« 2009/8/1 序(北海道1日目) | トップページ | 2009/8/3 雌阿寒岳・またまたガスの中(北海道3日目) »

2009年8月12日 (水)

2009/8/2 羊蹄山・ガスとお花の山歩き(北海道2日目)

スキー場からはなんども眺めたことのある羊蹄山。
山頂からスキー場を眺めるぞ~と思いきや、ガスガスの山頂でありました。

200908020
林の中も、ガスで幻想的!

===羊蹄山(百名山91座目)===
2009/8/2(日):京極登山口(5:40)~六合目(8:15)~火口壁合流(9:50-10:00)~▲羊蹄山(10:05-10:15)~火口壁合流(10:20-10:25)~六合目(11:30)~京極登山口(13:25)
累積登高:1,470m
======

羊蹄山へ登る道は、ニセコ側からのひらふコース、京極町からの京極コースが主要ルートとか。
天気が悪そうだったら山頂に一番近い京極コース、良さそうだったらお鉢周りで山頂へ向かうひらふコース、と決めてました。

・・・そして朝、起きたらどうも天気はパッとしない。
というわけで、京極コースからのアタック、決定。

200908021
登山口の駐車場はこんな感じ。登山口の脇に、6台分くらいの駐車スペース。
トイレ、水場はナシ。

200908022
登山口標識の下に、登山届のノートが置いてありました。
名前等々書き込んで、しゅっぱつ!

200908023
最初は畑の脇の一本道。
う~ん、山頂は雲の中だねえ。

畑の脇を歩いていくと、再び「羊蹄山登山口」の大きな看板が。そして道は植林地の中へ。
ここもゆるゆる歩いて行くと、一合目の標識に着!

200908024
「頂上めざしてガンバロウ」とな。

ではがんばりますかね。

200908025
四合目まではしばらく、こんな感じでゆるゆると、緑の道の登りです。

そして標識は一合目ごとに登場。
二合目「マナーを守って楽しい登山」
三合目「無理せずにまず一服
四合目「タバコで燃やすなこの自然」
・・・こうなると、次に何が登場するか楽しみ。

四合目を過ぎたあたりから、ちょいと傾斜が急になってきた。
雨も時折激しく降る中、黙々と登るのみ。。。テンション下がるな~。

200908026 木の根の階段。

五合目「自然をこわすな汚すな大切に」を過ぎると、ここらで雲の中に突入。

200908027
木々の隙間から辛うじて見えてた下界の畑たち。さらば。

200908028
そしてかわりに、道端には雨に濡れたハイオトギリ達が登場。
雨粒がキラキラ、きれいだわあ。ちとテンションあがってきた!

六合目「忍耐の一歩 努力の前進」
七合目「足もとに気をつけて」
・・・ツンデレ?

六合目から上は、木の根が滑るしぬかるんでるし、油断してるとつるーんと滑りそう。
標識の仰せのとおり、足元に気をつけて、九十九折りの道をゆっくり登ります。

大きな石が道にごろごろするようになると、八合目。

200908029
「高山植物を大切に」と。へい。

お言葉どおり、このあたりから、道端には色とりどりの花が登場!

2009080210 2009080211
2009080212 2009080213
キタヨツバシオガマ、エゾウメバチソウ、エゾオヤマリンドウ、コガネギク。

2009080214
こんな感じ。
ガスもあいまって、なかなか幻想的。
雨もほとんど止んで、テンション回復!

色とりどりのお花にウキウキしながら登っていくと、いよいよガレ場が登場。

2009080215
ちと迷いそうだけど、トラロープが張ってあるので、慎重に行けば大丈夫~。

そして岩場には岩場のお花たち。

2009080216 2009080217
ウラジロタデ、イワブクロ。

ガレ場を登り、ちと道が緩やかになったところで九合目。

2009080218
「あと一息」

2009080219
てなわけで、急なガレ場を2つほどよじ登っていくと・・・

2009080220
火口壁合流に到着!
晴れてれば火口の眺めがすごいんだろうけど、ガスで全く視界なし。
そしてさすがに風が強い。

さてさて、ここはさっくり山頂へ。

三角点を通り過ぎ、5分ほど歩いて行くと、山頂に到着~!

2009080221
ガスガスでも、山頂じゃぁ~

2009080222
山頂直下の斜面は、一面花畑!
コガネギクやハイオトギリ、ウスユキトウヒレン、エゾタカネヤナギ、ハクサンボウフウ、サマニヨモギ等々。
ん~、キレイ。
ああ、晴れてたらなあ。

そして火口壁合流に戻る途中、ひらふコース方面からお鉢周りしてきたと思しき人たちに遭遇。
山頂はどこですか~、と聞かれたので、すぐそこですよ~と答えたら皆さんホッとされてました。

こんなガスと風の中のお鉢めぐりじゃ、不安だよね~。
みんな無事到着できて、よかったよかった。

さて、まきchin達は来た道を戻ります。

2009080223
さくさく、さくさく。

2009080224
どんどん下っちゃうよ~ん。

2009080225
帰りはガスがかなり下まで降りてきてて、幻想的な道。
そして道はかなりぬかるんできてて、何度か足を滑らしてつるりんと。
ズボンも靴も、どろどろ。

2009080226
てなわけで、戻ってきました~。
本日、京極コースから登ったのは4組のみ、かな。
天気がイマイチだったこともあり、静かな山歩きでした。

~~~

下山後は、道の駅近くの日帰り温泉、京極温泉で汗を流しました。
大人500円、広々してて気持ちよい。

そして道の駅名水の郷きょうごく内のふきだし湧水でたっぷり水を汲み、道の駅内のレストランで腹ごしらえ。

2009080227
厚切りジンギスカン~
やわらかくて、おいしい!!

で、お腹いっぱいになったところで本日の宿泊地、道の駅中札内へ移動。
道央・道東自動車道で夕張まで行き、日勝峠を越えて、再び十勝清水で道東自動車道に乗り、帯広JCTを過ぎて中札内へ。遠い・・・。
そうそう、道東自動車道の帯広JCTから中札内までは、帯広広尾自動車道(無料!)が延びてました。

道の駅なかさつないは、割とキレイで広さも手ごろ。
さあて、次の日は幌尻アタックの予定なんだけど、天気はどうかな・・・。

>3日目・雌阿寒岳へ

|

« 2009/8/1 序(北海道1日目) | トップページ | 2009/8/3 雌阿寒岳・またまたガスの中(北海道3日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

同じコースを登ったお気楽としては自分のレポと見比べてしまいました(笑)
最初の畑の色が全然違うし、上の方は花いっぱい咲いてるんですね~。
天気だけは似たような悪さのようで・・。
またの機会に行きたいとこですね。

投稿: お気楽 | 2009年8月16日 (日) 22時50分

お気楽さん>
コメントありがとうございます!
お気楽さん、なんと、羊蹄山は100座目だったんですね~しかも同じコース。奇遇です。
私も全く同じ理由で、京極コースからのアタックにしたのでした。
山頂付近で会った、ひらふコースからと思しき人たちは、ほんと辛そうでしたし・・・山頂付近は風も強いですしね。

秋の北海道も、色合いがシックでとってもいいですね。
羊蹄山は、私もぜひスキーで行ってみたいです!
あの斜面、滑ってみたいですよね~~。

投稿: まきchin | 2009年8月17日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/45903212

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/8/2 羊蹄山・ガスとお花の山歩き(北海道2日目):

« 2009/8/1 序(北海道1日目) | トップページ | 2009/8/3 雌阿寒岳・またまたガスの中(北海道3日目) »