« 2009/8/15-16 常念岳から燕岳、ぶらり表銀座の旅(1日目) | トップページ | 丸の内で、お食事会 »

2009年8月29日 (土)

2009/8/15-16 常念岳から燕岳、ぶらり表銀座の旅(2日目)

スッキリピーカンの大展望と、色とりどりのお花たち。
稜線歩きを満喫、です!!

200908160
表銀座から振り返ると、大天井岳とヤリホ~。
大展望、ばんざい!

===大天井岳、燕岳===
2009/8/16(日):常念乗越(5:20)~大天荘(8:10-8:15)~▲大天井岳(8:20-8:55)~大天荘(9:00-9:20)~燕山荘(11:45-11:55)~▲燕岳(12:15-12:30)~燕山荘(12:50-13:10)~中房温泉(15:10)
======

> 1日目はコチラ

夜半にテントを打つ雨音で目が覚めることしばし。
う~、いったい日曜日の天気はどうなるんだ?!

不安になりながら3時半ころ起きてみると、雨も小止みになり、眼下には安曇野の夜景が広がってました。

200908161
おお。天気回復、かしらん。

200908162
そうこうするうちに夜が明け始め。

200908163
どんどん雲がひいていきますねえ。いいねいいね。

お天気回復に期待しつつ、撤収して出発。
常念小屋を後にして、横通岳へのハイマツの道を登っていくと・・・

200908164
うぉ~~!! 槍穂に朝日が!!

200908165
常念も山肌いっぱい、朝日に照らされて。

200908166
あっという間に日は昇る。

200908167
いやあ、お日様ってすごい。

あまりの景色の素晴らしさに、立ち止まって眺めることしばし。
日もだいぶ昇ったので、再び歩き始めます。

200908168
ハイマツを抜けると、横通岳の山頂を巻くトラバース道へ。
白砂の道の先には、東天井岳かな。

200908169
背後には、常念岳。

そしてこの道、左手には常に槍穂の大パノラマ!

2009081610
わあい。

2009081611
北穂、奥穂、前穂と、その向こうには乗鞍、御嶽。涸沢には雪が結構残ってるのね。
上高地には雲が溜まってますな~。

さて、ここまでゆるゆる歩いてきたトラバース道をちょい下り、ハイマツの中の明るい登りになると、間もなく東天井岳。

2009081612
青空にのびる道を登っていくと

2009081613 おおお!花畑!!

2009081614
コバノコゴメグサもみっしりと。

2009081615
チングルマもまだまだ咲いてるよ~

2009081616 2009081617
ハクサンイチゲ、タカネヤハズハハコ。
ほかにも、アオノツガザクラ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、ハクサンボウフウなどなど。

なんでここだけいろんな花が咲いてるのかしらん、と思ってたら、斜面の下のほうに溶け残った雪が。
・・・そっか、雪解けが遅かったから、この時期になって花とりどりなのね。

そして東天井岳の山頂からのびる尾根の向こうに出ると、いよいよ目の前には大天井岳。

2009081618
ああ、いい眺め。

このあたり、白砂の道にはお花がたくさん。コマクサってこの時期、まだ咲いてるのね~。

2009081619 2009081620
2009081621 2009081622
コマクサ、イワツメクサ、チシマギキョウ、ヨツバシオガマ。

2009081623
ゆるゆる~っと登っていくと

2009081624
おお! いた!!

2009081625
ヒナも一緒。なんかうまそう。

雷鳥に癒されてゆるゆる歩いてたら、なんと登山道の向こうに親子サル発見!

2009081626
親子でどこ行くんかいな、と眺めてたら、お猿さん、しばし景色を眺めた後、谷底へ消えて行きました・・・。

2009081627
さて、サルを見送り、ピークを巻いて行くと、ようやく大天井岳と大天荘が!

2009081628
ここのテン場も泊ってみたいのよね。
昨年来た時は、小屋泊りだったので。

そして逸る気持ちを抑えつつ、小屋の前にザックをデポして

2009081629
大天井岳山頂、ゲット!!

