« 【速報】2009/7/5 焼山沢から美ヶ原へ行ってきました~ | トップページ | 今週末は、一休み »

2009年7月 8日 (水)

2009/7/5 焼山沢から、花いっぱいの美ヶ原へ

この時期、美ヶ原はレンゲツツジが満開、とか。
展望はなくとも花は見たい。で、せっかく行くならマイナールートで行ってみたい。

てなわけで、静かな焼山沢からにぎやかな美ヶ原へと歩いてきました。

200907060
清流とコケの道。涼しげ!

===美ヶ原===
2009/7/5(日):焼山沢口(7:30)~焼山滝(8:40-8:50)~牧場ゲート(10:10)~塩クレ場(10:35)~王ヶ頭(11:15-11:20)~王ヶ鼻(11:45-12:10)~王ヶ頭(12:30-13:00)~塩クレ場(13:20)~牧場ゲート(13:35)~焼山滝(14:35-14:45)~焼山沢口(15:25)
累積登高:920m
======

本日の登山口、焼山沢口は、上田市の武石(昔の武石村)にあります。
てことは、横浜からのアクセスも楽! (最近遠出続きなので、ちと感覚おかしい)

というわけで本日はゆっくりのんびり、朝4時ころに横浜を出発。

200907061
登山口には7時ころ着。
登山口の前後に、それぞれ数台分停められる路肩スペースがあり、そこに駐車です。
(登山口前の小さなスペースにも駐車可)

※トイレはナシ。1kmくらい下った武石観光センターのトイレを借りられるみたいです。

200907062
さて、出発。
登山口には「最近熊の目撃情報あり」との注意書きが貼ってあり、まきchinもうビビりまくり。
いつもはごろ太君のみ熊鈴付けてますが、本日はまきchinも鈴つけてみました。

少し道を登り、別荘の横を過ぎると林道歩き。

200907063
緑が鮮やか。

しばらくゆるゆる歩いて行くと、川にかけられた丸太橋が出現。

200907064
これを渡ると、山道の始まり始まり~。

200907065
足元にはコケやシダがたくさん。

200907066
まるで箱庭のような。

200907067
何回か、焼山沢の河原を歩きます。

200907068
清流! サンショウウオも棲んでるらしく、ほんとに水が澄んでてキレイ。

それにしても静かな道。人の気配は全くなし。
だけど道はキレイに整備されてるし、1kmおきに「美ヶ原まで○km」の看板は出てくるし。
焼山沢コース、侮れない。
そして沢から吹き上げてくる風が涼しい~♪

沢音や木々の葉ずれの音を聞きながら、静かな森の中をゆるゆる歩いて行くと、焼山滝に到着。

200907069
水しぶき、ざばざば!

2009070610
大迫力。

2009070611
焼山滝の右上には、こんな白糸の滝も。対照的ですね~、美しい!

マイナスイオンをたっぷり浴びて、しばし一休み。ああ、涼しい。

さて、一休みしたら、美ヶ原に向けて出発。
大きく右に回り込んで登っていくと、こんな標識が。

2009070612
鬼ヶ城?何だろう??
・・・興味は惹かれたものの、踏み跡もほとんどないので見送りました。

2009070613
ロープがしっかり張られた崩落地を過ぎると・・・

2009070614
じゃ~ん! ヒカリゴケ!!

2009070615
光ってます。わかるかな。

さてさて、先に進みますよ~。
さっきの滝の上あたりでは、滝に注ぎ込む沢を渡ったり、ガケの上の狭い道を通ったり。
危なそうなところには、しっかり補助ロープが張ってありました。

2009070616
しばらく沢の上を歩いていると思ったら、またまた沢沿いの道へ。
ここからは、石伝いに沢を渡ったり沢辺を歩いたり、プチ沢歩き気分。

途中に何箇所かある滝を高巻いたりしちゃえば、沢登りでも行けそう。
水は澄んでるし気持ち良さそうなナメやフチはあるし、よさげです。

沢沿いにゆるゆる歩いて行くと、だんだん流れが細くなり。

2009070617
コケむした石の間をさらさらと。

2009070618
石の上にはコケの森。

2009070619
こっちにも。

2009070620
細くなった沢を渡りつつ登っていくと、

2009070621
水石に到着!まあるい石の間に水が溜まってます。
これが自然にできたものだなんて、不思議だねえ・・・。

さて、ここまで来ればもうあと一登り。

2009070622
明るくなった道をゆる~りと登ると

2009070623
牧場ゲートに到着!

