« 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) | トップページ | 2008/9/27~28 池山尾根から空木岳、中央アルプスの稜線歩き(1日目) »

2008年9月26日 (金)

2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(2日目)

2日目は朝から強風、でも澄んだ空気の大展望!
初日の分まで、北アルプスの眺めを大満喫です。

200809230
燕山荘から見た燕岳。燕岳と言えば白い花崗岩、期待通りのこの眺め。

===燕岳===
2008/9/23(火):大天荘(5:55)~槍分岐(6:10)~大下りのカシラ(7:25)~燕山荘(8:10-8:30)~▲燕岳(8:55-9:45)~燕山荘(10:10)~合戦小屋(10:45-11:00)~第三ベンチ(11:30)~第二ベンチ(11:45-11:55)~第一ベンチ(12:15-12:25)~中房温泉(12:40)
======

>1日目、中房温泉から燕山荘、大天井岳へ

夜半から強くなった風がガタガタと窓ガラスをゆする中、4時半ころ起きて朝食(朝ごはんは、持参のアルファ米で済ませました)。
腹ごしらえしてから、外に出て日の出を拝みます。

200809231
雲海に浮かぶ浅間山。

200809232
浅間山の裾から朝日が昇ります。

200809233
朝日に照らされた槍穂高。え、まきchinジャマだって?! ゴメンよ~

しっかし、それにしても寒い。気温は3℃、そしてこの強風で体感温度はいったい何度なのやら。
小屋でお隣さんだったおばさんとおしゃべりして寒さを紛らわせながら、日の出を眺めてました。

さて、お日様が昇ったら、朝食付きの皆様は小屋で朝食タイム。まきchinは一足お先に燕岳へ向けて出発です。

200809234
朝日に照らされた大天井岳の斜面のトラバース道を下ります。
正面の奥には、剱岳・立山。
晴れてると、こんなによく見えるのね。

そしてこのトラバース道、行きは単調な登りがキツかったけど、帰りは淡々と下るのみ。
で、あっという間に槍分岐到着。
200809235
水晶岳に日が当たって輝いてます。黒岳なのに白いぞ。

槍分岐から少し下ってハシゴ+クサリ場を過ぎると、道は稜線上の緩やかなアップダウンになります。
200809236
白く伸びる表銀座の道。

ここからの表銀座の道は、稜線をはさんで岐阜側や松本側を行ったり来たり。
岐阜側は、吹き上げる強風にあおられながらの白砂の道。そして左手には北アルプスの大展望!
200809237

松本側は、風もなく穏やかな、紅葉の木立の中の道。
200809239

そして右手の雲上には八ヶ岳、富士山、南アルプスが!
200809238

昨日の分も景色を楽しみながら、ゆっくり歩きました。

歩いていくと、前方には大下り。
2008092310
100mほど大下りの白砂の斜面を登ると、再び稜線歩きです。
蛙岩を過ぎ、緩やかに登っていくと、燕山荘に到着!

燕山荘でトイレを借りたりおやつ食べたりした後、燕岳に向けて出発です。

白い花崗岩の砂礫の斜面に、にょきにょき岩が立っていて面白い。
2008092311

イルカ岩。槍をバックに空を仰いでます。ボール乗っけたい・・・。

2008092312
こんな岩の間を縫うように伸びる道を辿り、ハシゴを登ったり岩の隙間を登ったりして・・・

2008092313 とうちゃ~く!
後は北燕岳、そして遠方には剱立山と裏銀座の稜線。

2008092316
本日歩いた大天井岳から燕岳への表銀座の道。

そしてなにしろ、北アルプスの山並みの眺めがすごい。
2008092314

穂高、槍、笠、双六、三俣蓮華、鷲羽、水晶。

2008092315
上の続き。野口五郎、烏帽子、立山、剱、針ノ木、五竜、鹿島槍、白馬。

いやあ、大パノラマ!!
言葉もなく、ただひたすら山を見つめるのみ。
歩いたことのある山を想い、行ったことのない山への想いを募らせ、至福のひと時であります。

さて、ぼんやり眺めていたら1時間ほども過ぎてしまいました。去りがたいがそろそろ下山。
2008092317

名残惜しいが、さらば!