常念山脈最高峰の大天井岳。ここからの眺めは、もう天下の逸品。

2009081630
喜作新道と槍穂。

2009081631
双六、三俣蓮華、鷲羽、水晶。

2009081632
これから歩く表銀座の稜線の向こうには、剱・立山、針ノ木、後立山。

八ヶ岳、浅間山もうっすら見えてました。
いやはや、もう、大満足。

しばしぼんやり景色を眺めたら、大天荘まで降りてちょいと腹ごしらえ。

2009081633
さて、燕岳へ向かってしゅっぱ~つ!

ここから大天井岳の山頂を巻くようにして、ちょいガレた道をがっつり150mほども下って喜作新道との分岐に到着。

2009081634
すぐに、ハシゴと鎖がかかった切通岩を通過して、いよいよ表銀座の稜線歩き!

2009081635
白い道と、青い空。

2009081636
左手には、裏銀座の稜線! ああ、あっちも歩いてみたいねえ。

2009081637
振り返ると、大天井岳と槍が岳。

大下りまでは、こんなあかるい稜線を登ったり下ったり。
足元には結構コマクサが咲いてるし、顔をあげると大絶景、てなわけでとっても楽しい稜線歩き。

稜線の安曇野側を通る道に入ると、これまでの白砂の稜線とは打って変わって緑の斜面。

2009081638
前方には大下り(こっちから行くと大上り?)の大斜面。

お花もたくさん!

2009081639 2009081640
2009081641 2009081642
コガネギク、エゾシオガマ、ハクサンフウロ、トリカブト。

2009081643 2009081644
2009081645 2009081646
ウメバチソウ、ヤマハハコ、イワオトギリ、トウヤクリンドウ。

色とりどりですな。癒されます。

安曇野側をゆるゆる下り、コルを過ぎると大下りの登り。

2009081647
ガレてて暑い。
常念のテン場からず~っと前後してご一緒のお兄さんの後について、九十九折りに黙々と登り・・・

2009081648
到着した大下りの頭からは、ヤリホ~や裏銀座の大展望。ん~、ゴホウビ!

さて、あとは燕山荘へ向けてゆるゆると稜線歩き。
このあたりは、燕山荘からの人も多く、ちとにぎやかになってきた。

2009081649
稜線歩きとはいえ、ちと登り気味なわけであり。
まきchin、ちょい疲れてきつつも、コマクサ眺めつつ気合入れて歩け歩け。

そしてようやく到着した燕山荘は、合戦尾根を登ってきた人たちがたくさん。
早々にザックをデポして、燕岳を目指します。

2009081650
最後の一歩き~。

2009081651
イルカ君も、ヤリホ~と大天井岳にはさまれて応援してます!!

最初はハイマツの中をちょい歩き、山頂近くなると真っ白な世界の中を歩きます。

2009081652
なんか、日本離れしてるな~。
道は階段がついてたりして結構整備されてます。

2009081653
で、山頂到着!!

そしてこの山頂も、大パノラマ!

2009081654
歩いてきた表銀座の稜線と、ヤリホ~、大天井岳、常念岳。

2009081655
裏銀座の稜線が、目の前に。だいぶ雲が湧いてきた。

風はそよそよと涼しく、素晴らしい展望はいくら眺めても飽きませんな。
とは言え、そろそろ下山開始。

もと来た道を戻っていくと、燕山荘手前で単独の女性の方に声をかけられた。
「失礼ですが、もしや昨年秋、大天荘でご一緒しませんでした?」と。

んんん? よおく御顔を拝見すると・・・

なあんと、昨年まきchinが単独で大天荘に行った時、山頂で一緒にヤリホを眺め、夕日と朝日を眺め、いろいろおしゃべりしてた、同じく単独で来てた方ではないですか!!
またこの場所で出会うなんて、ほんとビックリ。
そしてお声かけいただいて、大感謝。

2009081656
こんなことって、あるのねえ。
しばしおしゃべりした後、二度あることは三度ある、きっとまたどこかでお会いしましょう!!と別れました。

そんなこんなで燕山荘まで戻ったまきchin隊。
タクシー会社に電話して、帰りの足を確保したら、合戦尾根の下りに突入。

2009081657
最初は明るい道。
昨秋来た時はちょい崩れ気味だった道が、ハシゴとかでしっかり補強されてました。

そして合戦小屋では、おなじみスイカで喉を潤し。

2009081658
ごろ太君、夢中で食べてます。
確かに旨し。

さあて、さくさく下りますよ~。

2009081659
第三ベンチを過ぎるまで、結構な急坂。
でもそれにもめげず、登ってくる人もたくさん。腰がまがったおばあさんも登ってきてました~すごいファイト。

等間隔に配置されてるベンチを通り過ぎつつ、さくさく下ってあっという間に中房温泉に到着!

