« 2013/3/16 大毛無山BC | トップページ | 【速報】2013/3/23-24 博士山BC&三岩岳BCに行ってきました~ »

2013年3月21日 (木)

2013/3/17 鍋倉山BC

日曜日は、快適ザラメの鍋倉山。

201303170
こば師匠先導のもと、お初の西の沢へ。
ブナ林の中、どこまでも続く広大な斜面に大興奮♪

===鍋倉山===
2013/3/17(日):温井(7:55)~▲鍋倉山(10:25-12:10)~西の沢~温井(13:10)
歩行・滑走距離:8.8km
累積登高:770m
======

201303171
赤が登り、青が下り。

201303172
タップリ眠って目覚めた朝。
道の駅あらいからは、朝日に輝く妙高山♪
今日もいい天気だ!o(*^▽^*)o

昨晩の宴会ヶ岳メンバーで、道の駅のすき屋で朝定食をいただいたら、一路、道の駅飯山へ。
ここで本日のメンバー、こばさん達と待ち合わせ。
乗っていく車を整理したら、登山口の温井へGo!

201303173
最近人気の鍋倉山、登山口にはさぞやたくさんの車が・・と思いきや、意外にも停まってたのは5台程。
除雪最終地点に車を停めて、いざ!

201303174
この日はこば隊長のもと、みいさん隊まぁくん、ごえどんさん、トヨさんたかさん、カモシカ永井さん、Sugiさん、Y井さん、K原さんの13名でのアタック。
天気は上々、この日も期待できますね♪

201303175
まずは田茂木池目指して、林道をショートカットしながらタシタシと。
この辺は緩やかな道のり、おしゃべりしながらの~んびり歩きます。

201303176
ほどなくして、どか~んと開けた田茂木池に到着。
今年の1月に来た時にはあちこちで口をあけてた雪原も、この日は一面真っ白。
トンガリ屋根の小屋を目指してタシタシ歩いて

201303177
小屋の前に、とうちゃ~く(o^-^o)

この日は巨木の谷の南尾根を登るということで、まずは尾根の取付きまで歩きましょ。

201303178
ゆ~ったりと、巨木の谷へのルートの分岐まで歩いて

201303179
谷の右岸、南尾根へと登り上げる急坂へ取付きます。

そういや前回来た時も、おんなじところを登ったっけね。
前回はパウダーパフパフだったけど、今回はちょいと硬めの斜面。
登りだしからクトーつけて取付きます。

2013031710
ブナの大木がそこかしこに立つ、なんともステキな斜面。
しかも空は紺碧の青空、真っ白な斜面とブナの木肌とのコントラストが際立って美しい♪

2013031711
こんなブナ林眺めてたら、急坂もあっという間ですがな。happy01

トヨさんとおしゃべりしつつ、急坂をジグきってのぼることしばし。

2013031712
いつもの、針葉樹が立つ展望スペースに到着~♪
ここまでくれば、鍋倉山登りの核心部はほぼ終了。
あとは尾根上のブナ林をゆる~りと登ります。

2013031713
鍋倉のブナ林の美しさは、もう格別ですな。
木の佇まいといい、色合いといい。
他にはない美しさでありますheart04

2013031714
いいねぇ。
ガスの中の幻想的なブナ林もいいけど、やっぱり青空の下のブナ林は、幹も斜面も白くキラキラ輝いて美しい♪

2013031715
こんなです。もうウットリ。confident

2013031716
美しいブナ林を眺めながらのんびり歩いて行くと、巨木の谷の北尾根との合流地点手前で先行隊に追いつきました。
いい天気とステキな眺めに、みんなもう笑いが止まりませんね。(o^-^o)

さて、山頂まではあともう一息。

2013031717
ゆるやか~な斜面を、山頂目指してGo!

2013031718
なんだかもう、どこかステキな街の並木道みたい。
さしずめ、山頂へと延びる散歩道か。

2013031719
しかも登っていくうちに、木々の梢は樹氷で真っ白に。
なんともクールな眺め。o(*^▽^*)o

こりゃあ山頂はすんごいことになってるに違いない。
木立を抜け、山頂直下のオープンバーンを一登りで

2013031720
鍋倉山山頂(1,289m)、到着!
山頂はちょっと風が強いけど、期待通りの大展望であります。

2013031721
妙高山、火打山と、前日に登った大毛無山。
ウチらのシュプールが見えるぅ~、とこれまた大興奮。happy02

2013031722
斑尾、飯縄、黒姫、高妻(戸隠)、妙高の北信五岳もバッチリ(^^
五岳の遥か後方には、ヤリホや後立山の真っ白な山並みも覗いてますねぇ。

2013031723
四阿山に笠ヶ岳、横手山、岩菅山。

2013031724
野沢温泉スキー場の向こうには、鳥甲山と苗場山。

2013031725
こちらは越後三山と上越国境の山々ですな。

いや~、やっぱり晴れた山頂からの眺めは天下の逸品。
ぐる~り360°、何度眺めてもいいもんです♪o(*^▽^*)o

2013031726
(Photo by こばさん)
笑顔も弾けるってもんでしょう。

まぁくん撮影の山頂360°展望の動画は、コチラ

さて、後続が登ってくるまでの間、西の沢を滑って登り返そうか?という案もあったのですが。
すっかりマッタリモードのメンバー多数にて、山頂からちょっと下ったところに宴会場設営です。

2013031727
みなさん手際よく、さくさく~っとテーブルを制作。

2013031730
こばさんのジンギスカン。
いやもう、お肉柔らかいしタレの味も絶妙で。
ノンアルビールがすすむすすむ。delicious

2013031731
なんとチーズフォンデュまで登場、でありました。
ワタクシ、すっかりお相伴にあずかってしまいました。ごちそうさまです!(≧∇≦)

さて、ランチをのんびり堪能したら、いざ、お楽しみの斜面へGo!

