« 2016/4/30 護摩壇山・伯母子岳(GW2日目) | トップページ | 2016/5/2 三嶺(GW4日目) »

2016年5月11日 (水)

2016/5/1 平家平~笹ヶ峰~寒風山縦走(GW3日目)

GW3日目、四国1日目は、平家平から笹ヶ峰、寒風山までの縦走。

201605010
これがまた、どこまでも伸びる素晴らしい道♪
ピーカンの青空の下、ガッツリ歩いて大満足!

===平家平~笹ヶ峰~寒風山===
2016/5/1(月):高薮登山口(7:25)~▲平家平(9:00-9:15)~▲冠山(9:50-10:10)~▲ちち山(11:40-12:00)~▲笹ヶ峰(12:30-13:10)~▲寒風山(14:10-14:30)~桑瀬峠(15:10)~寒風山トンネル(15:35)
歩行距離:15.6km
累積登高:1,150m
======

1日目(4/29):大峠~古光山~倶留尊山~曽爾高原
2日目(4/30):護摩壇山・大股~伯母子岳~口千丈岳&和歌山ラーメン
3日目(5/1):高薮~平家平~笹ヶ峰~寒風山トンネル
4日目(5/2):名頃~三嶺~菅生&高知ひろめ市場
5日目(5/3):讃岐うどん巡りPart1
6日目(5/4):善通寺~善通寺五岳~鳥坂&讃岐うどん巡りPart2
7日目(5/5):筏津~東赤石山~西赤石山~東平
8日目(5/6):讃岐うどん巡りPart3
9日目(5/7):尾道・勝山町並み観光&蒜山焼きそば
10日目(5/8):犬挟峠~蒜山~上蒜山登山口&蒜山焼きそば

201605011

晴天間違いなしのこの日は、ガッツリ縦走の笹ヶ峰へ。
たっちゃん隊とまきchin隊とで車2台あるので、それをフル活用して四国の尾根を歩いちゃおう計画。

まずは、下山口の寒風山トンネル南口駐車場に車をデポ。
20台くらい停められそうなこの駐車場には、既に10台くらいの車が停まっていて出発準備中。
トイレもあるし、伊予富士や笹ヶ峰ピストンの人もいるだろうし、ここは人気の登山口のようであります。
ここで車中泊してた人も結構いそうでした。

そして我らが向かうは、高薮登山口。
国道194号から県道17号に入り、足谷川沿いの林道に入ってからもしばらくは舗装路。
まさかこのまま登山口までず~っとこんな感じ?!と思ったら、最後の寒風大座礼林道はやっぱりね、な悪路でありました。

201605012
登山口まで来ると、先行車が一台。
路肩に停めて準備してたらもう一台。・・・こんなとこでも意外と人いるのね(二台とも地元ナンバーだったけど)。
ま、寒風山トンネルからの道に比べたら静かなもんです。

201605013
さて、準備したら出発。
ここから100mほどは、尾根の南東側の急斜面を九十九折りに登ります。

201605014
新緑キレイだし、南東側だから明るいし、道自体はそれほど斜度はきつくはないけど。
風が通らず、暑い。。。

この九十九折りの道でこってり絞られて汗だくだく。
こんな登りが続いたらまいっちゃうな、と思った頃、ようやく尾根の上に登り上げて風がとおるようになり、やれやれと一息。

201605015
尾根上の明るい道には、所々でツツジが彩りを添えてます。
ミツバツツジかな、鮮やかなピンク色がキレイ♪

201605016
淡いピンク色のアケボノツツジも、かわいらしく咲いてます。
・・・この色、あまり見たことない感じ。
昔こんな色のセルロイドの小箱を持ってたなぁ、と言うとT世さん、そういえば懐かしい感じの色だね!と。
確かにね(^^

そんな尾根上の道をゆる~りと登っていくと、足谷登山口からの道と合流。
そっちの道はかなり藪が覆いかぶさっていて、歩きたくない感じの道でした。

201605017
さて、合流してからは、しばらく雑木林の中の明るい道をゆる~りと登ります。
所々にツツジが登場して癒されつつ。

201605018
150mほど登ったところで、雑木林の中から笹原の中へ。
急斜面の笹原を九十九折りに登ります。

201605019
振り返ると、登ってきた尾根の先にはなかなかいい展望が広がっていたりして。
何が何山なのかさっぱりわからないけど、連なる峰々を眺めながらの道はなかなかいい気分。

そんな景色を眺めながら、笹原の中の道をぐい~っと登って

2016050110
360°の大展望の平家平に到着!
T世さんと私が指さしているのは、今回の旅で縦走予定の東赤石山~西赤石山♪
結構アップダウンあるねぇ、なんて眺めながら、歩くのが楽しみでワクワクしたりして。

2016050111
東側の展望も開けてます。
剣山方面かなぁ。

そんな景色を眺めながら一息ついたら、いよいよ笹の縦走路へGo!