2009081660 お疲れ様でした~

帰りのタクシーはすでに来ていただいてました。ラクチンですな~。

お迎えのタクシーで、タクシー会社の駐車場のエクストレイル君に戻りました。
そして下山後の温泉は豊科ICにほど近い、ほりでーゆー四季の郷へ。
キャンプ場に併設されてる宿泊付きの温泉施設。結構混んでました。

<今回の山行>
常念岳に行くなら絶対セットで、と決めてた大天井岳と、表銀座を通っての燕岳。
槍穂と裏銀座、立山、後立山まで一望の大パノラマに大満足。

歩いてる人は多いものの、全般的には静かな稜線歩き。
特に大天井岳のあたりは、人も少なく、大展望をゆっくり満喫できました。
さすがに燕岳のあたりは人でごった返してわさわさしてたけど・・・。

ほかのシーズンも、歩きたい道です。
昨年みたいに、また秋に来るとかね。
それに、道中ず~っと眺めてた裏銀座や、槍につなげて歩く道もぜひ。

次回のお楽しみが、また増えました!!

|

« 2009/8/15-16 常念岳から燕岳、ぶらり表銀座の旅(1日目) | トップページ | 丸の内で、お食事会 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、初めまして。
写真がいつもきれいだなーと覗いておりました!

ちょうど1週間後に常念、大天井岳、に行っていたので
おもわず食い入るように見てしまいました。

同じコースを歩いているのに、わたしたちはゆとりもないもんで
こんなお花あったのか!とビックリしてしまいました。

大天井岳、ほんと良いですよね!
お猿まで景色にみとれるのもわかる気がします。

まきchinさんのレポを見てると燕まで行けばよかったと
少し後悔・・・

投稿: eri | 2009年8月29日 (土) 03時21分

eriさん>
初めまして、コメントありがとうございます!

写真お褒めいただいちゃって恐縮、ごろ太君も喜びます。。(*^.^*)
(主に、景色はごろ太君、花は私が撮ることが多いので)

eriさんはこの翌週に歩かれたんですね!
大天井岳、ホントすばらしい眺めですよね~。
一日中、山頂で景色眺めてぼんやりしていたいくらい。

大天井岳~燕岳は、昨年の9月末にも行ったのですが、スッキリ澄んだ空気の大展望が素晴らしかった。
そのころにまた行きたいな~。
eriさんもぜひ! 秋の燕岳狙いなんて、イイかも!!

投稿: まきchin | 2009年8月29日 (土) 13時20分

はじめまして♪
同じ日に乗越のテン場に後から到着しました。遅かったのでヤリホはガスで見えませんでしたし、夜半からの雨で翌日は期待してなかったのですが、素晴らしい天気に恵まれましたね。臨場感溢れる写真、蒼い空がキレイに撮れていて最高!!

投稿: ニコラス・屁イジ | 2009年9月 1日 (火) 20時52分

ニコラス・屁イジさん>
初めまして、コメントありがとうございます!
なんと、同じ日に登ってらしたんですね~。もしやテン場でもお隣さんだったり?!

土曜日はガスガスで、どうなることかと心配しましたが、日曜日はほんと最高のお天気でしたよね!
屁イジさんもまきchin達も、同じ景色を堪能してたんだな~、となんだかうれしくなりました。

写真はまだまだ修行中です・・・。
先日の日曜日みたいに、空気が澄んでる時はキレイに撮れるんですが。
日差しが弱い時の撮り方や、構図の撮り方は、ナカナカ難しいですね・・・。

これからも、よろしくお願いします!

投稿: まきchin | 2009年9月 2日 (水) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009/8/15-16 常念岳から燕岳、ぶらり表銀座の旅(2日目):

« 2009/8/15-16 常念岳から燕岳、ぶらり表銀座の旅(1日目) | トップページ | 丸の内で、お食事会 »