« 2010/5/2 GW遠征4日目 鳥海山BC(祓川) | トップページ | 2010/5/4 GW遠征6日目 角館でお花見+α♪ »

2010年5月12日 (水)

2010/5/3 GW遠征5日目 鳥海山BC(吹浦)

祓川からの鳥海山アタックの翌日は、吹浦からの鳥海山アタック。
雲行き怪しくなっていく中、朝の気持ち良いザラメ斜面を滑りました!

201005030
御浜小屋から望む鳥海山山頂。
いやあ~、このぎざぎざっぷりときたら。

===鳥海山BC・吹浦コース(百名山)===
2010/5/3(月):登山口(6:50)~御浜小屋(9:10-9:30)~登山口(10:10)
累積登高:690m
======

201005031
赤が登り、青が下り。

この日も、朝からかなりの強風。
む~ん、どうも今回は天気に恵まれない。

でも、空は青空。晴れてはいるのよね。

201005032
海岸線も、このとおり。

201005033
遥かに望む山頂も、朝日に照らされてます。
こりゃもう、行くしかないですな。

というわけで、車で大平山荘方面に2kmほど?走ったところにある駐車スペースに移動、です。
鉾立から登ってもいいんだけど。
吹浦からのほうが、斜面も広くて登りやすそうなので。

201005034
そしてここでビックリ。
20台ほど駐車可能なスペースには、10数台がすでに停まってました。
みんなここで車中泊してたのね。トイレとかどうしてるんだろ。

時間も早いのでゆっくり準備し、何組か出発したのを見送ってからまきchin隊も出発。

201005035
駐車スペースの脇から斜面に上がって、いざ。
それにしても斜面、もうぎったぎたですな。

201005036
まだ朝早いので、斜面は前日のトレースがそのままに凍った硬い雪。
つるん、と滑らないように注意しつつ。

201005037
振り向くと良い天気なんだけど。

201005038
前方と頭上には早速怪しげな雲が・・・。

ま、視界不良になる前に、さっくり歩いてさっくり下りますかね(足にもなんだか乳酸がたまってるし)。
というわけで、目標は御浜小屋にロックオン。
そうこうするうちに

201005039
うわ、どんどん雲が分厚くなってきた。

2010050310
見晴らし台辺りの開けた所に出るころには、もうすっかり雲が低く垂れこめてました。
まあ、日が射さないってことはそれだけ雪質もキープされるわけで。
それはそれで、いいか。

この辺で、吹浦口の夏道沿いにたてられてる旗が右手にずら~っと見えてきてちょっと安心。
でもまきchin隊、開けた谷筋の夏道とは離れ、斜面をまっすぐトラバース気味に登る道へ。

そしてこのトラバース、硬い斜面の細い踏み跡を辿っていくことになるので、ちと気を使う。
まあ、それほど急ではないので気を付けていけばOKですね~。

2010050311
トラバース道を過ぎ、また平らな場所を過ぎると、御浜小屋への最後の登り坂。
さ~て、ここも登りますよ~。

2010050312
時折雲の隙間から射す日差しが、雪面に写って美しい。
雲が流れるままに日差しが揺れ動いて行く様は、まるで宮崎駿監督の映画みたい。

山の陰に入ったか、ちょっと風が収まった中をゆるゆる登っていくと、御浜小屋へ続く尾根に出て

2010050313
ど~ん!
いきなり目の前に、鳥海山の山頂が!!
ごっつごつですな~。

そしてせっかくここまで来たので、とりあえず尾根を歩いて御浜小屋へ。
・・・が、歩いて数分のこの距離が、いきなり強くなった風に吹かれてちと辛い。

2010050314
なんとか辿りついたぞな。
まだ雪の下に埋もれる鳥海湖を覗きこんだら、即、踵を返してさっきの場所へUターン。

2010050315
ああ、山頂があっという間に雲の中。
風も強くなってきたようなので、ここで早々にシールはがして下山開始!

2010050316
下りはとりあえず、吹浦からの道沿いに立つ赤旗沿いに滑ることに。
この斜面、真っ白で所々に岩が出てて、どこも同じように見えてしまうので、道迷い防止のための安全策です。

2010050317
ゆる~りとね。

お日様が隠れてるので、雪は程よく硬いザラメで気持ち良い!
板も走りますわあ。

そしてこの時間、吹浦コースは人が列を成して登ってきてました。

2010050318
ブルーライン開通後に登ってきた人たちですな。
こっちのコースは静かなのかな、と思ってたのだけど、やっぱり鳥海山、人気のヤマです。

2010050319
というわけで、人の列を避けつつ、カイテキな硬いザラメ斜面をゆ~ったり滑降。
展望台のあたりで、吹浦からの道から右にそれて下ります。

2010050320
この辺から、やや重ザラメ。
でも、そんなにざっくざくじゃないし、眼下に海を眺めながらの滑りはなかなか気持ち良い。

2010050321
ザラメ斜面を

2010050322
ざ~っと滑って

2010050323
終了! 満足!!

