« 2012/1/8 白馬乗鞍岳(天狗原)BC | トップページ | 2012/1/14 爆雪、シャルマン! »

2012年1月11日 (水)

2012/1/9 鍋倉山BC、激パフ♪

激パフ狙って、北信の鍋倉山へ。

201201090
狙いは大当たり。(≧∇≦)
ブナの美林の中、パウダーたっぷりいただきました♪

===鍋倉山(BC)===
2012/1/9(月):温井(7:50)~▲鍋倉山(10:35-11:15)~温井(12:25)
累積登高:770m
======

201201091
赤が登り、青が下り。

道の駅小布施を6時に出発し、北信・飯山へ向かったまきchin隊。
目指すは、ブナの美林と豪雪の鍋倉山。

登山口の温井集落を目指して車を走らせるほどに、雪はどんどん深くなり。

201201092
7時頃、温井集落の最奥、除雪最終地点に駐車です。
この時点ですでに1台停まっており、先行の方がいる模様。
そしてまきchin隊がのんびり準備している間に、2組到着して先行していかれました。

201201093
さて、小屋の裏手から出発。
小屋の裏の広場をぐるりと回り込んで歩いて行くと

201201094
こんもり雪が積もった小屋が登場。
いったいどんだけ積もってるんだか。すんごい積雪量。

小屋の前からは、林道と思しき道をゆる~りと。
前日もたくさん人が入ってたらしく、しっかりついた踏み跡に沿って歩いて行くと、開けた平原に。

201201095
あ~・・・なんか雪が降ってきた・・・。(´・ω・`)

最初はちらちら雪が舞うくらいだったのが、あっという間にしんしんと降り積む雪に。
降りまくる雪にちとテンションダウンしつつも、ゆる~りと平原を歩いて

201201096
田茂木池の小屋に到着。
小屋の前では火が焚かれてて、中には管理の方かな、2人ほどいらっしゃいました。

もうここでマッタリでもいいんだけどwobbly・・・とヘタレそうになりつつも。

201201097
いやいや、まだまだ。
先行の方のトレースが埋まりそうになるくらいの勢いの雪にもマケズ。
ここから始まる急斜面に取りつきますぞ。

小屋裏から一段登り、そこから巨木の谷の南側の尾根へ向けて急斜面を登るのですが。

201201098
深い雪の斜面を、何度もジグ切って。
方向転換の訓練か?! 転換しまくりじゃぁ~。coldsweats01

しんしんと降り続ける雪の中、黙々とジグ切って登り。
いったいいつまで雪が降り続けるんかいな、と思っていたら。

201201099
おお!いつの間にか雪が止んで、お日様登場!!
いやぁ~、やっぱり日が射してるっていいねぇ。(o^-^o)

2012010910
こうなりゃ俄然、テンションアップ!happy01
青空まで見えてきて、快調快調♪
緩急入り混じる急斜面をぐいぐい登っていくと、だんだんブナの大木も増えてきて。
いいぞいいぞ。o(*^▽^*)o

小屋のある標高700m地点から300mほども急斜面を登って

2012010911
緩やかに開けた尾根に出た!
背後には千曲川、そして野沢温泉や木島平のスキー場が見えてます(^^

さて、ここから山頂までは、ブナの美林の尾根を登りますよ~

2012010912
いざ、ブナの道へ!
胸が高鳴るぜぃ♪

2012010913
いやぁ・・・美しいねぇ・・・。(*≧m≦*)
ちょうどまた日が陰ってきて、そんなブナ林の中はしっとり美しいモノトーン色。

2012010914
そこを歩く人だけが色を持っているような。
時折雪がさらさら~っと降り積もる音と、雪を踏んで歩く音のみの、静かで青みがかったモノトーンの世界です。

