« 2013/12/28-2014/1/5 東北、湯煙・雪煙旅(8-9日目:笹森山BC+α) | トップページ | 2014/1/12 妙高・三田原山BC »

2014年1月13日 (月)

2014/1/11 鍋倉山BC

三連休の初日は、ブナ林の美しい鍋倉山へ。

201401110
人がたくさんかと思いきや、山頂までず~っと先頭ラッセルで、後続もほとんどなし。
静かなブナ林とパウダーを満喫♪

===鍋倉山BC===
2014/1/11(土):温井(7:35)~田茂木小屋(8:40)~▲鍋倉山(11:35-12:15)~西の沢~田茂木小屋(13:25)~温井(13:50)
歩行・滑走距離:8.4km
累積登高:750m
======

201401111
※赤が登り、青が下り。

1月に入ってから、日本海側には雪が降り続いてたくさん積もった様子。
ならばそろそろ、北信の鍋倉山にも雪が積もったかな?と、偵察がてら行ってきました。

横浜を2時半過ぎに出発し、上信越道・豊田飯山ICで降りたのは6時半過ぎ。
なんだか例年のこの時期に比べて、街中の雪が少ないような?と思いつつ、道の駅 花の駅千曲川でトイレ休憩。
そして鍋倉山登山口の温井に到着すると、どうやら我らが一番乗りのようで。

こりゃラッセルだね、まぁ歩いてるうちに後続が来るでしょ、と準備して出発。

201401112
いつもなら田圃の凹凸もすっかり埋まってる上り口ですが、まだなんとなくでこぼこしてて不気味。
田圃なので大丈夫だと思うけど、それでもやっぱり真ん中を突っ切る勇気はなくて、あぜ道と思しき場所を辿ります。

201401113
田圃を過ぎて林道に合流すると、いつもの小屋が登場。
・・・屋根の上の雪は、まだまだ少ないですねぇ。
こりゃ、今日は藪スキーか?!

201401114
雪はちらちら舞ってるけど、なんとなく日も射してたりして。
まぁ、いい天気だと、雪が重くなって帰りが試練の滑りになっちゃうしね。
このくらいがちょうどいいかな。

201401115
所々ショートカットしつつゆる~り林道を登っていくと、前方にうっすらと鍋倉山のお姿が。

この辺りで左に折れて田茂木小屋を目指すも、広い雪原にはまだ沢が口を開けていて要注意。
前回のトレースをGPSでチェックしつつ、橋を2つ渡りながら歩きます。

201401116
お、小屋が見えてきた。

さて、ここからは一気に300mの急坂を登り上げます。
ラッセルに耐えて登りきれるのか?と一抹の不安を抱えつつ。

201401117
ノートレースの急斜面へ、いざ!
今回は南尾根を登ります。
いつもに比べて、藪が濃いですな。

201401118
脛~膝上くらいの雪を踏みつつ。
そんなに重くはない雪だし、DPSのトップが浮くので、まぁ大丈夫か。
・・・これで腿とか腰ラッセルだと、敗退色濃厚、ですが。

201401119
ストックがすんごい埋まるよ~、とごろ太君。
確かに、吹きだまっているところではどこまでも埋まっていってしまいそうなくらい。

2014011110
そんな雪を踏みつつ、ラッセルラッセル~♪
一歩一歩踏みしめてトレースを刻んでいくのは、大変だけどなんだか楽しい。
ちょいと癖になりそう(笑)

2014011111
支尾根に上がると、ちょっと雪が少なくなったかな。
・・・しかしそれにしても、後続が全然来ませんね。
予定では、小屋のあたりで後続の人が追い付いてきて、ラッセルを交代しつつ。。。という感じだったんだけど。
人気の鍋倉山にして、まさかの山頂ラッセルか?!

2014011112
まぁ、こんな静かな鍋倉山もいいよね。
天気がちょっと回復したか、青空も見えてきたし。
ブナの大木を眺めながら、のんびり歩きましょ。

2014011113
ぐい~っと急斜面を登り上げていくと、前方に針葉樹が何本か。
標高1,000mの休憩ポイントに到着、そしてここで急坂も終了!

