« 2009/6/13-14 朝日連峰・ガスと残雪の山歩き(2日目) | トップページ | 【速報】2009/6/27-28 えぶり差岳へ行ってきました~ »

2009年6月24日 (水)

2009/6/20 梅雨の晴れ間の越後駒ケ岳

梅雨の時期の短い週末は、どこに行くか悩みますね~。
土曜日はなんとか天気が持ちそう、ってことだったので、まきchin達は越後駒ケ岳を選択。
いいお天気で暑かったけど、花と残雪と青空の山行を大満喫!!

200906200
前駒からの道と駒ケ岳。青空を背に聳える姿が美しい。

===越後駒ケ岳(魚沼駒ケ岳)(百名山89座目)===
2009/6/20(土):枝折峠(5:20)~明神峠(5:45)~道行山(6:40)~▲小倉山(7:20-7:30)~駒ノ小屋(9:20-9:30)~▲越後駒ケ岳(9:45-10:20)~駒ノ小屋(11:10-11:20)~▲小倉山(12:35-12:45)~道行山(13:20)~明神峠(14:10)~枝折峠(14:35)
累積登高:1,170m
======

例によって、金曜日は早く帰宅して天気予報とにらめっこ。
どうも土曜日は天気がいいらしい?!ってことで、日帰り圏の越後駒ケ岳に行き先決定!

23時ころ横浜を出発し、関越道をひた走って3時前には枝折峠の登山口に到着。
まきchin、車の中で爆睡状態ですが、ごろ太君はしっかり星空の写真を撮ってました。

200906201
月と火星、金星のコラボ。

200906203
荒沢岳を背景に、朝霧が山を越えて滝のように流れ落ち。

200906202
深紅に染まる空。

200906204
ああ、今日はいい天気になりそう。

200906205
駐車場の上も、もうすっかり青空。
キレイな水洗トイレ(左の建物。なぜか手を洗う場所はなし)もあり、なかなか快適な駐車場で準備して、いざ出発。

最初の砂利道を過ぎると、緩やかな尾根歩き。

200906206
左手前方には荒沢岳が。
登るの、キツそう~。でもM的山ノボラーとしてはそそられます。

200906207
しばらく尾根道を歩いて行くと、前方に、雲を被った中ノ岳と越後駒が登場!
う~、結構遠いな。

銀の道と合流する枝折大明神前を過ぎて少し登ると、明神峠に到着。

200906208
木々の隙間から越後駒。

さて、ここからしばらくはアップダウンの繰り返し。

200906209
てくてく、てくてく。

途中の沼にはカエルの卵がてんこもり。
2009062010
うぎゃ~、気色悪い。

2009062011
というわけでお目なおし。荒沢岳とタニウツギ。

そうそう、足元にもいろんな花が咲いてます。

2009062012 2009062013
2009062014 2009062015
チゴユリ、コイワカガミ、アカモノ、サンカヨウ。

2009062016 2009062017
2009062018 2009062019
マイヅルソウ、ナエバキスミレ、ノウゴウイチゴ、ツクバネソウ。
ほかにも、ツバメオモトやユキザサなど。

木の花も満開!

2009062020 2009062021
タムシバ、ガクウラジロヨウラク(?)。

道にはところどころ残雪があり、その周りにはカタクリやイワウチワ、ショウジョウバカマが咲いてました。
カタクリはもう終わりかけかな。

そしてこの尾根道、ず~っと細かいアップダウンが続きます。
登ったり下ったり、疲れるね~。しかも標高がほとんど上がらないので、暑い!!
花を見ながら登って降りて、を繰り返していると、道行山の分岐に到着。

2009062022
道行山の山頂へは、ここからちょこっと寄り道して登るらしい。
まきchin達は、山頂素通りして先へ進みます。

まだまだ細かいアップダウンは続き、そして暑くてちとバテ気味。
でもさすがに長いこと平行移動しているだけのことはあり、駒ケ岳がだいぶ近くなってきた!

2009062023
雲の帽子をかぶった、中ノ岳と越後駒。

2009062024
越後駒を正面に眺めつつ。

時々出てくる残雪をざくざく踏みつつ、雪が解けてどろどろになった道を歩きつつ。
ゆるゆる登っていくと、小倉山に到着。
小倉尾根との合流も、ここです。

2009062025

ここでちょいと一休み、おやつを食べて出発!!

ここから先も、ゆるゆるとした登り。
だけど道の横に雪渓がちらほら出てくるようになり、吹きわたる風が涼しい!

