« 2010/1/9 初登りは黒斑山へ | トップページ | 2010/1/16 大雪の志賀高原 »

2010年1月14日 (木)

2010/1/11 四阿山でパフパフBC♪

初登りに続き、初BC。
予想外のパフパフパウダー(所により)と絶景を堪能。

201001110
菅平にこんなとこがあるとは。

===四阿山===
2010/1/11(月):あづまや高原ホテル駐車場(7:50)~▲四阿山(12:20-13:00)~あづまや高原ホテル駐車場(14:40)
累積登高:1,100m
======

2010011134

連休の中日、1月10日はあいにくの天気。
山はあきらめて、戸隠スキー場で一日滑ってました。

そしてその翌日。
1月11日は穏やかないい天気!
こりゃ山日和ってんで、かねてから狙ってた四阿山BCにアタック。

201001111
登山口は、あづまや高原ホテルの駐車場。
ホテルの一段下にある登山者用無料駐車場に車を停め、そこからスタート。
※20台くらい駐車可、かな。トイレはホテルのを借りるみたいです。

201001112
早速準備して出発!
ホテルの横に登山口があり、駐車場から登山口への路上にもしっかり雪がついてたので、最初からシール付けて歩いてます。

201001113
別荘風の建物が所々に建つ林の中を、ゆるゆると。
でもこのへんは、板を担いだほうが実は歩きやすいかも。

201001114
しばしだらだら歩いて行くと、牧柵にぶつかります。
ここから登山道ですな。

2つある牧柵を越え、いざ、登山道へ。

201001115
・・・と言ってもまだ、だらだら道。

しばしゆるゆる登っていくと

201001116
開けた牧草地に、出た!
いや~~、広い広い。こりゃ帰りは気持ち良さそう。

201001117
目指すは右側の尾根。あの向こうに、四阿山の山頂が隠れてます。
左の尾根は、中四阿ですな。

先行の方のトレースは、右側の尾根をまっすぐ目指してるのと、左に巻いてる夏道ルート沿いのと2つ。
どうやら右側のルートが直登っぽい。

広大な斜面は、所々吹きだまったパフパフあり、クラストあり、モナカあり。
石が出てるところはほとんどないけど、帰りは注意~と思いつつ、久々のシール登行。

雪に埋もれた牧柵を越えつつ登り、ふと振り向くと

201001118
ほんのり色づいてる、唐松、五竜、鹿島槍! 近い!!

201001119
見る場所を変えると、こんな感じ。
牧場っぽい♪

クッキリとした展望に、期待がふくらみますな。

さてさてまきchin隊、ここからちょい左に回り込みつつ、林の手前で夏道ルートに合流。

2010011110
ここから林の中を直登。

2010011111
林の中には先行の方のトレースが。
使わせていただいて、大感謝です。。。すいません。

登っていくと、ちょいと木立が切れたあたりで、左から回り込んでくる夏道ルートに合流。

2010011112
ここからしばし、柵に沿ってゆるゆる登ります。
しっかし、雪、パフパフですな。

柵がなくなり(雪に埋もれ?)少し急坂になったあたりから、広い斜面の登りです。
尾根の稜線に出たかな。

2010011113
浅間、黒斑、湯の丸の山並みを背に。
そしてこのあたりの斜面から見た北アの山並みが、一番クッキリ美しかった。

2010011114
白馬三山と唐松岳。

2010011115
五竜、鹿島槍。
鹿島槍の肩には、剱も見えてます~♪

2010011116
こんな山並みが、菅平のスキー場の向こうにずらりと並んでます!
雲だか霞だかに浮かぶ、青くて白い山はほんとステキ。
癒されます。

2010011117
パフパフの雪を踏みつつ、木々の間を登ることしばし。

斜面は益々急になり。
木立もまばらになり、吹きつける風で雪が飛ばされた、硬いクラスト地帯に突入。

2010011118
しかも岩が出てるんだよね~。
岩を踏んづけるたびに、心の中で「あ~~、シールが~~(泣)」と叫びつつ、それでも足は止めずに登る登る。

風も強いっ!寒いっ!!
このあたりが、一番大変だったかも。

そしてここを過ぎると、しばし穏やかな樹林の中をゆるゆると。

2010011119
風は木々に遮られてるし、雪はパフパフだし、斜度はあまりないし。
しかも振り向けばアルプスの山並み。

2010011120
雪がこんもり積もった木々に囲まれて。

四阿山の上にこんな所があったなんて、ほんとビックリ。
眺めも雪も楽しめちゃう、こんなステキな場所が東信にあったなんて。
もう、雪が降ったら四阿山へGo!でいいじゃん、と本気で考えちゃってるまきchin隊であります。

もふもふ雪の中を、時折雪に埋まりつつばふばふ歩いて行くと、いよいよ最後の急登!

