« 2009/6/27-28 飯豊連峰北端1日目・地神山 | トップページ | 2009/7/4 「剱岳 点の記」観てきました »

2009年7月 3日 (金)

2009/6/27-28 飯豊連峰北端2日目・えぶり差岳

2日目もいい天気、でも風がほとんどなくて暑い!
青空の下、飯豊の稜線をのんびり歩いてきました。

200906280
大石山へ向かう途中、前方にはえぶり差岳。残雪模様がいい感じ。

===飯豊連峰・えぶり差岳===
2009/6/28(日):頼母木小屋(6:20)~大石山分岐(6:50-7:00)~▲鉾立峰(7:45-7:55)~▲えぶり差岳(8:25-8:35)~長者平(8:40-9:00)~▲えぶり差岳(えぶり差小屋)(9:05-9:15)~▲鉾立峰(9:40-9:50)~大石山分岐(10:25-10:45)~水場分岐(11:30-11:35)~滝見場(12:05-12:15)~姫子の峰(12:50-13:00)~足の松尾根取付(13:45)~奥胎内口(14:35)
累積登高:550m
======

>1日目はコチラ

前日はほとんど日の入りと同時くらいに寝てしまい、睡眠たっぷりのまきchin。
朝4時に起きてご来光を眺めることに。

・・・するとっ?!

200906281
空を横切る巨大な緑色の光!!火球か?!
(実はまきchin、見逃した。ごろ太君はしっかりキャッチ)
む~、宇宙って不思議。

そうこうするうちに夜が明け始め。

200906282
朝靄に浮かぶ山並み。

200906283
日の出前の一瞬の暁色。

200906284
朝日に照らされる雪渓。

200906285
えぶり差岳の上は青空。ん、今日はいい天気だ!

小屋に戻って朝食を摂り、準備して出発~♪

200906286
あっちを目指しますよ~。

200906287
朝日に照らされる斜面を、ゆっくりゆるゆる歩くことしばし。

200906288
大石山分岐にザックをデポして、えぶり差岳へしゅっぱ~つ!!

えぶり差岳へは、いったん下って鉾立峰を越え、またまた下って登る、となかなか簡単には登らせてくれません。
大きい荷物担いでると堪えるよね、昨日えぶり差小屋に泊った人達が、ひいこら言いながら登ってくるのと何度もすれ違いました。
こっちは空身ですいません・・・。

立ち話してたら、昨日のえぶり差小屋、ほぼ満員だったらしい。
やっぱり人気の小屋なのね~。

さて、歩きまっせ~。

200906289
下るにつれて大きく仰ぎ見るようになる鉾立峰。

2009062810
鞍部近くなると、見上げる鉾立峰。急そうね~。

そうそう、山に気を取られてたけど、お花もたくさん!

2009062811 2009062812
2009062813
2009062814
ミヤマカラマツ、マルバシモツケ、タニウツギ、ウコンウツギ。

2009062815
てな感じで花も眺めつつ、砂交じりの急な道をぐいぐい登っていくと、

2009062816
鉾立峰、到着! ん~、今日も二王子岳が鮮やか。

2009062817
昨日歩いた地神山までの稜線と、それに続く飯豊の尾根がすばらしい。

2009062818
山形県側の山並み。このもやっと感がまたよい。
うっすらと、朝日連峰も見えてます。

2009062819
そして目指すはコチラ、えぶり差。

ここからまたいったん下って登り返しです。
70mほど下ったら、あとはゆるゆる~とした登り。自然、足元にも目が行きますな。

2009062820 2009062821
2009062822
2009062823
ハクサンチドリ、アカモノ、コケモモ、アマドコロ。
特にハクサンチドリ、道中ず~っとたくさん咲いてて、目がなごみます。

2009062824
ゆるゆる登り、ゴゼンタチバナ咲き乱れる道の先には、えぶり差小屋と山頂が!

小屋の横を通り過ぎ、少し登ると、山頂に到着!!

