« 【速報】2016/1/23 三田原山BCに行ってきました~ | トップページ | 【速報】2016/1/30-31 シャルマン講習&放山BCに行ってきました~ »

2016年1月26日 (火)

2016/1/23 三田原山BC

強い冬型だったこの週も、なぜか信越国境あたりにはあまり降らず。

201601230
それでも、藪がちではありつつも軽~いパウダーをいただくことができました♪

===三田原山===
2016/1/23(土):杉ノ原スキー場三田原第三高速リフト降り場(9:40)~▲三田原山2,300m(11:00-11:15)~南面1,735m地点(11:55-12:15)~三田原第二高速リフト乗り場(13:05)
歩行・滑走距離:9.8km
累積登高:550m
======

201601231
赤が往路、青が復路(スキー場を滑ったトレースも入ってます)。

さてこの週末は、先日のアカカンに引き続き、たっちゃん&T世さんとご一緒に。
さすがにそろそろ三田原山も行けるかな、と妙高・杉ノ原スキー場へと向かいます。

駐車場に集合して、ゴンドラ券1枚&高速リフト券2枚(計2,000円)を購入。
一番上の第三高速リフトが動き始める時間にあわせて、9時前にゴンドラ乗り場へ。

201601232
いつもはこの時間でも行列できてるココも、今日は全く行列ナシ。
この週末は荒れる!!と散々ニュースで言ってたので、みんなお出かけ回避したのかしらん。

というわけで、さくさくっとゴンドラと第三高速リフトを乗り継いで、ゲレンデトップへ。

201601233
先週は藪だらけでとても行く気になれなかったそうだけど、ちょっとは藪も埋まった感じ?
ならば、とシールオンして出発準備。

201601234
我らが出発する頃には、外人さん8人くらいの団体と、これまた8人くらいの団体さんが到着。
一足お先に出発~(^^

201601235
歩き始めはトレースもなく、こりゃ本日一番乗りか?!とか思ってたら、ほどなくどこからともなく真新しいトレースが合わさって。
・・・リフト動くのと同時に上がった先行パーティがいた模様。
そう思ってよ~く正面の斜面を見たら、いらっしゃいました、これまた8人くらいの団体さん。

というわけで、ここからはありがたくトレースを辿らせていただきます。

201601236
最初に横切る谷はこんな感じ。
いつもなら雪崩注意なんだけど、雪少なすぎてそんな気配はナシ。。
こんなに深い谷だったっけ?!と思いつつ通過。

201601237
間近に見える黒姫山も、まだまだ真っ黒。
こりゃ、あっちは当分滑れそうにないですな。
朝、道の駅しなのから眺めた休止ゲレンデは、まだかなり藪っぽかったし。

201601238
そして藪藪かと思っていた、三田原山へと登り上げる斜面は、所々開けていて意外と登りやすい。
枝をかき分ける箇所もありつつも、まぁこのくらいならば問題ナシでしょう。
雪もいいし、風も意外と弱いしね♪(先行パーティのルートどりのおかげも!)

で、標高2,100mあたりで休憩されてた先行の団体さんと先頭交代。
・・・と思ったら、いやいや途中でウチラを追い越していった単独の外人さんが、いつの間にかぶっちぎりのトップでありまして。
ここからもまたありがたくそのトレースを追いかけます。

201601239
さすがに2,000m越えると、風もちょいと強くなってきて雪もちらちら舞ってきて。
立ち止まると寒いので、足を停めずに黙々と登っていくと、ダケカンバの疎林の斜面に到着。
そろそろ稜線が近いかな~

で、2,300m付近まで登り上げたところで登高終了。

2016012310
シールオフして滑降準備して斜面を見下ろしてみれば。
ん~、いいじゃないですか♪

ちょうどウチらの上を通っていった外人さんパーティが、Maeyama ridge is veryvery bush、いやぁこっちはまだマシだぜ、てな感じでおしゃべりしつつ通過。
てことは、ちょっとは期待できちゃうかも?!なぁんて思いつつ、ノートレースの目の前の斜面へ!

2016012311
おおっ、舞い上がるパウダーがなんとも軽くて楽しそう!

