« 2010/8/21-22 蓮華温泉から白馬岳へ(1日目) | トップページ | 【速報】2010/9/4-5 大天井岳に行ってきました~ »

2010年9月 2日 (木)

2010/8/21-22 蓮華温泉から白馬岳へ(2日目)

2日目、稜線からは、北アルプスの山並み大展望。

201008220
白馬岳山頂からは、剱・立山や黒部の山々、裏銀座・表銀座、ヤリホが一望!

===杓子岳、白馬岳、小蓮華岳===
2010/8/22(日):白馬岳テン場(4:20)~▲杓子岳(5:40-6:10)~白馬岳テン場(7:15-7:50)~▲白馬岳(8:25-8:40)~▲小蓮華岳(9:50-10:05)~白馬大池(11:20-11:45)~蓮華温泉(13:40)
累積登高:720m
歩行距離:15.1km
======

201008221

前日、日の入りを待たずに早々に寝てしまったまきchin。
23時頃、テントを煽る強風に目が覚めた。。。

この風は、明朝には止むのか?!
テン場でこれだけ風が強いってことは、稜線はもっとすごい?!(それともこのテン場、風の通り道か?!)

寝ながらいろんなことが頭をぐるぐる回ってたら、あっという間に起床時間(というか30分寝坊)。
早めの朝食摂って、サブザックで4時過ぎにテントを出発です。
(ほんとは4時発の予定だったのだけど)

ヘッデン付けて、真っ暗な道を歩きます。
途中、丸山には写真撮影の方がいっぱい。

201008222
杓子岳、鑓ヶ岳方面を見ると、山には雲が。う~ん、大丈夫か?!

不安になりつつも、丸山を過ぎて岩ごろの急坂を九十九折りに下っていくと

201008223
お、明るくなるにつれて、雲が晴れてきた。

201008224
東の空が、どんどん茜色に染まっていく。
大雪渓の上の雲海も、もくもく波打ってキレイ♪

201008225
雲がオレンジ色にひときわ強く輝いたと思ったら、太陽のお出まし。
高妻山から昇ってるのかな。

201008226
振り向くと、鑓ヶ岳の裾の向こうに剱岳と毛勝三山。
モヤと空の境目に浮かぶように聳えてます。う、美しい!カッコいい!!

201008227
剱岳、アップ。
いやもう、なんなんでしょうね、この美しさ。
風が強いからか、空気が澄んでて、クッキリはっきり美しい。

201008228
そして見る間に日は昇り。

201008229
茜色に輝く朝靄に包まれ、白馬岳も茜色。

2010082210
鑓ヶ岳も朝日に染まってます♪

山の夜明けは、やっぱり格別。
しかも、茜色に輝く山を間近に眺められるのは、アルプスの稜線の特権ですな。

日の出ショーはものの20分ほどで終了。
すっかり明るくなった道を、杓子岳目指して歩きます。

白ザレの道をゆるゆる登っていくと、杓子岳を巻く道と山頂へ向かう道の分岐に到着。
・・・と言っても、山頂へ向かう踏み跡はいくつかあってよくわからん。
テキトウに踏み跡を辿って、ザレ道を九十九折りに登ります。

2010082211
うお~、ザレザレ。

分岐から登ること20分ほどで、杓子岳山頂(2,812m)到着!

2010082212
前回来た時は、この山頂を巻いちゃったのよね。
というわけで、今回、ようやく山頂ゲットです。

そしてこの山頂からの眺めも素晴らしい♪

2010082213
白馬岳と旭岳。

2010082214
白馬岳と小蓮華岳。
今日はまた、あっちのほうに歩いて行きますよ~♪

2010082215
鑓ヶ岳の稜線の向こうには、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。
その後ろのとんがった山は、前穂かな。

2010082216
東の雲海には、妙高、火打、高妻山、戸隠が浮かんでます。幻想的♪

このほかにも、遠く、八ヶ岳や南アルプスまで眺めることができました。
いやはや、よいねえ。

そして杓子岳の山頂には、続々と登ってくる人が。
みんな、巻かずにちゃんと登ってくるなんて偉いねえ(前回巻いた身としては(^^;)。

登ってきた人の中に、前日旭岳ですれ違ったご夫婦がいらっしゃって、しばしおしゃべり。
前々々週に薬師岳、前々週に針ノ木岳に登られてたそうで。ニアミス!!
百高山や静かな稜線歩きの話で盛り上がってしまいました。

さて、そろそろテン場に戻りますかね。

2010082217
もうこんな時間なので、白馬岳方面から歩いてくる人もたくさん。
すれ違いつつ、ザレ道をさくさくと。

2010082218
あ~、戻るのはあっという間ね。
杓子岳がもうだいぶ遠くなった。

テン場に戻ると、あんなに張ってあったテントはあらかた撤収し、10張り程度残るのみ。
まきchin隊も、トイレを済ませてテント撤収し、蓮華温泉に向けていざ出発!

