« 【速報】2015/2/7-8 大渚山BC&蒲原山BCに行ってきました~ | トップページ | 2015/2/8 蒲原山BC »

2015年2月10日 (火)

2015/2/7 大渚山BC

今シーズン2度目の大渚山へ。

201502070
今回もまた、天気よし、展望よし、雪よし、斜面よし。
西面も南面も最高♪

===大渚山===
2015/2/7(土):大草連(8:35)~▲大渚山(11:40-12:00)~西面1,330m地点(12:10-12:30)~▲大渚山(13:10-13:40)~(途中大休止)~大草連(15:05)
歩行・滑走距離:8.8km
累積登高:990m
======

この週末は、金曜日の降雪を期待して小谷方面へ。
宴会ヶ岳隊、ユッキー&ヨッシー、まぁ君、まきchin隊、そしてこの日はこばさんもご一緒に。
総勢8名で、前日に降った雪を期待して大渚山へと向かいます。

道の駅小谷で車2台に分乗して、入山口の大草連へ。
もう8時過ぎてるし、既にトレースバッチリかと思いきや、我らが車を停めたところには先行者なし。
#駐車スペースはほとんどないので要注意。
#特に降雪直後は除雪のジャマになるので、地元の方の迷惑にならないように。。。

201502071
天気は上々、雪も上々。
そしてもしや先行者なし?!とか思いつつ。
準備して出発!(o^-^o)

201502072
まずは除雪最終地点の雪壁をよじ登って、と。

201502073
真っ青な空の下、真っ白な雪原を歩きます。

気温はそんなに高くはないけど、お日様に照らされてすぐに汗が噴き出して。
こりゃたまらん、まるで春スキーだね、と早々に上着オフ~

201502074
林道をショートカットしつつゆる~りと登ります。
気持ちイイねぇ~(o^-^o)

そして今回は、いつもの取付き尾根の手前から斜めに登り上げようってことで、まぁ君先頭に登っていると。

201502075
なぁんと、まぁ君のビンディングのヒールパーツが破壊。。。∑(゚∇゚|||)
登りはおろか、滑りもヤバいかも?!と、早くも暗雲立ち込めますが。。。
テープでぐるぐる巻きにして、とりあえず応急処置。

・・・まぁ君、大渚山に来るとなんか事件が発生するような気が(^^;

さて、応急処置を終えて登っていくと、超絶急斜面に突入。

201502076
雪は崩れやすいしかなりの急斜面だし。
トラバースで慎重に脱出しましたが、ちと怖かった~

無難にいつもの尾根から取りつくのが吉、みたいですな。

201502077
そんな急斜面を過ぎれば、あとは山頂までゆる~り登り上げます。
前方に山頂稜線を仰ぎ見つつ、新雪踏み踏みノンビリと。

201502078
明るいブナ林の中、先頭交代しながらプチラッセルで登りますが。
この雪がまた、結構軽くていい雪で。
帰りまでこのままでいてくれたらいいんだけどねぇ~

そんなことしゃべりながら登っていると、先行者のトレースに合流。
我らとは別のところに車を停めて、大草連から直登してきたみたい。
・・というわけで、途中からはありがたくトレースを辿らせていただきます。

201502079
小休止挟みつつぐい~っと登っていくと、いよいよ山頂直下のちょい急斜面。
ブナの梢に積もった雪がいい感じ♪

2015020710
振り返れば、唐松に五竜、鹿島槍かな、真っ白な後立山が。
いやはや、美しすぎます!(≧∇≦)

そんな景色を眺めつつ。
稜線が近くなって風も強くなってきたので、アウター着込んでぐい~っと。

2015020711
雪庇の切れめから稜線に登り上げて

2015020712
大草連から760m登って、山頂稜線に出てきました~
いや、それにしてもこの稜線上、この日はかなり風が強い!!
ノンビリ景色眺めてたら凍えそうなので、ノンストップで山頂目指します。

2015020713
稜線の左手には、こんな景色がどか~んと広がっておりまして。
朝日・雪倉から後立山、槍穂まで一気に大展望♪
素晴らしい眺めですな。o(*^▽^*)o

2015020714
右手には、雨飾山がどか~んと。
その向こうには日本海もクッキリ見えてます♪

稜線を西側に歩いてほどなく到着した山頂では、いつもなら山頂写真を撮るところだけど。
なんせ風が強くて寒すぎるので、早々にシールオフして下りましょ、ってことで。

2015020715
さっくり準備して、西側斜面へ滑り込みますよ~
てなわけでまずは、ブナ林の尾根上を西へと50mほど滑り降ります。
風も強いし、ちょいと硬いか?と思った雪は・・

2015020716
おお~う、パウダー!
しかもパッフパフ♪(≧∇≦)

2015020717
こりゃもうヤバいっすねぇ~
雪、軽い!