2009070624
そしていきなり、レンゲツツジがお出迎え。鮮やか~。

2009070625
さて、ここからは牧柵に沿って歩くのみ・・・と思ったら

2009070626
あらら。前方にはウシ君たち。なんか、すんごいガンつけられてるんですけど。

というわけで闘牛状態になっても困るので、鉄条網の牧柵の反対側に退避退避。
無事、観光客がたくさんいる歩道に出ました。

2009070627
塩クレ場のあたり。

せっかくここまできたので、レンゲツツジ満開の王ヶ鼻を目指すことに。

2009070628
王ヶ頭にはアンテナがにょきにょきと。電波でまくり。

足元には小さなお花たち。
2009070629 2009070630
2009070631 2009070632
ミヤマキンポウゲ、ハクサンフウロ、シロバナノヘビイチゴ、コケモモ。

2009070633
深Qさんによると、北アルプスの二、三の原を除いては、これだけ高い原はない、とか。
確かに、高く広い山上の草はらであります。

ゆるゆる歩いて王ヶ頭ホテルの前を過ぎ、王ヶ頭を抜けて歩いて行くと、両脇の草はらにはツツジが満開!

2009070634
2009070635
2009070636
鮮やか!!

ツツジに負けそうだけど、足元にもたくさん!

2009070637 2009070638
2009070639 2009070640
テガタチドリ、ミネウスユキソウ、タカネニガナ、グンバイヅル。

2009070641
花を眺めつつのんびり歩いて行くと、王ヶ鼻に到着。
団体さんやらいろいろ、一休み中。

2009070642
眼下には松本市街。
晴れてればその奥に北アルプスが一望、なんだろうけど、残念ながら展望はナシ。

2009070643
頭上は晴れてるんだけどねえ。

お昼を食べてしばしのんびりしたら、下山開始です。
途中、忘れちゃいけない、王ヶ頭に寄り道。

2009070644
頂上というか、最高地点というか。

2009070645
さて、帰りましょ。

のんびりゆるゆる歩いて塩クレ場のあたりに来ると、登山道への入り口あたりにはまたウシ君が。

2009070646
むむむ。ただのエサ狙いか?!
観光客の人が差しだす草を狙ってるみたい。

2009070647
登山口への出入り口はコチラ。「登山の人のみ」の但し書きつき。
幸い近くにウシもいないので、観光客にじろじろ見られながら、こそこそ中へ。

帰りはウシ君もいなくて安心して歩ける~、と思いきや

2009070648
いた!!

2009070649
またガン見されてる~~~(^^;
そそくさと通り過ぎ、事なきを得ました(当たり前か)。

さて、下りもまた静かな焼山沢の道。

2009070650
てくてく。

2009070651
さらさら。

2009070652
ざばざば。

途中、焼山滝のあたりで一組に出会ったほかは、またまた静かな沢歩き。
沢風に吹かれてのんびり下りました!

下山後のお楽しみ、お風呂は霊泉寺温泉の秘湯を守る会の旅館、和泉屋旅館。
ん~、普通の温泉かな。
でもすいててのんびり、でした。

<今回の山行>
メジャーな美ヶ原に、敢えてマイナーコースでアクセス。
予想以上に静かな山歩きでビックリです。大当たり!

沢はキレイだし、道も整備されてるし。コケも美しい。
滝も結構な迫力。
歩く人がかなり少ないのか、石が滑りやすかったりしたけどね。
静かな山歩きを楽しみたい方には最適、です。
沢歩きも行けそう。

そしてこの静かな沢道から、明るく開けた美ヶ原に飛び出た時は、ちょっと感動モノでした。
あの道を通ってきたからこそ、美ヶ原の広さ、美しさが身に迫ってきたような。

澄んだ沢と緑のコケ、瀬音や木々の葉ずれの音に癒されました~♪

|

« 【速報】2009/7/5 焼山沢から美ヶ原へ行ってきました~ | トップページ | 今週末は、一休み »

登山」カテゴリの記事

コメント

本当に綺麗ね~^-^
自然で~静かで~、いいコースを選んで
歩かれましたね~^^v

しっかり、道標もあるんや~^^
迷うとこはないの~?

静かな沢道から、明るく開けた美ヶ原に飛び出た時は、ちょっと感動モノ>
う~ん^^ わかる気するなぁ~0^^0

同じ頂上に行くのも、いろんなコースで
見方も変わるんやね~^^
やっぱ自然って素晴しい!

投稿: みい | 2009年7月 8日 (水) 12時08分

同じ山でもルートを変えると全然違いますね
4年ほど前にここは行きました

横浜から近いんですね??
僕は家から30分も走れば遊べる山があるので 登山に限りませんが
車で1時間でもかかると遠く感じてしまいます。

昔はスキーとかで毎月5時間ぐらいかけていってもそれほど遠いと思いませんでした 慣れでしょうね・・
今は準備とか車の運転がめんどうくさくて 近くの山が1番です。
今は睡眠不足の登山とは無縁です・・ 

投稿: ゆう | 2009年7月 8日 (水) 20時51分

みいさん>
さっそくコメありがとうございます~
こんなに静かで緑たっぷりの道は、久しぶり(^^)
道標もしっかりついてて、迷うところはナシ!です!!

