« 2012/8/12 樽前山登山&余市観光 | トップページ | 2012/8/14 雨竜沼湿原から南暑寒岳へ »

2012年8月24日 (金)

2012/8/13 稚内観光

この日は一日中雨。

201208130
余市から稚内まで怒涛の移動。
日本最北端の地に行ってきました。

> 2012/8/12 樽前山&余市観光へ

同じ道内とはいえ、余市から稚内へは400km弱。
こんなの一気に移動するなんて、良い子は真似しちゃいけません。

さすがに遠いので、余市の道の駅を5時頃に出発。
札樽自動車道、道央自動車道やバイパスをつないで、激しい雨の中走ること6時間。
ようやく稚内に到着。

延々運転してきてお腹すいたので、さっそく腹ごしらえ。
向かったのは、稚内で食べたかった、たこしゃぶ~♪

201208131
稚内駅に程近い、車屋源氏へ。

201208132
レタスをどっさり入れた鍋でしゃぶしゃぶするのは

201208133
これこれ、この水タコ!(≧∇≦)
タコとは思えないくらい、すごく大きい。

201208134
鍋がふつふつと煮立ってきたところで、しゃぶしゃぶ~っと。
透き通ったタコが白くなって、端っこがくるんとなったところで

201208135
ピリ辛味噌だれに付けて、いただきま~す♪

こんなに大きいのに、かみしめるとじんわり甘くて、しかも超やわらかい。
肉と違って、するするといくらでも食べれちゃうo(*^▽^*)o

シメのラーメンは、味噌だれでつけ麺風に。
これもほんと美味しくて、大満足。

さて、お腹イッパイになったら、いよいよ稚内観光。
最北端めぐりです。

201208136
まずはここ。最北端の駅、稚内駅。
今年の6月に建て替えられたとのことで、とってもキレイな駅舎です。
駅にはちょうど電車が到着したところで、大きなカメラ構えた鉄ちゃんが何人もいました。

そしてこんなのも。

201208137
稚内観光協会のイメージキャラクター、出汁之介。
正体は、冬の稚内に現れる野生のゴマフアザラシ。
が、利尻昆布をあまりのおいしさに食べ過ぎてしまい、下半身(とヒレも?)が昆布になってしまった、と。
ぷぷぷ。

駅を出たら、北の端の二つの岬、ノシャップ岬と宗谷岬を目指します。

201208138
道路標識には、日本語と英語と並んでロシア語も。
こんなの、初めて見た!さすが稚内。

というわけで、まずは稚内駅から車ですぐのノシャップ岬。

201208139
晴れていれば、ここから利尻富士が見えるそうで。
今日は雨なので、残念ながら見えず。

2012081310
岬にはイルカの像も。
奥に見えてる横縞の灯台は、日本で2番目の高さがあるとか。

ぶらりと歩いたら、お次は宗谷岬。
ノシャップ岬からは、宗谷湾沿いに35km強。これを近いと見るか遠いと見るか。
海沿いの寒々しい道を走っていくと

2012081311
宗谷岬に到着。
お馴染の石碑の周りには、さすがに観光客がたくさん。
間宮林蔵さんの銅像も建ってました。

宗谷岬の近くには、「間宮林蔵渡樺の地」なる石碑もありまして。
200年も昔に、この海を越えて樺太まで行ったんですねぇ。
遥か昔に想いを馳せてみたり。

さて、この日はここで稚内観光はおしまい。
翌日は晴れ予報、山登りに備えて再び道央へ戻ります。

2012081312
帰路、エクストレイル君は走行距離18万km超え。
たしか17万km突破したのは、今年の5/20、二王子岳からの帰りだったか。
さすがに北海道まで遠征すると、走行距離もがぁ~っと増えますな。(o^-^o)

帰りは雨も止んで走りやすい道。
一面広がる真っ白な蕎麦畑の中、ひたすら走って滝川に到着。

まず向かったのは、本日のお風呂、滝川ふれ愛の里(一人600円)。
かなり広いお風呂は広々ゆったり。
さらりとしたお湯も、イイ感じ。

そしてこの日の夕食は、ジンギスカン♪

2012081313
翌日の登山に備えて。
ガッツリいっちゃいます。

そして道の駅たきかわに移動して、翌日の晴天を祈りつつオヤスミナサイ。。。

> 2012/8/14 南暑寒岳へ

 ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくです

|

« 2012/8/12 樽前山登山&余市観光 | トップページ | 2012/8/14 雨竜沼湿原から南暑寒岳へ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/8/13 稚内観光:

« 2012/8/12 樽前山登山&余市観光 | トップページ | 2012/8/14 雨竜沼湿原から南暑寒岳へ »