そんな気持ちイイ尾根をしゃぁ~っと滑り下りていくと、イイ感じな斜度の開けた斜面に突入。
木々をぬって、一気に100m滑り降りちゃいます!


びゅ~っとね。
楽しすぎて、止まれませ~ん(≧∇≦)

2015020718
自分達のシュプールを眺めて、笑いも止まりませ~ん!

さてさて、お楽しみの斜面はまだ続きます。
・・・と言っても、滑った分だけ登り返さなくちゃいかんので、あと150mくらい、ですかね。

いい雪いい斜度で、これなら私もヒャッホウ~
いや、楽しい♪

2015020719
ヨッシーも、イヤッホウ~とパウダー巻き上げて滑ります。
顔がニヤケてますよ~(笑)

2015020720
正面には、雪倉や朝日岳も。
眺めも最高!

2015020721
いやもう、美味しい斜面をゴチソウサマです。
西面、裏切りませんねぇ。

どこまででも滑り降りちゃいたい感じだけど、山頂から250mほど滑り降りたところでシールオン、山頂目指して登り返し。
これがなけりゃもっと最高なんだけどねぇ~、と言いつつ。

2015020722
でも、こんな美味しい斜面をいただいたんだから、文句は言えませんね(^^
また来ましょ。

2015020723
シュプール見降ろしつつ、山並みを眺めつつ。
そして左手に広がる、これまた美味しそうな北面をヨダレたらして眺めつつ、ぐい~っと登り上げて

2015020724
またまた山頂に戻ってきました~
稜線の向こうには、妙高がど~んと聳えてます。

さっきよりもちょっと風が弱くなった稜線上を移動して、雪庇を巻いて稜線直下に下ったところでシールオフ。
いよいよ最後の南面に滑り込みます。

2015020725
さぁて、雪はどうかな?
一日中いい天気だったけど、雪重くなってないかなぁ、と飛び込んだ南面は。

2015020726
おっ、ちょいと重めながらも、クリーミィでいい雪!
マッタリ滑れるこれまたイイ雪ですわぁ~

2015020727
気温がずっと低めだったのが幸いしたのか?
・・・ま、気持ち良ければよいのです!

2015020728
途中、1,350m付近で大休止も挟みつつ。
これまでは寒くて休憩どころじゃなかったけど、ようやく雪上プチ宴会できる季節になったねぇ、なんてしゃべりつつ。

休憩した斜面からもしばらくはクリーミィパウダー、それでも最後の方はシャリシャリモナカ雪。
激モナカとは違って、シャリモナカはまぁ滑りやすい。

2015020729
最後の急斜面は、雪は重いしモナカ気味だし斜度もかなりあるし、でちょいと難儀しましたが。
無事滑り降りて、林道沿いにゆる~り下って、無事下山。

2015020730
いやはや、楽しかった!
ありがとうございました~

まぁ君の壊れたヒールパーツも、無事下山までもってくれて一安心。
そしてこの日に大渚山に入ったのは、我らのほかには1パーティ&単独1人のみ。
とっても静かな大渚山でありました。

そんなステキな一日は、こばさん編集の動画でどうぞ♪

下山後は、白馬ラッピー⇒道の駅小谷、と宴会コース。
バッタリもたくさんあり、ニギヤカな宴会の様子は速報へ。

> 2/8 蒲原山へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 【速報】2015/2/7-8 大渚山BC&蒲原山BCに行ってきました~ | トップページ | 2015/2/8 蒲原山BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

いいお天気でしたね~sun

大草連まで上がれるようになったんですねshine
下からは歩いていくの大変そうでした・・・

投稿: みほてぃ | 2015年2月12日 (木) 19時55分

みほてぃさん>
この日はほんといいお天気でしたよね♪
大草連までの道は通じてるのですが、県道からの入り口がいつもと違うので注意、です~

下から歩くと大草連まで40分くらいかかるんで、
結構大変でしたよ~(^^;

投稿: まきchin | 2015年2月13日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/61116613

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/2/7 大渚山BC:

« 【速報】2015/2/7-8 大渚山BC&蒲原山BCに行ってきました~ | トップページ | 2015/2/8 蒲原山BC »