癒されますわぁ。
ブナ林って、春夏秋冬、ほんと心を癒してくれます。あぁ、幸せ。

何度も足を止めてウットリ林を眺めつつ、ゆる~りと登っていくと

2012010915
木々の梢がどんどん近くなり、木々に積もる雪もどんどん多くなり。

2012010916
わぁ、樹氷がすごい♪

こんな真っ白な林の中、ハーフパイプ状の斜面を抜け、オープンバーンを一登りで

2012010917
鍋倉山山頂(1,288m)、到着!
靄の中に浮かぶ千曲川や高社山、野沢温泉方面の眺めが幻想的♪

晴れてれば、北信五岳や苗場、上越国境の山々や越後三山などなど一望なのですが。
ちょうど山頂に着いた頃、また雪が降り出してきて展望はナシ。

それでも風はないので、シールはがしてしばしのんびり腹ごしらえ。
ぼっつらぼっつら登ってくる方と、ぼっつらぼっつら挨拶交わしつつ。
やっぱりこんな静かな山がいいよねぇ。(o^-^o)

お昼頃には天気回復ってことなので、もっと山頂でのんびりしててもいいかな~とも思ったのですが。
さすがに冷えてきたし。
お待ちかねのパウダー斜面にドロップイン!

2012010918
行くぜい!ψ(`∇´)ψ

山頂直下の緩やか斜面を抜け、巨木の谷へ滑り込む頃には

2012010919
おお、青空登場!

斜面には激軽パウダーたっぷり、そうとなればもう、テンション上がらずしてなんとする。

2012010920
ひゃっほう♪ 激パフ!(≧∇≦)

2012010921
いやぁ~、この斜面、ヤバい。
ブナの巨木の間を滑るパウダー斜面。スバラシイ(*≧m≦*)

2012010922
このヒトはテンション上がりすぎ。パウダーも舞い上がりすぎ!

2012010923
あまりにも気持ち良すぎて、森太郎を通り過ぎてしゃぁ~っと一気に滑り降りちゃいまして。

2012010924
サイコウっす!! もう笑いが止まりません。happy02

そして森太郎を通り過ぎちゃったので、せめて森姫様にご挨拶を・・と思いきや。

2012010925
なんと。こんな哀しげなお姿に。(;ω;)
2011年7月に、枯死との診断が下りたとのこと。
・・・300年以上も生きてきたんだよねぇ。
ゆっくりとブナ林の土に戻って、また次の世代につながっていくんだよねぇ。
次世代の巨木も、育ってきてるものね。

時の流れと巡りに思いを馳せつつも、巨木の谷を後にして、谷の北側尾根へと滑り込み。
標高が下がったけど、午前中ほぼず~っと日が陰って雪がしんしんと降っていたことが幸いしてか、まだまだ激パフ♪

2012010926
こ~んなですから。
タマリマセン!!ヽ(*≧ε≦*)φ

2012010927
ブナの木々の間を抜け、パウダー満喫しつつの~んびり滑り降りたら

2012010928
細くなってきた尾根から、北側斜面へドロップ!
開けた平原に向けて広がる斜面はノートラック、そしてここもまた激パフ~♪

2012010929
ひゃほ~い

2012010930
いやぁ、ヤバいでしょう、この雪。
もう山頂直下からここまで、いったいどうしてくれるんだ?!的なパウダーをた~っぷり満喫。
はぁ、満足。(≧∇≦)

2012010931
さあ、あとは谷沿いにゆる~りと、田茂木池の小屋まで滑り降り。
途中から歩きのトレースも登場したので、有効活用してしゃぁ~っと下ります。

小屋の前を過ぎたら、歩いてきたトレース沿いに下ります。
真っ平らで傾斜のない道を漕いだり、スノーモービルの走った跡を越えたり、所々でショートカットしたり。

2012010932
すっかり晴れた青空の下、ゆる~りと滑って温井の集落に戻ってきました。

下山後の温泉は、ここから程近い、いいやま湯滝温泉へ(400円)。
温泉も露天もた~っぷり広くて、の~んびり♪
千曲川沿いの露天は、なかなかロケーションもGoodです。

のんびり温まって、さっくり帰京。
早く下山してきたこともあり、高速もそれほど渋滞していなくて、19時過ぎには帰宅です。

<今回の山行>
前日のハクノリも、この日の鍋倉も。
あまり下調べできず、ほとんど行き当たりばったりだったのですが。

さすが北信、もうパウダータップリ、大満喫♪

鍋倉山は昨年3月に滑ったので、今度は1月、雪がタップリ降った後に行きたいなぁと思っていたのでした。
午前中、雪がしんしんと降る中の登りで、どうなることかと思いましたが。
おかげで、雪の中のブナ林も青空の下のブナ林も。
たっぷりのパウダーも楽しめて、大満足。

