
尾根の左手に、歩いてきた寒江山三兄弟と以東岳を眺めつつ。
歩いた山並みを眺めながら歩くってもう、最高♪

2016052224
尾根の右手には、西朝日から大朝日岳へと連なる稜線♪

いやはや、素敵過ぎます。
なんて幸せなんでしょ。

2016052225
残雪の山並みも、花も新緑も。
やっぱり青空の下だと映えますねぇ~。(o^-^o)

2016052226
そんな大展望の尾根道を、夢見心地でぐい~っと下ります。
ユーフン山を過ぎれば、だんだんと新緑も濃くなって。

2016052227
清太岩山から先は、しばらく残雪歩き。
・・・とは言っても、所々に夏道出てるけど。

2016052228
標高1,350mより下の残雪急斜面は、思ったよりも緩んでてざっくざく。
ごろ太君は靴スキーで滑ろうとするも、ザクザク雪にひっかかって思うように滑れず。。

2016052229
ま、私は滑らないくらいでちょうどいいですけど(^^;

そんな感じで残雪の斜面を下れば、あとは尾根上の急坂を下るのみ。

2016052230
緑滴る新緑の尾根筋をぐい~っと下って

2016052231
無事、日暮沢小屋に下山であります。
いやはや、ガッツリ歩いて展望も楽しめて、大満足であります。

で、行きにはちょいと迂回した日暮沢の渡渉も、この日は水量減っててじゃぶじゃぶ渡渉可能。
無事に渡渉したら林道を1km歩いて、クマスベリ沢に停めた車まで戻ってこの日は終了、であります。

残雪の稜線歩き、しかもこの時期は人も少なく(大朝日は多いと思うけど)、稜線上で出会ったのは2組のみ。
景色も思う存分堪能して、大満喫でありました。
竜門~狐穴の稜線、ほんといいですね。また来よう!!

下山後は、大井沢温泉(300円)でノンビリ汗を流して体をほぐしたら、寒河江で腹ごしらえ。
寒河江と言えば肉そばだけど、今回は趣向を変えて。

2016052232 2016052233
ラーメン、麺場くうが?にて。
えそにぼし醤油ラーメンと、えそにぼし味噌ラーメン!
ふわぁ~っと香る上品な魚介の香りがいい感じ、それにスープの味も濃すぎず薄からず、魚介の味にも太麺にも全く負けてない、というかめっちゃ合ってる!!
この魚介の味はいいですねぇ、ほんと美味しい。
脂っこさもないし、それでいてコクもあるし。

2016052234
地元の人もひっきりなしに訪れてました。
これは肉そばをさしおいて食べにいく価値はアリアリです。また来よう。

というわけで、山も温泉も味も大満足な週末でありました。
久しぶりの朝日連峰、やっぱりこの時期は間違いないですね!
来てよかったo(*^▽^*)o

← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

| |

« 2016/5/21-22 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2016/5/28-29 飯豊連峰・えぶり差岳に行ってきました~ »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
以東岳から大朝日の稜線は晴れたら本当に素晴らしいですもんね♪
うらやましいとしか(^O^)
残雪の以東岳もなかなか決まってますね。
ちなみに僕のFBのプロフィール写真は狐穴小屋で以東岳をバックにとった写真です(^O^)

投稿: katsu | 2016年5月26日 (木) 00時06分

katsuさん>
ほんと素晴らしかったです。
このまま以東岳へと歩いていってしまいたかったくらい!
私がもっと健脚だったら、以東岳往復できたのに・・・と何度も振り返りながら歩いてました。(^^;

残雪の以東岳の眺め、ほんとかっこいいですよね!
FBのカバー写真を、残雪の以東岳に変更しようともくろんでます(^^

投稿: まきchin | 2016年5月26日 (木) 00時56分

この時期の山は本当に一週間で全く違いますね~
紅葉もそうですが・・・

私が見た稜線での花は唯一カタクリでしたから
ミネザクラやその他大勢のみずみずしい花々、いつものようにジャストミートですね

投稿: 青空 | 2016年5月26日 (木) 23時12分

青空さん>
ほんとうに、山の景色は日々変わっていきますよね。
この1週間前はミネザクラもまだつぼみだったとは、ビックリです!

今回、正直言ってこんなに花が咲いているとは思っていなくて。
これからどんどん雪も融けて、春から夏の装いになっていくんでしょうね~(^^

投稿: まきchin | 2016年5月26日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016/5/21-22 朝日連峰・寒江山(2日目):

« 2016/5/21-22 朝日連峰・寒江山(1日目) | トップページ | 【速報】2016/5/28-29 飯豊連峰・えぶり差岳に行ってきました~ »