2016012312
金曜日はあまり降らなかったし、もしかしたら上部は雪硬いかも。。でもそんなに日照ないし風ないし気温低いし、いけるんじゃないの?!とか思ってたらビンゴ!
それまでにどさっと降った雪がそのままキープされていてくれて、軽くてふわふわのパウダー!(o^-^o)

2016012313
オープンな斜面からダケカンバの中へと入っても、まだまだ広がる斜面と軽い雪。
ターンもできないくらいの藪だったらどうしようかと思ったけど、全然これなら楽しめますね~(^^

2016012314
意外と滑れるじゃん、と気持ちよく滑り降りていったけど、そろそろ藪に捕まるか。。

2016012315
というわけで、300mほど滑り降りた標高2,000m付近で藪地帯へ。
ここからはほぼボーゲン滑りで安全運転。

2016012316
まぁそれでも、板を外したり沢が出てたりというところはなく、しかも雪がイイのでそれほど苦にはならず。
所々に数ターンできそうな箇所が出てきたりして、そんなとこでちょびっと楽しみつつ。

2016012317
300mほど下っていくと、青空も覗いてきたりして。
ちょうど低気圧と低気圧の間のなんちゃって高気圧に入ったか?!なんて言いつつ休憩したら、さぁ残りの斜面へ。

2016012318
まだまだ続くよ、藪斜面。
つか、ここからの150mくらいが一番の藪でした。

2016012319
長い板のごろ太君、板が藪にひっかかる!と。
確かに狭いところを抜けるときは、ちょっと難儀だったかも。

それでも、藪をぬって下っていけばいつかは開けるこの斜面。

2016012320
標高1,550m付近のブナ林で、再び藪ナシ斜面に!
ブナをぬって、一気に50m滑り降りて満足満足。

2016012321
いや~、最後にパウダー美味しくいただけて良かった♪
雪が悪かったらただの藪修行だったけど、いい雪だったので藪もこれまた楽し、ってとこですかね。
(いやいや、最後にまたいい斜面滑れたので、帳消しになってるだけかと。。)

2016012322
あとは林道まで、ブナ林の中をゆる~り滑り降りて。
林道に出てからは、林道沿いに下ってスキー場に復帰。

2016012323
楽しゅうございました!
ありがとうございました~(o^-^o)

この後、第二高速リフトで上がって、ゲレンデを杉ノ原ゾーンの駐車場まで滑り降りて終了、と思いきや。
たっちゃんとごろ太君が、間違えて三田原ゾーンに滑り降りちゃうという面白ハプニングもありつつ(T世さんと私は、正しく杉ノ原ゾーンへ!(笑))。
無事、下山であります。

藪もあったけど、思ったよりもずっといい雪で、しかも意外とたくさん滑れるところもあって。
良かったヨカッタ。
そんな三田原山の藪山スキーは、たっちゃん作の動画でどうぞ!

わたくし、ゲレンデ以外ではまた元の癖が出ちゃってます。。。(^^;

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 【速報】2016/1/23 三田原山BCに行ってきました~ | トップページ | 【速報】2016/1/30-31 シャルマン講習&放山BCに行ってきました~ »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
雪山シーズン到来かと思いきや…
先週の雪ぐらいじゃ少し足りなかったようですね(^_^;)
ここまで来ると本当に異常気象です…
この先が心配です。
僕もようやく捻挫が9割方治ったので初心に帰って土曜日に相模湖から城山、高尾山と歩いて来ました。
高曇りの無風で月曜日の雪もそれなりに残って、
絶好のコンディションになりました(^O^)
早くMラーにもどらなければ(^_^;)

投稿: katsu | 2016年1月26日 (火) 23時21分

katsuさん>
こんばんは。
今年は1か月くらい遅れてる感じです。。
このままあまり山に入れずに終わりそうな気もしつつ。
それなら早めに歩きに切り替えるかも?!なぁんて(^^;

katsuさんはようやく捻挫も回復されてきたんですね!
この週末の高尾山付近はいいコンディションだったでしょうねぇ~、楽しそうです♪
でも無理しないで、しっかり治してMラーに戻ってくださいね(^^

投稿: まきchin | 2016年1月26日 (火) 23時41分

滑ったら楽しい中斜面の藪は倒れないけど、日当たりの悪い樹林帯の急斜面の藪は、倒れるのも早いですねぇ。
そこんとこは、全国共通といったとこでしょうか。
北斜面・樹林帯・急斜面
この三拍子を引っ提げて偵察に行きます。(いつもそんな斜面ばっかりw)

投稿: 雪舞幹事長 | 2016年1月27日 (水) 08時18分

雪舞幹事長さん>
そうですね。
まぁ、中斜面は多少藪でもなんとかなっちゃいますが(^^;
今年は偵察ばっかりです。

投稿: まきchin | 2016年1月27日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/63126358

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/1/23 三田原山BC:

« 【速報】2016/1/23 三田原山BCに行ってきました~ | トップページ | 【速報】2016/1/30-31 シャルマン講習&放山BCに行ってきました~ »