« 2009/3/1 小雪ちらつく西吾妻山へ(BC) | トップページ | 2009/3/8 御嶽山BC »

2009年3月 8日 (日)

2009/3/7 スノーシューで水ノ塔山へ

土曜日の長野は良いお天気。
ごろ太君はアサマ2000でスキー、まきchinはアサマ2000を見下ろす水ノ塔山と篭ノ登山にスノーシューで登ってきました。

200903070
スキー場から見た、右・水ノ塔山、左・篭ノ塔山。

===水ノ塔山、篭ノ登山===
2009/3/7(土):アサマ2000スキー場駐車場(9:15)~高峰温泉(9:40-9:50)~▲水ノ塔山(11:00)~▲東篭ノ登山(12:05-12:20)~湯ノ丸高峰林道(12:55)~高峰温泉(13:40)~アサマ2000スキー場駐車場(14:05)
累積標高差:480m
======

2009030731

前日の夜は、アサマ2000も雨が降ってたらしい。
それが朝の冷え込みで凍って、車坂峠への道はツルンツルンのアイスバーン。
車が30台ほど立ち往生してて、なんとか後続が通れるように整理してました。
おかげで30分ほど足止め。

スノータイヤはいてても、二駆だと登れないみたいね。
四駆、すごい。エクストレイル君、ありがとう。

さて、アサマ2000のスキー場駐車場に車を停めて、出発!
駐車場から高峰温泉へは、冬は雪上車が通ってるので、その道を辿ります。
200903071
まずは、スキースクールの建物の向こう側の第一ペアリフト脇をてくてくと。

緩やかな下りのコースを歩いてると、向こうから雪上車が!
200903072

宿泊の人をお迎えに来たのかな。一度は泊まってみたい宿であります。

第三ペアリフトの下まで歩いたら、ここからゲレンデをちょいと登ります。
200903073

リフト下から見て右側の、非圧雪コース上の雪上車跡をなぞります。
そんなに急じゃないし、雪も締まってるので歩きやすい。スノーシューもまだ不要。

そして雪上車の道は、ゲレンデ途中から横にトラバース。
跡を辿っていくと、高峰山の登山口の前を過ぎ、高峰温泉に着!
200903074

水ノ塔山への登山口は、高峰温泉のすぐ前です。

さて、出発。
200903075
最初は、第4ペアリフト脇のコース横をゆるゆる登ります。
トレースもばっちり、そして赤テープもばっちり。

リフト降り場辺りを過ぎ、登りきったところがうぐいす展望台。
この辺りから、つぼ足だとずぼずぼ埋まるようになってきたので、スノーシュー装着。

ちょこっと下ったらすぐに登りです。
200903076

うお~! 水ノ塔と篭ノ登が見えてきた!!

200903077
明るい尾根を、てくてく、てくてく。赤テープもたくさんついてて安心。

200903078
見上げれば、こんもり積もった雪と青空。いい気持ち!

そして木立を抜けると、真っ白な斜面。
200903079

このあたり、夏場は岩がごろごろして歩きにくいんだけどね(⇒2007/6/2 水ノ塔、篭ノ登)。
雪が積もってると、歩きやすい!

2009030711
アサマ2000スキー場も見えてるよ~。

急な斜面をしばし登ると、山頂直下の急斜面に出ました。
ここ、ほんとは冬場は樹林帯に巻いて登るらしいんだけど・・・
2009030710

あらら、なぜか巻き道の標識が裏返されてるし。巻き道への踏み跡もナシ。

というわけで、岩の間の急登を登ります。
2009030712

そのころ、ごろ太君はスキー場から写真を撮ってたらしい・・・まさに急登を登るまきchinが写ってました。

この急登、大きな岩の上に積もったやわやわな雪を歩くので、結構怖い。
しかも急。

キックステップもどきで登っていくと、山頂着、です。
2009030713

埋もれてますな。

さて、ここから先、どうしよう。
ちょっと悩んだけど、先に踏み跡もあるし、後から来たお二人連れも行くって言うし、ええい、と前進決定です。

でもね。こんな尾根歩きなのよ。
2009030714

左側、崖です。しかも雪、サラサラです。

2009030715
こんな道。

足の下は崖。夏ならば赤ゾレ。
2009030716

崖の向こうには、八ヶ岳! ううむ、美しい(って、写真撮りながら結構ビビッてます)。

てな感じで、スノーシューを踏まないようにしての細い尾根道歩き。
コルからいったん樹林帯に入って少し急な登りを登っていくと・・・

2009030717
東篭ノ登山頂、到着! 浅間山も見えてます。

2009030718
根子岳と四阿山。翌日、みいさん達が滑りに行くそうで。

2009030719
池の平湿原と、中央アルプス、御嶽、乗鞍。

2009030720
出た!ヤリホ~!!

2009030721
湯の丸山と烏帽子の向こうには、鹿島槍、爺ヶ岳。立山も覗いてます。

2009030722
はい、戻ってきました。水ノ塔が下に見えてますね。
いやあ、絶景。すばらしい。
そして西篭ノ登への往復路は、踏み跡ナシでした。

しばし眺めを堪能した後は、池の平に向けて下山です。
2009030723

山頂直下は、こんな岩岩。ちとスノーシューだと下りづらい。

でもこんな歩きづらいところはすぐ終了。あとは樹林の中のもふもふ雪道歩きです。
2009030724

北アルプスが一望!