は~、やれやれ。
いつもなら、小屋からここまで1時間強で登ってくるのだけど、この日は1時間40分かかりました。
やっぱ先頭ラッセルだと時間かかりますな。

2014011114
というわけで、あとは山頂目指して280m、ゆる~りと尾根上のブナ林の中を登ります!
尾根に上がると雪もそれほどではなく、さくさくと歩きやすい。
ブナの若木をぬって登っていくと

2014011115
お~、イイ感じのブナ林になってきた!(≧∇≦)
鍋倉山といえばブナ林、ここからはもうこんなステキなブナ林の中を歩きます。

2014011116
東北のブナ林もキレイでしたが。
やっぱり鍋倉のブナ林はピカ一ですな。

2014011117
しっとり薄墨色のブナ林。
思わず足を停めて見とれちゃいます。(o^-^o)

そんな感じでゆっくり登っていると、標高1,160m地点でようやく後続登場。
ぐいぐい近づいてくるので、すんごい早い人が来たなぁ、と見ていると、なんだか見覚えがある帽子をかぶっておられるような。。。

2014011118
なんと!こばさん!!
嬉しいバッタリに、大興奮♪happy02

2014011119
そしてここからは、こばさんがぐい~っと我らを引っ張ってくださいます。
ありがたや。

2014011120
山頂直下100mくらいのブナ林は、まさにブナの回廊といった趣で。
いつもここはウットリ見とれながら歩いちゃいますねぇ。

2014011121
登っていくうちに、ちょこっとガスってきましたが。
これはこれで風情があっていいかな。

2014011122
山頂直下、霧氷で枝が重そうにたわんだ木々をくぐって登っていくと。
なんとこばさんが、山頂登頂を譲ってくださいまして。

2014011123_2
(Photo by こばさん)
ありがたく、本日一番の山頂を踏ませていただきました!

2014011124
いやぁ~、まさか三連休の鍋倉山で、山頂まで先頭ラッセルとは思わなかったですが。
新雪踏み踏み、自分で道を切り開いていくのは楽しかった~(≧∇≦)
そして思わぬバッタリもあり、楽しさ倍増です♪

さて、山頂はさすがにちょこっと風もあるし、今日はガスって展望もないので、少し下ったところで一休み。

2014011125
腹ごしらえして、シールオフして滑降準備整えたら。

2014011126
西の沢へ、いざ!

2014011127
早速ドロップしたこばさん。
すごいパウダー!!(≧∇≦)

ちょいとピンボケしてますが:

こば師匠の華麗な滑り♪

2014011128
ちょっと藪がうるさいところもあるけど。
斜面は広いし、斜度も結構あるし、そしてなによりタップリのパウダーで、最高♪

200m強のパウダー斜面を一気に滑り降りて、大満足。happy01
もう一本登りかえすか?という話もありつつも、まぁほどほどでいいか、とそのままトラバース気味に下ります。

2014011129
藪が濃い林の中をトラバースで下っていくと、再び開けた斜面に到着。
最後のお楽しみの斜面で、またまたパウダーをいただいちゃいます。

2014011130_2
いやぁ~、いい雪だ!
今日はあまり日が射さず気温も低めだったので、パウダーがキープされててイイ感じ。

2014011131
最高やね。

そんな最高の滑りはコチラ(byこばさん):

あ~、楽しかった!o(*^▽^*)o

あとはもう小屋目指してゆる~り下ります。
途中、沢が埋まりきってなくて、シールオンして少し登り返すところもあったけど。
小屋まで戻ってくれば、行きのトレースに沿って下るのみ。

林道に入ってからは、ちょこっと寄り道して木立の中のパウダーをいただいたりして。

2014011132
無事、温井の登山口に到着です。
おつかれさまでした!

お腹も空いたよね、ということで、いいやま湯滝温泉へ移動して、おしゃべりしながら腹ごしらえ。
話に随分花が咲いちゃいましたが、またご一緒しましょう!ということで、こばさんとはここでお別れ。
今日はほんとにありがとうございました♪

そして我らはそのままお風呂に入って、本日のお宿、道の駅あらいに移動。
移動途中で、浪速恋しぐれ隊とまぁ君から連絡が入り、翌日シャルマンの予定を妙高行きに変更、とのこと。
そんならあらいで宴会!というわけで。

2014011133
(Photo by みいさん)
きときと寿司で、カンパ~イbeer

2014011134
なんだかこのメンツ、もう毎週一緒にいる気がしますが。
いつも楽しく過ごさせていただいて、感謝♪

きときと寿司で腹ごしらえしたら、石窯焼きピッツァの店、窯右衛門で二次会。

2014011135
(Photo by みいさん)
ここでももちろん、カンパ~イwine
いやはや、美味しく飲んで食べて語って、山を歩いて滑れる友がいるというのは、ありがたいことですね。

2014011136
(Photo by みいさん)
ピザをつまみに、ここでもワインがススム君。smile
翌日の山行も楽しみです!

