« 2008/9/14 早月尾根から剱・立山へ(1日目) | トップページ | 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) »

2008年9月20日 (土)

2008/9/15 早月尾根から剱・立山へ(2日目)

今週は毎日午前様(仕事で!)・・・。
さすがのまきchinも帰ったらバタンキューで、アップが遅くなっちまいました。
平日は疲れるね(って、休日もカラダ的には疲れてるけどさ)。

てなわけで、先週の記録の続き。
2日目は、秋の澄んだ空気の下、北アルプスの山々の大展望を満喫!

200809150
立山三山の最高点、大汝山から見た雄山山頂。後には薬師岳が大きく聳えてます。

===立山(百名山69座目)===
2008/9/15(月):剣山荘(5:50)~剱沢(6:20)~▲別山(7:25)~▲北峰(7:30-7:55)~別山(8:00)~大走り分岐(8:50)~▲富士ノ折立(9:25-9:35)~▲大汝山(9:50-10:15)~▲雄山(10:30-11:00)~一ノ越(11:30)~室堂(12:10)
======

> 1日目 剱岳へ

剣山荘の朝は早い。3時ころからごそごそ起き始めて剱岳に向かう人がかなりいました。
小屋から見ると、剱岳に向かってヘッデンの行列が・・・こんな真っ暗で、みなさんよく登れますね・・・。

出発ラッシュは5時頃で、みんな一服剱の上で日の出を見よう、という公算のようでした。

まきchinたちは、小屋の前でゆっくり朝食をとりつつ日の出を眺めます。
200809151

この時期、太陽は鹿島槍の肩から出てきます。五竜、鹿島槍の上空は茜色。きれい!

200809152
山の上で日の出を見ると、いつも、地球って動いているんだなあって思います。
おんなじ速度で動いてるんだよね。ときどき長く感じたり、短く感じたりするけどね。

すっかり日が昇って明るくなってから出発。
200809153
剱沢に向けて、石ころがごろごろした平坦な道を進みます。

建て替え中の剱沢小屋の前を過ぎ、ちょこっと登ると剱沢キャンプ場着。
200809154

いろとりどりのテントがひしめきあってます。すごい!
この時期でこんなにテントがあるんだから、夏はすごいんだろうなあ。

テン場の横を抜け、少し登ると剱御前と別山の分岐に着。
200809155
ここから別山までは、ガレ場の急登です。なんか、でも、昨日の早月尾根に比べちゃうとなんでも登れそうな気がするぅ~。

登るにつれて、剱岳がだんだんクッキリと、そして奥には白馬三山が!
200809156

後立山がむっちゃ近い!

200mほど急登を登り、再び剱御前との分岐を過ぎると、あとは稜線の道。
200809157
ゆるゆると登り・・・

200809158
別山山頂到着! 広い山頂には祠がありました。

山頂にザックをデポし、ちょこっと歩いたところにある北峰へ。
ここからの剱岳、後立山連峰の眺めがすごい!

200809159_2
岩だらけの剱岳と、白馬三山、五竜、鹿島槍。

2008091510
針ノ木岳の奥にはうっすらと、八ヶ岳、富士山、南アルプスが!!

山頂にいた人たちみんなが「こんないい天気はめったにないね~」と言ってました。
ほんと、ラッキーです。

しばし眺めを堪能した後、雄山方面に向けて出発。

2008091511
富士ノ折立、大汝山、雄山の立山三山の向こうには、黒部源流の山々や笠ヶ岳が覗いてます。
立山の上まで行けば、槍穂高や薬師、黒部五郎が一望なのね・・・おーし、がんばるぞ!

2008091512
別山からちょっと急なガレ道を下ったあとは、右手に雷鳥沢・室堂、左手に後立山・雪渓を見ながらの道。
贅沢な眺めの中、100mほど下って100mほど登り返し。
(富士ノ折立手前で真砂岳に登る道もあるのだけど、巻いちゃいました)

2008091524
左手の眺め。富士ノ折立手前の内蔵助カール。後立山連峰がど~んと!

2008091537
右手の眺め。雷鳥沢と室堂。左奥のほうには、白山が見えてます。

雷鳥沢へ下る大走り分岐を過ぎてさらに100mほど登ります。
2008091525
ちょい急。

こんなガレ場を登っていくと、富士ノ折立に到着。
2008091513

2,999mのピークによじ登る道もあり。

まきchin達は、とりあえず先に進みます。

2008091514
ここから立山の最高峰、大汝山へは、いしころごろごろの平坦な道。
青い屋根の大汝休憩所の横の岩をちょこっとよじ登ると、大汝山山頂!