2013031733
巨木の谷の北尾根を滑るたかさん、永井さん、Y井さん、K原さんといったんお別れして

2013031734
(Photo by こばさん)
ウチらは西の沢の斜面へ滑り込みますよ~。
まきchin、初めての斜面なのでワックワク。

2013031735
開けた気持ちの良い大斜面へ。
イヤッホウ♪(≧m≦)

2013031736
木立の疎らな感じといい、斜度といい。素晴らしい!happy02
・・ちょっと雪が硬くて所々アイスバーンなので、ちょいとビビりつつではありますが。
パウダーの時期は、これはもうすんごいことになってそうです。
登り返してパウダーを滑る人が多数ってのもナットク。来年、またその時期に来なくちゃ。

こばさん撮影の動画はコチラ

西の沢を300mほど一気に滑り降りたら、トラバース気味に移動して最後の斜面へ。
ここもまた開けててい~い感じの大斜面。

2013031737
ひゃっほ~い(≧∇≦)

2013031738
いやぁ~、タマランですな(*≧m≦*)

さっきの西の沢よりも、雪がちょいと緩んで気持ちい~いザラメ雪。
メローな斜面も、何ともタマランhappy01

まぁくん撮影の動画はコチラ

2013031739
ここで、北側尾根を滑ってきたたかさん達とも合流。
滑ってきた斜面を仰ぎ見て、大満足♪

さぁ、ここからは大雪原をゆる~り下るのみ。

2013031740
時々足が止まっちゃうのは、ストップスノーのせいだけではなく。
滑ってきた斜面を振り返って仰ぎ見たいからでもあり。

小屋の前を過ぎたら、あとは登ってきたトレースを辿ってゆる~りと。
林道沿いに滑り降りて、この日は終了。

2013031741
お疲れ様でした!

登山口には、朝は5~6台しか停まってなかったけど、さすがに下って来てみれば20台近くの車が停まってまして。
やっぱり人気の山だよね。
宴会ヶ岳してる間も、登ってくる人、滑り降りる人がたくさんいたし。

下山後の温泉は、いつものいいやま湯滝温泉(大人400円)。
なぜか結構混んでたけど、ゆ~ったり浸かって満足。

そして同行の皆さまとは、道の駅飯山でお別れし、まきchin隊は一路、横浜へ。
中央道も関越も、そして東北道も渋滞してましたが。
なんとか4時間半ほどで帰宅、であります。

<今回の山行>
土曜、日曜とも、みいさんにアレンジしていただいた山行。
土曜日は、いつか一緒に行こう!と言っていた大毛無山、そして日曜日はマッタリ鍋倉山。

どちらの日も、すんばらしい好天に恵まれて。
展望もすばらしく、ザラメ雪も素晴らしく、共に滑ったお仲間もすばらしく。
もうほんとに夢のように楽しい週末でありました。

まきchin隊は、これまで2人でしかBCに行ったことなくて、こんなに大人数で登って滑るのは初めて。
付いていけるかな、とかなり心配&ドキドキだったのですが。
いざご一緒してみれば、そんな心配は全くご無用(いや、ついて行けてなかったけど)。
遅れを取りつつも終始笑っておしゃべりして、と~っても楽しい山行で。
教えていただくことも多く、なんだか前からのお知り合いのような、とっても居心地の良い2日間でありました。

ご一緒させていただいたみなさまに、大感謝。
今度はもうちょい足を鍛えてガンバリマス!

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2013/3/16 大毛無山BC | トップページ | 【速報】2013/3/23-24 博士山BC&三岩岳BCに行ってきました~ »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

あらためて写真見ると、楽しさがよみがえりますね。
大当たりの週末でした(^-゚)v♪
チーズフォンデュは私もはじめて見て、こんなんもできるんやと勉強になりました(笑)

投稿: ごえどん | 2013年3月22日 (金) 06時44分

ごえどんさん>
ほんと、よみがえりますね~♪
もう楽しくて、ず~っと笑ってました。天気も雪も大当たりだったし、思い出すとワクワクしちゃいます。

チーズフォンデュといい、すじコンといい、皆さますごすぎです。
ああやれば鍋が焦げ付かないうえに、後始末が楽なんだ!と目からウロコでしたhappy01
勉強になりますわぁ~(^^

投稿: まきchin | 2013年3月23日 (土) 00時06分

すばらしい\(^O^)/
鍋倉山ってザラメシーズンでもいいんですね。
このエリアやっぱりすごいです。ちょっと羨ましすぎて…
来シーズンは一度は詣でてみたいなぁ。

投稿: Toby | 2013年3月23日 (土) 16時52分

Tobyさん>
もうね、鍋倉山は、いつ行っても期待を裏切りません。
何と言っても、あのブナ林の美しさは天下一品だし。
パウダーも、ザラメも、もう最高です(><)

来シーズンは、ぜひ。
いらっしゃる際にはお声かけくださいね~♪
(ご案内できるほど知ってるわけではなく、ただ滑りたいだけですが・・・)

投稿: まきchin | 2013年3月25日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/57005080

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/3/17 鍋倉山BC:

« 2013/3/16 大毛無山BC | トップページ | 【速報】2013/3/23-24 博士山BC&三岩岳BCに行ってきました~ »