燕山荘の前まで戻り、そこから合戦尾根を再び下ります。
下り始めるととたんに風がなくなり、暑~い尾根の道に。
2008092318

人も続々と登ってきてます。

2008092319
ちょこっと見えてた槍もだんだん見えなくなり・・・

2008092320
合戦小屋に到着。
小屋の前のベンチでは、みんな一休み中。

ここで、燕岳の山頂で一緒だった方にりんごをゴチソウになりました!
(合戦小屋、夏の間はスイカが名物だけど、秋はりんごを売ってるのよ~)
山でいただく果物は、ほんとにおいしい~。
りんごを食べながらしばしおしゃべりして、ついでに下山道をご一緒させていただくことに。

しゃべりながら歩くと早い早い。
2008092321
こんな道もさっくさく。ベンチで一休みしながら下山し、中房温泉に到着! お疲れ様でした!!

いやあ、汗びっしょり。尾根道は暑い。
てなわけで、駐車場からちょこっと下ったところにある、国民宿舎有明荘の立ち寄り温泉で汗を流しました。
(大天荘で、有明荘の温泉割引券をくれます)
硫黄の香りがする透明なお湯。広い露天風呂も気持ちよかったよ~。

<今回の山行>
初のお一人様一泊山行。
狙い通り、2日目はいいお天気で、大展望を満喫、です。

大天井岳から表銀座を通って燕岳、どこをとっても北アルプスの展望がすばらしい。
東側には、八ヶ岳や南アルプスも一望だし。

しかも時期をちょっと外したせいなのか、二百名山だからなのか、人もそんなに多くなくて静かな山行でした。
大天井岳山頂の静かさと言ったら。
完全に、数時間は山頂独占状態でしたもん。

ここは是非また歩きたいですね~。
次は常念に抜けてもいいし、槍まで歩いてもいい。
さすがは「銀座」、でありました。

そして急登シリーズ第二段、合戦尾根はウワサどおりの歩きやすい尾根でした。
急なのは第二ベンチまでで、あとは淡々と歩くのみ。整備されてるし途中に小屋もあるし、けっこうとっつきやすいんじゃないかと。

・・・次はどこの急登かな。

|

« 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) | トップページ | 2008/9/27~28 池山尾根から空木岳、中央アルプスの稜線歩き(1日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

表銀座~、やはり素敵な大展望ですね☆
槍穂を眺めながら、ヤリホー!っと叫びたい(笑)

まきchinさん、単独でアルプスいっちまうなんて…
やはりたくましい…さすがっす!
それにしても、いつも晴天をゲットしてますね~
私は今年は天気予報に裏切られまくりです(泣)
あと、予定があり山に行けない時にかぎって、晴天です。。
なんで~

投稿: えどりん | 2008年9月27日 (土) 01時36分

えどりんさん>
そうそう、ヨーデル風に「ヤリホ~!」ですよ!!
表銀座は、ぜひともまたお天気のいいときに、ゆっくり歩きたいです。えどりんさんたちも、ぜひ!!

今回、初の一人アルプスでどっきどきだったのですが、ハイシーズンを外したせいか、歩いてる人もみんなゆったりで、声をかけてくれたりして結構楽しかったです。
あとはまあ、メジャーなルートでしたし。
でもさすがに、まだお一人様テン泊はできなかった・・・。

お天気は、ほんと狙っても外れることも多いですよね。最近はちょっと晴天サイクルにうまくハマってるのかも・・・毎日天気予報とにらめっこで、ちょっとでもお天気よさそうなところを狙ってます。

投稿: まきchin | 2008年9月28日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(2日目):

» 信州に移住した人生 [http://naganoken.blog86.fc2.com/]
浅間山 上田、佐久地域から見える代表的な山です。群馬県との県境にありますが、長野県側からの眺望が美しい山。 コスモス街道への往復に利用した国道142号線からは秋の雰囲気たっぷりの浅間山がよく見えました。 国道254号線佐久大橋上空から 佐久合同庁舎付近から マリーゴールドとともに・・・ このあたりは街路樹としては珍しい合歓の木の並木道が続きます。花の季節に�... [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 00時25分

« 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) | トップページ | 2008/9/27~28 池山尾根から空木岳、中央アルプスの稜線歩き(1日目) »