ほんと、期待を裏切りません。
シーズンに何度行ってもいいなぁ、ここ。また来たい。

今回は、昨年滑ったコースとほぼ同じだったので、今度は違うルートにも(ちゃんと調べてから)チャレンジしてみたいです。

人気ブログランキングへ ← ブログランキング参加中♪クリックよろしくですwink

|

« 2012/1/8 白馬乗鞍岳(天狗原)BC | トップページ | 2012/1/14 爆雪、シャルマン! »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

おぉ!こっちだったのね。
いやぁほんとに楽しそうだ。行き当たりばったりで極楽パウダーゲットとはさすがですね。
ところでおふたりの足下がとっても気になるワタクシ。今回もwailer&yvetteじゃないですよね?早くスーパーファットの威力と歩きの塩梅をお聞かせください。
森姫ちゃんは去年のレポでもずいぶん元気なかったけど、やっぱ死んじゃってたんですね。残念ですね(_人_)

投稿: Toby | 2012年1月12日 (木) 06時55分

はい~♪ しっかり1日違いのニアミス!でした~^^

何故かココは、すっごい雪で(少雪と言われてるのに)
すっごきパウダーで、最高~♪でしたね~0^^0

森姫ちゃん・・・今回は、お別れできず・・・
たぶん、もう一度くらい行くと思うんで
お疲れ様~♪って、言いに行こう~^^v

やっと北信にも雪が・・・^^
これから、毎週末出撃のまきchinさん隊・・・
絶対、バッタリ~♪しましょう~^^v

投稿: みい | 2012年1月12日 (木) 08時41分

Tobyさん>
そぉそぉ。北信だったのでした(^^
ブナの美林、静かな山、パウダーと、大好きな要素がタップリ。
やっぱいいです、鍋倉山。機会がありましたら是非!!
森姫ちゃんは残念ですが、次世代のブナの巨木もたくさん、ほんといいトコです♪

そしてWailer&Yvette。見られてたか。。。
そろそろ藪も埋まってきたことだし。
今週末あたりから、いよいよ山スキーデビューさせようかと。
使用感、レポしまっす!

投稿: まきchin | 2012年1月13日 (金) 00時41分

みいさん>
う~ん、1日違いのニアミス、残念(><)
ウチも、今シーズン中、もう一度くらいは行きそうです。
ほんとすっごい雪だし、標高低いのにサラサラだし。
最高~♪ですよねぇ~(^^

北信、降ってますねぇ。
今週末も、北信へれっつらご~の予定でっす(^^v
みいさん隊とのばったり、今年こそ!

投稿: まきchin | 2012年1月13日 (金) 00時52分

おっ!私もニアミス!
8(日)は鍋倉山、9(月)日白山に行きました。
今年の鍋倉は雪多いですよねー
ただ森姫が枯れたのが非常に残念です。
BC始めた頃から鍋倉には通ってて、毎年見ていたので非常にさみしい思いがしました。森太郎には森姫の分も頑張って欲しいです。

投稿: ☆マコト | 2012年2月14日 (火) 12時50分

☆マコトさん>
お~、☆マコトさんもニアミスでしたか!
そして翌日は日白山ですか。ここ、行きたいんですよねぇ。
しっかし、この豪雪で行けるのか?!という状況になってますが・・・。

鍋倉山、雪多かったですよねぇ。
この時期でこんなパウダーが!と思いながら滑っていたら、森姫さまの哀しい姿にビックリ。
だいぶ弱っていたみたいですしね。
森太郎始め、次世代のブナには頑張って欲しいですよね。
我々が、木々の頑張りを邪魔しないようにしないと。。。

投稿: まきchin | 2012年2月14日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/53714401

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/1/9 鍋倉山BC、激パフ♪:

« 2012/1/8 白馬乗鞍岳(天狗原)BC | トップページ | 2012/1/14 爆雪、シャルマン! »