登り口からず~っと前後して一緒だったお二人組と単独の方と、前後しながら一緒に下りました。
樹林帯に入ると、木漏れ日が良い感じ。
2009030725

展望はないけれど、これもまたよし。

木々の間を、時々新雪ダウンヒルしながら下り、下に林道が見える辺り(下りきってちょこっと登り返し始めたあたり)で林道向けてトラバース!
2009030726
最後は尻セード。

2009030727
はい、で、ここから延々と林道歩き。
スノーモービルの通った後をひたすらさくさく歩きます。

2009030728
見上げれば、歩いてきた稜線。

そしてこの林道、最近雪崩があったらしく、通行注意(通行止?)らしい。
これからの時期は、さらに要注意ですね。

で、1時間近くゆるゆる歩いていい加減飽きてきた頃、高峰温泉に着。
2009030729

人がいっぱい。宿に着いて、これから高峰山や水ノ塔山に向かう人たちかな。

まきchinはここから、再び雪上車の跡を辿ってアサマ2000のベースへ下ります。
2009030730

登ってきました!

<今回の山行>
風もそれほど強くなく、絶好の冬山日和!
スキー場からのラクラクアクセスで、八ヶ岳、中央アルプスから北アルプスまでの大絶景を堪能しました。

スノーシューで歩ける、とは言っても、東篭ノ登への道は結構キビシかった(というか、怖かった)。
道中一緒だった方たちと、どこまで行けますかね~、と相談しながら、の山行でありました。
なので、単独だったけど、心強かった!!
(結構、ヒトは歩いてます)

久しぶりの、スキーナシの山登り。
のんびり山行でありましたが、東篭ノ登からの眺めに、まきchin大満足です。

・・・さあて、翌日は?!

|

« 2009/3/1 小雪ちらつく西吾妻山へ(BC) | トップページ | 2009/3/8 御嶽山BC »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちはm(__)m
このあたり、まったく不案内なんですが
なるほど八つの方から北東?に見える山が
コレらの山々なのですね。
お気軽に行けそうで、しかも人が少ない・・・要チェックしときます^^v
それにしてもピーカン!やっぱり山はピーカンに限りますなァ

投稿: エドヤマ | 2009年3月 9日 (月) 08時56分

うほっ。高峰エリア。
いいですねえええ!

篭ノ登山の眺望の良さは山仲間から
よく聞かされます。浅間山もバッチリですね!

いつもいつもよい所を歩きますねえ。

投稿: ぽっか | 2009年3月 9日 (月) 17時11分

エドヤマさん>
そうそう、浅間山の並びに見える山たちです。
ほんとお手軽で、でも眺めは素晴らしいですよ~。
冬の時期は特に空気が澄んでるし、人も多くないし、でも道しるべはしっかりしてるし、でおススメです!

無雪期に2回ほど登ってるのですが、そのときはイマイチのお天気でした。
東信のこのあたり、冬は晴れることが多いので、ねらい目は積雪期、かも。チェックです~。(^^

そしてやっぱ山はピーカン!ですよね~。

投稿: まきchin | 2009年3月10日 (火) 02時55分

ぽっかさん>
おお、篭ノ登山、結構有名だったんですね。
ほんと、360度の大展望のお山ですよ~。
池の平まで降りてから林道を延々と歩かなくちゃいけないのが、ちと難点(ダルい)ではありますが。

積雪期の篭ノ登は初めてだったのですが、ちと病みつきになりそうです(夏の間は、お手軽ハイクなお山です)。
黒斑は立ち入り禁止の今、水ノ塔、篭ノ登がアツい、かも。
アクセスもよいし、いろいろ楽しめますよね~。
ぽっかさんも、好天狙ってぜひぜひ~!

投稿: まきchin | 2009年3月10日 (火) 03時03分

まきchinさん、初めまして、こんにちは。

3月29日、水ノ塔へスノーシューに行ってきました。
まきchinさんの、分りやすい説明で、
初めての場所ですが、とてもたのしい楽しい、
山歩きが出来ました。
(情報)有難う御座いました。
又寄らせて頂きます。
では。

投稿: 西丹沢の風 | 2009年4月 1日 (水) 16時26分

西丹沢の風さん>
初めまして、こんにちは!
週末は水ノ塔に行かれたんですね、眺めもいいし、登りやすいし、アクセスもいいし、いいお山ですよね~。
パフパフの雪がたくさん積もっててスノーシュー日和だったのでは? 展望も楽しまれましたでしょうか。

拙い記録ですが、西丹沢の風さんの参考にしていただけたようでほんとにヨカッタです!
またお越しくださいませ!!

投稿: まきchin | 2009年4月 2日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/44287108

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/3/7 スノーシューで水ノ塔山へ:

« 2009/3/1 小雪ちらつく西吾妻山へ(BC) | トップページ | 2009/3/8 御嶽山BC »