« 2015/4/19 笹ヶ峰・黒沢BC | トップページ | 2015/4/25-26 鳥海山・中島台BC(2日目) »

2015年4月27日 (月)

2015/4/25-26 鳥海山・中島台BC(1日目)

GW前哨戦は、中島台からのロングルートで鳥海山へ。

201504250
北側から眺める鳥海山は、大迫力!

===鳥海山・中島台===
2015/4/25(土):東北電力取水口(9:35)~750m地点(12:00-12:20)~970m地点(13:30)
歩行・滑走距離:5.0km
累積登高:460m
======

今年は北東北といえども雪融けが早い、との情報に、GWの連休を待たずに鳥海山へ。
幸いにして土日とも好天予報、ならばなかなか行けないロングルートをテン泊で行きますか、と。

初日はテン泊地点の970m付近まで500m弱登るだけなので、ちょいと遅めの出発。
道の駅鳥海に集合して、まぁ君、まきchin隊の3名で向かいます。

初めは、中島台レクリエーションセンターから獅子ヶ鼻の湿原を抜けて行こうと思っていたのだけど、湿原にももうほとんど雪がないとの情報。
ならばちょっとでも奥に入ったとこにしますか、と東北電力取水口に入山口を変更。

201504251
レクリエーションセンターへ向かう道の途中から林道に入り、林道最終地点の駐車場へ。
すでに車が数台停まっていたのは、日帰り鳥海の人か、はたまた山菜採りの人か?

201504252
久し振りのでかザック、こんなの担いで歩けるのか?!と3人とも心配になりつつも。
沢にかかった橋を渡って鳥越川の左岸を走る林道へ。
ここにはまだ雪が残っていたので、これをつないで歩こう作戦。
(左岸ではなく、右岸の遊歩道を辿って獅子ヶ鼻湿原経由で行くのが正解)

201504253
所々雪が切れている林道を歩いて行くと、こんな開けたブナ林に。
明るくていい気持!

201504254
雪融け箇所にはミズバショウも咲いてるし。
ん~、春ですねぇ~、なんてゴキゲンで歩いていると。

201504255
出てきた出てきた、沢の徒渉。
スノーブリッジがまだ残ってる小さな沢は越えられたけど、こんな大きめな沢にはもちろんスノーブリッジはなし。
ドボンしないように、石を伝ってどうにかこうにか。

201504256
落ちちゃいかんと思うと、余計にビビる。
しかもこの後、岸に這い上がり損ねて、危うくドボンとなるところでした。。

201504257
その後も、鳥越川沿いに左岸をトラバースしながら歩きます。
このまま左岸を辿っていくと、ガケになって行き詰るので、早く右岸に渡りたいのですが。

201504258
こんなにじゃぶじゃぶなんで。
渡れない。。。

何箇所か、雪が切れている所は板を担いで這い上がるも、雪の下の木の幹を踏んづけて滑って落っこちそうになったりと。
無事に目的地にたどり着けるのか?とかなり不安になりつつ、冷や汗かきつつ歩くことしばし。

201504259
目の前に、巨大な雪崩跡登場!
でもここ、歩いて抜けられそうだし、それにうまいぐあいに沢が埋まってる~

雪崩れてからかなり時間経っていそうだし、斜面の上を見上げてもあらかた崩れ落ちた後で大丈夫そう。
ならばそのままさくさく通過しちゃいますか、と板履いたまま急いで通り抜けて。

2015042510
ようやく右岸に移ることができました。
やれやれ。

2015042511
そしてそのまま右岸に広がるブナの台地へと登り上げると、まぁなんて平和な光景。
これぞ北東北、なブナ林がゆ~ったりと広がっていて。
・・・帰りはこの斜面をそのまま滑って中島台を目指そう、と一同心に誓います。
(というか、行きも中島台から行くべきだったか)

2015042512
そんな平和な林の中をマッタリ歩いて行くと、標高750m、川に挟まれた細い尾根状地形に到着。
登山口からほんの250mほど登り上げるのに、2時間半もかかっちゃいました(^^;

でもまぁ、ここまでくれば、あと200mほど登り上げるのみ。
ココから先はそんなしょっぱいところもないでしょうしね。

というわけで、一息ついたらテン泊ポイント目指してGo~

2015042513
右手には、荒々しい稲倉岳の岩壁も見えてきた。

2015042514
背後には、日本海と仁賀保の風車たち。
ん~、だいぶ登ってきましたね!