そして下山してきたらなんとびっくり、駐車スペースには40台近くも停められてました。
こりゃ、やっぱり鉾立車中泊して正解、ですな。
ちなみに、ここからもうちょい大平山荘寄りのところにも、吹浦口の駐車スペースがあり、そこも40台近く停められてました。

さて、思いがけず早く下山できてしまったまきchin家。

2010050325
下界から鳥海山を眺めつつ、作戦会議。
翌日の天気は悪そうなので、山はやめて観光作戦。
てことは、今日は温泉&グルメ&移動!

そうと決まれば、まずは温泉。

2010050326
国道7号沿い、にかほ市にある、にかほ市温泉保養センターはまなすへ(一人300円)。

正直期待してなかったんだけど、なんとびっくり、脱衣場は広いし温泉も広い。
ヨウ素を含むしゅわしゅわした温泉と、強塩泉の2種類のお湯が、源泉かけ流しでたっぷり!!
どっちも赤茶色に濁った温泉で、こりゃ効きますわ~~。

ここ、おススメです。

そしてお次はグルメ。
秋田と言えば、これでしょ。

2010050327
秋田市の「津ねや」で、きりたんぽ!!

2010050328
新鮮な鶏レバーも入り、シャキシャキのセリとまいたけとプリップリの鶏肉、そしてもっちもちのきりたんぽ!
美味し~~♪

2010050329
残ったお出汁で、シメの雑炊までいただいちゃいました♪

まきchin隊、きりたんぽのコースをいただいたんだけど、タケノコの前菜、とんぶり、じゅんさい、はたはた寿司、お造り、と秋田の幸もてんこ盛り。
きりたんぽ鍋はお店の方が作ってくださって、ゼイタクに美味しくいただきました~
あ~、熱燗呑みたかった。

そしてこの日は、道の駅協和で車中泊。
夜中、車をたたく雨音で目が覚めたりしつつも。
吹きすさぶ風がないってのは、いいねえ・・。

<今回の山行>
この日は、吹浦からの鳥海山アタック。
ここは、鳥海ブルーラインが閉鎖される前に入って車中泊するのが吉、ですね。
おかげで朝早く出発できて、まだ硬いザラメ斜面を楽しむことができました。

そして前日に引き続き、山の上部はかなりの強風。
御浜小屋より上に行ってる人もいたけど、まきchin隊はここで撤退。
いつか、ここから上にスキーで行ける日がくるんだろうか・・・。

でも、日が射さなかったことが幸いして、気持ち良~く硬いザラメを滑れたわけだし。
まあ、何が幸いするか、わかりませんな。

というわけで。
鳥海山、どこから登っても楽しいかも。
まだ行ったことのない湯ノ台コースとかも行ってみたいし、ほんと、ここだけでもいろいろ楽しめちゃいそうです。
・・・来年のGWもまた、鳥海山か?!

|

« 2010/5/2 GW遠征4日目 鳥海山BC(祓川) | トップページ | 2010/5/4 GW遠征6日目 角館でお花見+α♪ »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

いやー、鳥海山、いいいなーー。
昨年、惚れ込みましたが、また行きたいです。

ちなみに、最後のきりたんぽ、今お腹がすいているだけに、すんごく羨ましいです!!
わけてください。

投稿: atsu510 | 2010年5月12日 (水) 18時35分

atsu510さん>
鳥海山、よいですよね~~。
ウチは昨年のatsu510さんレポを見て、次のGWは絶対鳥海!!と思い続けてたのでした。
今年はかなり風が強かったし、天気もあまりよくなかったので、テン泊だったら辛かっただろうなあ、と。

でも単独峰ならではの雄大さと、火山の荒々しさをあわせ持つ鳥海山、ほんとよいですよね。
滑らずとも、歩きでまた行きたいです。

・・・んで、きりたんぽ。
むっちゃ美味かった!!
やっぱ、家で比内地鶏スープときりたんぽ買って作るのとは別な味ですな。
私も今すぐ、あの味を分けてもらいたい。(^^

投稿: まきchin | 2010年5月12日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/48337151

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/5/3 GW遠征5日目 鳥海山BC(吹浦):

« 2010/5/2 GW遠征4日目 鳥海山BC(祓川) | トップページ | 2010/5/4 GW遠征6日目 角館でお花見+α♪ »