2016050112
目の前には、これから歩く冠山にちち山、笹ヶ峰、寒風山。
伊予富士や瓶ヶ森も見えていて、いやがおうにもテンションアップ♪(o^-^o)

2016050113
いやー、気持ちよい。ほんとに。
開けた稜線歩き、最高。o(*^▽^*)o

冠山へは、ひざ丈くらいの笹原の中の道をいったん50mほど下り、所々岩場を越えつつ100mほど登ります。

2016050114
こんな稜線。
この黄緑色の部分が全部笹。これぞ笹の峰!!

どこまで歩いてもこんな雰囲気で、前方の山がだんだんに近づいてくるのも楽しくて。
眺めよし、歩いてよし、雰囲気よし!

で、そんな稜線をぐい~っと登り上げて、冠山に到着です。
山頂は灌木に覆われて展望がないけど、居合わせた単独の方に、ちょこっと横に下りたところに岩の展望台があるよ、と言われて行ってみると。

2016050116
ほ~、確かに。
これから歩くちち山と笹ヶ峰の稜線が一望♪

2016050117
こちらは寒風山に伊予富士、瓶ヶ森の稜線。
その向こうに見えてるのは石鎚山かな。

平家平~ちち山の間の稜線は、あまり歩く人もいなくて笹薮濃いのかと思いきや。
なかなかどうして、笹はひざ丈程度で展望素晴らしい稜線歩きだったのであります。
こんな景色の中を縦走できるのも車が二台あるおかげですね、ご一緒させていただいたたっちゃん隊に感謝感謝。(o^-^o)

さてさて、これから先の道のりはまだ長い。
一息ついたら、次なるピーク・ちち山へ向けて出発。
ここからは結構アップダウンもあり、これまでよりもちょいと厳しい道のりであります。

2016050118
冠山から一ノ谷越までは、一気に200mほど下ります。
途中にはこんな展望開けた箇所も所々あり、ウットリ景色を眺めつつ。

いったん林の中に入って下っていくと、一ノ谷越で住友フォレストハウスからの道と合流(そっちの道は通行止めになってた)。
一ノ谷越を過ぎれば再び登りに転じて、あとはぐい~っとちち山分れまで登ります。

2016050119
どうでしょ、この景色。
どこまでも続く笹の峰。
こんな景色、他では見たことない!o(*^▽^*)o

2016050120
ひざ丈の笹原の中を登って振り返れば、平家平や冠山がもう結構遠くに。

2016050121
西赤石山からちち山分れにつながる尾根を見下ろせば、アケボノツツジがキレイに咲いていて。
なかなか華やかな眺めであります。

そんな景色を眺めつつ、一ノ谷越から150mほど登ればちち山分れに到着。
ここから先は、ちらほらすれ違う人もあり。
そしてちち山までは稜線をそのまま辿るかと思いきや、まずは延々と笹原急斜面をトラバースする道に突入。

2016050122
目の前には笹ヶ峰。
・・・が、このトラバース道、踏み跡細いし笹を踏みながらの道なので、滑る!

2016050123
左手にどか~んと広がる笹の斜面の先には、寒風山や伊予富士が。
この景色は素晴らしいんだけど、早いとこちち山に登らせてくれないかなぁ。。。

あまりにも長くこのトラバース道が続くので、もしや間違えてちち山を巻く道に入り込んでしまったか?!と何度か不安になりつつも。
笹に足を滑らせながら延々とトラバース道を歩いていくと、ようやくちち山への登り口に到着。

2016050124
ここからちち山まで、一気に100mを登り上げるわけですが。
この道、斜度がキツすぎて、なんだかおかしなことに(^^;
初日の古光山を思い出してしまった。。

2016050125
ふくらはぎプルプルな急坂をぐい~っと登っていけば、山頂直下は緩やかな笹原。
が、踏み跡が縦横無尽についていて、実は油断大敵だったりするわけですけど。

そんな道をえいやぁ、と一歩きで

2016050126
ようやくちち山に到着。
いやはや、冠山からここまでが長かった。。。

笹ヶ峰から足を延ばす人や一ノ谷から登ってきた人、西赤石山方面からの人で、狭いちち山山頂は結構な賑わい。
なんとか隙間を見つけて一休みしたら、さくさく笹ヶ峰へと向かいます。

ちち山から笹ヶ峰へは、100m下って100m登り返し。
急なところもなく、穏やかな稜線歩き。

2016050127
目の前に見えている笹ヶ峰の稜線は、これまたいい感じ♪
早くあの道を歩きたい!と思うと、気持ち足早に。

2016050128
そんなわけで、ちち山の下りはあっという間。
振り返ってちち山を眺めながら、笹ヶ峰へと続く穏やかな笹の道を登ります。

2016050129
極楽極楽。
一面笹原の中を登って何が楽しいんだ?と思うかもしれないけど、これだけ笹の稜線が続くと、これはこれで楽しい。
展望もスカッと開けてるし、なによりこの時期なので笹の緑が鮮やか♪
しかも笹ヶ峰へと登り上げるこの道は、穏やかな斜面でいい気持ちで。

