« 2010/12/31-2011/1/1 A Happy New Year in 夏油! | トップページ | 2011/1/9 四阿山BC »

2011年1月11日 (火)

2011/1/8 絶景・強風の白馬乗鞍岳BC

新雪たっぷりのハクノリへ行ってきました。

201101080
山頂直下はさすがに強風、シュカブラ越えて、小蓮華岳と白馬岳を眺めつつ。

===白馬乗鞍岳(BC)===
2011/1/8(土):栂池スキー場(林道入口)(9:10)~成城大ヒュッテ(9:55-10:05)~天狗原(11:30-11:45)~▲白馬乗鞍岳(12:50-13:05)~天狗原(13:35-13:45)~成城大ヒュッテ(14:15)~栂池ゴンドラ降り場(14:40)
累積登高:830m
======

201101081
赤が登り、青が下り。

この三連休、久しぶりに長野方面へGo!
行き先は、一年ぶりの白馬乗鞍岳。今回も栂池スキー場からのアクセスです。

横浜を3時頃に出発し、栂池スキー場の駐車場には7時過ぎに到着。
駐車場は満車寸前、さすがは三連休。

201101082
早速準備して、8時運行開始のゴンドラ待ちの行列へ。
※チケットは、回数券40P(3,000円)を購入。ゴンドラ+つが第1or第2リフトで、大人一人20Pです。

201101083
ゴンドラとリフトを乗り継いでゲレンデトップへ向かい、栂の森ゲレンデを横切って林道入口へ。
※リフトは、つが第1、第2どっちでもOK。

201101084
そして林道入口についてビックリ、人がいっぱい!
しかも、前々日までに降り積もった雪がもふもふで、みんな雪に埋もれて準備中。

まきchin隊も、端っこでのんびり準備して出発。

201101085
前方には小蓮華山。風、強そう。

201101086
うぉ~、ハクノリ!(≧∇≦)
真っ白ななめらかな斜面に、テンション俄然上がりますな。

林道にも雪はたっぷり積もってて、先行の方のトレースがまっすぐ一本ついてるのを辿ります。
膝丈くらいは優にありそうな雪をラッセルしていただいてるわけで。。。感謝。。。

林道は何度か折り返してるけど、それをショートカットしてパス。
林の中のショートカットを抜け、再び林道に出ると

201101087
ど~ん!(≧m≦)
ハクノリ、小蓮華山、白馬岳の揃い踏み! 壮観ナリ♪

展望がよいと、テンション上がりますな。
新雪の中のトレースを辿り、2度ほどショートカットして登っていくと、成城大ヒュッテに到着。
ヒュッテの前からは

201101088
真っ白な白馬岳! カッコいい~~(*≧m≦*)
いやもう、北アルプスの山をこんな間近に眺められるなんて。感激。

201101089
白馬岳の隣の杓子と白馬鑓は雲の中。
ま、昼に向けて天候回復する予報だったし、登ってるうちに雲が取れるかな。

2011010810
というわけで出発。
成城大ヒュッテからは、尾根上のトレースを辿ります。
背後には八ヶ岳も♪

尾根を越え、針葉樹の木立の中をゆるゆる歩いて行くと、天狗原直下の大斜面へ。

2011010811
いやぁ~、いつ見ても気持ち良い大斜面。
帰りにここを滑るのが楽しみ♪

2011010812
がっ、その前に。この大斜面を登らにゃなりません。
ジグザグについてるトレースを辿りますよ~。

2011010813
ふかふか雪が踏まれたトレース、登りやすい斜度にジグ切られててラクちん。(感謝!)

タシタシ登っていくものの・・・ロッカー板だと先が反ってるので、踏まれた雪面だと先が浮いちゃうことが判明。
先日の八幡平みたいに、フカフカ雪を踏んで歩くとこだと問題ないんだけど。
ロッカー板でBCするときは、かなりコンディション選びますな。

なあんて考えつつ登りつつ、左手を眺めると

2011010814
おお、雲が晴れた!
白馬、杓子、白馬鑓、唐松、五竜、鹿島槍!!
これこれ、これが見たかったのよ~♪(*≧m≦*)

2011010815
素晴らしい景色に、何度も足が止まっちゃう。

絶景にウットリしつつ、トレースに沿って登っていくと天狗原に到着。

2011010816
目の前には、ハクノリの大斜面ですよ~♪

2011010817
振り向けば、妙高、高妻山も見えてます。近い!

2011010818
そしてなんといってもコレですね。
後立山の真っ白な山並み♪
北ア万歳!と叫びたくなってしまいます。happy01

さて、ハクノリ大斜面の直下でちょっと一息。
風もだいぶ強くなってきたので、フリース着込んでヘルメット装着。
ついでにスキーアイゼンもつけて、大斜面へGo!

