« 2012/8/15 東大雪の最高峰、ニペソツ山へ | トップページ | 2012/8/17 北見山地の最高峰、天塩岳へ »

2012年8月28日 (火)

2012/8/16 十勝岳温泉巡り♪

南暑寒岳、ニペソツ山と2日間歩いた翌日は、のんびり十勝岳温泉&美瑛の丘巡り。

201208160
いろんな緑がパッチワークのように折り重なる美瑛の丘。
北海道ですなぁ。

> 2012/8/15 ニペソツ山へ

この日は、事前の天気予報通り朝から激しい雨。
というわけで、一日のんびり観光です。

朝は目覚ましかけずにのんびり起きて、のんびり準備して出発。
層雲峡から移動中の車窓からは

201208161
一面の蕎麦畑。
真っ白な花がとってもキレイで幻想的。(o^-^o)

そうして向かったのは、大雪山系十勝岳の山腹、十勝岳温泉。
せっかくなので温泉巡り♪

201208162
まずはココ、カミホロ荘。(一人600円)

内湯は全てオンコ(イチイ)造り、木の香りが浴室いっぱいに立ち込めていて、こりゃ香りに癒されますなぁ。。。
浴槽にはさらりと透明なお湯がたっぷりかけ流されていて、なんとも贅沢。
標高1,200mから富良野盆地を見下ろす露天風呂は、まさに天空の風呂。

一面の雲海が見える時もあるそうで。
ココ、今度はぜひ泊まりで来たい。( ^ω^ )

というわけで、1軒目にしてかなり満足。
ここなら2時間くらい入っていられそう。

201208163
駐車場には、足の悪いキツネがずぶ濡れになってつくねんと。
なんだかもの哀しげだけど、、なんか狙ってるの?

さて、次いってみよ~。

201208164
お次はここから標高で80mほど登ったところにある、凌雲閣。(一人800円)
4年前の大雪縦走の時は、ここに泊まってここから出発したんだっけね。

ここのお湯も源泉かけ流し、赤茶色の濁り湯と、薄茶色のお湯の2種類に入れます。
安政火口を眺める露天に入ってみると、山にかかった雲が一瞬切れて、荒々しい山肌が顔を覗かせてくれました。

・・・が、さすが有名どころだけあって人も多くて。
あまり落ち着かなくて、さっくり上がってきました。

そして最後は、吹上温泉白銀荘。(一人600円)
ちょうど雨が激しく降ってきたので、写真はナシ。
ここも源泉かけ流し、透明のさらっとしたお湯がタップリ。

大きな露天や内湯があって、かなり広い。
宿泊施設も併設されてる温泉保養センターなので、いろいろ楽しむにはヨイかも。

というわけで、定番どころではありますが、のんびり温泉巡りで体も心もホッカホカ。
この日は旭川に泊まることにして、そこへ向かう道すがら、美瑛の丘でも巡りますかね。

地図を見ながら適当にドライブ~♪

201208165
緑の畑の中の赤い屋根が、絵になるねぇ。

201208166
折り重なるような丘と畑。北海道!o(*^▽^*)o

201208167
ビニールシートをかぶったニオの列。
「できるかな」のゴン太くん(懐かしい!)が青い帽子かぶってるみたいで、なんだかカワイイ♪
#収穫した豆を乾燥させるため、積み上げて天日乾燥させているものをニオというそうで。

201208168
雨の中のドライブでしたが、美しい風景を満喫♪(≧∇≦)

さて、のんびりドライブの後に向かったのは、旭川駅にほど近い道の駅あさひかわ。
ちょうど雨も止んで、イイ感じ。

201208169
てくてくと20分くらい歩いて向かったのは

2012081610
大雪地ビール館♪

2012081611
北海道産の麦で作った地ビールを、いただきま~す(^^

ピルスナータイプの大雪ピルスナー、エールタイプのケラ・ピルカ。
他にもシーズン限定の白ビールや黒ビールもありましたが、まきchin隊一番のお気に入りは、これまた限定のオレンジIPA!
オレンジの香りがするホロ苦いIPAが、沁み渡る~(≧∇≦)

北海道の食材タップリの料理は、どれも美味しくて。
写真撮る間もなく、ぺろりと平らげちゃいました(^^;

2012081612
北海道の唐揚げといえばザンギ。これも美味し。

は~、温泉も入って美味しいお酒も料理もいただいて、大満足。
明日は、山、登るぞ~

> 2012/8/17 天塩岳へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2012/8/15 東大雪の最高峰、ニペソツ山へ | トップページ | 2012/8/17 北見山地の最高峰、天塩岳へ »

□観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/8/16 十勝岳温泉巡り♪:

« 2012/8/15 東大雪の最高峰、ニペソツ山へ | トップページ | 2012/8/17 北見山地の最高峰、天塩岳へ »