2010011121
雪がついてるところはいいんだけど、雪が飛ばされて硬くなってるところが・・・危うし・・。
ここまで来て、登れず撤退?!とか一瞬考えちゃいました。

がっ、気持ちを落ち着けてこの急坂をクリアし、あとは数歩で、四阿山山頂到着!

2010011122
背後には、横手山、草津・万座方面ですな。

2010011123
北信五岳も、クッキリ!

2010011124
浅間、黒斑の山々も。その向こうには八ヶ岳も見えてます。
写真でははっきりしないけど、北岳、甲斐駒も顔をのぞかせてました。

2010011125
御嶽方面。
重なる青い山並みと、白い霞と、斜めに差し込む太陽光がステキ~♪

2010011126
山頂からは、根子岳が眼下に(右側のピーク)。
吹きっさらしの山頂で、寒いよ~~とぶーたれつつ、シャッター押す手が止まりまへん。

いやはや、それにしても大満足。
頑張って登ってきた甲斐がありました。

が、景色を眺めてるうちにすっかり凍えてしまい。
名残惜しいですが、シールはがして下山開始。

2010011127
行きまっせ~。

2010011128
山頂直下の急坂を滑り降りると、しばしこんな木々の間をのんびりツアー。
雪はパフパフ、景色もばっちり。極楽。

2010011129
ふと振り向くと、もう山頂があんな遠くに。
というか、あんな急斜面、登れるもんなんだねえ・・・。

ゆるゆる樹林帯を抜けて現れるガリガリクラスト地帯は、パフパフの左斜面にエスケープしてクリア。
あとはしばらく、開けた斜面をのんびり大回りで下ります。

2010011130
ちょいモナカだけど、雪は軽い~♪

2010011131
天然のゲレンデ!
数ターンしては行き先を確かめ、滑り降り、の繰り返しなので、一気に滑り降りるってわけにいかないのだけど。
なんとも言えないこの高揚感がよいですね~♪

が、天然ゲレンデを滑るのは、相変わらずナカナカ難しい。
でも先日の夏油合宿(?)が奏功してか、ちょいと滑れるようになったような??

なあんて思いつつ、木々の間をすり抜けつつ開けた斜面を滑り降り、牧柵沿いの登山道を抜けると、最後のゆるゆる牧草地へ。

2010011132
広すぎて、何がなにやら。
ちょい硬めの緩斜面を、ゆっくり大回りで滑り降り。

2010011133
あづまや高原ホテルへの登山道入口へ戻ってきました。
いやはや、満足。

ここからはゆるゆると、所々でツリーランしつつ、来た道を戻ります。
あづまや高原ホテルの前まで戻ってきたら、朝には残ってた路上の雪が、すっかり融けてました。

下山後の温泉は、あづまや高原ホテルの立ち寄り湯へ(大人一人1,000円だけど、ホテルHPから割引券ダウンロードで一人800円)。
この温泉、露天もあり、しかもお風呂から浅間山、黒斑、湯の丸が一望!
大きな浴槽でお湯もタップリ。
スタッフの方もとっても親切だし、温泉もかな~り良く、大満足。

<今回の山行>
菅平でBCと言えば、昨年も行った根子岳BCが主流なのかしら。
一昨年までは根子岳ヘリスキーがあったけど、今年からはスノーキャットで山頂まで連れて行ってもらえるらしい。

・・・まきchin的には、やっぱり自分の足でしか行けないところに行きたい。
では四阿山はどう??
あづまや高原ホテルから四阿山往復、しかもスキーでってのはチャレンジングかな~、行けるところまで行けたらいいな~、とチャレンジしてみましたが、これ、かなり良い!
降雪直後で雪がパフパフの時、狙い目です(トレースが消えてる、というデメリットはあるかもですが)。

山頂直下の樹林帯は、展望も良く、針葉樹に積もる雪も美しく、パフパフのたっぷりの雪もすばらしい。
もうここでいいじゃん!(何がだ)と。

周りの方は、山スキーヤーが大半でしたが、スノーシューやワカンで登ってる方もちらほらと。
景色を眺めつつ、パフパフのたっぷりの雪を楽しみつつ、ノンビリ登るってのも良さそうですね。

ここはぜひまたリピートしたい!!

|

« 2010/1/9 初登りは黒斑山へ | トップページ | 2010/1/16 大雪の志賀高原 »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

