« 2013/6/1-2 北ア・薬師岳BC(1日目) | トップページ | 【速報】2013/6/8-9 丹沢・大山ハイク&二王子岳に行ってきました~ »

2013年6月 5日 (水)

2013/6/1-2 北ア・薬師岳BC(2日目)

2日目は、山スキーで、薬師岳へ。

201306020
太郎山から見る薬師岳。
いつ、どこから見ても美しいこの山を、静かなこの時期に登って滑って大満足。

===薬師岳~折立===
2013/6/2(日):太郎平小屋(7:00)~薬師峠(7:15)~薬師岳山荘(8:45-9:05)~東南稜ケルン(9:40-9:50)~▲薬師岳(10:05-10:30)~東南稜ケルン(10:50-11:05)~薬師岳山荘(11:15)~薬師峠(11:35-11:45)~太郎平小屋(12:10-13:15)~1,870m三角点(14:15-14:25)~折立(16:00)
歩行・滑走距離:15.2km
累積登高:630m
======

201306021
赤が登り、青が下り。
※太郎平小屋から薬師岳の往復は、GPS持参せずにて手動プロット。
※まきchinが薬師岳に登ってる間に、太郎山へ散歩に行ってたごろ太君の軌跡も入ってます。

1日目:折立~太郎平
2日目:太郎平~薬師岳~太郎平~折立

日曜日、この日の天気は曇り予報。
もしかしたら薬師岳はガスの中かも、そしたら無理せず下山しましょ、と前日話してたのですが。

目が覚めてみれば、曇ってはいるけど、ガスもなく。
いいね、行けそう♪(o^-^o)

前日の宴会で敢え無く滑落したごろ太君、頭が痛いから今日は小屋でビバーク!と。
そんならまきchinは、みんなと薬師岳に行ってきますよ~smile

201306022
というわけで。
まっちゃん&みいさん、やっとし、Dr.篠川、ワタリさんとまきchinの6人で、出発!

まずは小屋の前から、薬師峠目指してゆる~りと歩きます。

201306023
目の前の薬師峠からの急坂は。。。いったいどこを登るやら。coldsweats01

201306024
シールつけたまま、まだまだ雪がタップリ積もった薬師峠へと下ったら、クトー付けて早速急坂に取付きます。
昨年のGW(2012/4/28-5/1)に来た時は、雪が締まっててかな~り怖かったけど、今回はさすがにザラメ雪。
急坂だけど、まぁなんとか登れますな。クトー付けてるし。

201306025
そうは言っても、結構な急坂で高度感あり。
ジグ切りつつ150mほどを一気に登り上げて

201306026
ふぅ、薬師平に到着。ようやく傾斜が緩くなった。

201306027
ここからは、右手にゆる~く延びる稜線の上を歩きます。
ほぼ夏道沿い、かな。

201306028
稜線上からは、この眺め♪
薬師岳山荘と東南稜ケルンへと連なる稜線、そして東南稜がどど~ん。(≧∇≦)
東南稜には雲がかかってますが、これもまたイイ感じにかっこいい。

つながってるかどうか心配してた雪は、稜線の東南側にしっかりタップリ。
問題なくスキーで歩けそう。
というわけで、まずは薬師岳山荘目指して、Go!

201306029
(Photo by みいさん)
緩やかな稜線を、ゆる~りと。
風もほとんどなく、なかなか快適な稜線歩きですな。happy01

2013060210
ちょいとトラバース気味に歩くところもあり。
それにしても大迫力の斜面、時間があったらしゃぁ~っと滑り降りてみたいところであります。

雪の稜線をタシタシ登っていくと

2013060211
お、雷鳥のつがい発見。o(*^▽^*)o
近くまで寄っても、ぜ~んぜん逃げないし。
一生懸命何かをついばんでますな。

2013060212
(Photo by Dr.篠川)
ほどなく到着した薬師岳山荘で一本。
2010年に建て替えられたばかりのキレイな山荘。
今年は6月末からの営業だそうで。(薬師岳夏山開きの6月8日~9日は小屋を開けるそう)