そんな道をゆる~りと登り上げて

2016050130
笹ヶ峰山頂、到着!
さすがにここは人がたくさんいますね~
そしてここにもちち山山頂と同じく、ステンレスの立派な祠あり。

さてさて、ここまで来ればあと一息。

2016050131
歩いてきた稜線を眺めながら一休み。
随分と歩いてきたもんです。

2016050132
残るはあと一山、寒風山!
200m下って100mの登り返し、気合入れて出発。

2016050133
少し下って振り返れば、一面笹原の笹ヶ峰。
うん、こりゃこの山が笹ヶ峰だね、と納得しちゃう光景。

2016050134
寒風山へは、微妙なアップダウンを繰り返しながら登り返します。
ちょっとした岩ごろの道もあるけど、それほど苦ではなく。

だいぶ足にきてるし結構時間かかるかな?と思いきや、意外とあっさりと寒風山に到着。

2016050135
いやぁ、そんでも、疲れた!
思いの外、水の消費も多かったし。アップダウンも結構あったし。

2016050136
こんなにたくさん、歩いてきたんだもんねぇ・・・
人の足ってすごいよね、と言いながら眺めます。
それでも、歩いてきた稜線を眺めながら一休みってのは、至福のひと時ですな。

そんなことをぽつぽつと話しつつ、最後の展望を楽しみつつ。
一息ついたら、あとは寒風山トンネル目指して下るのみ。

2016050137
目の前には、桑瀬峠から伊予富士へと登り上げる道。
今回、お天気続けばそっちも歩きたいところですが。

2016050138
寒風山の西側の岩壁には、アケボノツツジがたくさん。

そんな眺めにも癒されつつ、ハシゴやロープのかかる急坂を下って、桑瀬峠に到着。
桑瀬峠からは一気に、歩きやすい九十九折りの道を300m下って、寒風山トンネル南口の駐車場に到着、であります。

いやはや、歩いた歩いた。
前回登った時は丸山荘側からの周回だったし、こんなに笹の稜線がどこまでも続いてるとは思っていなかったわけでありますが。
歩いてみると、笹の峰のすごさを実感しますね。
何よりお天気素晴らしかったということもありますが、展望もよく、見える景色も素晴らしくて。
距離もアップダウンも地味にあって大変だったけど、それでも歩けて良かった!な稜線でありました。

下山後は、登山口の車を回収する途中で道の駅木の香の温泉へ(620円)。
内湯も露天も結構広くて、つるっとしたお湯がイイ感じ。
疲れた足をノンビリほぐすことができました♪

車を回収した後は、再び道の駅木の香のレストランで夕食。
その後は、翌日の山に備えて、道の駅大歩危へ。
普通車54台駐車可、とあったので広い道の駅かと思いきや、地上の駐車場には10数台のみが駐車可で、あとは地下駐車場(しかも夜間閉鎖)。
危なく停め損ねるとこでした(^^;

> 4日目:三嶺&高知ひろめ市場へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2016/4/30 護摩壇山・伯母子岳(GW2日目) | トップページ | 2016/5/2 三嶺(GW4日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
四国の山へようこそ〜!
ステキな山レポありがとうございます。
馴染みの山の記事に、食い入るように読んでしまいました。
そして、まきchinさんの健脚にびっくり!
すごいですね〜
しかも連日の山歩きですよね〜
羨ましいです。
平家平、、
高知側からだと未舗装って聞いてたので躊躇してましたが、お写真の感じだと大丈夫そうですね♪
今度行ってみようと思います。
(冠山止まりだと思いますが(^_-) )

三嶺の記事も楽しみにしています♪

投稿: きくみん | 2016年5月12日 (木) 19時45分

きくみんさん>
初めまして!
四国の山、今回はたくさん歩かせていただきました♪
ほんとどこも素敵な山と景色で、大満喫。
今回いっぱい縦走できて、とっても楽しかったです(^^

平家平は、割と長く舗装路が続いていて、最後の寒風大座礼林道だけが未舗装でした。
きくみんさん、お近くなのであれば、ぜひぜひ行ってみてください!
平家平~冠山の稜線も景色も、とっても素晴らしかったです。また行きたいな~

三嶺のレポも、ぼっつらがんばりますね♪

投稿: まきchin | 2016年5月13日 (金) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/63615298

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/5/1 平家平~笹ヶ峰~寒風山縦走(GW3日目):

« 2016/4/30 護摩壇山・伯母子岳(GW2日目) | トップページ | 2016/5/2 三嶺(GW4日目) »