2009062825
開けた明るい山頂には、虫がぶんぶん飛びまくり。

2009062826
でもメゲずに、来た道を振り返ってみたり。
ここまで来ると、稜線の先に飯豊本山もよく見える。いいねぇ。(^^)

さて、せっかくここまで来たので、途中すれちがったおじさんに勧められた、山頂直下の長者平湿原まで足を延ばすことに。
・・・といっても権内尾根方面に数分下るだけなんだけどね。

2009062827
こんな感じで、小さな池塘が散らばってました。
とっても静か。

2009062829 2009062828
池のほとりには、コバイケイソウやイワイチョウ。
もうちょっとすると、ハクサンフウロやらいろいろ花が咲くんだろうなあ、と。
のんびりしたい向きには、お勧めの場所です。

さて、おなかもすいてきたので、えぶり差小屋で一休み。

2009062830
たたずまいが素敵な小屋であります。

中は板敷きの2階建て。快適そう。

2009062831
腹ごしらえしたら、いざ下山開始。
正面に飯豊の山並みを見ながらの道は、なかなか気持ちがよい。

2009062832
鉾立峰への登りの途中、左手に伸びる沢が美しい。何度見てもよいねえ。

戻りも当然ながらいくつか山を越えてかなくちゃいけないんだけど、帰りは楽々なのはなぜ?!

2009062833
ヒメサユリもたくさん~♪

このころになると、朝早く胎内から登ってきてえぶり差岳を目指す人達がちらほらと。
暑いですね~、お花キレイですね~、と言葉を交わしながらすれ違います。

そんな感じでゆるゆると、鉾立峰を下って登り返すと、大石山分岐に到着。
デポしてたザックを無事回収し、いよいよ下山。

2009062834
は~、二王子岳。
飯豊尾根に負けず劣らず、どこからでも見えて、しかも洗脳されそうな美しさ。

2009062835
大石山分岐の直下、延々と急な尾根道を下って行くと

2009062836
やれやれ、再び涼しげなブナ林の中へ。
でも道は急だし、風もなくて暑いのよ~。
立ち止まってるよりも歩いてるほうが、風がおきて涼しいとはこれいかに。

滝見場を過ぎるまでは、ブナ林の中の道。
時折開けた尾根に出たりしつつも、ひたすら黙々と下る下る。

2009062837
滝見場より下は、松の根階段攻撃。

ちょっと前までだと、山を歩いてて聞こえるのはウグイスやカッコウの声だったのに、今日はヒグラシやカエルの声ばかり。
ああ、夏だねえ。
そして暑いねえ。

立ち止まると暑いので、ひたすら急な道を下り続けることしばし。

2009062838
最後の急坂を下り、ようやく足の松尾根取付に戻ってきました!!
やれやれ。

だがしかし、ここから延々と林道歩き。これがまた暑い。

2009062840
だり~。
そういや、途中、サルとすれ違いました。

あっつい道をだらだら歩き、ようやく駐車場に到着、です。
お疲れ様でした!

そして帰りの温泉は、胎内温泉へ。

2009062841
ロイヤル胎内パークホテル。
こんなところにこんなお城みたいなホテルがあってびっくり。

お風呂も大きく(内湯、露天、展望露天、サウナ)、泉質もまきchinが好きなぬるぬる系。
しかも意外と安い(大人一人500円)。

いやあ、満足満足。

<今回の山行>
憧れの飯豊連峰。
そして憧れのえぶり差岳。
お天気に恵まれ、展望すばらしく花咲き乱れる静かな稜線歩きを楽しむことができました。

人気の小屋はえぶり差小屋みたいだけど、今回まきchin達が泊った頼母木小屋もかなりお勧め。
トイレは自転車こぎ式のバイオトイレでキレイだし、えぶり差岳の展望もヨイ。
管理人さんが入る7月以降は、水場から小屋まで水をひいてくるそうなので、水の心配もナシ、です。

稜線に出るまでの登りがナカナカ大変だけど、この雄大な稜線歩きはそれを忘れさせますな。
まるで東北アルプス。
いつか、端から端まで歩きたい。
そして次回は、本山と大日岳を歩くぞ!!

|

« 2009/6/27-28 飯豊連峰北端1日目・地神山 | トップページ | 2009/7/4 「剱岳 点の記」観てきました »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪

何ですか、これは!!
見ただけじゃなく、写真でキャッチしてるなんて
ごろ太君、スゲェ~~!!!

お花イッパイ、展望も良く素晴らしい山行ですね。

投稿: しょもも | 2009年7月 3日 (金) 00時53分

しょももさん>
こんばんは!