2013060213
(Photo by Dr.篠川)
小屋の前で一休みしたら、山頂向けて出発!
夏道も出てるけど、我らはココから先も、まだまだ雪をつないで登りますよ~。

2013060214
いい眺め!(≧∇≦)

2013060215
北ノ俣岳と黒部五郎岳。
今度は花の時期に歩きたいねぇ。今年は歩けるかな。(o^-^o)

景色を眺めつつ、ゆる~り稜線を登り上げると

2013060216
避難小屋のある東南稜ケルンに到着。
薬師岳の山頂は、もう目の前!

金作谷カール滑降を狙っているDr.篠川とワタリさん、やっとしは、残雪つないでスキーで歩いて山頂を目指す、と。
みいさん隊とまきchinは、ここに板をデポして、稜線上の夏道を辿って山頂へ。

2013060217
山頂で会いましょう、気をつけてね~paper

2013060218
板デポ組は、岩ごろの歩きづらい稜線をゆる~り平行移動して

2013060219
薬師岳山頂(2,926m)、到着~♪
いやぁ~、来れちゃいましたね!happy02

GWと山開きのハザマのこの時期、歩く人もほとんどなくて静かな山頂。
なんとも贅沢な、薬師岳の山頂であります。happy01

2013060220
(Photo by Dr.篠川)
時を同じくして、金作谷隊も到着。
みんなで山頂の祠にお参りしたら、金作谷隊は、いざ、ドロップ!

2013060221
これがその金作谷カール。
滑り出しはかなり急。下部のモレーンまで滑って、板を担いで北薬師と薬師の間の稜線に登り上げる、そう。
・・・う~ん、ちょっと私には無理かな。。。
最後の稜線までの登り上げ、結構急で怖そうだし。

2013060222
そんなのカンケイないお三方は、しゃぁ~っと岩の間を抜けクラックを避け、華麗に滑り降りていっちゃいました。

2013060223
は~、カッコいい。

2013060224
ま、ウチらはのんびりまったり、帰りますかね。
きっとみんな登り返しも早いから、太郎平小屋に到着するのはほとんど同時に違いない。

稜線西側のトンビ沢はまだまだ滑れそう。
ウチらが滑るなら、こっちのメローな斜面のほうが楽しいかも。
でも、中央カールとかも滑ってみたいしねぇ。

・・・なぁんてしゃべりながら下っていると、またまた雷鳥のつがい発見!

2013060225
すっかり夏毛の雷鳥の雌は、岩に紛れて見失いそう。
その雷鳥の雌の視線の先には

2013060226
雄の雷鳥。
景色眺めてるのかな。

2013060227
そんな感じでゆる~り歩いて、板をデポしたケルンに戻ってきました。
さぁて、ここから一気に滑って太郎平小屋を目指しましょ。

2013060228
今回はGPSも持ってないし(ごろ太君が持ったままだった)。
おとなしく、来た道を戻りますかね。

2013060229
ちょっと高山病気味で辛そうなまっちゃん。ごろちゃんと一緒に、小屋でビバークしてればよかった!とぼやきつつ、ザラメ巻き上げてしゃぁ~っとね。
さっくり高度を下げましょ。

2013060230
雪面にはさすがにちょっと縦溝ができてて、硬くなってるところもあるけど。
開けた稜線をの~んびり滑って、気持ちイイ♪
ザラメもイイ感じ~o(*^▽^*)o

薬師平から薬師峠へと下る斜面で、ちょっと降り口を間違えそうになったけど。

2013060231
無事に、薬師峠に戻ってまいりました。
今日はカメラマンごろ太君がいないので、さっくり下っちゃいましたね(^^;