2010082219
昔は、この白馬岳頂上宿舎の分岐から白馬山荘までの道が、えらく長く感じたんだよね~。
こんな大きなザックを担いで登るようになるとは、そのときは思わなかったよ。

というわけで、さっくり白馬山荘の前を通過し、白馬岳へ。

2010082220
いやあ、気持ちのヨカ道ですなあ。
大展望を背負って白ザレの道を登り、白馬岳山頂に到着。

2010082221
剱・立山、薬師、黒部五郎、裏銀座、ヤリホの稜線が一望!
歩いたばかりの稜線が目の前にあるなんて、もう大感動♪

ちとアップしてみますかね。

2010082222
奥に大天井岳、ヤリホ、手前に蓮華岳、針ノ木岳。

2010082223
野口五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳、黒部五郎岳、薬師岳。
裏銀座と黒部の山々ですな。記憶に新しい!

2010082224
雄山、別山、剱岳。近いねえ。

いや~、たまりまへん。(*≧m≦*)

2010082225
そして、鑓ヶ岳、杓子岳の稜線も♪
いやはや、美しい。

2010082226
そしてこっちは、これから歩く小蓮華岳への稜線。

今日は、空気が澄んでて山が近い!色が濃い!!
時間的には、そろそろ雲が上がってくる頃なので、それまでの間、大展望をのんびり眺めて大休止。
なぁ~んにも考えず、こんな景色を眺めて心が融けていく感じ、わかるかなあ。
そんな至福のひと時、です。

・・・とは言いつつも。そろそろ出発しますかね。

2010082227
左手に雪倉岳への稜線を眺めつつ、ゆるゆると下ります。

2010082228
下山はあっという間ですな。
雪倉岳への分岐を過ぎ、小蓮華岳を目指して歩いて行くと、白馬岳がもうだいぶ遠くなった。

2010082229
白ザレの道をゆるゆる歩いて行くと、小蓮華岳に到着。
一休みしたら、さっくり白馬大池目指して出発です。

イワギキョウ、アズマギク、ウラジロタデ、タカネナデシコが咲き乱れるザレ尾根を下り。

2010082230
おお、白馬大池が見えてきた。
やはりここ、いいとこですね~~。オアシス的な雰囲気も、イイ感じ。

2010082231
こんなで

2010082232
こんなで

2010082233
こんなです!!

ああ、ここもまた、心が融けていくような。
地上の楽園とはこのようなところかと。(≧∇≦)

行きはそそくさと通り過ぎたまきchin隊、帰りはしばし休憩。
栂池方面から来た団体さんやら、すでにテント張ってのんびりしてる人やら、これから白馬岳を目指す人やらで山荘前は大賑わい。

というわけで。一息ついたら、下山しますかね。

帰りは来た道を戻るのみ。
天狗ノ庭より上は、石ころごろごろを越えながらの道、それより下は九十九折りの道。
樹林帯の中に入ってからは暑~い道を下ることしばし。

2010082234
蓮華温泉ロッジに、到着!

そして下山後の温泉はもちろん、このロッジで入ります。大人800円。
イオウの香りたっぷりの透明なお湯は、なんとなく八ヶ岳の唐沢鉱泉に似ているような?!