2008091515
剱岳をバックに、まずは山頂写真。

そして山頂からの眺めは、大パノラマ! ほんとに飽きません。
2008091516
黒部ダムと針ノ木岳、表銀座と裏銀座。

2008091517_2
燕、常念・大天井、野口五郎、槍穂高、水晶・鷲羽、焼岳・乗鞍・笠ヶ岳、雲ノ平、黒部五郎、薬師。うひょ~、早口言葉みたい。
まきchin、うれしすぎて心拍数上がりまくりです。山の眺めに萌え萌え。
やっぱり空気が澄んでるからかな、黒部源流の山々が本当に近くに見える。
ごろ太くん曰く、百名山が30座見える~、と。

人が入れ替わり立ちかわりやってくる中、しばらくぼんやり山を眺めてました。

さあて、そろそろ雄山に向けて出発。

2008091518
雄山までは割と簡単に室堂から来られることもあって、このあたりから人が増えてきました。

ごつごつした岩稜を巻くように歩いていくと、観光客や登山者でいっぱいの雄山神社社務所前に出ました。
雄山山頂の本社には、500円払って鳥居をくぐり、登ります。
2008091519

そしてなんか上のほうで太鼓が鳴ってると思ったら・・・

2008091520
山頂の本社の前で、神主さんが祝詞をあげてお祓いしてくれてたのでした。
お神酒もいただきましたよん。ご利益ありそう!

神主さん達は1時間交代なんだって。オツカレサマです・・・。

はい、そしてお祓いが終わったら、次の人たちが待ってるのでさっくり山頂を降ります。
2008091521

再び社務所前へ。室堂からちょっと登ればここまで来れるので、観光の人もたくさんいます。あんまり「山」って感じじゃないね。 いちお、3,000mの山なんだけどね。

ちょこっと一休みして、サックリ下山です。
そしてこの下山道が、人はたくさんいるしガレ場で足元不安定だし、慣れてない人が石を落とすし、で予想外の難所だったのでありました。
2008091522 人だらけ。

ガレ場を下りきったところが一ノ越。
大きくてキレイな山荘があり、その前を通り過ぎて室堂までの道に入ると、ここから石畳の整備されたゆるやかな道になります。
2008091523
正面には大日三山。こんどはあっちも歩いてみたい。

お花もまだ結構咲いてます。
2008091526
雷鳥沢に伸びる沢沿いには、シラネニンジンやヨツバシオガマがいっぱい。

足元にも、いろんな花が咲いてました。

2008091527 2008091528
2008091529
2008091530
イワギキョウ、ヤマハハコ、コガネギク、ナガハキタアザミ。

2008091531 2008091532
2008091533
2008091534
カンチコウゾリナ、ヨツバシオガマ、シロバナハナニガナ、ミヤマリンドウ。

そして室堂平は紅葉のハシリ。イワイチョウが黄色く色づいてました。
2008091535

立山三山とみくりが池温泉。もう秋ですね。

・・・などと思いながら室堂に着くと、そこは観光客であふれかえっておりました。びっくり。

ここからバスとケーブルカーを乗り継いで、富山地方鉄道の立山駅へ。
そして電車で上市駅まで移動し、そこからタクシーで馬場島へ向かって車を回収、です(タクシー料金8,000円弱)。
路肩に停めてた車を見たタクシーの運ちゃん、「カモシカにやられなくてよかったね~」と。えええ?!

帰る前に、馬場島荘の立ち寄り湯で汗を流していきました。
2008091536

キレイだしお風呂も気持ちよかった!

<今回の山行>
憧れの早月尾根。とうとう登っちゃいました。むふ。
すんごい急登、というわけじゃなく、ほぼ一定のピッチでず~っとひたすら登り続ける道でした。
M的山ノボラー、大満足。
前半の樹林帯の中の登りは暑くてしんどかったけど、早月小屋から上は視界も開けてなかなか気分爽快でした(いや、しんどかったけど)。
剱岳が近くなってくると、足元が切れ落ちた岩稜帯になるので気が抜けなかったけど、そそり立つ剱岳がカッコよかった~。ぎざぎざの小窓尾根もカッコよい。
結構好きです、早月尾根。でもま、しばらくは遠慮しとくかな・・・。

岩稜帯という意味では、別山尾根もすごい。鎖だらけだし。足元切れ落ちてるし。
でも、ちゃんと三点保持で行けば鎖は必要ないところも多かったです。
しっかし、昔は針の山と言われたところに、あれだけたくさんの人が登ってる(登れるように整備された)んだから、昔の行者さまも柴崎測量官もビックリ、ですな・・・。

そして剱岳、立山からの眺めは、北アルプスの山々が本当に近くて大感激でした。
槍・穂高の辺りから見るのとは、また別格ですね。
ある意味、北アルプスのど真ん中に位置してるからかな。長~く連なる北アルプスの峰々が印象的です。
秋の澄んだ空気だったのも幸いしたかもしれないですが。

ああ、また行きたいな。こんどはテン泊でゆっくりと、剱沢雪渓を登りたい。そして薬師岳へ縦走!!

しばらくは夢見る日々が続きそうなヨカンです。
ありがとう!! 剱岳!!
そして剱岳 点の記、来年絶対観にいくぞ~!

|

« 2008/9/14 早月尾根から剱・立山へ(1日目) | トップページ | 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008/9/15 早月尾根から剱・立山へ(2日目):

« 2008/9/14 早月尾根から剱・立山へ(1日目) | トップページ | 2008/9/22~23 合戦尾根と大天井岳、燕岳(1日目) »