見逃したまきchin、不覚・・・!!
確かにごろ太君、よくぞ撮ったもんです。
(しょももさんに褒めていただいて、ごろ太君、横で喜んでマス)
他にも、朝日を眺めに外に出てたお兄さんと、しばしボー然とした後、「あれ何だったんですかね・・・( ゚д゚)ポカーン」て感じだったらしい。

今回は、ピーク前の静かな飯豊を楽しめました。
またじっくりゆっくり歩きたいお気に入りの山が増えてしまいました・・・(^^;

投稿: まきchin | 2009年7月 3日 (金) 01時05分

いい山ですね 日本海側でこれくらいの高さの山いいですよね。

泊りは充実感が違いますね よい小屋ですね
荷物何キロぐらい担いでるんですか?  凄いなぁ・・・

投稿: ゆう | 2009年7月 3日 (金) 22時04分

飯豊の山のこの時期は、特にいいですね~。
残雪模様に癒されるし、花もいっぱいだし。

ニアミス、惜しかったです。
いつかバッタリしそうですね。
その時は、お話をしましょう!

投稿: 三脚マン | 2009年7月 4日 (土) 11時17分

ゆうさん>
こんにちは!
飯豊、ほんといい山です。
アプローチもいろいろなので、ゆっくりのんびり歩きたいですね~。

稜線の避難小屋は、夏の登山シーズンはさぞかし混むんでしょうけど、やはり夏も泊りで歩きたい。
ゆうさんも、たまにはゆっくり遠征・・・?!

今回、行程中の水(+アルコール)も担いで行ったので、ザックは13kg弱くらいあったのでは、と。
避難小屋泊りだと、やっぱり荷物もちと多くなりますよね。
昨年夏に大雪縦走したときは20kg以上あったので、それより少ないと思えば・・・(でもやっぱ重いデス)。

投稿: まきchin | 2009年7月 4日 (土) 22時38分

三脚マンさん>
いやあ、飯豊、ほんとすばらしいです。
何度でも行きたい山ですね。

来年は、満開のハクサンイチゲを見てみたい。狙います。

いつか、三脚マンさんとバッタリしたいです。
三脚が目印、ですね!
その時はよろしくお願いします!!

投稿: まきchin | 2009年7月 4日 (土) 22時43分

最高の天気ですね。
羨ましすぎですね。
快晴のえぶり差すばらしいですね。

投稿: えいじ | 2009年7月 5日 (日) 21時33分

えいじさん>
えいじさんのレポ、参考にさせていただきました、ありがとうございました!
えいじさんの、あのハクサンイチゲの大群落が、私はとても羨ましいです・・・。

なかなかお天気を狙って行くのは難しいですが、今回はラッキーでした。
えぶり差、静かで花もたくさんでいいとこですね。
また来たいです・・・(来年のハクサンイチゲの時期、とか?!)。

投稿: まきchin | 2009年7月 5日 (日) 23時52分

まー、美しい写真の数々です。

もー。この時季の東北エリアはよいですよね。

私も えぶり差・・かねてから行きたい山なのですよね。この時季。

といいつつ、、中々 時間が作れずに
悶々している最近の週末です。

いいなあー。

3連休は今年こそ飯豊って感じっすよ。


火球の写真。撮影したゴロ太さん凄いです!
カメラ構えてもなかなか捕えられるスピードでは
ないのではないですか? 
結局なんなんだったんでしょうね。
気になります!


ちなみに私は山で2回ぐらいUFOをみたことは
ありますが。。。意外とUFOだったりして?

投稿: ぽっか | 2009年7月 9日 (木) 01時42分

ぽっかさん>
この時期の東北、むちゃくちゃよいです!
のびやかでキッパリと明るく、花も緑も残雪も美しい!!
みなさんがおっしゃるように、ほんと、何度でも行きたい。

・・・んで、三連休。
飯豊っすか?!
まきchin家も狙ってます、ただし天気良ければ。
天気良ければ(しつこい)、本山、大日岳界隈でバッタリ狙えそう、かも?! うぉ~、天気良くなれ!!

そして火球=UFO説、新しいっすね~。
そうか、どうりでまきchinには見えなかったはずだ(って違うか!!)。
ごろ太君によると、空いっぱいに緑の尾をひいて、巨大な流れ星状態だったらしいです。
ほんと、とっさに撮ったとはいえ、よくぞとらえられたもんです。ビックリ。

投稿: まきchin | 2009年7月 9日 (木) 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009/6/27-28 飯豊連峰北端2日目・えぶり差岳:

« 2009/6/27-28 飯豊連峰北端1日目・地神山 | トップページ | 2009/7/4 「剱岳 点の記」観てきました »