薬師峠でシールオン、太郎平小屋までは一登り。
我らが小屋に到着してほどなく、予想通り、金作谷隊も戻ってきました(早い!)。

ごろ太君は、タップリ睡眠とった後、太郎山に登って2時間くらいのんびりマッタリ散歩してたようで。
復活して良かったヨカッタ。

全員小屋に到着したところで、カレーライスで腹ごしらえ。
荷を整えて、折立目指して下山開始であります。

2013060232
(Photo by Dr.篠川)
小屋のスタッフの方に見送って頂いて。(o^-^o)

2013060233
ガスってきた尾根を下ります。
広~い尾根は、ガスに巻かれるとなんだか迷いそう。

2013060234
所々の細かい登りを越えつつも、尾根北東側の雪をつないで概ねゆる~りと下る道。

行きにシールオンしたコルへ下るところで、尾根の東側の谷へと入りこみそうになりつつも、方向修正して無事コルへ。
コルに下ったところで板を担いで、1,870m三角点までちょいと登り返し。

2013060235
なんだか、前日よりも更に雪が融けてる気が。
木のベンチなんか、昨日は1つしか出てなかったのに。
もうベンチが4つも顔を出してる。。。coldsweats01

雪、融けだすと早いよね。

さて、昨日登ってきたときは、ここから150mほどはまだ雪がつながっていたし。
雪がある限りは滑るぞ!と、ここからまたスキーで下ります。

2013060236
なんかもう、障害物スキーみたいになってるけど。

2013060237
板のソールが傷つく・・wobblyなんて言ってる場合じゃなくて。
時には枝を踏みつつ笹薮をかきわけつつ。
しつこく雪をつないで下って

2013060238
は~、さすがにここでスキーは終了。
ここから先は、修行の夏道下り。coldsweats01

2013060239
行きには、キレイだねぇ♪と眺めてた花たちにも、帰りはほとんど足を止めることはなく。
ただただひたすら、どんどん下りますが。。。なかなか登山口に着かない。。。wobbly

やっぱりスキー靴だと歩きにくい(特に下り!)。
重いのを我慢してスキー靴も担いで、登山靴で来た方が楽だったのかしらん。

登山口はまだか~、まだか~、と呪文のように唱えつつ。
木の根や岩がごつごつした道をガッツリ下って

2013060240
ようやく折立まで下ってきました。
あ~、疲れた!

2013060241
駐車場には、もう我らの車しか残ってなくて。
来週の山開きは混むんだろうけど、まぁ今週は静かなもんです。
・・・ま、これも狙いの一つだったわけで。

そして下山後の温泉は、有峰林道・亀谷ゲート近くの白樺ハイツの立ち寄り湯へ(大人600円)。
なかなか広いし空いてて快適、のんびり浸かって疲れをほぐしたら、ここで解散。

この日の関越道は結構空いていて、23時ちょいには横浜に帰着、であります。

<今回の山行>
今シーズンの山スキーは、11月の立山に始まり、そして6月の薬師岳で〆。
ゲレンデスキーも含めて滑走日数は46日間、いやはや、今年は、よく滑った!happy02

そしてなんといっても、今シーズンのトピックスはみいさん隊とのコラボ。
立山初滑りで念願のバッタリ、その後も道の駅あらいでバッタリ、佐渡山でニアミス。
初コラボ山行は大毛無山、それから鍋倉山に鳥海、雪倉、白馬鑓に、〆の薬師岳。
どの山もほんと楽しくて、ステキな山仲間ともた~くさん知り合えて。

また新しい世界が開けた、そんなシーズンでありました。
みいさんに、そしてご一緒させていただいた皆様に、心から感謝感謝です♪
グリーンシーズンも、ぜひ♪

それから今回アタックの薬師岳。
有峰林道と太郎平小屋が開いて、薬師岳山開き前のこのハザマの時期は、静かで狙い目かもですね。
太郎平小屋も、この週末の宿泊者は11人だけ、と、とっても静かでした。
(薬師岳山開きの週末は、結構混むらしい)