ほ~んと、どんな道を通って行ったか?で、その山の印象も変わりますよね。
今回は、ニギヤカな美ヶ原なのに、とっても静かで自然そのまま~な山歩きでした。

自然って、ヤマって、すばらしい!ですね!!

投稿: まきchin | 2009年7月 8日 (水) 23時06分

ゆうさん>
コメント、ありがとうございます~

横浜から3時間くらいだと「近い」と感じてしまうってとこが、ちと感覚おかしくなってますね。
決して、一般的には近いわけじゃないとおもうんですが・・・。

ほんと、ゆうさんがウラヤマシイです。
近くにあんなステキな山があるんですもん。

白山も、いろんなアプローチがある山ですよね。
いろんなルートで、いろんな季節で、遊べますね~~

投稿: まきchin | 2009年7月 8日 (水) 23時10分

今度はどこの山へ行くんでしょうか? 楽しみです
横浜には親戚がいます こちらからだともの凄い遠かったですよ・・・ もしまた白山にこられるならベストなタイミングだといいですね

白山は別当まで1時間半近くかかるんで、いつもちょっと遠いなぁと感じていました。 でも朝だと信号1つぐらいしかひっかからないストレスのない道です。
都会の渋滞では絶対暮らして行けません・・田舎もんです

ちょっと聞きたかったのですが 剣岳 点の記 地元の山ヤで話題になってます。 今日ちょうど景色とロケの様子を放送してました。  僕もちょっと影響されてます
映画は見ないと思いますが 小説はおもしろいですか?

投稿: ゆう | 2009年7月 9日 (木) 00時24分

ゆうさん>
む~、今週末の天気は微妙ですね。今のところ、様子見です。梅雨明けも間近、かな。

白山は、次回は週末にうまく好天が重なれば、空気の澄んだ晩秋を狙おうかと思っています。
ただやはり、ちと遠いんですよね・・・。

そして点の記ですが、私は小説のほうが好きです。
ストーリーにも深みがありますし。
ただ、映画の映像はほんとにすばらしく、すぐにでも剱に行きたくなってしまったのは確か。

新田次郎氏の山の小説は、読んでると山の風景や地図が脳裏に浮かんでくるところが好きです。
なぜか主人公に感情移入しやすいし(山ヤの話だから?)。
そういう意味では点の記も、剱を四方八方から眺めている気分になる、かも?!

投稿: まきchin | 2009年7月 9日 (木) 00時44分

美ヶ原ってこんな楽しみ方があるんですね~
それにしてもレンゲツツジが見事!

>横浜から3時間くらいだと「近い」と感じてしまう
わかる~(笑)
百名山やってると、
普通の人と近い遠いの感覚がずれますよね~(^^;
社内旅行とか、え~なんで、そんな近いとこ旅行なの??
なんて思っちゃったり(^^ゞ

投稿: 白音 | 2009年7月 9日 (木) 18時57分

白音さん>
そうなんですよ~。美ヶ原に行きたいけどただ行くのはつまらん!てときは、お勧めです、このコース。

そしてここにも距離感覚ズレ仲間が!!
そうなんですよね~。感覚ズレますよね。
え、そんなとこまで車で行っちゃうの?!とよく言われます。
いや、そこに山があるから・・・(^^;

投稿: まきchin | 2009年7月10日 (金) 12時52分

初めまして。

焼山沢からの美ヶ原ぼくらも今月行こうと思っていたので
大変参考になりました。
滝がいっぱいで、沢歩き楽しいですね。

投稿: じもら~ | 2009年7月24日 (金) 22時29分

じもら~さん>
コメントありがとうございます!!

焼山沢からの道、狙ってらしたんですね。
参考にしていただけたのであれば、ヨカッタです~。

ほとんどず~っと沢沿いの道なので、登山道を歩いているのに涼しかったです。
せせらぎあり滝ありで、変化もあり、飽きさせません。楽しい山歩きを満喫。
沢登りにもよさそう。

沢の水が澄んでてとってもキレイで、それにコケの緑が色を添えて、という感じで、見た目、とっても涼やか。
じもら~さんの山歩きレポ、楽しみにしてますね♪

投稿: まきchin | 2009年7月24日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/45570180

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/7/5 焼山沢から、花いっぱいの美ヶ原へ :

« 【速報】2009/7/5 焼山沢から美ヶ原へ行ってきました~ | トップページ | 今週末は、一休み »