2009062026
コイワカガミ咲き乱れる道。

2009062027 2009062028
ミヤマツボスミレ(?)、ヒメシャガ。

木の丈も低くなり、明るい道をゆるゆる登っていくと、百草ノ池に到着。

2009062029
山がだいぶ近くなった。

2009062030
池は、まだ雪の下。

さて、ここから前駒目指して本格的な登り開始。

2009062031
最初はこんな山道が

2009062033
岩だらけの道になり。横の雪渓を吹きわたってくる風が涼しい!

そして一登りで、前駒に到着!

2009062034
見晴らし、最高。

あんなに遠かった越後駒もすぐ目の前に。
駒ノ小屋も見えてきたし、さて、最後のひと登り。

2009062035
笹原の中の道を少し登ると、後は岩場の道。
鎖がかかったところもあるけど、まあ必要ないかな。

2009062036
あら~。雪渓が迫ってきてますな。

そして雪解け跡にはいろいろ咲いてますよ~。

2009062037 2009062038
ミヤマキンバイ、ミツバノバイカオウレン。
カタクリやシラネアオイもかたまって咲いてます。

2009062039
ペンキ印に沿って登っていくと、岩肌をじゃばじゃば水が流れる登りになり、ざぶざぶ登っていくと・・・

2009062040
駒ノ小屋、到着!
岩肌を流れる水の正体は、この小屋前の水場でありました。
雪解け水がざばざば流れてて、旨し!!生き返る!!

2009062041
さて、水分補給したら、山頂向けて出発!
ササの中の道をちょいと登ったら、最後の登りは雪渓です。

2009062042
でもざくざくだから登りやすいのよ~。アイゼンは不要ですな。

雪渓をクリアし、雪のない稜線をゆるゆると歩くと、越後駒山頂に到着!

2009062043
背後には八海山!!

2009062044
八海山、拡大。ギザギザの尾根がかっこいい。

2009062045
尾根の向こうには中ノ岳。
ほんとはあっちに歩いて、二泊三日で越後三山ぐるりっぷをやりたかったのだけど。
またの機会です。

いやあ、それにしても大展望。(≧∇≦)
八海山と中ノ岳の間には巻機山が見えるし、中ノ岳と荒沢岳の間には、平ガ岳、至仏山、燧ケ岳、会津駒がうすぼんやりと見えました。
スッキリ空気が澄んだ紅葉の時期とかに来たら、サイコウにいいだろうなあ。

虫がぶんぶんとびかうのにもメゲず、しばし山頂で眺めを堪能したのち、下山開始です。

尾根道にもお花がたくさん。

2009062046 2009062047
2009062048 2009062049
ミツバオウレン、コミヤマカタバミ、シャクナゲ、ハクサンチドリ。

ついでなので、中ノ岳方面にちょこっと寄り道してみました。

2009062050
あ~、結構アップダウンありますな~。
でも歩きごたえありそう。(* ̄ー ̄*)

次回はあっちに行くぞ、との思いを新たにしたところで、元の道に戻って下山です。

下りはゆっくり足元の花を眺めつつ。

2009062051 2009062052
ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウ。

駒ノ小屋前で、再び水分補給して一休み。
これから山頂に行く人たちとしゃべったり、小屋でバッチ買ったりしてから、いざ、下山。

2009062053
いつもながら下りは早い。
残雪の斜面を眺めつつ、たったか下る下る。

2009062054
あっというまに山は遥か上。
谷からは雲が湧いてきたりして、ちとお天気下り坂?

そうと決まれば、あとは下るのみ。

2009062055
それにしても前方に連なるしつこい山並み。
あれをまた越えていかねばならんのかと思うと、萎えますな・・・。

そして百草ノ池まで降りてくると、またまた暑~い尾根道歩き。
虫も多いし暑いし、だらだらとアップダウンは続くし、疲れますわ・・・。

ほかのみなさんも同じらしく、だいぶ上でまきchinたちを追い越していった人たちが、道行山を過ぎたあたりでバテて一休みしているのに追いついたり、というのが何度かありました。
この暑さといいだらだら尾根といい、バテさせる要素はたっぷり。

2009062056
右手の荒沢岳を眺める余裕もなく、黙々と歩くことしばし。

2009062057
眼下に道路が見えてきたときは、ほんと、ホッとしました!
いやぁ~、お疲れ様!!