2011010819
稜線は、かなり風が強そう。雪が舞ってます。
そして斜面の中腹から上は、風で雪が飛んで硬そうな斜面。

ロッカー板のまきchin、スキーアイゼンがなかったらこの斜面はちと厳しかったかも。
(スキーアイゼンを板に固定できるようにしたので、ヒールリフトしてもアイゼンが効く!)
アイゼン効かせてがしがし踏みこんで歩いてたら、おじさんに声かけられました。

「そんなにばしばし踏んでたら、足、疲れない? 板の先が浮いてるよ~」

・・・確かに。なんか、踏んだら滑らなさそうな気がして、ばしばし歩いちゃってました(^^;
あ、でも、板の先が浮いてるのはロッカー板だからなんですよ~

というわけで、早速歩き方改善して登っていくにつれ、どんどん風が強くなり。

2011010820
山頂直下、2,400mあたりの岩場を回りこむと、そこは風の通り道。
この風の吹きっぷり、わかるかしらん。
強風、というか烈風。

吹き付ける風が冷たくて、顔が痛い!!
あわててネックウォーマーを引き上げて顔をガード。
気温は-8℃だけど、体感温度はいったいどんだけなんやら。

2011010821
やや、やばいんちゃう?!wobbly
このときまきchin、冬のアルプスをテント担いで歩く人を、心底尊敬しましたです。
こんなとこ、でかザック担いでなんて歩けません!!

2011010822
風の通り道から稜線へ向けて登っていくと、一面のシュカブラ地帯。
深いところで膝丈以上もあるシュカブラは、まだ出来立てらしくてやわらかい。助かった。

がしがしシュカブラの上を歩いて行くと

2011010823
白馬乗鞍岳山頂、到着!
背後には小蓮華岳。

ああ、夏ならば花咲き乱れる穏やかな場所(というか、このすぐ下は白馬大池)なんでしょうが。
今は強風吹き荒れる極寒の地、であります。

2011010824
雪倉岳も、これ、このとおり。
あっちも強風吹き荒れてます。
北アルプス、恐るべし。

ふきっさらしの山頂は長居は無用、シール着けたまま近くの岩陰へ避難(?!)。

2011010825
正面には、妙高、火打、焼山が見えてますが。
気分は景色どころじゃなく、「あの岩陰目指して総員退避~!!」な感じ。

2011010826
さあ、退避してシールをはがし、滑降準備したら、眼下に広がる天狗原目指してGo!
登ってきた斜面から尾根をはさんで南側の斜面を滑ります。

2011010827
しゃ~っとね。

2011010828
この瞬間のために、登ってきたのよ~~(><)
斜面上部はちと硬かったものの、中間より下はむちゃくちゃ軽いパウダーがた~っぷり積もってすごい!楽しい!!

2011010829
広大な斜面にシュプールを刻む気持ちよさといったら。

2011010830
サイコウです!!(*≧m≦*)

・・・が、これを登り返して滑るほどの根性も時間もなし。
おとなしく下山しますかね。

2011010831
天狗原の祠にお礼を申し述べて、と。

2011010832
天狗原下の大斜面を目指しますよ~。

そしてこの天狗原下、もうどこ滑っても激パウ。

2011010833
ひゃっほう! ようやくロッカー板の真価を発揮♪

2011010834
ここだけ登り返して何度も滑ってもいいかも、とごろ太君。
さもありなん。

2011010835
いや~、最高。
(が、コケると腰くらいまで埋まります。この後ごろ太君コケて、大汗かいてました)

2011010836
そのまま林間へと滑り込みます。

はあ、気持ち良い大斜面はあっという間に終了。
それでも、今年もこの激パウをいただけて満足。

2011010837
自分のトレースはどれかな?と振り返るのも、また楽しい瞬間。

沢に入り込まないよう注意しながら林間を滑り、登ってきた尾根をトラバース気味に成城大ヒュッテへ戻ったら、あとは林道沿いに下ります。

2011010838
意外にも、登ってきたトレースがほぼそのまま残っており。
所々でショートカットしつつ、トレースを辿ってゲレンデへ。

2011010839
栂の森ゲレンデに戻ってきました~。
このままゲレンデを滑り降り、無事終了。
強風吹き荒れる山の上とはうってかわって、穏やかで平和なゲレンデでありました。

さて、ここから本日の宿、道の駅小布施へ向けて移動です。
下山後のお風呂は、須坂市の市営の日帰り温泉、湯っ蔵んどへ。(大人600円)

人も多いがキャパも大きい。
脱衣場もお風呂もかなり大きくゆったりしてて、快適♪

道の駅小布施では、売店で限定の志賀高原ビールもゲットして車中宴会ヶ岳。
さて、翌日は・・・(^^

<今回の山行>
ハクノリBCは、毎年恒例になりそうな勢い。
今年も、降雪直後の晴天を狙って行ってきました。

狙いは大当たり、山頂直下も天狗原直下も、パウダー満喫♪
エキスパートなところは狙えない我らの足前でも、またまた満喫することができました。感謝。
今回、一瞬雲が取れてくれて、後立山の展望も楽しめてヨカッタです(^^