さらりとした硫黄泉、いいお湯でした~♪

・・・そしてこの日、関越も上信越も中央道も、事故やら何やらで大渋滞。
なんとか日付が変わらないうちに、無事帰宅。。。

<今回の山行>
久しぶりの白馬方面。
どこまでも続く白い山肌とザレ道に、アルプスっていろんな表情があるよな~と再認識。
・・・でもだからこそ、いろんな道を歩きたいという欲求がフツフツと。

そして今回の、蓮華温泉から白馬岳への稜線歩き。
ここ、のびやかで開けて美しく、歩いててほんと気持ちのよい稜線です。
おまけに、雪倉・朝日岳への稜線、清水岳への稜線を眺めつつ、これらの稜線を歩く日を夢見つつ。
いやほんと、良いトコです。

花の時期にも歩いてみたい稜線ですね。あと、初秋の時期とか。そうそう、GW山スキーもしてみたいんだった。
まきchin家の歩きたい稜線ストックが、また増えちゃいました(^^;

|

« 2010/8/21-22 蓮華温泉から白馬岳へ(1日目) | トップページ | 【速報】2010/9/4-5 大天井岳に行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

いいですね~♪
来年の夏はこのルートを歩きたいと思っています。
旭岳には立ち寄りたいけど、杓子岳まで行く元気はないだろうなぁ(^_^;)

それにしても白音さんたちとよく行き先が重なりますね!

投稿: しょもも | 2010年9月 2日 (木) 19時08分

やっぱり、山は夜明け!ですよね〜。だから
やっぱり日帰りよりも山で朝を迎えたい。

この日は針ノ木からも白馬がばっちり見えてました!山つながってますね〜。

しかし、ほんっとにまきchinさんたちタフですね!

投稿: moko510 | 2010年9月 2日 (木) 21時52分

しょももさん>
お~、しょももさんもこの稜線狙いですか。
いやほんと、山ブロガーの皆様のレポ見て憧れてたのですが。
ヨカッタです~~♪

ぜひ、花咲く時期に歩いてみてください!!
白馬大池のあたり、もう気絶しそうなくらいすごいです。ウツクシイです。
旭岳も、天気が良ければ是非。
あの角度からの白馬岳は、ちょいとレアものです。

・・・そして白音さん、実は前から行き先が重なることが多かったんですよね。
なんか、こういうのってウレシイですね。

投稿: まきchin | 2010年9月 2日 (木) 23時51分

moko510さん>
そうそう、やっぱり山は夜明け!ですよね!!
ほんと、山の上から見る夜明けは、もう別格です。
このためだったら、多少出発時間が遅れてもしょうがないか、とか思っちゃうのです。

白馬からも、針ノ木がクッキリ見えてましたヨ~♪
ほんと、山の上にいると、山ってつながっているんだなあ、と嬉しくなりますよね。
行こうと思えばどこまでだって行ける、ってとこがいいなあ、と。

・・・まきchin隊、あっちへふらふら、こっちへふらふらと寄り道ばかりしてますが、全然タフじゃないですよ~~
行きたいとこに、気の赴くままにマッタリ歩いてます(^^

投稿: まきchin | 2010年9月 2日 (木) 23時57分

このコースは山スキーの下見に最高のコースですね。

稜線歩くと、雪あったらどこ滑るか(滑れるか)覗き込みたくなりますね(笑)

投稿: お気楽 | 2010年9月 3日 (金) 00時55分

いや~想定以上の歩きをさらっと歩かれてますね~
もうびっくりですよ。
しかも連週ですもんね、すごい、すごい!
拍手喝さいです(^v^)
また白音さんとバッタリでしたか。
私たちも遭遇率高いと思っていましたがまきchinさんたちも高いですね(^^ゞ

投稿: sanae | 2010年9月 3日 (金) 18時04分

お気楽さん>
そうそう、歩いてても、あのへんをこう滑ったら楽しいだろうな~とか思いながら、ワクワクしちゃいました。

眺めも良いし、下見の楽しみもあるし。
いい稜線です。
いつかは滑るぞ!!

投稿: まきchin | 2010年9月 3日 (金) 21時10分

sanaeさん>
ここの稜線歩きは、ほんと気持ちがヨイですよね。
景色を眺めながら歩いていたら、あっという間だった気がします・・(^^

まきchin隊、歩きはノンビリなんですが。
確かにあちこち、寄り道が多いかも(^^;

最近、バッタリの楽しみが多くてワクワクです。
sanae隊ともいつか!
そして今週末も、これから山に行ってきま~す(下界はもう暑くて・・)

投稿: まきchin | 2010年9月 3日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010/8/21-22 蓮華温泉から白馬岳へ(2日目):

« 2010/8/21-22 蓮華温泉から白馬岳へ(1日目) | トップページ | 【速報】2010/9/4-5 大天井岳に行ってきました~ »