GWに飛越新道から来るよりは断然楽だしねぇ。
とは言いつつも、最低2泊はして、ノンビリしたかったところでもあり。。
そういう点では、GWがいいんだけどね。。
(GWはいろいろ行きたいところがありすぎてbearing

そして今回、ウチらは折立から太郎平小屋までたっぷり5時間かかりましたが。
足の速いやっとしは、3時間くらいで来れちゃった、って言ってたし。
赤木岳日帰り、って言ってる方もいたし。
足の速い皆さまは、ガッツリ登って滑って、さっくり楽しんでおられた様子であります。(^^

・・・気が変わらない限り、これで今シーズンは板納め。
(って、まだ滑りたい人が約一名いてますが。。。)
無事にシーズンを過ごせたことを感謝しつつ。
いよいよ(ようやく?)、意外と短いグリーンシーズンに突入、ですね!

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2013/6/1-2 北ア・薬師岳BC(1日目) | トップページ | 【速報】2013/6/8-9 丹沢・大山ハイク&二王子岳に行ってきました~ »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

ほんと好きね~
ボッカスキーは大変だ~
ボッカ真似できません?
どうもお疲れ様でした。

やはりISBには男共は
かないまへんでしたか?
なかなかの藪スキーも
楽しそうですね。
ハイ私は遠慮させていただきます。
別名藪TOKIOですが・・・

ではグリーンシーズンもよろしくです。

投稿: トッキー | 2013年6月 6日 (木) 15時28分

トッキーさん>
重荷はキライじゃないんですけどね。smile
いやぁ~、スキー靴でのボッカはキツかった~coldsweats01
そんなんでも行っちゃうなんて、ほんと好きよね~(^^;

ISB太郎平公演も大盛況で。
ワタクシも、後半はコタツでホワイトアウトでしたよ。。
姐さんにはかないまへん(汗)

そして太郎平からの下り、トッキーさんが好きそうな藪があちこちに。
そんな遠慮なさらず、どうぞどうぞ(笑)

・・と言いつつも、もうさすがに藪スキーも終わりですねぇ。
いうわけで、いよいよグリーンシーズンですね♪
またよろしくお願いします!

投稿: まきchin | 2013年6月 6日 (木) 22時01分

今年もやっぱり行かれたのですね。薬師周辺は本当にいいところですよね。
例年この時期まで滑れるのでしょうか?はたまた今年が特別だったのか。私達が滑り納めとした富士山は、今年は前年に比べて随分少なかったです。
シーズン滑走日数46日というのにも驚かされました。
来季は乗鞍周辺でコラボしましょう。

投稿: ファントム | 2013年6月 7日 (金) 21時32分

ファントムさん>
今年は、スキーで薬師岳には行くことはないかなぁ・・と思っていたのですが。
思いもかけずみいさんのお誘いで、今年も大好きな薬師岳に行ってくることができました!
そしてこの時期は、空いてて静かでいいですね(^^

毎年、この時期まで雪があるのかどうかは?ですが。
富士山が、前年に比べて随分雪が少なかったということなのであれば、この辺りも6月初旬ギリギリは毎年行けるのかもしれないですね。。。
(それにしても富士山滑降はすごすぎます!!)

そして今シーズンは、ほんとよく滑りました!
滑走日数46日は、これまでの記録更新です(^^;
・・にもかかわらず、乗鞍方面にはぜ~んぜん行けなかったまきchin隊でありまして。
来年は是非・・・Kさんもご一緒に、飛騨乗鞍でコラボしましょう♪
カワイイお孫さんのお話も、お聞かせくださいね~♪(私はカワイイ甥っ子の話で対抗します!)

投稿: まきchin | 2013年6月 7日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/57532664

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/6/1-2 北ア・薬師岳BC(2日目):

« 2013/6/1-2 北ア・薬師岳BC(1日目) | トップページ | 【速報】2013/6/8-9 丹沢・大山ハイク&二王子岳に行ってきました~ »