おう~もう、四阿山も滑れるくらい
雪が積もったんですね^^

なんと、我らの初山スキーが四阿山でっす^^
山頂直下が急で怖かった覚えが。。。

懐かしく拝見しました~^-^
展望もいいし、また好天狙いで行ってみたいなっ^^v

そうそう~9日、黒斑山で夫婦登山者に
会いませんでしたか~?
ブロ友が同じ日に・・・^-^

投稿: みい | 2010年1月14日 (木) 13時30分

みいさん>
もう全く問題なく滑れる雪の量でしたよ~♪
みいさん達の初山スキーは四阿山でしたか、ビックリ!想い出の山ですね~。
山頂直下、確かに急ですよね。
シーズン初めのへっぴり腰で、なんとかクリアしましたが・・・(^^;

9日の黒斑、お二人連れにも何組かすれ違ったような。
ブロ友さん、登られてたんですね!

投稿: まきchin | 2010年1月15日 (金) 01時51分

天気に恵まれましたね~、車中泊の特権ですね。

 東京近郊の山も今週ついに雪が降ってしまい、そろそろ雪山に行こうかなぁ思っています。

 それにしてもスキー、スノーシュー装備2人分の大荷物で車中泊、う~んテントより狭そう。寝返りすると(できないか)エッジでシュラフや顔切りそうですね~、気をつけてくださいね~。

投稿: IK | 2010年1月15日 (金) 08時27分

IKさん>
ほんと、好天求めて移動できるのは、車中泊の特権ですね!
冬用シュラフ、大活躍です。

奥多摩も今週、雪が積もったみたいですねえ。
暖冬かと思いきや、意外と雪が多い?(今だけ?)
IKさんの雪山は、どちらへ?(・∀・)ワクワク

車中泊の時は、板は車外に出してるんですよ~。
エッジでキズだらけなんてイヤですもん。
だけど結構不安なので、車の上に取り付ける収納ボックスみたいの、あれ欲しいです。

投稿: まきchin | 2010年1月15日 (金) 21時33分

なかなか好条件の恵まれましたね!
羨ましいです。。

年末に菅平&鹿沢のスキーに行った時、あずまや高原ホテルに泊まりました(笑)

投稿: お気楽 | 2010年1月15日 (金) 21時39分

お気楽さん>
週末にうまく好天とパウダーが重なるなんて、なかなかないですよね・・・いやはや、ラッキーでした。

そしてお気楽さん、あずまや高原ホテルに泊ったんですね!いいな~。
雰囲気よいとこですよね~、静かだし。
一度泊ってみたい・・・温泉もまた入りたいです。

四阿山、また行こうっと♪

投稿: まきchin | 2010年1月15日 (金) 23時27分

気持ち良さそ~
カッコイイですね~
菅平辺りの雪って良いですよね。
根子岳行った時気持ちよかったですもん。
スキーだと帰りが楽しそうで羨ましい(^^ゞ
四阿山にスキーでトコトコ登ってっちゃって
お元気ですね。
わかんは初めてだったのですね。
スノーシューより軽いから持っていくのは
楽ですけど、最近はスノーシューの方が
多いです(^^ゞ

投稿: sanae | 2010年1月16日 (土) 17時57分

sanaeさんと同じ感想です。
絶対スキーの方が、帰りが快適そうですね。
行動範囲も広がりそうですし。

昨年は温かいコメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いしますね。

投稿: 三脚マン | 2010年1月16日 (土) 21時46分

sanaeさん>
そうそう、菅平辺りの雪って、降ると軽いんですよね~。
なかなか降らないのが、難しいトコなのですが・・・。

四阿山、スノーシューやワカンの方も結構いらっしゃいましたヨ。
天気の良い時に、北アルプスの展望を眺めつつのんびり登山ってのも良さそうですよね♪
我ら、なかなかスキーの足前が追いついてなくて、す~いっと滑り下りるというわけにはいかず、お恥ずかしい(^^;

ワカン、軽くていいですね。
スノーシューは確かにかさばるんですよね・・・パフパフスノーシューハイクもしたいのですが、すっかり押入れの肥やしになってしまってます・・(汗)

投稿: まきchin | 2010年1月17日 (日) 23時20分

三脚マンさん>
わ~、こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
楽しい山行レポ、楽しみです♪

スキーだと、軌道修正が大変なので、下りはかなり慎重になってしまいます。
(勝手知ったる山だったらいいんでしょうけど)
でも、広い斜面をゆったり滑ったり、木々の間を抜けて滑るのは、ゲレンデと違った楽しみがあります~。

投稿: まきchin | 2010年1月17日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/47288973

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/1/11 四阿山でパフパフBC♪:

« 2010/1/9 初登りは黒斑山へ | トップページ | 2010/1/16 大雪の志賀高原 »