2015042515
細い尾根を登り上げると、再び開けたブナ林になり。
息をつきつつゆる~り登っていくと

2015042516
おおおっ!
木立の隙間から、鳥海山が!!
いやぁ~、これは感激。

2015042517
まだGW前とは思えないくらい黒々とした鳥海山ですが。
それでもこのお姿、こちら側から拝見するのは初めてで。
そそり立つ北壁がカッコいい!(≧∇≦)

2015042518
さぁあと一息。
両側から川が合流してくるところでは、トラバースしながら沢を越えて右岸へ。

2015042519
広い右岸に乗り上げちゃえば、あとはもうゆる~りと、テン泊適地を探しつつ歩くのみ。

右手にどか~んと聳える、稲倉岳の大岩壁を眺めつつ。

2015042520
左手には、鳥海山の北壁と、扇子森からの外輪がどか~ん。

いやもう、堪りませんねぇ~(≧∇≦)

こんな景色をウットリ眺めつつ開けた台地をゆる~りと登り、木立がちょうど切れるあたりの970m地点にてこの日は終了。
鳥海山を正面に眺める場所に幕営であります。

2015042521
こんな感じの贅沢なロケーション。
テント設営し終わった頃に3人ほど滑り降りてきたけど、それよりほかに人はなし。
この景色を、我ら3人占めです♪

テント張ったところの下には鳥越川が口を開けていて、水も汲めたし。
この日は風もほとんどないので、テントの前でひとまずの~んびり。

2015042522
あぁ、春スキーですな。
のどかのどか。

2015042523
ツマミは、まぁ君がゲットしたタラの芽のおひたしと。

2015042524
この景色!
おしゃべりもお酒も進んじゃいますわ~♪

明日はどのルートで歩くかねぇ、と斜面を眺めつつ。
16時過ぎには太陽が稲倉岳の影に入り、テン場も陰ってしまったので、テントの中に場所を移して鍋宴会(^^

2015042525
あったまりますねぇ~

鍋を囲んで、またまたおしゃべりに花を咲かせつつ。

2015042526
18時過ぎには、夕日に染まる鳥海山を拝んで。
19時過ぎには早々にお休みなさいでありました。

・・・そしてなぜか一同、夜中の1時に目が覚めて。
テントの外に出てみると、これまたなんとも素晴らしい満天の星空!

2015042527
こんなにたくさんの星は見たことがないくらい。
流れ星もいくつか飛んでいて、幻想的すぎる星空でありました。(o^-^o)

> 2日目へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2015/4/19 笹ヶ峰・黒沢BC | トップページ | 2015/4/25-26 鳥海山・中島台BC(2日目) »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
鳥海山♪
いいですね~うらやましい♪
GW前で人もそんなにいなかったでしょうし、
その天気なら(^O^)
独立峰って本当にきれいですよね。
個人的には鳥海山、富士山、伯耆大山でしょうか(^O^)
ではでは楽しいGWを!

投稿: katsu | 2015年4月28日 (火) 08時14分

お~ロングのルートで楽しめますね。
やはり雪解けが早く賞味期限切れですね。

今年も湯の台から行きます。
こちらは雪が少ない方が楽できますが・・・

投稿: トッキー | 2015年4月28日 (火) 10時33分

katsuさん>
ちょうど鳥海ブルーラインが開通した週末だったので、多くの人はそっちに行っていたみたいで。
私らの行った中島台~千蛇谷ルートには、ほとんど人はいませんでした♪

鳥海山、ほんとキレイですよね。
下山してから仰ぎ見て、ウットリ見とれちゃいました。

・・さて私らは、明日からGW連休。
katsuさんも、ステキな連休をお過ごしください!

投稿: まきchin | 2015年4月28日 (火) 22時10分

トッキーさん>
はい、ロングルートを満喫しました♪

今年も湯ノ台から行かれるんですね。
下部はかなり雪解けが進んで、林道が出ているようです。
稜線上は雪がつながっていないようですが、往復なら問題なしですね~
お気をつけて行ってらっしゃいませ!

投稿: まきchin | 2015年4月28日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/61503762

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/4/25-26 鳥海山・中島台BC(1日目):

« 2015/4/19 笹ヶ峰・黒沢BC | トップページ | 2015/4/25-26 鳥海山・中島台BC(2日目) »