帰りの温泉は、車でちょっと下ったところにある大湯温泉のホテル湯元へ。
かなり大きなホテルで、値段も高めの780円。
でも、源泉かけ流しの大きなお風呂が気持ち良い! ちょうどチェックインの時間帯で、お風呂もすいてました。

はい、そして今回のお土産はコチラ。
2009062058
越後と言えば、お酒でしょう。純米生酒。
インター近くの酒屋さんで購入。
後日開けてみたら、スッキリしてるのに爽やかな香りがどことなく甘く、美味~!!

<今回の山行>
梅雨の晴れ間を狙って行った越後駒ケ岳。
狙いは的中、青空の下、花と残雪の道を歩くことができました。
山頂からの越後、会津の山々の大展望は感動的~♪
紅葉の時期や、晩秋、初冬にも、ぜひ来てみたい。

荒沢岳にも登ってみたいし、越後三山のぐるりっぷもやってみたい。
行きたいお山がまた増えた、山行でありました。

・・・それにしても、道中の大半が暑い尾根歩き。
夏は大変なことになりそう。
そして登りよりも下りのアップダウンにやられた、そんな道でした。

|

« 2009/6/13-14 朝日連峰・ガスと残雪の山歩き(2日目) | トップページ | 【速報】2009/6/27-28 えぶり差岳へ行ってきました~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

精力的に山行ってますね(^^v
そうそう、月と火星金星・・見逃しました(TT)

私達も去年のこの時期に越後駒行きました。
ここ登ると荒沢岳に越後三山、
行きたくなっちゃいますよね~。

しかし、去年はここで3か所もヤマダニにやられてしまいましたが、大丈夫でしたか?

ここでたんまりコシアブラ摘んで、
翌日は天ぷら三昧でした(^^v
そいえば今年は食べ損ねちゃったな~

投稿: 白音 | 2009年6月25日 (木) 12時57分

また青空ですね!

登山口の夜空の写真、美しいです。
花と残雪の越後駒、よいですね。
新潟晴れマークの天気予報みてると
登りにいきたくなります。。

私は去年の秋に越後三山を縦走したのですが、、
中岳おすすめです。
機会があったら 是非足を伸ばしてみてくださいませ!

投稿: ぽっか | 2009年6月25日 (木) 13時01分

白音さん>
こんにちは!
月と火星と金星、ほんとにキレイに並んでてビックリ、です。
惑星って、おもしろいですよねぇ~。

そしてそうそう、白音さんの昨年のレポでヤマダニの話を見て、けっこうビビっていたのですが、おかげさまで大丈夫でした。
でも私も、無理に引き剥がしてしまいそうです・・・。

コシアブラ、美味しいですよね~heart04
そっか、ここも結構あったんですね、もう暑くてそれどころではありませんでした・・・失敗。

次回は空気が澄んだ時期に、越後三山歩いてみたいです~!

投稿: まきchin | 2009年6月25日 (木) 22時08分

ぽっかさん>
また青空でした!梅雨の時期、しかも休日の青空は、ほんと貴重ですね・・・。
おそらく、私が晴れ女なのではなく、ごろ太君が晴れ男なんだと思いますよん。

ぽっかさんは越後三山縦走されたんですね! うわぁ、よいですね~。
前からず~っと縦走したかったのですが、実際の山容を見たら、ますます縦走したくなっちゃいました。
あ~、行きたい。
空気の澄んだころ、なんて、渋くて良さそうですよね。

今週末、新潟天気良さそうですよ~( ^ω^ )ナンチテ

投稿: まきchin | 2009年6月25日 (木) 22時13分

こんばんは 
始めまして、
ちょうど駒ケ岳に28日に登る予定で、
状況を検索していて、お邪魔しました。
残雪の状況等良く分かり、助かります。
おてんきでよかったですね、
10年ほど前に登った時は雨とガスの中でした。
今度の日曜も晴れるといいんですが…
予報は今のところいいんですがねー

ずいぶん積極的にに登ってられるんですね。
また寄らせていただきます。

投稿: komesenじいじ | 2009年6月26日 (金) 23時05分

komesenじいじさん>
はじめまして、こんにちは!
参考にしていただけてよかったです~。

日曜日はいいお天気でしたよね。
10年ぶりの越後駒は、スッキリ好天、でしたでしょうか?

週末のお天気が良いと、いてもたってもいられず、つい山に登ってしまいます(会社の同僚にはアホかと言われますが)。
komesenじいじさんのところにもお邪魔しますね~♪

投稿: まきchin | 2009年6月29日 (月) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/45444032

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/6/20 梅雨の晴れ間の越後駒ケ岳:

« 2009/6/13-14 朝日連峰・ガスと残雪の山歩き(2日目) | トップページ | 【速報】2009/6/27-28 えぶり差岳へ行ってきました~ »