そして今回の収穫は、ロッカー板だとコンディションを選ぶ、というのがわかったことかな。
確実にぱふぱふ雪がたくさん積もってる時じゃないと、辛いかも。
(まあ、今回みたいに硬いところがあった時のために、スキーアイゼンがあるんでしょうが)

ロッカーのKIKUにするかキャンバーのAURAにするか、試行錯誤の日々は続きそうです。

ともあれ、今シーズンのBCも始まったばかり。
まだまだ楽しみな日々が続きそうです。(^^

|

« 2010/12/31-2011/1/1 A Happy New Year in 夏油! | トップページ | 2011/1/9 四阿山BC »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

おおっ~♪ハクノリ登頂&パッフ~♪ゲット
おめでとうございます^^v

土曜は、本当に良い天気でしたね~^-^
 絶景!でした0^^0

もう、下部の藪も埋まったのかな?
ゲレンデまで快適でした?

スキーアイゼン・・・板にじか付けじゃないと
あきませんね~(--:)
昨日、苦労しました><
ヒール上げると効かないし・・・0--0
じか付けの人との格差がしっかり。。。
おニューの板に、じか付けアイゼンほしいな~^^
(まだ、もってない・・・)

青と白のコントラスト~満喫のBC
ばんざ~~い!!

投稿: みい | 2011年1月11日 (火) 10時39分

みいさん>
いやぁ~、土曜日はほんと、最高のお天気でしたよねっ♪
青空とアルプスの展望ゲット、お互いバンザ~イ(^^

みいさんが12月に行かれたときよりも、だいぶ雪は増えてましたヨ~
藪もすっかり埋まってて、ゲレンデまでパッフ~と降りてきましたです。
これからもっと、雪、増えるんでしょうね~(^^

そしてじか付けアイゼン、すごい!
ヒールリフトしてもアイゼン効くって、安心感かな~りupです。
New板に、つけちゃえ!smile

青と白の世界に~乾杯!beerwine

投稿: まきchin | 2011年1月11日 (火) 21時58分

おおおお〜、
よだれが出そうな景色ですね。
でも実際はさっむいんでしょうねぇ!

冬は全然行ったこと無いですけど
たしかに天狗原あたりは気持ちよさそうですね!!

ロッカー板?!などやっぱりまだまだわからないことだらけですが、地道にがんばります!

投稿: moko510 | 2011年1月11日 (火) 23時46分

絶好の天気ですね~。 ライブカメラなどを見て「メチャ良さそうだな~」と思ってました。 (我家はこんな時に限って出撃できません・・・) 

直付けアイゼンって、有名なブンリンってやつですか? なんか富士山とかでも板履いたまま直登(スゲ~)らしいですね~。

さて、翌日はどこかな~? レポ楽しみです。 

投稿: たかや | 2011年1月12日 (水) 20時57分

BCの聖地ですね~♪
凄い風に見事なシュカブラ、堪りません!
もちろん後立山の山並みも!

3月にロープウェイが運行したら行ってみたいなぁ。
ツボ足ですが(*^.^*)

投稿: しょもも | 2011年1月12日 (水) 23時46分

moko510さん>
この景色、もうヨダレもんですよね~~
開けてるところや山頂直下は、やはりかなり風が強くて、むちゃくちゃ寒かったです。。。
でもこんな景色を見てると、寒いのも吹き飛んじゃいますよネ。

スキーじゃなくても、スノーシューやワカンでの雪上歩きも楽しそう♪
お天気よい時に、天狗原からあちこち出歩いみるのも良さそうです。

投稿: まきchin | 2011年1月12日 (水) 23時57分

たかやさん>
さすがに山頂付近はかなり風が強かったものの、ほんといいお天気でした♪
一瞬雲がとれて、後立山が一望できたのは嬉しかった~(^^

直付けアイゼンは、ビンディングと同じDynafitの純正アイゼンです。
ビンディングのとこの金具にひっかけてアイゼンつけて、これまた板に取り付けたストッパーでアイゼンを固定すればOK。

AURAも、ビンディングをDynafitのに替えて、直付けアイゼン付けられるようにしたい!!と思う今日この頃です(^^;

投稿: まきchin | 2011年1月13日 (木) 00時05分

しょももさん>
いやほんと、「聖地」です!

シュカブラ、すごかったです。
硬いシュカブラだと、溝にはまって跳ね飛ばされたりするんですが、今回はまだ柔らかかったのでそれもなく。
展望もコミで、大満喫です。

ロープウェイが運行したら、是非。
そのころには、歩く人もたくさんいらっしゃるのではないかと。
歩きでも、いろいろルート取りはできそうです)

投稿: まきchin | 2011年1月13日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/50552888

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/1/8 絶景・強風の白馬乗鞍岳BC:

« 2010/12/31-2011/1/1 A Happy New Year in 夏油! | トップページ | 2011/1/9 四阿山BC »