« 2008/6/7 八幡平、霧の中 | トップページ | 2008/6/15 花と緑のロングトレイル、皇海山 »

2008年6月 8日 (日)

2008/6/8 花いっぱいの休火山、岩手山

盛岡市外からもその大きく聳える姿を望める休火山、岩手山に登りました。

200806080
朝のうちはまだ青空が。駐車場からは岩手山がキレイに見えました。

===岩手山(百名山56座目)===
2008.6.8(日):馬返駐車場(7:40)~2.5合目(旧道・新道分岐)(8:45)~(新道)~7合目(旧道・新道合流)(10:25)~八合目避難小屋(10:35)~お釜めぐり(11:05-12:05)~八合目避難小屋(12:20-12:50)~7合目(13:00)~(旧道)~2.5合目(14:15)~馬返駐車場(15:00)
累積標高差:1,400m
======

朝はスカッと気持ちいい快晴。青空をしょって聳える岩手山に向かって、レッツらゴー!

馬返駐車場から5分ほど登ったところが登山口。キャンプ場になってて、トイレと水場がありました。
ここから0.5合目までは、新緑のブナ林の中を登ります。

200806081 緑が涼やか。

200806082 200806083
ツツジが咲く中、階段あり赤ザレありの道を登っていくと、2.5合目で旧道、新道の分岐になります。
今回は、新道を選択。

そしてここからが長~い登りの始まり始まり。樹林帯の中をひたすらつづれ折に登っていきます。
しかもけっこう急なのよ~。
まきchin、前日のお酒が、もとい、樹林帯の中の蒸し暑さが効いて、ちとグロッキー気味。

でも足元にはお花がた~くさんで、かなり癒されます。

200806084 200806085
200806086
200806087
オオバキスミレ、フデリンドウ、サンカヨウ、ツバメオモト

200806089 2008060810
200806088
シラネアオイ、オオバナノエンレイソウ、?

特にシラネオアイは、大きな薄紫の花が圧巻。それが3合目あたりから7合目まで、ず~っと道沿いにわんさか咲いてました。壮観です。

2008060811
さて、道はまだまだ登りが続きます。5合目を過ぎた辺りからガスってきて、展望も利かなくなってきてテンションちょいダウン。down
6合目では、谷を挟んで旧道がすぐ近くに。
旧道で一休みしている人たちに手を振ってご挨拶して、またまた登っていくと7合目の合流地点に到着!

すると、なんと霧が晴れてきて、岩手山の山頂が!!

2008060812
残雪の岩手山。うわーい!happy02

テンションが再びupupしたところでもうひとがんばり、八合目の避難小屋に到着。

2008060813
4階建てくらいあるのかな、とてもキレイでトイレもついてます。後には岩手山。
小屋の前には湧き水の御成清水がひいてあって、じゃばじゃば水が出てました。

さあ、湧き水でのどをうるおし、山頂に向けてgo!
9合目までは雪の上をちょっと歩いた後はだらだら登り。

2008060814
9合目から先は、火山礫のごろごろするザレ道をひたすら登り・・・

2008060815 お釜のフチに到着!
お釜の真ん中には火口丘の妙高岳があり、その周りをぐるっとお釜が囲んでます。
まずはお釜の最高峰(=岩手山の最高峰)、薬師岳を目指して、反時計回りでお釜めぐりです。

ちょうど雲も切れてきて、眼下には麓の牧場や田んぼが一望。気持ちいい~。

2008060816
お釜めぐりは、アップダウンはそんなにない道なのだけど、薬師岳への登りは、赤ザレのなかなか急な登りなのであります。
これを登ればあとは下りのみ。自分、がんばれ~。

そして、やっとこさで山頂到着!

2008060817
なぜか山頂の標識にアブがわんさかたかってるので、ちと腰引け気味で記念撮影。

2008060818
山頂から眺める火口の風景は、なかなか壮観であります。

しばし景色を楽しんだあとは、八合目避難小屋まで下り、お昼を食べて一休みしてから下山開始!

帰りは旧道を選択。
旧道ってば、3合目近くまでず~っと露岩の直登なのね。
暑い日や風が強い日だと、ちょっときついかも。

でもこっちの道もいろいろお花が咲いてて癒されます。

2008060819 2008060820
2008060821 2008060822
チングルマ、コイワカガミ、ハクサンチドリ、ミヤマアズマギク

2008060823
お花と眼下の眺めを楽しみながらぐんぐん下り、あっという間に新道と合流。

そして樹林の中をひたすら下っていくと、登山口に到着!おつかれさんでした!!

<今回の山行>
ひたすら淡々と登る山道かと思いきや、花咲き乱れるなかなかキレイな山道でした。
そして八合目から上はいかにも火山、という感じの風景が広がり、このコントラストがまたいい感じ。

つい最近まで登山禁止の道もあったそうなのだけど、今はどの道も解禁されてるみたい。
やはり眺めるだけではもったいないお山ですね。

旧道は、なんだか以前登った高千穂峰に似てたかな。ザレザレごろごろの急登でした。
旧道と新道、両方通るといろいろ楽しめてよいかも。

|

« 2008/6/7 八幡平、霧の中 | トップページ | 2008/6/15 花と緑のロングトレイル、皇海山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

これって1週間後に登ってたら、大変なことになっていたっていうこと?
山の急斜面であんな大地震にあったら…と、考えるだけで恐ろしいですね。
どうぞ今後も気をつけて、といっても気をつけようもないね。

私たちは北海道牧場ツアーに行く飛行機の中。
ちょうど上空を飛んでいる頃に地震が起きていたことは、あとから知ったのでした。

投稿: kauri | 2008年6月18日 (水) 08時13分

そおなんですよね。
震源からちょっと遠いとはいえ、かなり揺れただろうな~と思うと恐ろしいです。
山中で地震は、ほんと、お手上げですよね。
崩れた山々の映像を見るに付け、あそこにいてもおかしくはなかったんだと思い、ほんとに怖いです。(でも山はやめない)
被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げる次第。。。

上空からだと、地震はわからないですよね。
横浜の自宅だと、ちょっとゆさゆさ揺れてました。

投稿: まきchin | 2008年6月18日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/41477841

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/6/8 花いっぱいの休火山、岩手山:

« 2008/6/7 八幡平、霧の中 | トップページ | 2008/6/15 花と緑のロングトレイル、皇海山 »