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2013/12/28-2014/1/5 東北、湯煙・雪煙旅(8-9日目:笹森山BC+α) | トップページ | 2014/1/12 妙高・三田原山BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

大変、遅めですが、明けましておめでとうございます。
コメントできてませんが、いつも楽しく、かつ感心してレポ拝見してますよ。鍋倉山、人気のコースで週末に貸しきり状態とは、贅沢ですね。ラッセルも度を越えなけれ楽しいです。行動範囲が狭くなかなか足を伸ばせませんがいつかは鍋倉山にも行ってみたいと思ってます。

投稿: F一家K | 2014年1月13日 (月) 21時52分

ラッセルお疲れ様でした~
トレースのお蔭で山頂前に追いつけましたw
滑り上手なお二人なので動画編集も楽しいです♪
ダイナミックなシーンを動画から切り出すのも一興かと(笑
今日は残念でしたが、再来週にでもお出で下さい。

投稿: こば | 2014年1月13日 (月) 21時59分

F一家Kさん>
こちらこそ、ご挨拶が大変遅くなりましてスミマセン。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この週末は、贅沢な鍋倉山BCでした。
みなさん、天気予報の良かった日曜日に集中したんですかね。。。
この日はとっても静か、そしてパウダーもキープされてて満喫です♪
最大で膝くらいのラッセルなら、まだ「楽しい」ですかね。
豪雪のお山だと、楽しいなんて言ってられないんですよね。。。

来週は、そちら方面にお邪魔したいと思ってます。

投稿: まきchin | 2014年1月13日 (月) 22時33分

こばさん>
土曜日はありがとうございました!
おかげさまで、西の沢満喫しました~(^^

動画もたくさん撮っていただきまして。
ごろ太君、何度も何度も繰り返し見てましたです。
ありがとうございます♪
・・・でも改めて見ると、やっぱり「オーバーヘッド」ですよね(笑)

今日は天気悪くてご一緒できず、残念でしたが。
山スキーシーズンはまだまだこれからですね、次回よろしくお願いします♪

投稿: まきchin | 2014年1月13日 (月) 22時38分

こんばんは。

鍋倉貸切でしたか…
同じ日、黒姫も貸切でした。
微妙な天気で黒姫日和だったんですけどね~

3連休初日は出足が悪かったのかもしれませんね。

投稿: たつの | 2014年1月14日 (火) 23時08分

たつのさん>
こんばんは!

黒姫も貸切だったんですね。
まさか三連休に貸切とは思わず、ちょっとビックリでした。
翌日の天気予報が良かったので、みんなそっちに集中したのかな?と思ってみたり。

それでもこの日は、パウダーがキープされててとっても良い雪でした。
黒姫もいい雪だったでしょうね~
もうちょっと雪がたくさん欲しいところですが、もう一降り、二降りきてくれるとよいですよね(^^

投稿: まきchin | 2014年1月14日 (火) 23時56分

鍋倉山、ブナ林が癒し系の感じで良いですねshine

スキーが下手なのでパウダーは無理ですが、春先に行ってみたくなりましたnote

三田原山もそうですが、動画だと雪質が居ながらにして分って面白いですねflair

投稿: 青空 | 2014年1月18日 (土) 12時32分

お久しぶりです!
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

私は日曜日に鍋倉の偵察に行ってきましたが、やっぱり雪がまだまだ少ない感が、、、北信にも雪の恵みを祈るばかりです。

でもやっぱりブナ林のハイクは気持ちいいですね~♪

投稿: みほてぃ | 2014年1月18日 (土) 22時35分

青空さん>
鍋倉山のブナ林は、北信エリアではピカ一の美しさです♪
残雪期もとってもキレイなのですが。。。
気温が上がると、虫が多くて。。。(><)

この日の鍋倉山と翌日の三田原山。
確かに、動画を見ても雪質の違いが一目瞭然ですね(^^;

投稿: まきchin | 2014年1月20日 (月) 02時20分

みほてぃさん>
お久しぶりです~
こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪

日曜日に鍋倉山に行かれてたんですネ!
雪はまだあと一降り、二降り欲しいところですが、ブナ林のハイクはほんと楽しいですよね♪
これからたくさん降ってくれることを祈りましょう。。。

投稿: まきchin | 2014年1月20日 (月) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/58940341

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/1/11 鍋倉山BC:

« 2013/12/28-2014/1/5 東北、湯煙・雪煙旅(8-9日目:笹森山BC+α) | トップページ | 2014/1/12 妙高・三田原山BC »